商品紹介」カテゴリーアーカイブ

マドリイズム 間取りで遊びたい方は是非!

建築の間取りを利用したゲームは意外に少ないです。複雑化しやすいからでしょう。

このゲームはカードだけで完結するシンプルさがウリです。その点がマドリーノ等との違いです。単純ですが若干説明書がわかりにくいです。

みんなで協力して間取りを作る「みんなでマドリイズム」それぞれがじっくり自分の間取りを作る「それぞれマドリイズム」び2つのルールで遊べます!

単純そうですが意外と奥深いです。間取り好きの方にお勧めです。

 

キャプテンリノ

昨年から建築系のボードゲーム、カードゲームを集めています。ここで紹介していますね。今のところ4つほど揃えたので、徐々に遊んでレビューしたいと思います。

建築系のゲームって昔からつまらないものが多いのですが、このキャプテンリノは有名で入手しやすく、面白いのでお勧めしております。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

すごろくや キャプテン・リノ キヤプテンリノ [キヤプテンリノ]
価格:1760円(税込、送料別) (2022/1/5時点)

楽天で購入

 

 

カードゲームに属しますが、ちょっと変わっていて、壁のカードはL字型に折って使用します。土台と壁と屋根を組み合わせてタワーを作っていくゲームで崩れると負けです。カードにはそれぞれ意味があり、壁を立てる位置が書いてあります。そのほか二枚重ねにしたり、スキップしたりとUNOの要素も入っています。不安定なので崩れやすいですから意外と早く勝負がつくのもポイントです。

土台のカードに壁を立てているところ。二つ折りですが意外と不安定です。

積み上がってくるとこんな感じです。

ゲーム名のキャプテンリノ(サイ)は、サイの絵があるカードを使うと下から上に移動させなければならないので難易度が上がります。

サイを持ち上げるのは意外と大変。カードが邪魔してうまく取れず、序盤で建物が倒壊!なんてことも。

2~4人で遊ぶと良いでしょう。盛り上がりますよ!

 

 

お勧めのサーキュレーターがSALEで安い!!

今夏に、このサーキュレーターを買いました。

 

我が家は天井高が高く4mくらいありますので、冷暖房の効果がイマイチです。断熱はかなり良いはずなのですが、勾配天井で天井付近に熱が溜まりやすいのがネックです。まあ年中ある程度快適ではあるのですが、更に・・・と感じてしまいます。

そこで導入したのが、上記サーキュレーター。普段、小屋裏で寝ているのですが、夏は断熱材が多く入っていても、熱いです。だいたい31度になります。まあ私個人的には寝られない温度ではないのですが、屋根に溜まった放射熱が厳しいです。

そこで、エアコンがある程度効いている時間帯に、このサーキュレーターで小屋裏に向けて風を送ると・・・あら不思議、温度がすぐに1度くらい下がります。何しろ風の到達距離が長いので、ピンポイントに小屋裏に涼しい風を送れます。

逆に冬は快適な小屋裏なのですが、今度は床が若干寒いです。まあこの時期20度あるので、さすがに断熱性が悪いわけではないのですが、やはり天井高が高く、エアコンの暖気は上に上がりがちです。そこで、このサーキュレーターを使うとすぐに21度くらいに上がります。温度よりも深いな温度差がなくなるため、快適度が一気に上がります。びっくりするくらいです。

冷暖房の効果がイマイチの場合は、断熱工事をお勧めしますが、それなりの工事金額もかかりますし、準備も大変です。そこで断熱窓を付けるのが効果的なのですが、それも高い・・・ということであれば、このサーキュレーターを購入し活用することをお勧めします。個人的に結構びっくりしています。効果的に冷暖房を効かせるには、サーキュレーターは必須だと思いますね。特にこの機種は、遠くまで風が直線的に届く、柔軟な首振り機能、温度計付、リモコン付です。おまけ?でイオン発生機能までついています。扇風機より小型で、扇風機としても使えるので、活用できる期間、機能を考えれば、この価格は納得です。SALE中で安くなっているので、気になる方は購入してみてください。

ビンラムネのカロリーのヒミツに迫る

今夏、あの駄菓子のビンラムネが再発売されました。岡田商店が製造先などを開拓し、ビンラムネのパッケージなど改良し再発売に至った経緯は涙無くては語れません・・・。

さて、そのビンラムネをTwitterでつぶやいたところ、SラスD師匠に、

「恐怖のカロリーで有名なやつ」「ご飯二杯分って言ってましたよ」

と書かれてしまいましたので検証してみました。

パッケージには確かに

脅威の熱量370kcal!!!

となっています。ご飯一杯は100gあたり168kcalなので、師匠のおっしゃるとおりご飯2杯分なのです。

ただ、この表示はビンラムネも100gあたりです。ご飯一杯は約150gとすると約240kcalということになります。たしかにグラムあたりのカロリーは脅威ですが、問題のビンラムネの重量次第ではそこまで・・・という感じもしなくもないです。そこで量ってみました。

はい。23gでした。パッケージは前よりも重くなったといえ、1gありませんので仮に22gとすると370÷100×22=81.4kcal。うまい棒のカロリーは一本あたり34kcal(チーズ味)なので、確かに高いです。うまい棒のカロリー高めで有名ですから爆高という師匠のいうことも理解できます。ただ、ご飯1杯に達するまでに、ビンラムネは3本分なわけです。2本食べるのは控えて、1本だけで済ませたいものです。

カロリー気にしたら食べられない!と感じている私には脅威な結果でした。うまい棒5本くらいまとめて食べていた私がデブになった理由はわかります・・・。

本日、会社の女性陣が食べていたので計算してみましたが(私は食べていない)怒られました・・・。

そもそもi-ARMとは?アップデートとLAB-SS終売

9月15日に建築ピボットの建築設計プラットフォームソフトi-ARMがアップデートされました。このソフトは、当初「国産BIM」として開発がスタートしたようですが、最近は建築計画系のソフトとして大きく路線変更し、同社の日影・天空率・斜線と日射量計算統合ソフトのLAB-SSの機能を取り込み、後継ソフトとして進化しています。LAB-SSは建築ピボットの統合型の建築計画ソフトで、一定のシェアがあります。このソフトは2021年9月30日で販売終了して、正式にi-ARMを後継ソフトであると明記し、乗換を案内しています。

同社では、未だこのソフトの販売方法に迷いが見られるようで、i-ARMの活用方法というホームページで対象は書いているのですが、まだ漠然としています。また同社オンライン販売では「3次元建築設計システム」と書いています。逆日影や天空率ができることから、生活産業研究所のADSシリーズと同系列のソフトだと断言できるのですが、知名度は今ひとつ。価格もADSシリーズに比べて安価であり、逆に何か欠陥があるのでは?と疑われるほどお買い得です(初期導入時の価格がなく年会費だけのため)。逆に年会費が高く感じられるのが売れていない理由なのでしょうか?

建築計画系のソフトとしては、建ぺい率・容積率といった初歩から建築可能空間、斜線制限、天空率、日影規制、採光・換気・排煙、防火防煙区画、避難経路計算と機能満載です。このあたりの機能はADSシリーズに引けを取りません。さらに、環境解析機能が優れています。太陽光に関するシミュレーション機能が充実していて、日照時間、昼光、壁面日影など設計時に検討したい内容が含まれています。

そもそもBIMとして開発されたのですが、その機能が充実しなかったおかげなのか、スピードは早く建物のモデリングも簡素です。3Dの設計もできるわけですからおまけとしたら凄いことです(注:おまけではありません)。BIMなのでIFCの読み込みもできるわけで、他のBIMから読みこんで検討するには最適なソフトではないでしょうか?このあたりはライバルADSは、各BIMからのコンバーター・アドオンを開発しており、更に先に行っていますが、そこまで必要ではないケースでは追加費用もかからないので良いのではないでしょうか?

とりあえず、年会費相当の約10万円で導入できる(翌年からもかかる)ので、試しで購入してみるのも良いかもしれません。

i-ARM Ver2(なまあずショップ楽天市場店)

 

骨伝導ヘッドセット導入

 

私は、体質上汗かきで、特に耳に汗をかきます。これはヘッドホン・イヤホンを非常に使いにくい体質だといえます。耳に入れるタイプは夏はかなり厳しいです。耳を覆うタイプは、すぐに外してしまいます。冬は大丈夫ですが、夏は厳しいです。

別にヘッドホンなど使わなければいいのですが、新型コロナによりWEB会議などが増えて、使わないわけにはいかなくなりました。嫌だな~と思っていたところ、骨伝導タイプのヘッドセットならなんとかなるのでは??と思い導入しました。aftershokzのOPENMOVEです。

bluetoothタイプでのヘッドセットで、マイクもついているので電子会議に向きます。もちろんハンズフリーでの電話もOKです。軽量(29g)で防水なので、本来はスポーツで使うタイプだと思うのですが、先述の通り汗をかきやすい私には必要な性能です。ちょっと締め付けが強いですが、落ちにくいのとトレードオフなので使う人を選ぶかもしれません。またメガネの種類によっては干渉します。私は大丈夫ですが(試してから店頭で買いました)。メガネを使って頭の締め付けを減らすというテクニックも使えます。

個人的に気に入っているのがUSB-Cで充電できることと、マルチポイントベアリングに対応し、2台のデバイスにマルチベアリング接続出来ること。PCで会議をしているときに、スマートフォンに電話の着信があれば、スマートフォンに・・・が出来るかもしれません(まだそのような状況がありませんが)。

軽量なのと引き換えに、2時間充電で6時間です。今講習会に参加しているのですが、この講習は3時間半。一日のWEB講義とかだとカバーできません。もう少し充電が早ければ良いのですが。またBluetoothの通信距離が10mとありますが、事務所内では干渉があるのか?5mも厳しいです。

まあ、今のところ気に入っています。周囲に大きな音がある場合は、付属の耳栓を使えばいいのですが、それが個人的に嫌なので・・・運用する場所を選びそうです。ただ外部とコミュニケーションを取りながら電子会議や講習もできるくらい、耳が空いていますので、これは非常に新鮮です。仕事中に会議、講習も可能なのでは??などと不謹慎なことを考えてしまうレベルです。

音も思った以上にクリアで聞こえやすいです。音楽を聴いてもまあまあ聴ける音質です(音質を追求している人にはそもそも向きません)。意外と良い買い物だったかもしれません。

 

取りつけ高さの範囲に幅を持たせた筋かい金物 BXハイパーガセット

便利な金物は諸刃の剣。または汎用性が制限されたり、うまい話だらけということはないようです。

この金物BXハイパーガセットは、ホールダウンなどの干渉から筋かい金物を上下にずらしたいときに、便利な金物です。従来品のハイパーガセットは便利でしたが、高さは土台・横架材から160mmの位置に固定されていました。非常に便利ですが、筋かいの性能を発揮できる金物では無かったです。そこまで割り切るなら高さを変えても・・・という趣旨には賛同できます。なんと80mm~180mmまで対応できます。新築だけでなくリフォームでも便利に使えそうです。

2倍専用ではなく3倍も使えるので本当に汎用性は高いですね。

しかし筋かい金物の柱取りつけタイプは、全体的に弱く頼りがないです。もちろん基準は満たしているのでしょうけど、破断しやすく個人的にはあまり好きではありません。

より粘り強くするには、岡部のブレスターZのような筋かい金物を使うのが良いのでしょうけど、取りつけにくいですし、万人にはお勧めできないのも確かです。私のように初期の大きな変動による変形抑制および、補助的に筋かいを使う人にとっては、ハイパーガセットのような金物も使い道があります。特にBXハイパーガセットは、筋かいの取りつけミスも減るでしょうし、扱いやすいですから、売れると思います。

ただし耐震優先と考えると、ブレスターZを使いたくなります。特に筋かいを多く使うケースや大開口廻りなどではブレスターZを使いたいですね。

ブレスターZは、この動画がツボにはまります・・・・

ホールダウン点検口(カナイ)

ホールダウンは比較的シンプルな構造で、特にアンカーボルトを緊結しているナットが緩みやすいです。そこで、緩まないようにしよう♪というより、緩んでいないか?定期的に点検しよう的な商品が発売されています。ホールダウン点検口(カナイ)です。

ただの点検口ですが、ナットを点検、締められる最低限の小ささになっていることがポイントで、ドライバーで簡単に開け点検できます。

木造住宅のホールダウン金物は地震や風などで緩んでしまうことがあり、耐震実験でもしばしば緩むことが確認されているようですので、神経質な方はどうぞ!!

ここひえ 2021年モデルが出たぞ!

昨年、私の小屋裏寝室の暑さを低減してくれた、ショップジャパンの「ここひえ」。超小型でバッテリー駆動もできる、気化熱現象を利用した簡易クーラー。少し効果があればいいな?と思って買ったのですが、予想以上の効果!!寝苦しさが大分軽減されてびっくりしました。何しろ本体も電気代安いし、そこそこ涼しい。残念ながらエアコンのような機能ではないが、体に少しでも風が当たればかなり気持ちが良いです。

そして今年も2021年モデルがでました!!新たに首振り機能が搭載されました。個人的には顔に当てているので不要かな?と思いますが、私より接近してより涼しく運用している人は一箇所にあたるのは確かに不健康。そういう意味ではかなりのパワーアップですね。

扇風機との違いは、風があまり届かないで、近くだけ冷風が届くこと。なので離れていると意味がないです。また水の気化を利用しているので、当然湿気は増えます(減りません)。エアコンと違って乾燥しにくいのが良い面でも悪い面でもあります。もちろん水が無くなれば風量のあまりないただの小型扇風機となります。

ただ、氷水を入れて運転すると、冷風が気持ちが良いんですよね。もちろん水でもいいのですが、更に効果がアップします。値段も値段ですし、小ささもあるので手軽に買えるのでお勧めです。

 

アメトーーク!の駄菓子大好き芸人(4月22日)

4月22日は、アメトーーク!で駄菓子大好き芸人だったのですが、先週は忙しく録画を見られたのは日曜日になってからでした。

過去の駄菓子特集でのノウハウの集積があったのか?駄菓子屋さんに配慮した心遣いをみることができて嬉しい部分も。特に価格をできるだけアバウトにしてくれたのは良かったです。

さて、出てくる駄菓子は比較的オーソドックスながら、お笑い芸人のセンスが光るプレゼンで楽しかったと思う視聴者も多かったと思います。その影響か?週末の駄菓子屋さんは、普段来ない客層が多く来店しました。私も珍しく店頭に立ちましたが、若いカップル・夫婦が多いなと感じました。テレビの威力が減ってきたと言われていますが、緊急事態宣言発令の日で、しかも店頭の小さなスペースだけの縮小営業中なのに、普段以上の売上げがあったことは、さすがだなと感じました。もっとも店主は、まったくアメトーーク!のことを知りませんでしたが(汗)。

モロッコヨーグルは普段それほど売れないのですが、急激に売れて店頭商品がなくなるほど。バックヤードから商品を出してきました。

番組で紹介された駄菓子の中で特に売れたのが、さくら大根。またあまりクローズアップされませんでしたが、モロッコヨーグルもかなり売れました。他も紹介された駄菓子は軒並み売れましたね。うまい棒やキャベツ太郎は聞かれることがほとんどなかったことから、この二つはコンビニやスーパーでお馴染み過ぎるので別に駄菓子屋で買うほどのこともない、ということでしょうか??ちなみに私の駄菓子屋ではキャベツ太郎は売れないので、ずっと販売していません。

サワーペーパーは知らないお客様が多くて、番組で見て買っていった方が多かったです。

というわけで、値札付け、品出し、接客と珍しくお手伝いをさせていただきました。緊急事態宣言下なので、厳重に対策を講じての営業で、皆様に不自由をおかけします。不要不急の外出を控えてどうしてもというときにご来店いただければと思いますね。こちらも店の外でお待たせするのは心苦しく感じていますが、ご来店時にはご協力よろしくお願いします。