WOOD-STに向く建物

 

Ver1.5がアナウンスされましたが、構造技術者たちの反応は概ね好意的です。買うか?買わないか?悩んでいる人も多いかと思います。
Ver1.5は既存ユーザーは無料でアップグレードできるので、Ver1.5を買うことを決意している人は今のうちに購入しておいたほうがいいと思います。実際の計算機能はあまり変わりませんし、使い勝手に癖のあるソフトですから慣れておいたほうがいいと思います。
さて、数棟解析してみましたが、グレー本準拠の計算ソフトと向き不向きが結構異なります。通常の住宅などはやっぱりHOUSE-ST1などのグレー本準拠のソフトのほうが良いです。完成度も高く、入力したらある程度の計算書が作れる手軽さはかないません。標準で金物図も作れませんし金物指定も解析ソフトならではの部分があります。
WOOD-STを買いたい人の中には方杖を使いたい人が多いと思います。ただし方杖は耐力が低いので、三層などで効率的に耐力として使えるか?というと疑問が残ります。逆に平屋の倉庫や駐車場などでは威力を発揮するkとがあります。凝った木造住宅で壁を無くすために方杖を使う・・・という用途では耐力不足で役に立たないケースも多いので注意が必要です。

スキップフロアと吹き抜けがある程度大きな建物は威力を発揮します。これは歴然です。もちろん解析NGの場合もありますが、グレー本の比ではありません。解析系の強みですね。検査機関にスキップフロアNGと言われて悔しい思いをしている人にはお勧めです。狭小系で角にユニットバスを持ってきて・・・というときも有効です。グレー本ベースの計算ソフトでもスキップフロアを可としているものがありますが、厳しい制約がついて回るので実用的でない場合が多いです。

個人的に同一方向は同様の耐力要素を使いたいので、開口部が多いX方向はブレース・方杖系で、開口部が少ないY方向は構造用合板で、という設計が多いです。柱も長方形を使うことが多いので、初期の段階の構造計画できちんとその当たりを考えておかないと、行き詰まることが多いです。計画段階がより重要になってきます。

木ブレースは、K型が使えるのが強みです。内部中心付近で使うと耐力壁が一気に減ります。外周部はうまく方杖系を使って・・・と工夫すると開放的な間取りが実現できます(ある程度適用できる形を作っておくのが鍵)。壁量で計算するグレー本系と異なり、あと壁何枚で・・・というのがわかりにくいのが難点ですが、グレー本系だって初心者はどれくらい必要か?などはわからなかったはず(そんな時代が懐かしい・・・)。慣れ次第だと思います。私はまだ慣れていないので、壁量換算でどれくらいか?という目分量を考えてから設計します。それでもだいたい当たりますが、やはり勝手が違います。

ただでさえお勧めですが、基礎の計算、面材耐力壁入力の効率化などで更に便利になったVer1.5が出る前に購入しておき、すぐに実戦で使えるように準備しておきましょう。

WOOD-ST Ver1.5仕様公開

本日、木造構造計算ソフトのWOOD-STのVer1.5の公開予定とその内容が発表になりました。既存ユーザーは無料アップデートです。もっともこのような進化過程のソフトは年会費制のほうがしっくりくると思いますね。HOUSE-4号みたいにアップデートもしないのに年会費制だったりするソフトもあるので、??ですが。そのうち年会費になるのでしょうか??

さて、その内容は発売時に積み残したものと、ユーザーからの要望をかなり反映してくれています。構造システムも以前とかなり変わってきていますね。非常に実務よりの内容になっております。HOUSE-ST1HOUSE-DOCもこのような方向性になってくれればいいのですが・・・。

まず、基礎の計算を搭載するようです。スラブはBUS-基礎構造??となっていますが、そんなに面倒な話なのでしょうか??地中梁の計算が一体になったので、かなりスピーディーに計算書を作成できそうです。

4階建て以上への対応も面白い方法で対応しています。まあ確認機関が??というのはこの手のソフトの仕方がない部分ですが、そもそもがアレなので、設計者次第ということになりそうです。

うれしいのが、面材壁のせん断剛性や耐力設定が簡単にできるようなったこと。そして壁通しも可能になり、入力手間が著しく減ります。私はこの機能が搭載されただけで、十分です(嬉し涙)。

BUS-6やWALL-1へ転送できるようになり、HOUSE-ST1と同様に連携が楽になりました。まだまだ細かい部分ではHOUSE-ST1に追いついていない部分もありますが、これでかなり近づいたといえます。またFAP-3に転送できます。個人的には強く要望していた機能なので、さっそく対応してくれた嬉しい限りです。たぶん他の方も要望してくれていたんだな、と思います。

肝心のアップデートは、2018年秋とかなりざっくりです(・・・)。初秋ならうれしいな~とか、できた部分から搭載してくれると・・・とか贅沢なことはいわず静かに待っております!!

WOOD-STで方杖車庫

WOOD-STで注目される方杖。強度は弱いけど、たくさん入れられるので使い方によっては武器になりそうなんだけど柱が意外と持たないし・・・といろいろ考えてはいるのですが、なかなか良い用途が思い浮かびません。46条壁量計算では加算できないので、2項ルートで構造計算すればいいのですが、なかなかその簡便な方法が今までありませんでした。

一番簡単なのが平屋の車庫や倉庫でしょうね。壁が作れませんので。

これだったら実用的だと思いませんか?今回はY方向の両サイドは構造用合板で設計して、X方向は方杖だけで設計しています。やはり同じ性状の壁で各方向揃えたいですね。2.73スパン程度であれば各部材も通常考えられる程度で済みます。柱は105角なんかでは無理!です。応力図や変位図が簡単に出せるので検討しやすいです。

ちなみに、105角で3D画面を見るとこんな感じに柱が細くなって表示されます!!

105角だと層間変形角でも恐ろしい数字がでてNGになります。

105×240の柱だと楽楽クリアです。方杖の場合は柱の太さも大切です。また柱脚をどう設計するか?方杖の止め方は?とか程度で設計できます。太さの変更などのシミュレーションも一貫ソフトらしく手軽にできますので、自分なりの方式を考えるのにもいいと思います。FAP-3でやってた頃に比べると劇的に楽です・・・。

もっとも形状などに制限がありすぎるので、FAP-3などはやはり必要だと思います。ただ整形であれば、これだけ手軽に検討ができるわけで、玄人ほどこのソフトに期待している理由がわかります。

今後、基礎の計算の実装のほか、ユーザーからの声を反映して続々と機能を搭載していくそうなので、楽しみです。

ご購入は、なまあずショップ楽天市場店にて!!

 

 

WOOD-ST Ver1.0.0.3

木造構造計算ソフトWOOD-STのキャンペーンが終わった直後のアップデートです。キャンペーン期間になかなか改良が進まなかったのは残念ですが、構造設計者の期待はメーカーに届いているはずです。今後もどんどん改良していって欲しいですね。

さて今回のアップデートは、操作の改良、バグフィックスです。エラー判定が改善されたのは良かったです(ただでさえ計算書が多いのに、メッセージ無しでエラーがないか探すのは厳しいので)。

計算に関わるバグフィックスも行われていますので、すぐにアップデートしましょう。地味にサンプルの改良も進んで?が減りました。次回はもう一つサンプルを加えて欲しいです。

HOUSE-ST1とWOOD-STの軸レイヤ

構造システムのHOUSEシリーズは見やすい反面、軸を拾う作業が面倒です。梁などの線が太いので仕方がないのですが。それよりも軸をクリックし間違えたりしやすいと感じるのは自分だけでしょうか?屋根の軒の出などを入れると壁のラインと取り間違えますし、壁や梁の始点終点を間違えます。これはkizukuriなどでも似た現象は起こりがちです。

そこで便利に使いたいのが軸レイヤです。軸をレイヤのように管理できるのです。わかりにくいので実例を。ソフトはWOOD-STですが、HOUSE-ST1でも同じです。

(クリックで拡大)

軸レイヤは3つまで指定できます。今回はメインの軸と、サブの軸と屋根の軒の出の軸の3つの軸レイヤを指定しています。それぞれ軸レイヤに指定しておきます。

(クリックで拡大)

通常画面です。レイヤの文字も読めないほど密集していますね。屋根の軒の出も150なので通常表示しておくと面倒です。

では、屋根の軒の出を非表示にしましょう。

(クリックで拡大)

軒の出の軸のラインは水色になり、選択できなくなります。これで軒の出の部分に柱を入れたり梁が伸びたりするミスは激減します。

ではメインだけの表示にしましょう。

(クリックで拡大)

この通り、軸名がスッキリしますね。

うまく使えば入力、チェックが楽になりますよ。また隠した軸の部材は表示されるのも便利です。

HOUSE-ST1やWOOD-STでは軸レイヤをうまく使って効率的に入力・チェックしましょうね!!

WOOD-STを実戦で使ってみて

スキップフロアの木造3階建てが来たので、WOOD-STで解析してみました。画像はその前段階で使ったモデルです。

WOOD-STは各層の間にスキップフロアを入力できるだけでなく解析できるのが画期的です。別に任意形状系で、くくねこやればイイのでしょうけど、上級者でも時間がかかりますし、審査する側も大変です。WOOD-STは形状に規制を持たせることによってうまい落としどころ(とメーカーが考えている)をついているソフトです。

見ての通り、半地下です。右側はユニットバスなんかです。入口付近も若干高基礎です。基礎の解析が出来ないので木造部分だけの解析になります。

モデルを入力するとき、HOUSE-ST1では気がつかなかったのですが、スキップだと2層ずつ同じモデルを入れるので、2Dのインターフェイスだと入力間違いが起こりがちです。WOOD-STでは立体をみながら入力出来るので特に柱の漏れやズレをすぐに発見できるので入力のストレスが少なく短時間で入力できます。チェックも簡単です。

↑ミスの例。3階の柱が下層のみしか入っていない。このようなミスをグラフィカルに見られるのは本当に楽でいいですね。

今回のような狭小住宅の場合、吹き抜け部の設計や、スキップ境の設計が重要になりますが、計算値だけだとわかりにくいが応力図が出るのである程度把握できます。ただ講習会でも出ていましたが、3Dでグラフィカルにわかるようにしたほうが、このソフトにはいいですね。SNAPの機能のようですが搭載してほしいものです。

立体的に見られるからこそ、建物の弱点になりやすそうな箇所を発見できます。これも大きいですね。HOUSE-ST1ではあまり感じなかったメリットです。それにしてもスキップはやっぱり力の流れを読むのが難しい(汗)。

今回確認申請をWOOD-STで出すかどうかはまだ未定です。自社施工物件でお客様の許可があれば、突っ走れるのですが、ただでさえ計画が遅れている物件なので・・・。意匠段階から構造計画に関わっている物件なので、正直確認を下ろすだけならそんなに難しくない形状となっていますし。もっともWOOD-STって都内の狭小向けだな、と思ったけど、この物件も母屋下がりあるし、屋根形状の自由度が低いWOOD-STでは対応が難しいかも、と思うこともあります。なかなか使いどころに悩むソフトかもしれません。

 

WOOD-STで忘れてはならない設定10

いろんなところで話題になるWOOD-ST。木造構造計算ソフトなのだが、構造ルートではなく、46条2項というニッチな分野のソフトでただでさえ、できることなど説明しにくいのですが(汗)。少しずつ売れているみたいで何よりです。

このソフトHOUSE-ST1を使っている人と、そうで無い人で習熟しやすさはかわらないと思っていたのですが、そうではないようです。特にHOUSE-ST1の完成データを持っているとWOOD-STに転送して、簡単に計算データが作れるからです。なのでもしHOUSE-ST1のデータがある人は転送してデータを試してみてください。無い人はある人から貰って(・・・)試してみてください。荷重データとか面材データとか自動で変換されていて楽ですよ!!木材データや金物は変換されないので自分で設定するので違いもよくわかるでしょう。

その上で忘れてはならない設定10をかきます。

その1 なにはともあれ印刷設定

まずは印刷設定です。このソフトは印刷時に印刷できる帳票を指定できません(そのうちできるようになると思うのですが)。なので最初に印刷項目をすべて印刷するように印刷設定で修正しましょう。よくわからないのですが、初回起動時には断面計算結果の表が印刷されない表示になっています。それをONにしましょう。

その2 同じく印刷設定で検定計算出力を出力数指定へ

最初は指定した部材となっています。まあ他の設定で全数計算は可能ですが、やはり検定比が厳しい部材をソフトにピックアップしてもらったほうが最初は便利です。そこで出力数指定にすべて切り替えましょう。出力数は建物規模に応じて指定しましょう。

その3 環境設定でデータ保存用フォルダを指定する

最初はマイドキュメントのWOOD-STV1というフォルダのdata内に格納されます。現在はNASやクラウドファイルと同じフォルダに保存する人も多いと思いますので、そのような場合はフォルダを予め指定しておいた方が良いでしょう。また自動保存ファイルを作成するは15分ですが、普通はもう少し短め(5分程度)にしておいたほうがいいでしょう。

その4 テンプレートの作成

WOOD-STは、テンプレートファイルがないのですが、別の物件データから積載荷重や面材壁リストなどインポートできます。これはこれで非常に便利ですが、最初の頃は物件がないのでできません。そこで物件を入れる前に、それらを登録したファイルを作っておき、テンプレート代わりに使うと便利です。特にリスト系は頻繁に変更する、ということはないので、最初に作っておきましょう。HOUSE-ST1を持っている人は、荷重系を転送できますので、転送してからWOOD-STで編集!というのが賢いやり方と感じます。

その5 計算条件の設定

構造計算ルートは自分が計算するであろうものを予め設定します。私の場合はルート2はあまり興味がないのでルート1にしています。剛域考慮、剛床仮定は自分が計算するものによって変えると思いますので予め設定しておくと安全です。燃えしろは意匠計画が定まっているのであればわかりきっているので最初に設定しておきましょう。検定比は最初は安全に検討するため1.0から変更しておきましょう。そして最後に計算する部材を全部材に切り替えておきましょう(重要)。

その6 柱の断面計算条件は、断面欠損に注意!

割増率や各係数は後で設定でいいです(最初からわかるなら先にしてもいいけど、結局後で設定し直すことが多いので)。断面欠損が初期では「しない」になっているので断面欠損が多い工法の場合は最初から指定しておきましょう。「する」に切り替えて、各低減係数を入力します。

その7 梁の断面計算条件も断面欠損に注意し、たわみ制限値を設定する

梁のほうが柱より断面欠損が多い傾向なので注意です。スパンや金物などから適切に不利にならない程度の設定にしておきましょう。たわみはスパンなどから適切に制限値を変更しましょう。狭小の場合は気にしません!という方も多いと思いますが念のため。

その8 柱・梁断面リストは、通常の木造住宅とはちょっと異なるので注意

柱は2種類程度、梁は各サイズ毎に設定する必要がありますので、あまり多くの梁サイズは使いたくなくなります。樹種等の指定で強度は自動設定されますから楽ですけど。この部分は良く使う部材は予め登録しておきテンプレートに納めておきましょう。

その9 端部接合部リスト

なんだかんだいって一番始めにつまずくところです。特にリストに説明がでないで製品名と型番だけでるので面食らいます。とりあえずk-DBを起動して内容を確認しましょう。そのうえで選択しておきましょう。金物工法を使わない場合も設定は必須です。最初は剛接合がデフォになっている場合が多いので通常はピンに変更したものを用意しておきましょう。半剛接合でバネを設定したい場合は回転剛性をここで設定します。設定項目がややわかりにくいので、クリックして変更出来るものを予め掴んでおきましょう。

その10 面材壁リスト

これは非常にシンプルでせん断剛性と短期許容せん断耐力のみですが、それをどうだすか?がわかりません。私はもくツールVer6.5で作成した、面材変換ツールで変換しています。木造の耐力壁と違って長さの感覚がまったく違うので、自分で変換ツールを作っておいたほうが無難です。長さ毎に違うので、最初は910や1365、1820などよく使うものを登録しておいて、それで駄目な場合に後から登録する、というのがいいでしょう。その後の木ブレースリストから床組荷重リストまでも同様に設定します。最後に保存をかけて自分なりのテンプレートファイルを作成して活用しましょう♪

これだけ出来ていると、ある意味HOUSE-ST1よりも簡単にデータ作成ができます。計算も全部してくれるし検定比が高い危険部材から部材計算を出力してくれるので便利です。ちなみに軸は斜め軸も軸組図を印刷・表示は印刷設定で行うので、モデルを入力した後に設定しましょう。

i-ARMからDRA-CAD

不思議なのですが、i-ARMは純粋なCADファイル書き込みがありません。IFCは普通に書き出せるのに。エクスポートにもありません。もちろんDRA-CADへはプログラム転送できるのですが(汗)。このコマンドも便利なようで不便でどうにかしてほしいところなんですが、使っている人いないんですかね??ちなみにCAD図面読み込みも変なところにあって、インポートの図面部品のインポートにあります。まあBIMとCADは違うんでしょ!というメッセージが込められているのだと認識します。

さてDRA-CADへは、その便利な?プログラム転送ですが、メリットは、立面図なら立面図、平面図なら平面図を全て(指定もできる)DRA-CADへ変換しファイルを作ってDRA-CADで開いてくれます。手間が省けますね。私は最初、DRA-CADで編集したモノをi-ARMに読み込めるのか?と思っていたのですが、そうではなく一方通行のようですね。これならi-ARMにあるCADっぽい機能って不要なように思えるのですが、まだ実用性は模索中なのかもしれません。個人的にはi-ARMは3D部分だけを担い、そのCADビューはDRA-CAD(もしくはそのサブセット)が補うのをシームレスでできれば、と思っているのですが。別に戻す必要はないですが、モデル間の整合性の確保などに配慮があれば、と思います。今のママだと、ただの変換と実質変わらないので。

WOOD-ST向けのサンプルをi-ARMで作っているのですが、今のところIFCもST-BridgeもWOOD-STにないので正直あまり面白くないですね。木造ではST-Bridgeより、プレカット連動のためのCEDXMのほうが役に立ちそうですし。まあスキップ部分をある程度視覚的にわかりやすく作図できるのがいいかな?>i-ARM。

何かいているかまとまらなくなったのでこの辺で。

 

WOOD-STは個人住宅の設計で使えるのか?

現在、確認申請や性能評価ではHOUSE-ST1で計算書の出力をすること前提でWOOD-STでも計算していますが、このソフトは大規模の木造構造設計にはあまり向かないですね。小規模の個人住宅や共同住宅、店舗などで狭小なもの、耐力壁の数を減らしたいもの、スキップフロアがあるものに向きそうです。現在計算書を精査していますが、比較的読みやすいものの、計算書枚数が多くなりがちなので、やっぱり小規模で使いたいです。

そもそもプリセットの金物がプレセッターやテックワンなので、住宅向けと思った方がいいです。正直確認検査機関や意匠屋さんが許してくれるのなら、すぐに確認申請で使いたいところです。特に告示面材を変換して・・・の方法は長さを考慮しなければならないのは苦痛ですが、その他の部分では結構楽ですのでいいですね。新グレー本より、建物の弱点がピックアップしやすいので壁量だけでコントロールしているより健全です。

こうなってくるとエラー処理の不備と基礎の計算がないのが残念ですね。エラー処理は比較的簡単に修正できると思いますので、基礎の計算をしっかり作り込んで欲しいところです。恐らく混構造で使いたい人も多くなると思いますので、HOUSE-WLやWALL-1との連携などもHOUSE-ST1と同等になってくれれば、爆発的に使いたい人は増えると思います。

もっとも普通に計算すると新グレー本のほうが有利になったり計算が簡便になります。ただそんな整形で簡単な建物は少ないので、確認申請が降りやすくなってくれば、こちらが主流になるかもしれませんね。

 

WOOD-STの壁倍率換算

妙なモノで、木造の構造を壁量計算でやっていたときは、何でも壁倍率に変換してやろう!と思ったのですが、WOOD-STのように壁倍率がない世界ですと、壁倍率があるものから、基準耐力・剛性を出したいと思います。略算ですが、施行令や告示に乗っているものなので、ある意味信頼性は高いのではないでしょうか?(極端な形は除く)。

そこで、変換シートを作ってみました。

(クリックで拡大)

誰が使うのか?とか、これで本当に大丈夫なのか?とか突っ込みは置いておいて、壁倍率から簡単にせん断剛性と短期許容せん断耐力を出すシートです。簡単すぎるシートですが、チェックや入力には役に立ちます。ちなみにHOUSE-ST1からWOOD-STに転送したときと同じ計算方法です(当たり前ですが・・・)。筋かいシングルは倍率で換算されるので、個人的にNGなので、筋かいダブルと面材耐力壁がメインです。ちょっと変えると床も作れますよ。

もっとも、WOOD-STに内蔵してくれるとありがたいが、内蔵していないところ見ると・・・。HOUSE-STからWOOD-STに変換した場合の内容も明記していないのはちょっと不親切!!