BUS-6+Revit Op.

本日発表の新製品のご紹介です。

構造システムの一貫計算ソフトのBUS-6の、オートデスクのBIMソフトAutodesk Revitとの連携ソフトです。

今まで構造計算ソフトというと、ST-Bridgeなど汎用性のあるデータで互換性を持たせる・・・という動きが主でしたが、今回は完全に専用形式とし、1つの建物データ(Revitプロジェクト)を共有し、整合性を保持しながら構造設計を進めることができます。しかも建物データだけでなく荷重や計算条件もBUS-6とRevitで共有できるのです!!

例えばRevitからはアドインでBUS-6の計算を実行し、BUS-6で修正・計算を行った内容をRevitに反映したり・・・とBIMならではの効率性を高める事が出来ます。今までもST-Bridgeなどを利用すれば・・・という声もありましたが、残念ながらまだそこまでシームレスにはなりませんし、互換性の低さが問題になることもあります。

Revitの意匠データをもらい、BUSで計算してその内容をRevitに返せれば、整合性など問題になることは少なくなります。

その運用で欠点としては、構造側もRevitを持っていることが必要、ということでしょうか?もしかしたらBUSとOpだけで運用できるのかもしれませんが、実際の内容を確認したい場合はやっぱりRevitがないと意匠内容を含め確認できませんし。

主に大手事務所・ゼネコンでの使用が想定されますが、個人構造設計事務所にも導入されるかもしれません。価格はオプションだけで50万円です。利便性、省力性を考えれば、個人事務所でも導入できる価格でもあります(BUSを一から買うのなら躊躇しますが)。BUSの年会費以外にこのオプションの年会費(確認申請用プログラム利用者の会(+Revit Op)への加入が必要で、この年会費6万円をどう見るかです。どのような運用形態で運用するか?稼働するプロジェクトの多さによっては、むしろ格安に感じられるかもしれません。

新技術や新機能がどんどんでてくるので、共通形式などでは対応が難しいと思います。実際夢見ていたことはあまり実現されていないように感じます。そういう現時点を考えるとかなり実務的で良い手法だなと感じます。

構造設計の世界もどんどん変わってきます。それについていくのが辛い世代に入ってきた私にとっても、わくわくするソフトです。

i-ARM Ver1.0.2.6

建築ピボットの国産BIM「i-ARM」のアップデートです。約一ヶ月半ぶりのアップデートで内容はてんこ盛りです。派手な新機能はありませんが、堅実に使いやすさがアップしているようです。個人的には移動コマンドに矢印キー移動機能を追加したところがキモかな??

FAP-3/MED-3発売35周年記念キャンペーン

構造システムの任意形状立体フレームの弾性応力解析ソフト「FAP-3」と断面計算ソフト「MED-3」が発売35周年を迎えたそうです。なぜ一体でソフトを出さないの?とかありますが、35年前のコンピューターなんて・・・ということです。まあ今の時代ですから、ソフトの形態も価格も変わっていくわけで、35周年が必ずしも誉められたものではないのかもしれません。
というわけで2月5日から6月30日まで両ソフトの新規購入及びバージョンアップはキャンペーン価格が適用となります。某ショップはどうするか?検討中だそうです。両方とも最新版持っている私は蚊帳の外です・・・。

WOOD-STの効果

WOOD-STとHOUSE-ST1で同じ物件を解析して、どのような差があるか?を確認していますが、それぞれ得意不得意はあります。

WOOD-STの有利でわかりやすい点は、特に2層以下なら壁の数を減らせることです。これは高倍率のK型ブレースなどが手軽に使えるからです。HOUSE-ST1のように7倍の呪縛がないので。店舗などでは本当に威力を発揮します。高倍率なので金物が気になりますが、低層なら十分です。三層くらいになると・・・ですが。

スキップフロアができることについては、まだそれほどメリットを感じられません。多分、もう少し細かくスキップが刻めれば威力を発揮するんでしょうけど、現状は各層に追加1ですので。うまく使えばいいのでしょうけど、意匠設計者の要望を満たすほど有利ではないようです。

床面の考え方が違うので、吹き抜けがある建物などは威力を発揮します。どうしてもHOUSE-ST1の考え方が染みついているのですが、かなり大胆に設計が可能です。實成さんに聞くまでは、保守的に考えていたのですが、安全に見えて計算NGがでてしまう新グレー本の吹き抜けの仕様を考えれば、自分が心配になるような形状を避けて計算するなら、スムーズに進みそうです。

方杖は柱が太くなることと、そもそも耐力が低いので効果的な使い方を模索中です。高倍率壁に追加・・・となるとほとんど威力を発揮しなさそうです。細長で小型な車庫とか、倉庫とかならかなり有効ですが、そのような建物の構造設計を依頼されるケースはほぼないので、ちょっと・・・という感じです。

アップデートは引き続き行われるようですが、基礎が実装されるまで時間がかかりそうです。それまでにHOUSE-ST1に対する有利性をもう少し検証していきたいと思います。

DOC-3次診断Ver5の詳細が公式HPに

掲載されましたね。予定通り発売のようです。キャンペーン期間は7月31日までたっぷりあります。案件があるときにどうぞ。

さて、某ショップのHOUSE-ST1が1月上旬から買えない状態になっていたそうです。店長に代わってお詫びいたします<(_ _)>。現在は買えるようになっているそうです。

また某本舗の公式ホームページが見えない状態が続いています。乗っ取られたとかではなく、何らかの不具合です。まったく同じスクリプト・管理画面を使っている、某ソリューションのページが何事もなく動いているのでWORDPRESS自体が落ちている訳ではないようです。現在精査しているところだそうです。復旧に時間かかるとのこと。

DOC-RC/SRC Ver9

こちらも構造システムのバージョンアップ商品です。DOC-RC/SRC Ver9です。そんなにバージョンを意識するソフトではないので、Ver9ということで逆にビックリします。2018年2月1日から7月31日までキャンペーンとなっています。2月中旬出荷予定です。利用者のほとんどは年会費ユーザーだと思うのですが、過去のバージョンを寝かしている方もバージョンアップできますし、耐震診断用プログラム利用者の会に再入会する価格もキャンペーンが適用されますので、詳しくは公式ホームページに情報が載ってからお問い合わせください。

ちなみに、主な新機能は、DOC-3次診断とほぼ同じです。高速化はもうやっていたような気がしますが。もちろん耐震診断用プログラム利用者の会の会員は無料でバージョンアップとなります。

DOC-3次診断 Ver5

はい。構造システムからのバージョンアップ商品です。DOC-3次診断 Ver5 です。RC/SRC造の3次耐震診断及び、RC/SRC/S造建物の総合耐震診断計算を行うソフトです。今回のバージョンアップで、2017年改訂版 既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断基準に対応しました。他にマルチスレッド処理の追加で計算を高速化したり、複数結果の比較が可能になるなど、同社製品の特徴に追いついた感じがします。

キャンペーンは2018年1月15日から7月31日まで。出荷は2月中旬を予定しているそうです。あまりユーザーが多くないソフトですが、3次診断ソフトとして貴重ですので、DOC-RC/SRCユーザーにもお勧めです。

 

BUS-5およびBUS-5シリーズ(32 ビット版)のサポート終了期日のお知らせ(2017/8/22) 

BUS-5およびBUS-5シリーズ(32 ビット版)のサポート終了期日のお知らせ(2017/8/22)

構造システムのホームページより、お知らせが出ています。BUS-6がでてもう1年経っているので、あと1年ということです。こんな丁寧な?お知らせのようですが、よく考えると高価な商売道具。人によっては死活問題になります。ここで宣言することによってサポート延長などはないですよ、というメッセージなんでしょうね。

ネットが普及しアップデートが気軽にできるようになってから年数もたちました。昔のようにフロッピーデスクやCD-Rを送付して・・・という時代と異なりホームページにupしておけば・・・という反面、プログラムは複雑化し、経費は更にかかるようになりました。また新プログラムを発売すれば売れる、という感じではありません。年会費には根強い抵抗を示す人もまだまだいます。状況はどんどん変わっているのでメーカーも対応は大変だと思います。

SS3からSS7への乗換(もちろんユニオンシステムのことです)もあまり進んでいないような気がします。いうまでもなくソフト数が増えればサポートも増えるので、メーカーも本音は最新版だけに早く移行したいと思うのですがどのメーカーもうまくはいっていないみたいです。差はありますが。難しいですね。

新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法と耐震診断ソフト「HOUSE-DOC」での検証

新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法と耐震診断ソフト「HOUSE-DOC」での検証http://www.kozo.co.jp/topics/tpi_20170711/index.html

株式会社構造システムのホームページにアップされていますね。今年は新耐震基準の木造住宅の耐震診断についてのターニングポイントとなる年かもしれません。

先日発表された新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法により、従来「旧耐震」が主な対象であった木造住宅も、新耐震基準について診断を行っていく方向性ができました。実際、木造耐震診断を数多く行ってきたなまあず本舗でも、もはや半分以上が新耐震の診断の依頼です(助成金を伴う診断を除く)。なので遅すぎるくらいです。

このページでは木造耐震診断ソフトHOUSE-DOCでの入力方法にも言及されています。完全対応というわけではないですが、比較的簡単に対応できそうです。

MED-3 Ver3.0.1.0

構造システムの断面計算ソフトMED-3がアップデートされました。
今回の目玉は木造の金物構法のテックワンP3プラスのA1コネクトとS1コネクトが技術資料Ver3に対応したことです。
(要K-DBアップデート)
画面を見てくると旧来のがVer2、新しいのが新しいのがVer3とわかるように明記しています。概要のところを見れば間違えることはないと思います。
評定番号も変わりましたので、それが画面に明示されるのも親切ですね。他の免震や制震もそうなのですが、WEB上の情報などを参照できるようにHPリンクも付けた方がいいような気がします。K-DBがいくら優秀とはいえ、常に最新情報とは限りませんですからね。
K-DBは他に模免震装置などのデータが更新されています。