SEINの木造オプションのキャンペーン

ついに全貌が明らかになってきた SEIN La CREA Premium木造。ノーマルSEINでは使えず、Premium版のみ、ということでそのアップのキャンペーンとPremium木造のキャンペーン・・・というところです。新規と既存ユーザー別別にキャンペーンを打っています。既存ユーザー全てに・・・でないところが喧嘩売っているのかどうなのか・・・。ただ大幅にお得なキャンペーンですが非常に短期間です。個人的にこれで良いと思います。半年くらいかけてのキャンペーンって(以下略)。

さて、画面キャプチャや説明を見る限り、SEINそのもの。部材が木材になっただけ、の感じです。もちろん木造ならではの部分を採り入れているわけですが、それがASTIMやWOOD-STより薄い感じがします。そもそも通常版SEINで木造解析をしていたパワーユーザーもいたわけで、木造を設計する素性が良かったのも事実です。RC造よりも鉄骨造に向いていましたし。

びっくりしたのが価格。SEINのオプションなので高いんだろうな、と思ったら、 Premium 限定とはいえ、30万円。キャンペーンなら20万円なので、SEINユーザーで将来木造もやるかも?という方は先に買って置いても良いレベル。混構造のモデル化もできますし、サポート代金の追加も無さそうですし、意外と邪魔にならないと思います。もっともSEINを今から買って・・・という意味では、LEのプレミアムパックがキャンペーンで67.5万円で20万円の木造オプションを買って87.5万円!!なので、ASTIMのフルキットに比べれば安いが、FAP-3+MED-3よりも大幅に高いです。もっともそれでもS造とRC造と木造の計算環境が手に入るという点では破格ですし、唯一無二の環境です。もっともまだ仕様面では不明なところも多いですが・・・。

まあ心穏やか出ないのはノーマルSEINのLEのユーザーでしょう。何気にキャンペーン対象外に見えます。そういえば連絡も来ないし(涙)。見捨てられたんでしょうか??来月のセミナーも無事申し込めましたので、行って確認してこようと思います。

そういえば、WOOD-STもキャンペーンが発表されましたね。通常10%OFFなのですが、15%OFFと気合いが入っています。HOUSE-ST1とのセットは20%OFF!!もっともこれは自信がないことの現れかもしれませんし、今のところHOUSE-ST1がないと単体では運用が難しい、ということなのかもしれません。もう少ししたら更に詳しい情報が入ってきますし、某ショップでも予約が始まるので、もう少々お待ちください。

大塚商会より、木造構造計算ソフト比較表♪

商社だからこそできる比較!!簡単な項目ですが、買う方からしたらこの手のものは助かりますね。さすが大塚商会♪♪♪

木造構造計算ソフトを徹底比較

対象ソフトは、ASTIM、HOUSE-ST1、KIZUKURI、STRDESIGN、木三郎と過不足ありません!!私が比較対象・購入対象として今現在考えてもやはりこの5ソフトになると思います(SEIN・WOOD-STは未発売なのですが、そのうち加えて欲しい)。

簡単な比較なので細かく突っ込めば・・・というところもあるのですが、非常にわかりやすいです。私も改めて整理し直しましたが、それぞれ特性が異なり面白いですね。導入費用、サポート、対応ファイル形式、ライセンス認証方式、体験版の有無とその仕様など買う前に知りたい情報が整理されています。一方ソフトの機能などについては、かなり省いているので、そこはきちんとメーカーから回答をもらうべき、というスタンスなんでしょうね。惜しむらくはオプション対応などが若干不明瞭な点。うちもその辺誤解がないように情報発信していかなければなりません・・・。

いつの間にか、木造構造計算高くなりましたね。STRDESIGNも出た頃は本当に安かったし、WD3 Warpみたいに10万円切るような価格のものも本当になくなりました。もう少し初心者向きで壁量計算からレベルアップする人向けの低価格構造計算ソフトが欲しいです。また学習者向けのソフトも欲しいですね。

 

SEIN La CREA Premium 木造

先日お伝えした、SEIN La CREA Premiumの木造オプションの詳細がホームページで発表されましたね。

SEIN La CREAの形状入力の自由さはそのままに、自由に部材を配置できるのが魅力です。

ただ、名前の通り・・・ノーマルSEIN La CREAでは使えないようです(大泣)。でもそもそもPremiumが出たときにノーマルを残しておいたのはある意味温情なくらい、Premium安定して良い子ですから、今後はPremiumを主体に考えているんでしょうね>NTT。

適用範囲でいきなり「ルート判定は行わない」「増分解析は行わない」と書いてあるので、ルート2、46条2項ルートという最近の流行??のプログラムのようです。

準拠する規準等は、2015年版建築物の構造関係技術基準解説書、木質構造設計規準(2006)です。そして面白いことに、新グレー本2017の46条関連、地震力・風圧力に対する鉛直構面の検定の2章のみ準拠するとのこと。そのまま受け取れば、46条壁量計算ができる、ということでしょうか??せっかくの自由な形状入力可能なソフトですから、あえて必要ないと思うのですが、たまには整形の建物もやるでしょうし・・・ということでしょうか??これは木造の計算ソフトをもっていない人には魅力的ではないでしょうか??

SEINのオプションなので、当たり前のように木造混構造建物のモデル化ができます。SEINをもっている人にとってはかなり魅力的です。逆にもっていない人は、SEIN、しかもPremiumを買わねばなりません。一応安価な限定版のCE Premiumにも対応しているのですが、LEのような安価な限定版をもっているユーザー(=私)には、正直買いとは言い切れません。

一応SEINユーザーなので、そのうち案内が来ると思います。価格なども含めて。ASTIM、WOOD-ST、SEIN La CREA Premium 木造、と壁量計算によらず木造構造計算できるソフトが揃いましたね。後発の2社は、先行するASTIMとは違った魅力を提供してきます。WOOD-STは任意形状を捨て、手軽に46条2項ルートの計算をできるのが魅力ですし、SEINのほうは、定評ある一貫構造計算ソフトのオプションであり、SEINの魅力を更に際立たせ、混構造も手軽に実現できる魅力的なパッケージとなっています(ただしSEIN Premiumユーザーに限る)。3社とも競合するところはあるものの、ある程度の棲み分けはできています。問題はこの分野ができる構造技術者の不足。買う人がいなければ、せっかくリリースしても意味がありません。その部分が心配が残ります・・・。