WOOD-ST Ver1.5仕様公開

本日、木造構造計算ソフトのWOOD-STのVer1.5の公開予定とその内容が発表になりました。既存ユーザーは無料アップデートです。もっともこのような進化過程のソフトは年会費制のほうがしっくりくると思いますね。HOUSE-4号みたいにアップデートもしないのに年会費制だったりするソフトもあるので、??ですが。そのうち年会費になるのでしょうか??

さて、その内容は発売時に積み残したものと、ユーザーからの要望をかなり反映してくれています。構造システムも以前とかなり変わってきていますね。非常に実務よりの内容になっております。HOUSE-ST1HOUSE-DOCもこのような方向性になってくれればいいのですが・・・。

まず、基礎の計算を搭載するようです。スラブはBUS-基礎構造??となっていますが、そんなに面倒な話なのでしょうか??地中梁の計算が一体になったので、かなりスピーディーに計算書を作成できそうです。

4階建て以上への対応も面白い方法で対応しています。まあ確認機関が??というのはこの手のソフトの仕方がない部分ですが、そもそもがアレなので、設計者次第ということになりそうです。

うれしいのが、面材壁のせん断剛性や耐力設定が簡単にできるようなったこと。そして壁通しも可能になり、入力手間が著しく減ります。私はこの機能が搭載されただけで、十分です(嬉し涙)。

BUS-6やWALL-1へ転送できるようになり、HOUSE-ST1と同様に連携が楽になりました。まだまだ細かい部分ではHOUSE-ST1に追いついていない部分もありますが、これでかなり近づいたといえます。またFAP-3に転送できます。個人的には強く要望していた機能なので、さっそく対応してくれた嬉しい限りです。たぶん他の方も要望してくれていたんだな、と思います。

肝心のアップデートは、2018年秋とかなりざっくりです(・・・)。初秋ならうれしいな~とか、できた部分から搭載してくれると・・・とか贅沢なことはいわず静かに待っております!!

HOUSE-WL Ver2.0.0.22

HOUSE-WLのアップデートで、USBプロテクト版は完全に終了のようです。

まあだいぶ立ちましたら、未だ知らない人はいないと思いますけど。

構造システム系のソフトはソフト起動時にアップデートをお知らせしてくれて親切ですね。他社はホームページを見に行かないと、とかメールでお知らせとか見過ごす可能性が高いですからね。HOUSE-WLは日常常用している人は非常に少ないと思います。

さて、アップデート内容ですが、新発売のDOC-WLのデータ読み込みに対応しました。DOC-WLは壁式RC造の耐震診断ソフトで、HOUSE-WLなどを土台に作った物と思われます。なので元から親和性は高かったのですが、これで直接読み込めますので両方持っていれば活用の幅が広がります。その他軽微なバグフィックス等が行われました。

また別途変更点資料もダウンロードセンターにアップされていますので、こちらも忘れずにダウンロードして閲覧しましょう。

HOUSE-WLやWALL-1もネット認証に移行

はい。本日から正式に移行できます。しばらくはUSBプロテクトとも併用できるようです。私は早速WALL-1を変更しました。HOUSE-DOCと異なり快適です♪

って・・・なんでHOUSE-ST1やWALL-1を許容して、HOUSE-DOCを目の敵にするかというと・・・

「ネット認証で2つやらなければならない」

点です。

20160204131355(クリックで拡大)

HOUSE-DOCユーザーならおわかりですが、HOUSE-DOCにはN値オプションというのがあります。こちらもわざわざ認証しなければなりません。その程度は自動でならないですかねえ>構造システム。

そもそも起動したソフトで自動的にチェックを入れてくれるとか・・・すれば便利なんですが(汗)。

まあ、この仕様には良い点もあって、私のように5~6個構造システムのソフトを同時に使用することのある人(いないか)は、1回目でここで全部取得しておけば・・・楽です。まあそんな人いないでしょうけど(爆)。

何はともあれ、社内で利用者が多すぎるWALL-1のHASPの抜き差しがなくなりますので良かったです。

HOUSE-ST1とHOUSE-WLで混構造

最近、記事を書いたので、感想など。

木造構造計算ソフトのHOUSE-ST1と壁式鉄筋コンクリート造計算ソフトのHOUSE-WLは、連携できることで有名です。しかしながら意外と使っている人は少ないです。理由は両方持っている方が少ないからでしょうか?なまあずでは、混構造はkizukuri+壁麻呂だったのでね。WALL-1を導入したので現在使用感などチェック中です。

手順としては、HOUSE-ST1で上階の入力を行い計算(保存してそのままにする)。

HOUSE-WLで下部の入力を行い計算。

HOUSE-ST読み込み

HOUSE-WLで「HOUSE-ST1荷重データ読み込み」を実行

ダイアログ

作業パスフォルダがあっていれば、自動的に対象ファイルが指定されます。あとはパラメーターを設定(通常は自動)します。

追加荷重が加えられる(クリックで拡大)

HOUSE-ST1の荷重が任意点追加重量で追加されたことがわかります。各柱の軸力が鉛直荷重として加算されています。

応力図(追加前)

HOUSE-ST1の追加荷重が入る前の応力図

20160203163321

HOUSE-ST1の荷重が入った後の応力図。木造平屋を載せているだけなので、大きくは変わりませんが、応力が変化していることがわかります。

HOUSE-ST1とHOUSE-WLの連携は、HOUSE-WLでHOUSE-ST1のデータを自由に選べない代わりに、HOUSE-ST1で一切の変換作業が要らないという手軽な部分が魅力的です。単純な連携なのですが、もし木造部分の荷重が変わっても、すぐに荷重を変更することができるので、ギリギリまで木造部分をいじっていても、迅速に壁式RC部分の計算書を出力出来ます。問題は、HOUSE-ST1とHOUSE-WL両方買うと定価ベースで50万を超え、なまあずショップ楽天市場店のHOUSE-混構造パック なまあずエディション2016でも、436320円(税込・送料込)と高価なことでしょうか?ただし、STRDESIGNの場合、本体が336528円、混構造オプションが378000円とキャンペーンでも70万円行ってしまうわけですから、単体利用できることも含めれば、いいのかな??とも思ってしまいます。それにしても構造系のソフトは高い・・・。

 

 

 

 

WALL-1

はい。WALL-1を導入しました。これで完全に壁麻呂とお別れです。壁麻呂も良いプログラムでした。HOUSE-WLやWALL-1よりも優れたところも多かったですが切り替えました。

壁式鉄筋コンクリート造の構造計算ソフトはどこも正直中途半端なものばかりです。通常では応力図すら出力しなかったり、断面リストもねえ・・・。CADとの連携機能がなかったり、部材の計算が根本的な部分もなかったりと。買った状態でだいたい計算できる木造構造計算ソフトとはかなり違います。なので買ってから面食らうことも多いと思います。

なまあずソリューションでは、HOUSE-WLやWALL-1対象の手引きの作成を開始したようです。私が開発した壁式RC造の補助プログラムも公開予定です。本来はメーカーが積極的にやっていって欲しいところではあるのですが、やるどころか、何が抜けているかもホームページやカタログにもあまり明記してありません。まあ技術者なら当たり前ということなのでしょうが、もう少し親切でもいいような気がします。

WALL-1やHOUSE-WLを買う場合は、二次部材ソフトKT-SUBを買うことをお勧めします。このソフトでスラブや小梁のデータを転送して自動的に計算してくれます。別にチャートシリーズなど持っていれば、手入力でやればいいのですが、ない場合はやはり持っていた方がいいと思います。ちなみに地下外壁のプログラムも入っているので、HOUSE-WLやWALL-1で地下室を設計したい場合は便利です。壁麻呂を利用するとき、チャートシリーズで計算するのと同じ要領です。そんなところは真似しなくてもいいのにねえ・・・。

WALL-1

ここでは、HOUSE-WLの紹介のほうが多いですが構造システムの壁式鉄筋コンクリート造の構造計算ソフトはWALL-RCでした。そこから住宅用に機能と階数を制限したものがHOUSE-WLです。というわけでフルバージョンはWALL-1といいます。

こちらは5階建て以下、かつ軒高20m以下の壁式鉄筋コンクリート造に対応しています。地下階と塔屋階をあわせて全10階以下という、比較的適用範囲の大きいプログラムです。ちなみにHOUSE-WLは地上3階で地下、塔屋階はそれぞれ1階までなので、ずいぶん差があります。壁式RC造は、ルート1で5階まで可能なわけで、HOUSE-WLの適用範囲は微妙に狭いのが気になります。まあ住宅といえば3階・・・ということなのでしょう。

ちなみにHOUSE-WLのファイルはWALL-1で普通に計算できました(詳細は検証していません)。WALL-1のHOUSE-WL非適用物件のデータは、HOUSE-WLでは階数が云々というエラーがでて読み込めませんが、階数まで把握できています。つまり両者のデータ構造、計算手法などはほとんど同じで兄弟ソフトだといえます。

その他の違いは、WALL-1は保有水平耐力計算が可能です。まあ適判使ってまで壁式RCをやろうという人は少ないと思いますが。WALL-1は計算ルートの自動判別が可能です。

年会費が必要というのが唯一の欠点という人もいますが、バージョンアップ料金は必要なさそうなので、法改正が多いときなどはお得かもしれません・・・って壁式ってそんなに変更ないんですよね。