キャンペーン・sale」カテゴリーアーカイブ

HOUSE-ST1 Ver8発表!CEDXMに対応

初心者でも扱いやすい木造構造計算ソフトのHOUSE-ST1が2020年10月にバージョンアップされ、Ver8となります。既存ユーザーは有償バージョンアップとなります。10月からキャンペーンで新規・バージョンアップとも特価販売が始まります。

なお、今回のバージョンより64bit版のみの供給となります。32bitのOSを利用の方は要注意です。ちなみにWindows10とWindows8.1(それぞれ64ビット版のみ)の対応となります。

今回はグレー本の改訂ではありませんので、純粋に機能アップとなります。

目玉は、CEDXM対応でしょう。kizukuriなどライバルソフトは既に対応しているの周知の通り。今さら感がありますが、要望が多かったのでしょうか?インポート、エクスポートに対応しています。kizukuri同様データ形式から、純粋な互換性は期待できないとは思うのですが、作業の省力化及びWallstatとの連携などに威力を発揮しそうです。他社にはない隠し球もありそうです。

他は、機能アップしやすいところからやった感が強く、それほど魅力的なことはありません。その中でも軸数を200にアップ(従来は150)したのは、大きな規模や複雑な建物をやる方には魅力的かもしれません。しかしHOUSE-ST1の表示は細かいグリッドに向いていません。やはりグループホーム等ある程度大きめで整形の建物に向くバージョンアップと思います。

構造計算ルート2への対応もされました。筋かい負担水平力による応力割増を自動計算できるようになりました。従来は面倒でしたからね・・・。ルート2への要求も増えてきているので(あの高さに関する変更のせい)、出来るのは心強いです。

また、構造システム独自の構造系データベースk-DBから部材材質・接合金物をインポートできる機能を搭載しました。FAP-3やWOOD-STを使っている人にはメリットがあります。インポートレベルではなく、WOOD-STのように標準になれば良いと思うのですが、それはまだ先のことかもしれません。

他には、特定緩勾配屋根の積雪割増や、基礎ばりの2段配筋や返信布基礎の計算に対応しました。また出力・印刷機能も強化されたようです。

そんなわけで、期待されていたペントハウスの計算、本来の意味での斜め軸、4号建物の計算強化、構造図作図機能の強化などは、搭載されてなさそうです。またBIM対応や他ソフトとの連携強化も見送られたようです。まあ細かい部分はまだ発表されていないので、使い勝手等細かい部分に手をいれてくれることに期待です。

小さな住宅レベルでは、最大軸数150は十分であり、構造計算ルート2も不要です。また材質や金物のデータベースも、最初に使う物を登録しておけば不要であり、今回のバージョンアップで「HOUSE」とは何ぞや、とあらためて感じてしまいます。HOUSEと名前を付けているのに大型に対応しようとしたりするのはね。まあ他社にも十分悩みやブレはあるから仕方がないのでしょうけど。今回のバージョンアップの内容は他社だと「オプション」レベルですからね。まあバージョンアップの価格はオプションレベルなので問題は少ないのかもしれませんが、旧バージョンの持ち主が積極的にバージョンアップしてくれる内容か?という点では、ちょっと困った内容なのかもしれません。

もっとも、中大規模木造への対応は、構造業界から歓迎されます。CEDXM対応は、各社ともまだまだ使い道は未知数で実質Wallstatへの変換しやすさに使われている実状があり、それだけでも訴求力があるという悲しい状況ですので、魅力的に映る方はいると思います。

ただ、名前がHOUSEである以上、住宅設計にある程度特化して進んで欲しいな、と、しろなまずは感じてしまいます。

構造モデラー+NBUS7 アップデート

はい。構造モデラー+NBUS7がアップデートされています。長い名前ですね。いい加減、NBUS7でいいでしょうか(汗)。

当初は、通常版だけでしたが、現在は低層版が販売されています(出荷は8月??)。7月31日まで大特価のモニター販売価格で販売されています。特にBUS-6ユーザーには魅力的なバージョンアップ価格が提示されていますね。18万円+税ですから。6層まで計算できるのでこれで十分という方も多いのではないでしょうか?

ちなみに低層版の新規モニター価格は72万円+税です。昔の感覚ならまあまあ安いのですが、今だと高いと思う方が多いと思います。3層までのHOUSE-NBUSとか30万円くらいで出したら、売れるだろな~と思います(まあその前にWALL1やHOUSE-WLをリニューアルして欲しいけど)。

 

なまあずショップでは、通常版、低層版の新規・バージョンアップのモニターキャンペーンを受け付けております。通常版は既に発送可能ですが、低層版の出荷は8月を予定しております。

構造モデラー+NBUS7 新規

構造モデラー+NBUS7 バージョンアップ(BUS-6から)

構造モデラー+NBUS7低層版 

構造モデラー+NBUS7低層版 バージョンアップ(BUS-6低層版から)

3Dマイホームデザイナー13を少しでも安く買う

昔は安かったな・・・。最近、どんなベストセラーソフトも価格が高くなってきています。それだけ売れないし、コストも上がっているんだと思います。特に低価格帯は辛いですね。ホームページビルダーなどと並んでバージョンアップ内容がそれほどでもないのに価格が上がってきている3Dマイホームデザイナー。最新の13が出たのに話題が少ないです。既存ユーザーの私から言わせれば、天井などの柔軟性が上がっただけでも買いたい気分になりますが、Proユーザー(私・・・)から見ると新鮮さが足りない気がします。唯一、360度画像が新鮮です。また360度カメラを使った窓外表現など楽しそうです。まあそれだけです。

これが1万円を超えてきたわけで、昔ほど手軽に買えなくなりました。店頭で手に入れるのも難しくなってきましたし。コレ買うなら、同じ価格帯になってきた同社のMIFES10が欲しい(おい!)とか言いそうになります。

でもやっぱり買いたい。今なら10%オフでダウンロード版を購入できますので、この機会を逃されないように!!

そして楽天ユーザーなら更に得かもしれない買い方。amisoftセキュリティ&サポートさんという、楽天市場のショップはダウンロード版を販売しているのですが、なんとメガソフトも販売しています。価格も公式の10%オフより高いものの、通常なら遜色ないです。現在も633円しか差がありませんし、ポイントが有利な日や、基礎ポイントが高い人なら十分逆転してしまう価格差です。公式ほど早くは対応できなさそうですが、長くても1日以内に対応できるようなので安心です。

ダウンロード版です。平日で空いていれば35分でお届け!!PRO版に比べCAD変換がないので辛いですが、パースだけならこちらで十分。しかも今回のバージョンから勾配天井や登り梁など天井表現が充実したのが嬉しいところ!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メガソフト 3Dマイホームデザイナー PRO9 2019年版
価格:57261円(税込、送料別) (2020/5/4時点)

楽天で購入

 

PRO版買うなら、やっぱりパッケージと思います。こちらがPROの最新版。お仕事で使う人はこちらのほうが、CAD変換が出来るでお勧めです。

BUILD.耐診RCI&II/2017年基準が建防協評価取得キャンペーン

株式会社構造ソフトの鉄筋コンクリート造の耐震診断ソフトが建防協取得にあわせ、評価取得キャンペーンを実施しております(6月末まで)。

東京ではだいぶ耐震診断減ってきているのですが、地方はどうなんでしょうか??特別価格が強烈なので、これから必要になる方は購入を考えてみてはいかがでしょうか??

詳しくはこちら。

 

SketchUPがお買い得!!新年度スタートアップキャンペーン

新年度スタートアップキャンペーン開始のご案内

なんか不自然なタイミングで始まりましたね。でもこれでいいのです。ソフトウェアメーカーの皆様!!ここは何も考えずキャンペーンを始めましょう!!売れ行きも落ちている時期ですので、キャンペーンを打ち出し、シェアを奪いにいきましょう。

で、SketchUPですが、有料化以降それほどぱっとしないイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、有料版はかなり進化しています。まあ必要ない、無料だったらいい、みたいな古い考えの方もいるとは思いますが。

4月13日~6月19日と、比較的長いキャンペーンを打ち出しました。サブスクリプション版が通常価格の15%引きです。サブスクリプションの場合毎年更新なので、今年一年我慢して来年買って貰おう、という部分で、値引きの影響は軽微なので良い感じですね。もちろん商品に満足して貰うことが大前提なのですが。なのでサブスクリプション更新は対象外です(涙)。ちなみに2本買うと更に割引率が高いです。

あと、SketchUP Pro for Constructionベーシックもお買い得となっています。これは通常の一年版に、建築土木で更に便利につかってもらうための機能(プラグイン)がセットになっています。プラグインは自分で選ぶよ、という方は関係ないですが、有用なプラグインがセットになっているので安心感はあります。Quantifier Pro(積算機能)は、BIM風にSketchUPを使うのには必須なので、このセットじゃなくてもお勧めですね。

別売になっているBIMバンドルは、2万5千円ながら、Quantifier ProとProfile Builder3がセットになっているので、既存ユーザーや、Constructionベーシックで不要なソフトがある場合は、こちらのほうば良いかもしれません。個人的にはマップを取り込めるPlaceMakerが欲しいかな??日本のマップがどれくらい充実しているのか?が購入の鍵ですが・・・。

せっかく不景気になって時間があまる、ゴールデンウィーク遊べないし・・・というなら今のうちにソフトを買ってマスターしましょうね。こんな絶好の機会は2度と訪れませんよ!!!!

楽天モバイル 料金プラン発表「Rakuten UN-LIMIT」

3月3日に、楽天モバイルの自社回線のプランが発表になりました。

長いことかかっているという印象がありますが、良く考えたら日本は広い。誰も最初からまともなサービスがある・・・とは思わなかったでしょ?PHSのサービス開始や、ドコモの1.5GHzの最初や、アナログ回線など思い出せる年配の方は、理解出来ると思います。基地局の仕組みや費用に後発の利がある楽天。そのかわりバンドや周波数で大きなマイナスを抱えており、そのマイナス面をどうカバーしていくか?が楽天の成功の鍵を握ると思います。

まずプランを1つに絞ったことは英断だと思います。アレコレ悩まなくて良いし、店頭契約でも説明は簡単です。もちろんメリットデメリットはありますが、それも説明が不要なくらいになるでしょう。1つというのはわかりやすいです。わけのわからないプランが複雑になりすぎている先行キャリアに対してメリットがあります。ここはYahoo!モバイルやUQも先行キャリアに近づきつつあり、彼らにも1つとは言わないが見習って欲しいところです。まあ楽天のMVNOもわかりにくくなっているのですが(爆)。MVNOといえば楽天のMVNOは、4月7日に新規受付終了発表されています。しばらくは終了しないと思いますので、スーパーホーダイなどにメリットを感じるならば、今のうちに加入しましょう。

次に、一年間2980円/月。ここは正直悩んだと思います。プランが1つなので採算計画は建てやすいものの、モロに契約数で利益が決まってきます。auへのローミングがあるから、これ以上は難しいでしょうし、初期は利益がでない金額設定だと思います。いかに全国展開を急ぐかが鍵になる金額だと思います。2980円で先行キャリアよりエリアが荒くても全国展開出来ればヒットすると思います。この金額で楽天エリア内なら完全データ使い放題なのは十分訴求力があります(そのためには素早いエリア展開が必須)。

最大の弱点といわれるauへのローミング時に2GB/月の制限。これが多くの人に「なんだかな~」と思われているポイントでしょう。しかし気にすることはありません。恐らく一台目の携帯・スマホで現状の楽天モバイルに契約するとは思えないからです。そして一年間基本料金が無料なわけで、その間にエリアがカバーされると見込まれる、現在のエリアの周辺に住んでいる人達にとっては問題ないでしょう。問題があるとすれば、あまり重要視されていなさそうな地域でしょう。

LINEのような、「Rakuten Linkアプリ」も魅力的です。国内通話はかけ放題で、SMSが利用し放題だからです。海外宛も980円でかけ放題オプションが用意されています。海外ローミングも世界66の国と地域が対象になっている(地域によって追加料金が発生)ので、海外利用も視野に入れても良いが、通常の利用では追加料金がかかりません。このアプリはWifi接続でも通話利用できるのもメリットです。現状未完成ですしまだポテンシャルを出せる状態とは言いがたいのですが、完成すれば魅力的です。しかしながらデータ通信を使うので、現状auローミング時にどうなるのか?が鍵だと思うのですが。

ちなみに端末の制約はありそうですが、テザリングなども使えれば問題ない仕様になっているので、先行キャリアなどのように面倒なことはないようです。もっともau回線につながっているときは注意が必要なのは言うまでもありません。

一年間無料とはいえ、端末の問題、パートナーエリアの問題だけでなく、自社エリアも不安が残るので、新しい物好き、サブ端末が欲しい人向きだと思います。個人的にはauのauデータMAXを解約するかどうか?迷うところです・・・。

MOKUZO.Designer 販売キャンペーン2020

株式会社構造ソフトの木造構造計算プログラムMOKUZO.Designerの販売キャンペーンが5月末までとなりました。木造構造計算だけでなく、4号建物の計算が楽にできたり、簡単入力で部材断面定義なしで入力できたり、軸組図で金物形状表示ができたり、直下率などの表示も可能など、後発ならではの機能を盛り込んでいます。伏図がらみのDXFエクスポートも可能となりお金の余裕があれば、欲しいな~というレベルになりました。地味にお勧めはテキストエディタで一括入力ができること。kizukuriなどもテキストデータを編集できますが、これは便利そうなのでうらやましいです。

さて新規では20%OFF、乗換は33%OFFでお買い得になっています。木造構造計算ソフトでは最安なのではないでしょうか?年会費がかかることを嫌がる人もいるかもしれませんが、年3万円程度なのでバージョンアップを繰り返されるよりは安心感があるのではないでしょうか??デモや無償貸出もしているようなので、詳しくはお問い合わせくださいね~。

adobeをお得に買うには??

AdobeのPhotoshopやillustratorなどはデザインのお仕事をするのに欠かせないソフトです。しかしながら高価でした。今にして思うと建築系の馬鹿高いソフトに比べれば良心的だった・・・のですが。今にして思うと、というのは、現在Adobeは買い切り制ではく月額・年額制になっているからです。数年単位で見れば安価に感じるのですが、長年使い続けるにはチト痛い!と思っている方も多いです。それでも建築系・構造系に比べれば(以下略)なので、文句をつけるのは筋違いかと思うのですが・・・。

さて、adobeにはだいたい全てのソフトが揃っているAdobe Creative Cloudコンプリートプランがお得です(きっぱり)。Photoshop、illustratorだけでなく、冊子印刷に威力を発揮するInDesign、ホームページ作成やアプリ作成に向くDreamweaver、動画編集のPremiere Proなどが入っています。クリエイターから見るとこれだけソフトが使えて月5680円は破格です。でも実際はPhotoshopとillustratorだけで十分!という人も多いんですよね・・・(私もです)。すると単体プランになるのでillustratorもPhotoshopも月2480円なので、Creative Cloudコンプリートプランよりは安いですが、あんまりメリットを感じられなくなります。InDesignが必要になったら超えてしまいます・・・。

これらを安く買うにはポイントなどが使える量販店やクレジットカードのポイントなど使うしかないのですが、特価というときもあります。特にアマゾンはセールをすることがあるので、そのタイミングを狙うことが大切です。しかしアマゾンもアドビも馬鹿ではないので、セールのタイミングなどは毎年バラバラです。同じだったら毎年そのタイミングで更新しますからね。うまくあえば・・・程度に考えたほうが無難です。

Photoshopは単体だと月2480円なのですが、フォトプランという意味不明の名前のプランだと月980円と破格になります。細かい違いはあるのですが、普通の人は差がないので、Photoshopを使いたい方はフォトプランにしましょう。フォトプランは通常、アドビで直接買った方が安いので、比べて安いほうで買った方がいいです。illustratorは通常アマゾンのほうが安かったりするしセールを狙えば更に安くなるので、こちらも比較して買いましょう。恐らくフォトプランが破格に安いので、別別に買ってしまったほうが手間はかかりますが安く済むでしょう。

アドビで問題になるのは三本目以降のソフトを使う場合です。普通はコンプリートプランで、ということになります。更に頑張って使えるソフトを増やせばお買い得感は更にあがりますからね・・・。

構造モデラー+NBUS7の低層版

低層版の質問が多いので、メーカーに確認してみました。

・低層版のリリースの予定はある(時期未定)。

・現在発表されているモニターキャンペーンのBUS-6会員移行価格は、通常版から構造モデラー+NBUS7へ移行の価格で、低層版からではないこと

のようです。まあ既存ユーザーは早く製品を見てみたい!!という気持ちはあるのはわかりますが、別にBUS-6は不満が多い一貫計算ソフトでもないので、長い目で見守りましょうね・・・。

SketchUp2020 リリース

Trimbleの方針もあり、あまりバージョンアップ時に注目されなくなったSketchUpですが、めでたく最新バージョンの2020がリリースされました。

目玉はアウトライン表示。どっかのソフトのようにレイヤの表示・非表示をクリックで切り替えられるようになりました。まあタグという名前になりましたけど。バウンディングボックスにグリップが表示されるようになり、移動や回転が簡単になりました。簡易なCADなども当たり前の機能ですが、モデリング中心のSketchUPに搭載されていないのはむしろ意外と感じます。

その他いろいろとアップされています。それほど目立った機能アップはありませんが、使い勝手重視で好感が持てます。

ちなみに単体(Pro)の価格は118000円。価格的なキャンペーンはないです。1年間のサポート&メンテナンスが付属しています。その期間が切れても使い続けることは出来ますが、サポートを3年間更新しないと、更新自体ができませんので注意ください。ちなみに1年単位で契約するサブスクリプションライセンスは44000円。こちらは本体を購入する必要がないので初期費用は低いです。そのかわらい期間が切れると使えなくなります。1年分の利用権を借りる・・・という形になっています。2年間は単体の価格は超えないし、最新版を使えるので、個人的にはこちらをお勧めします。ちなみに単体で買った後に、サポート&メンテナンスを毎年延長する場合は32000円ずつかかりますので、サブスクリプションライセンスに比べてそれほど安価でないのも事実です。一年更新をサボると49000円・・・初期費用を考えるとやっぱりサブスクリプションのほうが有利かな?と感じますが如何に?

SketchUPの場合、本体1本買って置いて、出先ではブラウザ版でモデリングして・・・など柔軟な使い方もできそうです(ライセンス的にどうかとは思いますが)。一本ライセンスを持っていると個人的には使いやすい環境が整っているな~と思います。