i-ARMの強力な法規チェック機能

I-ARMをモデリングソフトやBIMと考えることは間違いなのかもしれません。現状、モデリングでは遠く他社に及ばないし、BIM的に使うには編集機能も各要素も足りずにがっかりするかもしれません。

しかし解析や法規チェックに関しては、CADやBIMどころか、専門ソフトに劣らない機能を搭載し始めました。敷地や用途地域など指定すれば、斜線検討、建ぺい率・容積率のチェックは非常に簡単に行えます。海外BIMでは考えられない事です。

特に建築可能空間を自動で算出するための機能として、逆斜線、逆天空率、逆日影計算を搭載しています。この機能を搭載しているソフト自体少ないのではないでしょうか?恐らく建築ピボットは、遠からずLAB-SSとの統合を考えているはずです。今のところLAB-SSのうち、よく使う機能をあえて搭載していない感じはしますので断言はできませんが。もし天空率や日影計算ができれば、LAB-SSは不要かもしれない、と思うユーザーも出てくるはずです。

そして検討だけならI-ARMで日影シミュレーションもできますし、採光のシミュレーションもできます。もちろんLAB-SSと組み合わせれば、全ての検討をできるのはいうまでもありません。もっとも両方買う!!!というのは非現実なので、どちらか片方に集約してほしいものです。

他の法規チェック機能としては、防火防煙区画算定、LVS算定です。元々同種の機能を持っているソフトを持っている会社なので安心です。

今のところ、検討系を多く搭載して、実際の資料作成は別ソフト、と考えている節もあります。各機能の実装が極めて中途半端なのは、あえて検討くらいにとどめ、計画段階での制限を知り、建物の性能を知り、設計に活かす・・・ように考えているからかもしれません。

もっとも現代では、BIMで一貫的に管理していくことを目指している段階で、あえて計画段階に特化したソフトが売れるか?は疑問です。果たして発売から年月が経って、私の感覚を凌駕するソフトになっているか?確認してみたいと思います。

i-ARM Ver1.0.2.2

I-ARMもアップデートされています。未だユーザーを見たことがないのですが、大丈夫なんでしょうか??とはいえ、着実に成長しています。今度特集で現時点でのI-ARMをレビューしますので、期待してお待ちください。

今回のアップで、ウォークスルーコマンドの追加実装が行われています。編集系のコマンドの使い勝手を向上させています。またチュートリアルマニュアルが更新されたようです。機能も大分増え、初期のマニュアルではカバーできないからでしょう。

軽快な動作と、使い勝手の良さを両立させた3次元CAD・BIMは需要があると思うのですが、イマイチアピールできていないように感じます。また使って見ると、ここが足りないんだよな~という要素が散見され、残念感が・・・というのも事実です。それでも日本の法規に対応し計画性との親和性も高いので、そろそろバージョン2として再スタートを切った方がいいかな、と思います。

i-ARM Ver.1.0.1.9

建築ピボットの国産BIMソフト i-ARMがアップデートされています。画像で保存、エクスポートがらみが大幅に追加されています。OBJや3DSエクスポート機能を実装したことで再利用しやすくなりましたね。他にも興味深いアップデートが多くあります。ユーザーはアップデートをお忘れ無く!!

構造設計者のためのBIM/CAD活用

構造システム・建築ピボット、いまだにどちらか間違えるのですが、この資料は構造システムのBUS-6新発売セミナーで公開された建築ピボットの資料です。

同社ホームページからダウンロードできます。建築ピボットのBIM・CADといえば、i-ARMとDRA-CADです。正直真新しいことはありませんが、非常にまとまっていてこの会社が今後どのようにBIM・CADが発展していくと考えているのか理解できます。BIMの活用については大手を除きいまだ流動的といえますので、今後を見据えて読んでみるといいと思います。

ちなみに、DRA-CAD15新製品活用セミナーの資料や、新機能・追加機能概要もPDFでダウンロード出るようになっています。こちらに興味がある方もどうぞ。

 

i-ARM Ver1.0.0.9

はい。今年初めてのアップデートです。

正直、あまり世間の興味をひいているわけではないので、そろそろメジャーバージョンアップしたほうがいいのではないでしょうか??

完全年会費制ですので、既存のユーザーは影響を受けないわけですし。

壁材の編集コマンドが追加されたほか、機能追加、軽微のバグフィックスなど。

 

HOUSE-ST1 Ver6と i-ARMのアップデート

年の瀬も迫ってきましたね。今年の仕事は今年中に終わらせましょう(おまえがいうな!)。

さて、HOUSE-ST1とi-ARMがアップデートしています。

よくわからないけどネット認証・・・まだまだ始まったばかりなので何か問題がでてくるかもしれないけど、いまのところ順調なのですが・・・バージョンが進むにつれて対象商品が増えていくパワーユーザーはどうすればいいのでしょうか??ということを不安に感じる年となりました。私のネット認証画面・・・ナニカオカシイ。たぶん普通のユーザーは感じない悲しい画面になってきました。ST1も年開けすぐに加わるわけだし、HOUSE-DOCがらみだけで4つも・・・。そのうち解決してくれることを願っています!!!

i-ARMのほうは、結局今年も完成!!!には遠い状態で終わるようです。今回のアップデートでも今まで無かったの??という機能が実装されています。とはいえ、DRAと合わせ技で・・・とかST-Bridgeを・・・とか方向は見えてきたような気がします。モデリング機能が上がってくれば使うユーザーも一気に増えていくと思われます。海外製BIMや国産BIMとはまったく違う方向に向かいつつあるわけで、しかもその方向は意外と良い方向なのかもしれません。特にBIMを3DCADと同様に利用し、検討系コマンドが充実していれば特に1人で運用している人にとっては非常に良い選択肢になりそうです。特に省エネ計算が義務化されていく過程で・・・。

私も来年は久しぶりに非常に忙しい年となりそうです。今まで以上にツールの効率的運用が求められてきそうです。面白いことをどんどん紹介できるように頑張っていこうと思います。

 

i-ARM ver1.0.1.5

建築ピボットのBIMソフト「i-ARM」がアップデートされています。8月末以来ですが、一ヶ月ちょっとの割にかなりパワーアップしています。

インポート機能がまず充実しています。FBXファイルのインポートにも対応しました。また斜め柱や斜め梁の入力・編集に対応。他にも実用的な部分での実装が進んでいます。

また30日評価版も同じバージョンのものが試用できるようになりました。

企画・基本設計・検討系のBIMという唯一の領域を切り開き始めたi-ARM。商品紹介のトップの部分にもBIMとしての文言は減ってきてその部分は残念なものの、面白い方向に行っています。シンプルBIMという呼び名も違和感を感じます。企画・検討系BIMという呼び方が適切だと思います。LAB-SSやSAVE-建築といった企画・省エネ系のソフトや、BUSのような構造系のソフトと連携が本格的にできるようになれば、評価が変わってくると思います。頑張れi-ARM!!

 

DRA-CAD15予想

DRA-CAD14plusがリリースされて、年末(と思われる)DRA-CAD15の姿が見えてきました。そういう意味ではドキドキ感はありませんが、アソシエイトユーザーがplusのバグ取りをしてくれている、と思えば通常ユーザーにとっても悪い話ではありません。

DRA-CAD15はファイル形式が変わるバージョンです。拡張子は変わらないようですが、新しい単位などが追加されたため新しい形式になったようです。正直2次元レベルで細々と新しいファイル形式に変えるのはユーザーにとって百害あって一利無しなのでやめてほしいところ。しかもバージョン間の・・・もほとんど発生しないレベルでしょうからね。拡張子名が同じなのでわかりにくいし。う~ん。

ファイル変換も特にJWWは行き着くところまできた反面、根本的な部分が解決されていないので小出しにされている印象です。レイヤ関連は14も期待はずれだっただけに、何か目玉がほしいところです。

意外と盛りだくさんだったplusなので、基本この形でバージョンアップされるようです。表形式のポリライン作成(符号付き)や拡張線分はいろいろ便利に使えそうです。円弧も操作方法も含め期待が持てます。

アイソメ変形は面白いのですが、この発想を3Dに何で活かせないのか?不思議です。マルチタッチもタッチ操作が作られたころにやっておけば、良かったのに、今となってはPDF書き込み・編集のほうが高機能で便利ですし、わざわざやる意味があるのか疑問です。

i-ARMがあるので、3D機能は期待薄なのかな?あちらもあまり売れていない?でしょうし、今後どうなるんでしょう?plusでは3Dの機能アップがなかったわけで年会費だけ無駄に・・・ということを思っているユーザーもいるわけで、隠し球に期待です。省エネ計算用の各立面の面積をペパクラのように展開できる機能があったら省エネ計算楽なのにな~とか思ってしまいます。DRAなら簡単に実装できるはずなんですが(汗)。それをSAVEシリーズに転送できれば、あんなに面倒なことは発生しないのに、と感じてしまいます。まあそれはi-ARMに期待しておきましょう。

明日から始まる建築ふれあいフェア2016(新宿駅西口駅前広場)では、メインの部分はDRA-CADでデザインされています。イベントでの印刷用途でも十分使えるので重宝しますね(ちなみに私ではありません)。illustratorに変換できればいいのに、と逆に思ってしまいます。まあそんな必要ないくらい平面デザインは優秀なんですけどね・・・。

i-ARM Ver1.0.1.4

忙しくて紹介するの忘れていました。見捨てているわけではありません。例のRevitが木造住宅レベルにもすり寄っているようですが、i-ARMは気にせず完成度を高めていってほしいものです。

とはいえ、アップデートされてもなかなか先行者の背中は見えてきません。苦しいと思いますが確実に使えるようになってきます。ユーザーは見ています。昨日あるプログラムに対して、とある団体が暴挙ともいえる決定をしました。まあそういわれるのは仕方がないことなのですが、何だかな~と思います。

さて、今回のアップデートでは、印刷設定コマンドがようやく実装されました。貧弱でしたからね・・・。PDFエクスポートもようやく実装されました。同社なら簡単に実装できそうなものを・・・。そしてSketchUP2016のファイルに対応しました。順調にユーザーを減らしているSketchUPですが、まだまだ影響力があると踏んでいるんでしょうね。周囲に2016を持っている人・・・見かけませんねえ。ヘビーユーザーのバージョンアップが止まっているような・・・。ST-Bridge関連も修正が加えられているほか、いくつか強化されています。

今は、構造設計とGLOOBEの連携で手こずっていて新たなプログラムを導入する時間も金もないのが現状です。SEINもGLOOBEもなかなか手強い・・・。

i-ARMのST-Bridge機能を試そうとしたら・・・

試用版とはいえ、アップデートはできるのでi-ARMのST-Bridge機能を試してみました。

手元のST-Bridgeは、SeinをSirCAD経由で変換したものでGloobeで普通に読み込める物です。

が・・・落ちます。i-ARMでST-Bridgeのインポートをしようとすると・・・。

やはり試用版ではダメなんでしょうか(汗)。まあ初物だから・・・なのかもしれません。

最近は意匠設計が増えてきたので、BIMを使うチャンスが多くなってきましたが、まだまだ先行するGLOOBEのほうがいいかな~と思ってしまいながらも、i-ARMの軽快さが忘れられないです。何だかんだいって魅力的なんですよねi-ARM。