ソフトウェア」カテゴリーアーカイブ

構造モデラー+NBUS7(+基礎含む)を試用してみて GWなので長文


はい。様々な構造屋さんから、NBUS7の試用版なんで出ないの~と尋ねられていましたが、こちらも販売店として要望を続けていたら開始してくれました!!!感謝です!!まあ販売店といっても私はBUSユーザーじゃないし、私の意見を汲んでくれたわけじゃないだろーけど。しかしフル機能を使える試用版を告知して無償貸与を開始したことで、購入予備軍が気軽に試せる環境がようやく整ったことに安堵しています。発売されて1年経過しているんですが・・・。

さて、私はBUSユーザーではないので、試用には適さないのですが、散々文句を言ってきた(主に名前と試用版の件と、ユーザーレビューがないこと)ので、借りてみました。よく貸してくれたと思います(大汗)。感謝です!!借りたのでゴールデンウィークの空き時間にコソコソ使ってみました(ああ、お仕事の納期が・・・)。

さて、本来は街の小さな設計屋さんで、構造専業でもないし、鉄骨造はわからないし、RC造も実務では小さなものしかしないので、技術的な点は今回控えますが、まあ、なんといいますか・・・せっかくの新設計が過去にとらわれてて残念な形で進化しています(退化はしていない)。

まず、とっつきにくさ。いい加減にウィザード形式をもう少し進化させても良いのでは?と思います。建築系のCADや木造系の他社の構造計算ソフトなど見ていると流れは説明書を見なくても分かる導入部分があるのだが、まったくもってユーザーに近づかない感じ。たぶん日常から一貫構造計算ソフトを触っていれば問題ないんでしょうけど、これだと操作を覚えるだけでも時間がかかります。正直RC造なんて、木造や鉄骨造に比べてシンプルなわけだから、もう少しなんとかなったはず。このあたりは同社のHOUSE-WLなど旧世代のソフトから進化は見られないように感じます。たぶん、新しい若いこれからのユーザーに買ってもらおうというより、他社のユーザーからの乗り換えを狙ったんだろうけど、SEINもSSもBuildも進化した今となってはねぇ・・・。初心者狙いでいいなじゃないですか??

それは、CADデータから様々なデータを読み込める、構造モデラー最大のメリットの部分でも見て取れます。メニューがCADデータ読み込みありきで、作られています。最終的に意匠設計が完成している段階ならこれでも良いですが、検討段階などだと当然1からの入力になります。CADからの入力は丁寧で良いのに、位置からの場合の建物基本設定や個別設定や設計方針など本当に扱いにくい。過去の計算ソフトを引きずりまくっている感じです。そんなわけで1からのダイアログであまり気付かないだろうところに面白いバグが潜んでいます(5/27 気がつかないみたいのなので指摘。直してもらいました)。

まあ、初めから散々ですが、ここを通り越すとまあまあ素敵なのですがもう少し文句書きます(もう少し読んでね)。

そこまでしてやっと起動すると・・・画面がダサい(すみません。それしか言えませんでした)。現在のリボンメニューのアイコン、メニュー体系は、洗練されていて使いやすいです。HOUSE-WLやHOUSE-ST1のカオスぶりからみると非常に良く出来ています。調べやすいし。もう少し階層を欲張っても良かったかな?と思えますが(しないから使いやすい)、入力を考えて「構造モデラー」を前面に出してきた面目躍如といったところでしょうか?

リボンメニューの下にアイコンが並ぶ・・・

なのにリボンメニューの下に、わけのわからないアイコン群が・・・。画面が広くなったからといって横長なのでこの一行が余計です。意味もわからず移動できちゃうことも??です。なにせ分割されていますし何処に移動すれば良いのでしょう??Photoshopみたいにするか?右側に集めるとかもう少しわかりやすくするとか方法がなかったのでしょうか?形をカスタマイズできるとか。もしアイコンにこだわるならSS7みたいな旧来のインターフェイスで良いわけね・・・。あと、柱など入れる時にマウスカーソルに部材が表示されるのは便利で良いのですが・・・ダサいです。なぜクロスカーソルの真上なのか???なぜそのフォントなのか?あとちらつきが(汗)。まあ実用性問題ないんですけど、せっかくの新設計なのですからねえ。そして・・・左上のソフトを示すアイコンが・・・ダサすぎるし意味不明。構造モデラーのほうはKM Modelと一体何なんだろう???ここはそのままで良かったのでは????そして、計算帳票画面は「KM NOUT」・・・・何なんでしょうねぇ。ダサいだけでなく意味不明が更に増します。あと、計算結果もなんですけど、タブが並びすぎてしまうのも難。これもなんとかならなかったのでしょうか???ダイアログも陳腐です。SS7格好いいのに・・・。特殊荷重系ももっとなんとかなったはず!画面デザインのツッコミで何本もブログが書けそうです。

・・・一体何なんだろうと思えるアイコン。BUSっぽさゼロ。BUSユーザーが悲鳴を上げること間違いなし!

さて、悪いところはここまで!このソフトの最大のウリはCADデータからの素早いモデリングですが、一から入力していても非常に快適です。特に右クリックをうまく使っています。部材リスト関連から入力までスピーディーに行きます。これはビルディングエディタやACE許容やWALL-1など使っていた人にとっては便利に感じると思います(BUSは知らん)。手戻りが少ないので簡単なモデルなら簡単に入力完了しますしミスが少ないインターフェイスだと思います。構造システムお馴染みの左下の立体が表示されるのも良いです。まだHOUSE-ST1のような連携はありませんが、それができるようになると威力を発揮します。目線の動きでいえば、右側上に各階の移動などを持ってきたのも良いと思います。スパンの変更や通りの追加など木造構造計算ではお馴染みの機能が普通に使えます。

比較的見やすく入力しやすい。マウス操作ミスによる手戻りは少なめで良い感じ

部材リストが、使いやすくなっていることも良い感じです。サクサクリストを作れ、変更できるのは快適です。若干スピードがもっさりなのが気になりますが、普通の人なら気にならないでしょう。

CADからは、やってみましたが実用的なモデルを選ぶようです。きちんとレイヤわけされて、矛盾が無いようなCADデータがあまりないので辛いところですが。現時点だとBIMデータよりCADデータを優先したのは良い判断だと思います。BUS6にはRevitオプションがあり、BIMはオプション対応という姿勢のようです。意外と細かい設定もあり、なかなか良い感じで変換できますね。もっとも私のような小さな物件メインの場合は、入力しやすくなったソフトなので一から入力しちゃうな~とも思ってしまいます。あと、構造図先に書いてから入力する人いるので、それを読み込める機能が欲しいな。

計算が速いのも有り難いです。SEINの遅さでフラストレーション満点でしたから(プレミアムになって速くなったのは周知の通り)。保有使わなければ座席を立つまでもない場合があります。そして保有も速いです。あんまり計算とかしたことなかったけど、隣の席で一貫回している人たくさん見て来ましたら、えっ?という感じです。

面白いのが、構造計算すると先ほど酷評したKM NOUTの画面が出ます。ヘルプでみても、これはNOUTだそうです。NOUTの説明はありません。計算結果なんでしょうけど。そうなるとNBUS7というソフトは表には出てこないのかもしれません(ならアイコンも必要ない??ということか??大汗)。

従来の構造システムの計算結果の画面は人気があり、これも従来のものを更に進化しようとしているようです。同社のソフトの良い部分を取り込んでいくと非常に良くなると思います。難をいうならファイルビューが邪魔して計算書を大きく見ることが難しい事です(ツリーを並べる禁じ手・・・)。もちろん最小化して使えばいいのでしょうけど、意外とファイルビュー使います。リボンメニューをあまり使わないので、うまく上部に押し込んでくれればなと思います。たぶんですけど、結果概要やエラーやワーニング指摘を別ウィンドウに出して知らせた方がいいのな?とも思います。あとリボンメニューに警告を出すとか。もう少し目立たせたいところです。

従来の構造計算ソフトで嫌だな~と思うのが、躯体の重量と積載荷重と仕上げが、混ざってしまって頭の中で整理しにくいこと。構造モデラーでは、まあ普通かな?という感じですが、わかりやすいほうではあります。もう少しここを画期的にすると初心者は荷重間違いをしなくなるでしょう。

ルート1の建物を複数入力して検証してみましたが、このレベルでは特に問題は発生しませんでした(当たり前だろ)。サクサク入力でき、過去の一貫計算ソフトとは入力に慣れるまでの時間が違いますし、実際の入力時間も短いです。

小規模物件から試さないと初心者は厳しいです。その面ではサンプルはもう少し何とかして欲しかったです。学びやすいサンプルをもっとつけて欲しい所です。またツールチップの説明ももう少し丁寧にして欲しいし、ヘルプも丁寧にして欲しいところです。

ユーザーが少ないのでもっと変なのになっていないか心配でしたが、デザイン面はともかく、使いやすくはなっていたので少し安心しました。まだ細かな不具合もありますし、機能的にBUS6に追いついていない部分もありますので、できるだけ速く対応して欲しいなと思います。

レビューは後日、気が向いた書きます。GWは他のこともやりたいので。ではでは。

注:メーカー記述は、+NBUS7、+基礎のような、構造モデラーに追加でプラスする表現のようですが、なまあず日記styleでは単独の場合は+を除いて表記しています。ご了承ください。

HOUSE-省エネVer4アップデート

約1年ぶりのアップデートです。世の中は建築物省エネ法改正の話題で持ちきりですが、いろいろ対応してくれたのでしょうか??

さて、個人住宅用省エネ計算ソフト「HOUSE-省エネ」既存の最新アップデート適用のプログラムから、なぜかアップデートプログラムを認識できません(2021年4月26日10時現在)。メーカーには伝えましたが、今のところアップデートプログラムを構造システムグループのダウンロードサイトに取りに行くしか方法がなさそうです。ログイン等しなければならず面倒ですが、アップデートしてみてください。

さて、内容ですが、新Webプログラムへの対応はまだです。新地域区分の対応やη値基準値の変更や、コジェネ機種の取得など、正直既に行われていなければならないような対応や、軽微なバグフィックスです。

HOUSE-ST1 Ver8ファーストインプレッション

2020年10月新発売の木造構造計算ソフトHOUSE-ST1 Ver8のファーストインプレッションです。

今回は、大きな法改正も計算マニュアルの変更もない時期のバージョンアップということもあり、機能アップや、使い勝手のブラッシュアップがメインです。なのでバージョンアップをしないという選択もあるので、珍しくレビューを多く求められています。たぶん買うかどうか?判断しにくいということでしょう。

告示の変更により、構造用合板の倍率がCN釘を使った物が加わりましたが、前バージョンではなぜか?加えませんでした。このことの批判は多かったのですが、今回無事にデフォルトで使えるようになりました。

新機能がどのようなものがあるかは、別途ハンドブックにまとめましたので、興味のある方はこちらでPDFダウンロードしてみてください。

一通り使って見て感じたのは、無駄にアイコンの色などが変わったことは置いておいて、メニュー体系がブラッシュアップして飛躍的に使いやすくなったことです。バージョンアップのたびにメニューが加わり、非常に複雑になってきていましたが、ようやく整理されて使いやすくなりました。これは既存のバージョンになれた方は「あれ?」と思うかもしれませんが、最終的には作業しやすく感じると思います。新規の方はより使いやすいソフトだと感じると思います。

また長年計算時に、いちいち設定がでてくる独特の計算実行を改め、計算条件を別途にすることにより、直接チェックに入れるようになりました。元に戻す方法も用意されており元が良い方にも配慮されています。ちょっとの差ですが、スピーディーに計算できるようになりました。ルート2への切り替えやJIS A 3301の切り替え、出力記号や検定計算の数の設定なども、計算条件でできるようになったので快適です。ルート2に変えると帳票も自動で変わるのも便利です。

入力自体の改良は、梁交差部を越えて配置すると自動で分割され梁が配置される機能(kizukuriなどではお馴染み)など入力がある程度で小幅なブラッシュアップに留まります。ただ梁壁入力画面に、梁や壁のプロパティを表示・非表示などを切り替えられる機能(WOOD-STではお馴染み)がつきました。特に外壁・内壁を表示できるようになったので今までよりチェック・編集が簡単になりました。

一番の改良は構造計算結果の画面でしょう。今まででも構造計算ソフト界随一の部分でしたが、更に更に改良されました。ユーザーインターフェイスも一新され、更に使いやすくなりました。。描画属性の変更も行えるようになりましたし、ページを回転して確認できるようにもなりました。CAD変換なども詳細マウス操作モードにより、各項目からできるようになりました。またクリップボード転送も簡単になり、Excelに手軽に転送できるようになりました。こういう機能って項目により限定されたりするのですがその制約がありません。一般事項の建物概要なんかもクリップボードは項目毎に転送できます。CADもページ毎に転送できるようです。非常に便利に追加検討書や図面を作成することが出来ます。

クリップボードを介してExcelに転送。きちんと項目毎になっている。

CAD変換。枠や文字や表もCADデータに変換できる。

また出力できる帳票も増えました。ルート2がらみが強化されていますが、計算ルート判定や、プリチェックメッセージ一覧も同時に出力出来るようになりました。ルート判定、エラーやワーニングのチェックが楽になりましたね。今までみたいに他の画面を参照しなくてもチェックできるのは、思いのほか快適です。あと、柱頭柱脚の金物図が、他社のように各階柱頭柱脚でも出力出来るようになったのは便利です。これでCAD出力すれば、簡単に金物図が作成できます。ここまでやると、構造図を作成するコマンドを実装したほうが良いレベルまで来ています。まあ機能を駆使してオリジナル帳票を作る方が楽しいかもしれませんが。

目玉のCEDXM機能は非常にシンプルで設定がないので、機能としては楽なのですが、逆に制約もあります。またその割に変換出来る項目が多く、各階の地震力荷重なんかも転送できますので、Wallstatに自動で入力されたりもしてビックリします。転送出来る項目のON・OFFが欲しい所です。プレカットとは他のCAD同様大きくシステムが違うので、限定的な転送になりますので、実質Wallstatへの転送がメインだと思います。恐らく専用ではありませんが、ある程度想定した作りになっているので、Wallstatを使う場合も大きな武器になりそうです。また各要素をCEDXMに転送できたり要素を読み込めるわけで、例えばKIZUKURIにデータを転送したり、逆にkizukiriデーターを読み込んだり出来るのは面白いです。もちろん梁・サイズ・耐力壁などですが意外と楽しいです。もちろんアーキトレンドの梁伏図もCEDXM変換すれば使えます。複数のソフトを持っている場合、意外と活用の幅が広がるかと思います。

そんな感じで文字で説明するといろいろあるのですが、キャッチーではないのでわかりにくいのも事実なので、非常にわかりにくいです。また期待されたペントハウス対応や、斜め軸、構造図自動作図、同社HOUSEシリーズとのデータ互換など実現しなかったのも事実でやや物足りないのも事実です。しかし初めて触った人にも、既に旧バージョンを使いこなしている人にも意味のあるバージョンアップです。ここには書き切れない新機能もたくさんある(新機能ハンドブック参照)ので、特に旧バージョンをお持ちの方はバージョンアップしてみてください。後悔はしないと思います。

※なまあずショップ楽天市場店&なまあずソリューション共同企画

HOUSE-ST1 Ver8ハンドブック(新機能編)をダウンロードされた方で、なまあずショップ楽天市場店でHOUSE-ST1 Ver8を購入(バージョンアップも含む)された方には、ハンドブックのCDEXM編と構造図作成編をプレゼント!!新機能編の最終ページにあるキーワードを購入時の備考欄に記入ください。追ってパスワードを送付いたしますので、ハンドブックをダウンロードしたページからダウンロードください。両ハンドブックは10月下旬完成予定です。

 

wallstat ver4.1.2

木造住宅倒壊解析ソフトウェアwallstatのver4.1.2が公開されています。

4.1で大きな変更があったあと、そのエラーやバグの修正に追われているようです。

まだちょっと安定度が低いです。それは私も感じています。市販のソフトではないので気長に待ちましょう。

ver4.1は非常に意欲的なバージョンで、壁量計算やAi分布でのプッシュオーバー機能、柱脚フリーの計算条件選択機能など、特に構造設計者に魅力的な機能が加わっています。絵的にも、動画に地震動グラフを表示したり、壁の色がよりなめらかに変化するようになったりきれいに、わかりやすくなりました。構造計算・耐震ソフト・CADメーカーが続々とコンバーターなどを有償で発売しはじめましたね。コンバーターも万能ではないようなので、Excelなどでの入力・修正に慣れた方がいいでしょう。

KIZUKURI構造知識セミナー

珍しくKIZUKURIのイベントのお知らせ

仙台・大宮・横浜・名古屋・福岡・大阪と開催。各階50名定員と余裕がありますね。JIOから「構造計算だからできる耐震等級3と建築主のメリット」、木造舎の星川氏から、グレー本改訂のポイントや、KIZUKURIの最新バージョンの機能についてです。最近、あまり動きのなかったKIZUKURIですが、今後どうなっていくのでしょうか??興味のある方は是非ご参加ください。

なまあずショップFC2支店活動再開

なまあずショップは、まずはWEBショップから始まったのですが、一番始めは、FC2カートを利用したウェブショップが始めでした。その後、実店舗のオープン、独自ドメインのWEBショップオープン(現在は閉鎖)、楽天市場店のオープン、そして駄菓子屋なまあずのオープンと徐々にですが前進してきました。さて、その創業の地であるFC2カートを利用した店は、その後ダウンロード支店となりソフトウェアやマニュアルのダウンロード専用ショップとなっていましたが、それもパブーに移ってしまったため、現在はほとんど放置状態でした。そこで一部の方に、バージョンアップ商品などの販売を始めたら??と言われたので、真に受けて商品をアップしました。セット商品などは無くし、単品のみのショップとしました(一部を除く)。

一応残しておく方針なので、きちんと稼働していますのでご心配なく。

 

実質i-ARM(国産BIMの新製品)の発表会な建築ピボットEXPO2015

せっかくの新製品発表会(勝手に思っている)なのに、建築ピボットEXPO2015は、まだ定員じゃないらしい(申込みできるようです)。名前が名前だからわかりにくいのですが、構造システムグループの新型BIMソフト「i-ARM」の初お披露目、つまり新製品発表会のようなものです。何を遠慮しているんでしょうねえ>建築ピボット。

まあ、BIMブームも一段落でBIMに対する注目度が落ちているのなら問題ですが、まだまだ成長過程のソフトですからねBIMは。これから導入しようと思っている人は気になるはず!発売はまだ先だと思いますが、驚くべき発表があるはずです(しろなまずも参加することから、察してください!)。ちなみにDRA-CADも活用事例紹介を、しろなまずと同じ年で府中市民である酒井敬氏がしてくれます!!こちらも必見です。

ちなみに建築ピボットの千葉社長より、「建築ピボットの現在と未来」という講演がありますが、今後のロードマップについても発表されます。こちらのほうが面白い発表が聞けるかもしれません(根拠のない自信)。

なお、会場で私を探さないでください!人見知りが激しいもので・・・。

HOUSE-省エネ U値η値計算に対応

個人住宅用の省エネ計算ソフトのHOUSE-省エネが、ようやく新基準であるU値η値に対応した新バージョンが追加されました。これで低炭素住宅などの設計も安心・・・と思いきや、よ~く考えると、新基準に変わってからだいぶ月日がたったような・・・ただ既存ユーザーは無償アップ対応のようなので(本当?)ありがたいよ~な複雑な気分。夏休みが近いので、ちょっと検証してみようと思います。

中・大規模木造建築物の設計実務と確認申請の要点と注意点(11月29日:東京)

最近、グループホームを始め、中・大規模の木造の案件が増えています。単純に木造のほうが安いとか、施工する人間が多いとか・・・安易な話が多いのですが。

以前、なまあず日記で、FAP-3とMED-3の紹介記事を書きましたが、両ソフトの開発元の構造システムが講習会を開きます。

まあソフトの宣伝かよ!と思われるかもしれませんが(実際そうです)、この講習会は、中・大規模木造の確認申請について、ハウスプラスからの講習、構造設計のプロセスについては、株式会社タツミから、とそれぞれ外部の機関が講習を行います。

名前でピン!ときた方もいらっしゃるかもしれませんが、タツミといえばアレです。たぶん。行けばかなり面白い情報を入手できると思います(当然私もこの講習会に参加します)。

タツミは、ベースパックで有名な岡部株式会社と業務提携したばかり。そしてTEC-ONE P3+がいよいよ・・・という時期。たぶん46条2項ルート計算の例の新型金物・・・と期待がいっぱいですね。(過去のなまあず日記の記事

まあ、その話だと思うのですが(違っていたらごめんなさい!!)。

 

まだ申込みはできるみたいです。上記内容は鵜呑みにせず、リンク先をよく読んでから申込みください。

中・大規模木造建築物の設計実務と確認申請の要点と注意点(株式会社構造システム)

11月29日開催

HOUSE-ST1の梁の断面の決め方

 意外と問い合わせがあるのが、木造の梁の断面の決め方。RC造やS造と異なり、梁がけが自由な木造は案外難しいのです。
 kizukuriの古いユーザーの場合、autoモードで算定し、算定した出力結果を基に梁を入力していく、というのが普通でした。kizukuri2x4では、梁もまぐさも未だこの方法の人が多いと思います。現在のkizukuriの場合、仮定断面をあらかじめ入力してから・・・チェックして・・・という方法も多いです。何しろ自動で梁検定できますからね。まあそのまま使う人いないでしょうけど。
 さてHOUSE-ST1の場合はどうか??初心者向けのこの構造計算ソフト、意外にやっかいです。慣れないうちは、一番多いであろう断面(私の場合はベイマツで10.5×15)で全梁を入力し、算定を行います。算定を行うには、計算条件の欄で「梁断面計算」を算定にチェックします。基礎も適当に入れて算定にチェックします。
 一応、断面検定も出てくるのですが(7.3.2等)見るのは7.3.5の算定です。支点毎に必要な断面が出てきますので、それを参考に梁のプロパティを変えていきます。長い梁の場合数パーツになりますので、大きい数値を参考にします。跳ね出しは特に数値がずれやすいので注意が必要です。できれば印刷してチェックしていくといいと思います。もちろん最低の仕様であり、この寸法でいいわけがありません。何しろセンチ単位で刻んでいますからね。これとスパン表や社内規定などと見合わせながら断面を定めます。サイズが足りそうになかったら集成材やLVLなど部材を変更したり、太さを変えます。
 基礎は9.4.2で算定結果がでます。配筋が足りないようでしたら、主筋を増やし、それでも無理ならサイズアップです。
 梁伏図にある程度慣れているなら、始めから予測寸法を入力し算定せずに検定します。慣れてくると大梁以外はなんとかなるものです。
 ちなみに算定とは、応力計算した結果から必要最低限のはりせいを計算します。検定とは、指定された部材・サイズで、構造計算がOKなるか検討します。部材決定の参考のため算定し、部材が決まったら検定計算を行いその部材が安全かどうか最終チェックを行います。算定は安全率や部材の規格なども無視した場合が多いので、あくまで目安になります。