i-ARM Ver2で耐震リフォーム図面

3Dで気軽に間取り、パースを描くのは3Dマイホームデザイナーのようなソフト、モデリングで簡単に作るのはSketchUpのような3Dソフトがあります。しかし実務で小さい建物の指示図面などを作れる気軽な3D建築ソフトって皆無でした。意外にもDRA-CADの通常版は3Dはできますが、どちらかというと建築パース作成を重視しており、建築的手法で作成するのはいいのですが、意外と使いにくかったです。

では同社のi-ARMはどうか?本来はBIMとして開発を始めたが紆余曲折して法検討ソフトになってきました。そのためユーザーからは何のソフトなんだ、とわかりにくくなっています。事実あまり売れていないです。

では、当初のような本格BIMでなく、次に目指したシンプルBIMとしてのモデリング機能は??と思い、最新のVer2を試用しました。

建築系のBIMから起因しているので、階の区別、高さの設定なども出来るので、建築的には使いやすいです。部屋を入れて・・・の手法もわかりやすいです。耐震リフォームに使えるのは、柱や梁や土台を入れる必要がありますが、非常に短時間で入力出来ます。特筆すべきは3Dで文字を簡単に入力できること。方向が変わってもメモや寸法は見やすく回転するので、便利です。もっとも固定できる機能も欲しいです。

簡単に構造用合板の施工を書いてみました。面上に文字を入れられるので、仕様や金物を簡単に入れられます。また寸法も3Dで入れられるので便利です。これは平面図とはリンクしていないので、指示書として分けられるのがいいですね。

ちなみに回転して裏から見ても、こんな感じで読めるのです!!角度を変えてもある程度追従してくれるのは便利ですね!!

こういった機能を使うと、簡単に施工スケッチが描けますし、納まり検討も簡単にできます。HOUSE-DOCHOUSE-ST1から簡単に部材を転送できるといいのですが。

立面などでも、このように記載ができますので、2Dよりよっぽど楽ですね。作図品質よりもスピーディーに指示書を作れるのがいいですね。

軽快な操作感はVer1に比べ若干落ちました。入力はいいのですが、プロパティがらみが落ちていますね。それでも他社に比べれば明らかに軽快。なんとなくですが、SketchUPの建築版と考えて、気軽にこのような3Dメモが描けるソフトとして、この部分だけを独立して安価にリリースするのも手かもしれません。

基本部分を分離して、検討機能をそれぞれオプションとして追加できると面白いかもしれません。これなら省エネ、構造を加えたりも楽ですからね。恐らく構造設計でも構造スケッチに使えますが、その方々は現在付いている法規や検討ツールはまったく不要となります。またそれらも古くからのツールの転用に近い形で実装されているので、あまり使い勝手が良くないのも事実です(他社に比べるものがないので、あまり気になりませんが)。

構造システム・建築ピボットはたくさんのソフトウェアのラインナップを持っている割に、あまり連携ができていないのも事実。そのためのハブツールになるんじゃないかな?と思ってi-ARMを期待していましたが、その方向は見えているものの、うまくいっているとは言いがたいです。

モデリングを中心に試用を続けていこうと思います。

HOUSE-省エネ Ver4のHOUSE-DOCインポート機能

実は試す前に、ある程度の予想を作っておいたのですが、やはりそんな感じでした。

このような画面で読み込みます。住所などが読み込めると楽なのですが、どうもそのようにはなっておらず都道府県のみのようです。まあHOUSE-DOCに〒番号がないですし。ただし〒番号を入力すれば地域区分なども入力されるようです。

あと木造かとかHOUSE-DOCからなのにありえない情報を聞いてきますが、設定で必要なんでしょうね。あと部材データから部屋形状に変換する方法を指定できます。

はい。意地悪なデータで読み込んでみました。これは部屋の中に文字列が二個あるものの例です。HOUSE-DOCは部屋に属性を持たせていません。部屋名をどうやって読み込んでいるのかな?と思ったら文字列から適当に引用しているようです。ラスボード真壁の上に「和室1」を入れてあったのですが、案の定、ラスボード真壁だけ読み込まれます。直すの面倒ですが仕方がありません。このようにならないようにHOUSE-DOCのデータを作れば良いのですが、意外と文字を書き込んでいる人多いんですよね。調査箇所とか、仕上げとか、劣化とか。試したところ矢印線があれば、読み込まれないようなので、そういったフラグがあるのかもしれません。また文字列が長いものを部屋名に呼び込んでいるような気がします(無責任)。あと部屋名がないと「部屋」と入力されます。なんだかな~。普通同一メーカー(厳密に言えばちがうんでしょうけど)、このようなことがないように両方のソフトですりあわせするものですが、どうもされていないようですね。マニュアルも何を読み込めるか?操作のところに書いてありませんし。試行錯誤しなければならないのでしょうか??

まあ、開口部は読み込まれますし、部屋も読み込まれます。屋根も読み込まれるのであとは1つずつ仕様を打てば良いので手軽といえば手軽です。ただ仕様も読み込むときに指定できるようにしておけば、もっと楽なのにな、と感じます。開口部にしろ、断熱材にしろ、通常は使う物比較的限られていますから。あと柱は読み込まないほうがいいのかな?と思います。サッシ位置もHOUSE-DOC通りに入ります。芯寸法なのですべて手入力で修正しなければならないですが、編集したものと、読み込んだばかりのものと、区別できるように色などでわかるようにしていただけると、わかりやすいです。

まあ、HOUSE-DOCからHOUSE-省エネにデータを持ち込もうとする人は少ないとは思いますが、エコポイントなどのときにどれくらい性能が上がるか?とか、断熱リフォームのビフォーアフターなどがわかるように示す資料作成と考えれば、かなり有効かと思います。断熱材なしの古い木造の外壁や、古いアルミサッシなど参考データが入っていると面白いですね。小難しく考えるより、一般の人がなにを求めているか?考えた方が面白くなると思います。まあ対応するならHOUSE-ST1、HOUSE-WLなど新築のソフトとの連動が先だと思っていましたが・・・・。

 

 

 

 

HOUSE-DOCの憂鬱 CAD下図

HOUSE-DOCという木造耐震診断ソフトを使っているのだが、ずっと使っているからこそ、このソフトの良さもわかるのですが、逆に悪い部分も目についてきます。前回、ほとんど基本機能をアップせずに建防協評価更新+使えない新機能でバージョンアップしましたが、実際使い勝手をアップするちょっとした改良などが少なかったのが残念です。私の周りでももう次のバージョンはないな、と思っている人も多くて残念です。ユーザー、特にヘビーユーザーは不思議なくらいメーカーの対応などを観察しています。そして物を言わずに去って行きます。木造耐震診断ソフトというものが、S56以前の旧耐震を主な対象にしている、という特殊性があるわけですし、次回あたりのマニュアル改定では新耐震が対象になると思われる向きもあるので、あまり手をかけていられないのかもしれませんが、他社の動きを見ていると市場の動きを見ながら、次の手を打ってきています。独自の機能もいいですが、より多くの人に使って頂ける努力をしていただければ、と思います。

さて、そんな今日の憂鬱は、HOUSE-ST1でもお馴染みのCAD下図からスパンピッチと軸名の設定。非常に斬新かつ便利な機能なのですが、ヘルプの解説も足りていないし、作りっぱなしなのか?利便性のアップもされていません。CAD図面を作っていると不用意なラインも作ったりしますし、読み込みプログラムのせいなのか?不要な通り芯が後ろにずら~っとできてしまうこともあります。それらを簡単に一括削除する機能など搭載してもらえないと安心して使えません。例えばX5以降を全部消すとか、チェックボックスで任意の通り芯を消せるとか?使っていない通り芯を消すとか、そういった機能が欲しいです。またCADの読み込み画面などに、ヘルプに描いてあるようなレイヤ設定の注意書きを書くとか、もっと使いやすくするための配慮がされないと、この機能を誤解したまま使う人も多いです。HOUSE-DOCやST1に入力する前に設計者がやることは、10人10色。そのため、レイヤに何が含まれてくるか?HOUSEシリーズに読み込むためだけに作っているわけではないのです。なので、簡易な方法を示すとか、もう少し作り込むだけでなく、情報発信をしてほしいものです。

まあ、どんなソフトでもそうなんですけどね。構造系の初心者向けソフトって、各社すごい神経を使って作っていますよね。それが上級者には非常にウザくなってしまうこともあります。操作が遅くなってしまうこともあります。HOUSE-DOCって速度の軽快さと説明書を読まなくても操作できることがウリです。しかし、ユーザーのところで教えたり講習会でしゃべったりすると、意外な機能が知られていなかったりするんですよね。上級者でも・・・。DRAにあったようなワンポイントを表示するとか、いろいろ工夫の仕方はあります。せっかく良いソフトなんだから、いろんなユーザーの声を聞いて発展していってほしいものです。

新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法と耐震診断ソフト「HOUSE-DOC」での検証

新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法と耐震診断ソフト「HOUSE-DOC」での検証http://www.kozo.co.jp/topics/tpi_20170711/index.html

株式会社構造システムのホームページにアップされていますね。今年は新耐震基準の木造住宅の耐震診断についてのターニングポイントとなる年かもしれません。

先日発表された新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法により、従来「旧耐震」が主な対象であった木造住宅も、新耐震基準について診断を行っていく方向性ができました。実際、木造耐震診断を数多く行ってきたなまあず本舗でも、もはや半分以上が新耐震の診断の依頼です(助成金を伴う診断を除く)。なので遅すぎるくらいです。

このページでは木造耐震診断ソフトHOUSE-DOCでの入力方法にも言及されています。完全対応というわけではないですが、比較的簡単に対応できそうです。

HOUSE-DOC Ver4.0.0.1

Ver4になって初めてのアップデートです。約1年放置されてきただけあって、がっつり変えてきています。ソフトウェア上でアップデートできないようなので、ファイルをダウンロードしてからやる必要があります。

最大の恩恵はネット認証が自動で行われるようになったことでしょう。他のソフトはともかく、HOUSE-DOCはN値を持っている場合2つチェックして認証するのが地味に面倒でした。これでHOUSE-ST1と同様の快適な起動ができるようになりますね。

他にも細かなチューニングをして安定度を高めています。元々計算方法が変わったわけではないのに、メジャーバージョンアップしたので、それほど訂正することが残っているとは思えません。が、新機能について作って放置してある感が強いです。昨年7月に出荷開始したはずです。既に1年ですね。今回調査シートの改善は行われたものの、根本的な改善とはなっていないようです。せっかく加わったVer4の新機能に期待をかけているユーザーはいると思いますので裏切らないで欲しいな~と個人的に思います。

 

HOUSE-省エネの解説をしていて

昨日、建築ピボットEXPO2017で、HOUSE-省エネについて話してきました。そんな偉そうな話ではなく、ユーザー事例としてこんな使い方もあるんだよ、ということを伝えるだけですが、旨く伝わったかどうか?

そのとき、私は致命的なミスをしていて、マウスを持ってきていませんでした(汗)。別に借りられるのですが、まあいいや、と思って解説していました(皆さんごめんなさい~)。そーいえば、サイボウズのときもそん感じだった気がする(大汗)。

私のLavie Zは古いながらタッチパネルを搭載しているので、画面の拡大などは困りませんね。今回はHOUSE-省エネで短時間で検討、というテーマだったのでマウスなんか必要ありません。タッチパッドで簡単に入力もできました。JWWなんかの拡大縮小は困るんじゃない(両ボタンドラッグ)と思うかもしれませんが、実はJWWも拡大縮小はタッチパネルに対応しています。前のほうで見ていた人はわかったんじゃないかな(汗)。

JWWのようなCADはともかく、HOUSE-省エネのようなソフトは、タッチ操作と相性はよく、実はタブレットでも操作できるじゃないかな~と途中から感じていました。入力も数字がほとんどですしね。これはHOUSE-DOCなどでも感じたことです。意外とiPadなどのタブレットでこういうソフトがあったらいいんじゃないかな~と思います。そこまで行かなくてもWindowsタブレットでキーボードを繋がずに検討やプレゼンが簡潔するなら、それはそれで素晴らしいな、と思います。実際某方法でiPad ProでHOUSE-DOCを動かしたことがありましたが、ある程度使えて面白かったし、屋外での利用に希望を持たせる結果でした(もちろんタブレット用じゃないので、今のママだと実戦は難しいですが)。

今回は、主力のLet’s noteが前日に故障したり、データが飛んだりとプレゼン前が散々だったです。Lavie ZにHOUSE-省エネ入れておいて良かった!と感じましたね。

ちなみにHOUSE-省エネは屋外で使うとき、ネット接続必須です。私もテザリングしていました。ネット認証はパソコンで認証したままにしているので大丈夫ですが、計算時にWEBに接続するので、計算する場合はネット接続は必須です。昨日デモ中に接続しましたが、意外と?短時間だったので、やりとりしているデータ量は少ないのかもしれません。というより通常時の遅さになれているので、ネット回線の問題ではなくあっちのサーバーの問題なのかな~と感じた次第です。

HOUSE-省エネではそのレベルですが、大量に部屋データーを送らなければならないSAVE-住宅では致命傷で、3階建ての比較的小規模なアパートでも計算書作成に数十分かかりました。サーバーの混雑具合によって時間は変わるらしいですが、国も止めてほしいですよねこの方法。耐震偽装事件のときに、メインのコンピュータだけで計算させれば、という非現実な話がでてきましたが、それを実現するとひどい結果になるものだ、と改めて感じています。計算経過もブラックボックスですし、よく仕様が変わるし・・・。省エネで死ぬことはないのかもしれませんが、不信感を持たれるのは良くないことです。今後計算する人も増えてくると思いますのでちょっと改善して欲しいな~と思います。

HOUSE-DOCの計算実行の簡略化

kizukuriなど古いソフト系から移ってくると、HOUSE-DOCやHOUSE-ST1は、まどろっこしくなります。マウス操作は便利でHOUSEシリーズの美点ではあるのですが、キーボード操作があまり考慮されておらず、悲しくなります。

TABオーダーやワンキー操作などがね。メチャクチャだったりするわけ。

使わない人はわかりませんが、例えばHOUSE-DOCの場合、ALTキーでキーボード操作できます。ATLキーを押すと画面上部のアイコンに数字やアルファベットが並びます。それを押せば実行されるわけです。このような機能を知らない人も多いのですが、知っていると便利です。しかしながらHOUSE-DOCはALTキーを押し精密診断(Dキー)を押して最終決定に進むとなんと結果表示とスパンピッチの割当が一緒(P)という初歩的なプログラムミスで結果表示ができない、といったバグが残っています。またタブ操作も同様に不思議な挙動があります。せっかく搭載しているならきちんと作ってほしいし、初心者向けということであれば、思い切って切ってしまうというのもありだと思います(私は困る)。

この機能がうまく動いていれば、マウスユーティリティーでマウスに割り当てたり、キーボードカスタマイズソフトで割り当てたりできます。エレコムのような通常のマウスでも多ボタンタイプは意外と柔軟で、上記のようなALTを使った命令実行もできたりします。私の場合第5ボタンに計算実行、第6ボタンに結果表示(先ほどのバグのせいでクイックアクセスバーに登録してから行う)を入れているので、HOUSE-DOCの計算、結果表示がスムーズに行う事が出来ます。これは非常に便利です。もちろんF5に計算を割り当てたいのですが・・・これはメーカーに期待して待ちましょう。

HOUSEシリーズも地味に機能が違ったりするので、うまくクイックアクセスバーを使って共用の設定を使えれば切り替えを最低限度に押さえることができますね。来年はこういった省力化をいろいろと紹介していこうと思っています。

HOUSE-ST1 Ver6と i-ARMのアップデート

年の瀬も迫ってきましたね。今年の仕事は今年中に終わらせましょう(おまえがいうな!)。

さて、HOUSE-ST1とi-ARMがアップデートしています。

よくわからないけどネット認証・・・まだまだ始まったばかりなので何か問題がでてくるかもしれないけど、いまのところ順調なのですが・・・バージョンが進むにつれて対象商品が増えていくパワーユーザーはどうすればいいのでしょうか??ということを不安に感じる年となりました。私のネット認証画面・・・ナニカオカシイ。たぶん普通のユーザーは感じない悲しい画面になってきました。ST1も年開けすぐに加わるわけだし、HOUSE-DOCがらみだけで4つも・・・。そのうち解決してくれることを願っています!!!

i-ARMのほうは、結局今年も完成!!!には遠い状態で終わるようです。今回のアップデートでも今まで無かったの??という機能が実装されています。とはいえ、DRAと合わせ技で・・・とかST-Bridgeを・・・とか方向は見えてきたような気がします。モデリング機能が上がってくれば使うユーザーも一気に増えていくと思われます。海外製BIMや国産BIMとはまったく違う方向に向かいつつあるわけで、しかもその方向は意外と良い方向なのかもしれません。特にBIMを3DCADと同様に利用し、検討系コマンドが充実していれば特に1人で運用している人にとっては非常に良い選択肢になりそうです。特に省エネ計算が義務化されていく過程で・・・。

私も来年は久しぶりに非常に忙しい年となりそうです。今まで以上にツールの効率的運用が求められてきそうです。面白いことをどんどん紹介できるように頑張っていこうと思います。

 

HOUSE-DOCは新築設計で活用できる??

木造耐震診断ソフトHOUSE-DOCのVer4が発売され、手にした方も多いと思います。毎回新バージョンが発売されると、必ずある質問です。新築の設計に利用できないか?

少なくとも建築基準法の木造の部分や、木造耐震診断の建防協マニュアルを読んだことがある方なら、新築と耐震診断では壁の評価方法が違うことくらい、すぐに理解できます。

HOUSE-DOCは木造耐震診断ソフトです。新築用のソフトではありません。もちろん新築の木造住宅を診断してデータ入力することはできます。しかしながら、新築で必要な壁量計算などはできません。

では金物計算は?これは微妙です。もちろんN値計算オプションを購入することが前提ですが、N値計算はできますし、新築用の壁倍率でもN値計算できますから。

ただ壁量計算ができないから、少なくとも買ってまでこの機能を使うか?は微妙ですねえ。もちろん持っていて、壁量計算は手計算で行い、N値のみ・・・だったら可能といえるでしょう。

4号建物の壁量計算やN値計算はそれほど難しいものではなく、手計算でも十分にできます。もちろん市販のソフトもあります。

どうしても自信がないようでしたら、市販のしっかりしたソフトを購入してみるのも悪くないでしょう。

HOUSE-DOCの新機能「手書き調査シートの自動読み取り」

2016年7月末に発売となったHOUSE-DOC Ver4。新バージョンとはいえ、実質、日本建築防災協会の評価更新バージョンです。マニュアルの変更がないことから、診断内容に差異はありません。しかしそれでは買ってもらえないとうことで新機能も搭載しています。その中でトップに位置するのが「手書き調査シートの自動読み取り」です。

HOUSE-DOCは従来より、良質の調査シートを印刷できます。もっとも使っていると自分でカスタマイズしたい!!という人もいると思います(=私)。非公式ではあるのですが、DRA-CADを使えば、用紙をカスタマイズできます(あの用紙はDRA-CAD形式です)。インストールフォルダにあるDRA-CADファイルを開けば種がわかりますね。変なマークを自社マークに変更など自由にできると思います。とじしろを入れるとか。

さて、肝心の自動読み取り機能のうち目玉の図面読み取りは正直使い物になりません。スペックから。

・等間隔のグリッドしか読み取れない→実質910グリッド等で均等のものしか読み取れない。455ピッチでとりあえずやって修正しますか??

・壁の種別に入力できない

・開口も指定できない

・左下から書かないグリッド名が・・・結局グリッド幅の問題もありグリッド名を振り直さなければならない。

とできないことずくしです。建物概要や一般診断の劣化度などは読み取れるんでしょうから、こちらは使えますね。でもはっきり言って自分で入力した方が早い・・・

そんな愚痴はともかくギミック的には面白いので早速試してみました。

scan-88 (Medium)クリックで拡大

はい。まず適当にペンや色や書き方を変えて、簡単な間取りを書いてみました。現場なのできれいに書けないはずなので、雑に書いています。丁寧だったら意味がありませんよね。そもそも。

読み取るのはスキャナ。今回はゼロックスの複合機です。

20160726104646

そしてHOUSE-DOCを起動し調査シートの読み取りを起動します。読み取り結果は・・・

20160730090925クリックで拡大

はい。悲しい結果です。ボールペンなどで何回かなぞって・・・というのはなかなか認識しないようです。上の画像で赤くなっている部分が読み取れた部材です。

よく考えればわかることで、調査シートに書いたその他のメモに反応されては意味がないですからね。その点辛口に読み取るようになっているのかもしれません。

一番うまくいったのは赤のサインペンで書いた物。ちなみに色もほとんど関係ないようです。実際の調査シートには他の内容もいろいろ書いているわけでサインペンクラスでしか読み取れないのであれば、実質意味ないですね~。ギミック的に面白いのですが・・・。赤だけ読み取りとか何か工夫しないと誰も使わない機能になってしまいますねえ。

20160730093733

はい。こんな感じで柱と無属性の壁が読み込めました!!!うまくいくとほっとしますが、うまくいかないとむかつきます・・・。

そんなこと言っていても他の耐震診断ソフトを常用せず、HOUSE-DOCを使ってしまうんだな。忙しい人間にとって、これほど高速に診断書を作れるソフトは他にないですからねえ。診断チェックも楽ですので、団体の診断書をたくさんチェックする方々にも好評です。新機能はもうちょっと頑張って欲しいですが、目立たないところは改良されていますし。

でも何かあっと驚く便利な新機能をユーザーは望んでいると思うので、今後も期待しています。