HOUSE-省エネ Ver4のその他の新機能

まあ、なんでメジャーアップなのか?を考えるとHOUSE-DOCの読み込み機能ではなく、ホームページで紹介されているもう一つの目玉「省エネ基準の表示機能」が先に来るはずなのですが・・・。

まず省エネ等級判定アシスト機能。必要な施策と該当箇所を表示する・・・ということなのですが、見事それしかしていません。まあそれで計算者としては十分なのですが(汗)。

断熱等性能等級と一次エネルギー等級を指定すると、それに見合う性能がでているか、チェックします。ちなみにHOUSE-DOCでインポートしたばかりのデータでもチェックしてくれます。これはリアルタイム計算でも同じです。

まあ使えるかな?と。

期待していなかったプリチェックはもっと使えました。ツークリックでチェックしてくれますから。でもワンクリックで実際できるよな、と感じます。動作が速くて良いので是非ワンクリックでチェックできるようにして欲しいです。またF5とかファンクションキーに対応して欲しいです。HOUSEシリーズはグラフィカルでマウス操作がウリだと思うのですが、ちょっとのことはキーボードでも出来るようにして欲しいです。

はい。新旧の出力のリボンメニューです。ちがう箇所が一目瞭然ですね。

まずクイック(外皮)に待望の立面図が加わり、クイック(一次エネ)にBELS ZEHと冷暖房費が加わりました。立面図は待望ですが、試用版では試しようがありません。ただ立面入力機能が他社のものと違ってないので、整形の通常ツールのものを表示しているんだろうなと思います。そのような建物ほとんどないので、小手先ではなくきちんと立体で入力・確認できるツールが欲しい所です。

新しい計算機能としては、H30年のWEBプログラム改訂対応で、空気集熱式太陽利用設備の入力フォームが追加され、これから変わっていくだろう形式にも対応してくれそうです。

このソフトのキモは断熱材などを設定し、形を入れ、設備を設定すれば、だいたいの省エネ基準適合の目安が非常にスピーディーにわかることにあります。しかしながらそれはVer1でもそうだったわけで、Ver1~Ver4までほとんど変わりません。Ver3で入力できない形状を数値入力できるようになり、計算書を作れる形状が飛躍的にアップした後だから、期待はしていたのですが、そこはほとんど手つかずですね。

これからどんどん省エネ住宅を企画、設計していく人には向くと思います。ただZEHなどの計算書をバシバシ出そう、という人にはまだ安心して薦められるかは疑問です。今回は試用版だったので計算ができないので、結論は出せませんが、Ver3の動作からすると厳しいだろうな、と思ってしまいます。まずは本体だけで計算書から根拠図まですべて出せるようになってほしいものです。

 

 

HOUSE-省エネ Ver4のHOUSE-DOCインポート機能

実は試す前に、ある程度の予想を作っておいたのですが、やはりそんな感じでした。

このような画面で読み込みます。住所などが読み込めると楽なのですが、どうもそのようにはなっておらず都道府県のみのようです。まあHOUSE-DOCに〒番号がないですし。ただし〒番号を入力すれば地域区分なども入力されるようです。

あと木造かとかHOUSE-DOCからなのにありえない情報を聞いてきますが、設定で必要なんでしょうね。あと部材データから部屋形状に変換する方法を指定できます。

はい。意地悪なデータで読み込んでみました。これは部屋の中に文字列が二個あるものの例です。HOUSE-DOCは部屋に属性を持たせていません。部屋名をどうやって読み込んでいるのかな?と思ったら文字列から適当に引用しているようです。ラスボード真壁の上に「和室1」を入れてあったのですが、案の定、ラスボード真壁だけ読み込まれます。直すの面倒ですが仕方がありません。このようにならないようにHOUSE-DOCのデータを作れば良いのですが、意外と文字を書き込んでいる人多いんですよね。調査箇所とか、仕上げとか、劣化とか。試したところ矢印線があれば、読み込まれないようなので、そういったフラグがあるのかもしれません。また文字列が長いものを部屋名に呼び込んでいるような気がします(無責任)。あと部屋名がないと「部屋」と入力されます。なんだかな~。普通同一メーカー(厳密に言えばちがうんでしょうけど)、このようなことがないように両方のソフトですりあわせするものですが、どうもされていないようですね。マニュアルも何を読み込めるか?操作のところに書いてありませんし。試行錯誤しなければならないのでしょうか??

まあ、開口部は読み込まれますし、部屋も読み込まれます。屋根も読み込まれるのであとは1つずつ仕様を打てば良いので手軽といえば手軽です。ただ仕様も読み込むときに指定できるようにしておけば、もっと楽なのにな、と感じます。開口部にしろ、断熱材にしろ、通常は使う物比較的限られていますから。あと柱は読み込まないほうがいいのかな?と思います。サッシ位置もHOUSE-DOC通りに入ります。芯寸法なのですべて手入力で修正しなければならないですが、編集したものと、読み込んだばかりのものと、区別できるように色などでわかるようにしていただけると、わかりやすいです。

まあ、HOUSE-DOCからHOUSE-省エネにデータを持ち込もうとする人は少ないとは思いますが、エコポイントなどのときにどれくらい性能が上がるか?とか、断熱リフォームのビフォーアフターなどがわかるように示す資料作成と考えれば、かなり有効かと思います。断熱材なしの古い木造の外壁や、古いアルミサッシなど参考データが入っていると面白いですね。小難しく考えるより、一般の人がなにを求めているか?考えた方が面白くなると思います。まあ対応するならHOUSE-ST1、HOUSE-WLなど新築のソフトとの連動が先だと思っていましたが・・・・。

 

 

 

 

HOUSE-省エネ Ver4試用?

はい。試用版が出ました。試してみたい方は建築ピボットのホームページより。

さて、試用版を何で使ったの?と正規ユーザーなのに??と思うかもしれませんが、ずばりメーカーのせいです(だったら試すなって・・・)。私はHOUSE-省エネとSAVE-住宅両方持っているのですが、機能の実装がどちらが早いか?という重要な問題があり完全にSAVEが上位互換というわけではないのです。それでもHOUSE-4号とHOUSE-ST1のような意味不明な関係とは異なり、時間だけの問題なのですが。

基本個人住宅の省エネがメインなので、HOUSE-省エネだけ持っていれば済むのですが、年に1回くらい共同住宅の設計もあって・・・まあそんなわけでまだ悩んでいるので、とりあえず試用版で試してみました。

HOUSE-省エネの今回の目玉は・・・HOUSE-DOCのデータインポート機能です。これは耐震補強、耐震リフォームなどと連動して省エネを推し進めるのに便利かもしれない機能です。またメガソフトの3D Archi Designerとも連携できるようになりました。まあ天井高さ情報がないとか、斜め天井とか、そういった面倒な形状を持ってこられないわけで、あくまで間取り入力の省力化を目指した仕様になっているようです。

もう一つの目玉は計算機能・計算書出力の向上です。残念ながら前バージョンはVer3となっているのに、まだ省エネ計算用の全帳票が出力できない、という悲しい仕様が残っていました。果たしてVer4では如何に?ちなみに住宅版BELS、ZEH性能表示や、プリチェック、立面図出力機能が加わったようです。また省エネ等級判定アシストという、建築ピボットだと若干不安になるような機能も搭載しています。

さて、3回に分けて書きます。次回はHOUSE-DOCのインポートです。

 

HOUSE-省エネ Ver4 12月発売へ

戸建て住宅の省エネルギー計算ソフト「HOUSE-省エネ」がバージョンアップします。あまり使っている人見ないけど、このソフトで申請だしている人いるのかな??通常この手のソフトは木造住宅に限られているのですが、SAVE-住宅という共同住宅向けのの省エネソフトを出していることもあり、RC造やS造も計算できるのは大きな強みですね。

さて、今回のバージョンアップの目玉は、HOUSE-DOCや3D Archi Designerからのデータインポート。マイホームデザイナーは平面は転送できたので、その対応ソフトが増えたということでしょうか?HOUSE-省エネは間取り入力自体はスムーズに入力できるわけで、部屋名のプロパティや部屋の高さもないHOUSE-DOCから転送する意味があるのかどうか?は疑問ですがね。

他には住宅版BELS、ZEH性能表示が搭載され、省エネ等級判定アシスト機能も搭載されます。必要な施策や該当箇所が表示されるので、より敷居が下がります。また計算前のデータチェック機能がようやく搭載されるそうです。リアルタイム・・・は名前負けしていましたが今度は如何に?

うれしいのは立面図の出力です。どのような形になるのかは別としてVer4にして必須図面だった立面図が搭載されるのはある意味感動的です。他にも機能アップされているようで、今後の有効活用が期待されます。

一ユーザーの私の意見ですが、設定がきちんとしていれば、省エネ設計に慣れていない人間が、どれくらいで低炭素やZEHに到達できるかを素早く判断できるわけで、非常に有用なソフトなのです。他社は計算書を出すことを目的としているので素早く判断したくてもすべて入力しなければならず、非常に面倒でした。その反面HOUSE-省エネは、計算書を細かく作成するときにこのソフトだけではうまく行かないという欠点も持っていました。少なくともCADで根拠図を作らなければならずそこが面倒でした。個人的には判断はWEBアプリかなにかがあれば、本当は事足りて、計算書をスムーズに作れる機能が欲しいです。今回のVer4でその希望が叶えられているか?期待して発売を待ちましょう。

HOUSE-省エネ Ver3.0.0.3

10月1日にアップデートされています。

例のWEBプログラムAPIの変更による・・・対応のようです。勝手にどんどん変わっていきますからねえ>省エネ系。SAVEも更新。さてモデル建物法も更新されましたし、これからどんどん変わっていくんだろうな・・・

と思って更新履歴を見ているとHOUSE-省エネの前回のアップデートは昨年の8月!!一年以上もアップデートされていないのね。個人住宅系の省エネ計算ソフトとしてみた場合、まだまだ改良が必要なのに、これではね。なかなかユーザーが増えない理由も頷けます。

HOUSE-省エネの解説をしていて

昨日、建築ピボットEXPO2017で、HOUSE-省エネについて話してきました。そんな偉そうな話ではなく、ユーザー事例としてこんな使い方もあるんだよ、ということを伝えるだけですが、旨く伝わったかどうか?

そのとき、私は致命的なミスをしていて、マウスを持ってきていませんでした(汗)。別に借りられるのですが、まあいいや、と思って解説していました(皆さんごめんなさい~)。そーいえば、サイボウズのときもそん感じだった気がする(大汗)。

私のLavie Zは古いながらタッチパネルを搭載しているので、画面の拡大などは困りませんね。今回はHOUSE-省エネで短時間で検討、というテーマだったのでマウスなんか必要ありません。タッチパッドで簡単に入力もできました。JWWなんかの拡大縮小は困るんじゃない(両ボタンドラッグ)と思うかもしれませんが、実はJWWも拡大縮小はタッチパネルに対応しています。前のほうで見ていた人はわかったんじゃないかな(汗)。

JWWのようなCADはともかく、HOUSE-省エネのようなソフトは、タッチ操作と相性はよく、実はタブレットでも操作できるじゃないかな~と途中から感じていました。入力も数字がほとんどですしね。これはHOUSE-DOCなどでも感じたことです。意外とiPadなどのタブレットでこういうソフトがあったらいいんじゃないかな~と思います。そこまで行かなくてもWindowsタブレットでキーボードを繋がずに検討やプレゼンが簡潔するなら、それはそれで素晴らしいな、と思います。実際某方法でiPad ProでHOUSE-DOCを動かしたことがありましたが、ある程度使えて面白かったし、屋外での利用に希望を持たせる結果でした(もちろんタブレット用じゃないので、今のママだと実戦は難しいですが)。

今回は、主力のLet’s noteが前日に故障したり、データが飛んだりとプレゼン前が散々だったです。Lavie ZにHOUSE-省エネ入れておいて良かった!と感じましたね。

ちなみにHOUSE-省エネは屋外で使うとき、ネット接続必須です。私もテザリングしていました。ネット認証はパソコンで認証したままにしているので大丈夫ですが、計算時にWEBに接続するので、計算する場合はネット接続は必須です。昨日デモ中に接続しましたが、意外と?短時間だったので、やりとりしているデータ量は少ないのかもしれません。というより通常時の遅さになれているので、ネット回線の問題ではなくあっちのサーバーの問題なのかな~と感じた次第です。

HOUSE-省エネではそのレベルですが、大量に部屋データーを送らなければならないSAVE-住宅では致命傷で、3階建ての比較的小規模なアパートでも計算書作成に数十分かかりました。サーバーの混雑具合によって時間は変わるらしいですが、国も止めてほしいですよねこの方法。耐震偽装事件のときに、メインのコンピュータだけで計算させれば、という非現実な話がでてきましたが、それを実現するとひどい結果になるものだ、と改めて感じています。計算経過もブラックボックスですし、よく仕様が変わるし・・・。省エネで死ぬことはないのかもしれませんが、不信感を持たれるのは良くないことです。今後計算する人も増えてくると思いますのでちょっと改善して欲しいな~と思います。

HOUSE-省エネとSAVE-住宅で申請してみる

はい。実務本格投入です。ほぼ同時に。

まずSAVE-住宅で木造三階建ての共同住宅の省エネ計算書の作成です。部下Aが担当。ちなみに構造計算は私がやりました。HOUSE-ST1とKIZUKURI両方で(申請をどっちで出したかは秘密)。屋根形状が単純じゃなかったことと、ちょっと特殊な形状なのでかなり苦戦していましたね。それ以前にソフトの設計の問題とか、木造はあまり考えていないんだろうな~ということと。とりあえず合計数値が一致しないのは納得できない。苦情いかないのか、うちだけの問題なのか??

なぜ両方持っているの?と思うかもしれませんが、ソフトウェアというものは二個同時に起動できません。あくまで普通。両方持っているとどちらか片方は使えます。共同住宅二棟同時はなくても戸建て住宅二棟同時はよくあること。よって、この二本の組み合わせは比較的相性はいい。細かい部分で違うのは気になりますが・・・。

私は戸建ての低炭素住宅の計算。検討は30分で終わってしまう。検討がスピーディーに行えるのはSAVEシリーズの良い点です。しかし計算書を作ろうと思うと難関が待ち構えているのは、SAVEシリーズ最大の弱点かもしれない。今回も意味不明な仕様に悩みながら、あくまで本体の機能だけで計算データを作りました。SAVEは隣で使用中なので、HOUSE-省エネでやっています。

共同住宅の方は予想通りいろいろと指摘が上がった。まあ社内的にも共同住宅は初めてだったのでソフトのせいだけとはいえませんが。戸建て住宅は散々手計算で申請しているので言い訳はできない。HOUSE-省エネのキモは、入力前にどのような形状かを把握し、入力方法を頭でシミュレーションしてから入力を始めることです。行き当たりばったりでは行き詰まります(笑)。構造系ソフトを扱うのとは考え方が違います(当たり前です)。結果的に短時間で計算がまとまり、あとは窓の仕様が固まれば、それに置き換えて完成です。

ぶっちゃけ、計算書を作るだけなら手計算のほうが早いような気がする。特に複雑な形状が多い木造住宅の場合は。今までのように、HOUSE-省エネで検討して、最後に手計算で帳票を作る、ほうが効率的な気がします。まあ検算の意味を込めてしばらくは両方の手法で、ということです。

似たようなソフトを使うとその差異に苦しみます。せめてHOUSE-シリーズの操作の統一性は取って欲しい。私の場合、HOUSE-省エネで省エネ検討しながら、HOUSE-ST1で構造計算したり、他の耐震診断をHOUSE-DOCで同時に行っていたりなんて日常茶飯事ですからね。3Dの回転や操作が違うのは本当に辛いです。

と愚痴ってみました。さて、あと一枚構造図書いたら帰ろう。明日申請のようで何より・・・。

GLOOBEの木造プランからHOUSE-省エネへ

国産BIMソフトのGLOOBE(福井コンピュータアーキテクト)で、木造を設計して、戸建て省エネ計算ソフトのHOUSE-省エネへ転送できるのか??と思い、実験してみました。

すでにGLOOBEでの木造住宅の設計に一定の目処がついているのですが、構造連携などができないので(木造はね・・・)あまりメリットを感じなかったのですが(アーキトレンドありますから・・・)、形状によっては選択の余地があり、と思っています。3Dでモデリングしていった方がわかりやすいこともありますしね。

平面サンプル

 

3Dモデル(GLOOBE)。筋かいも2つ割、3つ割が指定できるようになり、いろんな意味で活用しやすくなっています。

モデルをGLOOBEで作ったら、IFCに変換します。SAVE-建築には専用コマンドがあるのですが、住宅系(HOUSE省エネ・SAVE-住宅)にはありません。今回はデフォルトで変換してみました。

それをHOUSE-省エネでIFCインポートします。マイホームデザイナーのときと違って短時間でできますね。ありがたいです。

簡単に変換出来ました。この程度ではあまり時間的メリットはありません。やはり大きな住宅とか共同住宅で威力を発揮しそうです。

といっても開口部は当たり前のようにきっちり入力されています。居室、非居室などきちんと分類してくれるのはさすが!!もちろん天井の断熱も入っています。これくらいの物件だと、基礎を入力すればある程度の計算はできてしまいますね。断熱材の指定は改めて必要ですが。

 

HOUSE-省エネの母屋下がり入力

いくら直接入力ができる!といっても形状通り入れたいもの。木造住宅では当たり前の母屋下がりをHOUSE-省エネはそのままではできないので、こんな方法を考えてみました。

よくある北側母屋下がりです。HOUSE-省エネの屋根入力は手軽でいいのですが、空間を引き連れていくため、母屋下がりは直接入力できません。

しかし上記のように小屋裏空間をダミーで入力し、そこの隣接空間を適切に指定してしまえばきちんと計算してくれます。覚えておくと非常に便利です。

2階の部屋は母屋下がり部分と通常天井を別に入力するのがみそです(天井だけでは変更できなさそうです)。部屋の分離が嫌だ!!というときは天井だけ別入力して直接入力です。

HOUSE-省エネは小屋裏も居室にできちゃいますので、計算上問題ありません。

直接入力の場合と違い、上記の方法では、側面の台形の部分の壁を適切に自動計算してくれます。もちろん母屋下がり後の壁も適切に自動計算してくれます。どちらの方法を選択するかは自由ですが、どちらも一手間掛けなければならないのが難点といえば難点ですね・・・。

実はモデリングが駄目といわれているHOUSE-省エネですが、頑張ればある程度形状でも実現が可能です(スキップも)。ただ時間勝負だと思いますので無理そうなら直接入力!!って割り切りが必要です。

SAVE-住宅Ver4

HOUSE-省エネを持っていながら、共同住宅の省エネが面倒になり、SAVE-住宅も購入しました。操作は慣れてきたのですが、相変わらずの操作感・・・。部下は困惑しています。まあ仕方がないか。

このソフト(HOUSE-省エネも含む)の一番の問題点は、Helpがないこと。HOUSE-DOCHOUSE-ST1の状況適応のHelp(まあ一般的なヘルプですな)に慣れていると衝撃的です。ちなみにkizukuriも酷かったですが。PDFマニュアルは比較的まともなのですが(このあたりはST1よりマシ)、画面構成が非常にわかりにくいので駄目だとわかっていてもF1を押してしまいますね・・・。

とはいえ、慣れてしまえば簡単な部類のソフトです。多分フローを作ってその順番で入力していく、というのが正しい使い方です。チュートリアルを参考に自分の手順を学んでください。チュートリアルと共同住宅のサンプルを良く見ないでこのソフトを使うのは自殺行為です。

個人的にモデル共同住宅を入れてみましたが、入力から出力まで50分程度です。入力だけだったらもっと短いです。

入力だけだったらという部分に引っかかったと思いますが、実は帳票を出すコマンドの時間が異常に長いのです。HOUSE-省エネもかなり遅いのですが、まだ我慢できるレベルですが、SAVEの場合、部屋数分待つのでちょっと大きめな共同住宅だと10分以上待たされます。これはエクセルに出力しているコマンドが問題なんだと思うのですが・・・素直にPDFとかに出して欲しいです。もちろんエクセルに出す行為自体を否定しているわけではありませんが、普通に帳票をPDFなり画面なりに出してくれればそれでチェックなどは大丈夫だと思います。まあエクセルで帳票を出せるのがウリなのだから仕方がないか。でもこの待ち時間は衝撃的です。もちろん速いパソコンでもソコソコ待たされます。

入力インターフェイスやコマンド名に謎が残る点では、昔のDRA-CADを彷彿とさせますね。まあ慣れの問題なのですが。慣れない部下の機嫌が朝から悪い・・・。

部下の操作を見ていて、手引き改訂しなくちゃ、って強く思いました。HOUSE-ST1の手引き更新したら、やらなきゃ・・・。