「CLT2016」CLTパネル工法一貫計算プログラムセミナー

8月3日に東京デンコーの新しい構造計算プログラム「CLT2016」のセミナーが開催されます。詳しくはメーカーに問い合わせください(公式HPにも情報あり)。

あわせてキャンペーンが7月31日まで実施しているようです。

本体価格の割にルート1しか対応していないとか、基礎は別売だったり、と比較的強気な価格設定ですが、年会費は年間3万円と特殊なプログラムの割に安価です。恐らく本体ではルート1だけ対応し、他は出来たらオプションにするのでは??と思ってしまいます。とはいえ、ルート1で、3層100×100スパンなので共同住宅やグループホーム程度だったら意外と設計できてしまうような気がします。以前、kizukuri2x4を改造して計算してみましたが、ルート1である程度の壁が上下揃っていれば、そこそこ設計に自由度があると感じられました。今後CLTならではの設計手法も出てくるでしょうから、楽しみなのは間違いありません。先行投資と思って購入してみてはいかがでしょうか?

CL2016 CLTの構造計算ソフト登場

近年はすっかり木造に強い構造計算ソフトメーカーのイメージが定着した東京デンコーより、CLTのルート1に対応したCLT2016が新発売になります。価格は本体30万円(税抜)。他にオプションの基礎のプログラムがあります。また年間メンテナンス料は3万円(税抜)です。

ルート1対応ということで、出来ることは限られていますが、計算内容は独立耐震壁モデルを採用し汎用性の高いものとなっております。スパンは100×100で、3階建てまで対応です。単純なグループホームなどで威力を発揮しそうです。物足りないと思うのですが、今後拡張していってくれるのであれば、非常に楽しみなソフトとなります。

ホームページでは限定的な情報しか掲載されていません。キャンペーン価格も適用があるみたいですが、非常に期間が短いので詳しくはメーカーにお問い合わせください。

2×4壁式2の省エネプログラム(オプション)

構造計算ソフトと省エネ計算ソフトは親和性が高いので、東京デンコーに限らずオプション等で対応することが多いですね。今回はツーバイフォーの構造計算ソフト2×4壁式2に、外皮平均熱貫流率、平均日射熱取得率、一次エネルギー消費量の計算ができるオプションです。定価108000円。3月中はキャンペーン価格が適用されますね。省エネプログラム自体にもメンテナンス料がかかります。念のため。

「木三郎4」省エネプログラム

東京デンコーの木造構造計算ソフト木三郎4のオプションプログラムです。キャンペーンは2月28日までです。木三郎4とは別に年会費が必要になります(ただし安価♪)。個人的にソフトウェアは安くても年会費は集めるべきです。使っているか?使っていないか?わかりますしね。オプションプログラムに年会費というのは良いアイデアです。特に省エネ系はどんどん変わってきますからね。年会費も高いと払いたくないですし。

木造構造計算ソフトと省エネは親和性が高いので、操作性を同じくして、どちらかをオプションとするのはいいですね。別個に買うより買いやすいし、データの流用もできますから。構造システムは頑なにやりませんが・・・。

アーキトレンドZERO Ver4から2X4壁式2&3への変換プログラムと講習会

2×4壁式でお馴染みの東京デンコーが8月23日に講習会を決定しました。

アーキトレンドZEROからの変換プログラムも完成し更に使いやすくなった2×4壁式の講習会です。ツーバイフォーの構造計算を考えている方には現時点では一番の選択肢となっています。タイロッド等の高倍率金物にも対応したようですので楽しみですね。

お申し込みは東京デンコーホームページにて

2×4壁式に、アーキトレンド転送プログラム新発売!!

株式会社東京デンコーのツーバイフォー構造計算ソフト「2×4壁式」。非常に高機能で4階建てにも対応していることから、根強い人気があります。一方、操作性やユーザーインターフェイスが古めかしいなどで習熟できず放棄する人も多いと聞きます。このたび意匠CADで有名な福井コンピュータのアーキトレンドシリーズから、ファイル転送し各リスト及び配置を行える「アーキトレンド転送プログラム」が新発売されました。もちろん荷重など詳細は別途追加入力しなければなりませんが、これでかなり省力化できるのではないでしょうか?

在来版も出るのかな?ちょっと期待です。

木三郎4

3月10日に、木造構造計算ソフトの「木三郎4」の講習会が開催されます。ホームページに情報が掲載されましたね。

木三郎4ホームページ

さすがに出てない2017には対応していませんが、東京デンコーですから大きな目玉を用意しています。

はい。業界初!在来軸組工法による4階建て及びルート3(保有水平耐力)の計算ができます。KIZUKURIといいHOUSE-ST1といい、木造3階建てまででしたからね。これから大規模木造が・・・と言われているご時世ですから、このスペックは魅力です。

そもそもデンコーの木造ソフトは、スキップフロアや面材の詳細設計などに対応していましたし高機能だったので期待ができます。

同社木造の斜め壁はなかなか癖があって初めて使うと戸惑うのですがそろそろ改善されているのでしょうか?そんなこといったらSTRDESIGNもHOUSE-ST1もなんだかな~と感じる部分はあります。斜め壁は計算ソフトにとって鬼門なのでしょうか??

価格は、通常の木三郎4が50万円、100スパン対応の大型対応版が55万円。今となっては100スパンって魅力的でも何でもないので、迷わず100スパン対応版を買いましょう♪