達人診断R1 Ver1.0.0と達人診断Ver3.0.0同時リリース

建防協評価番がR1とつくのですが、なんかしっくりきませんねえ。3.0.0のほうが正規版に見える・・・どうもこのメーカーは見せ方が下手なようです・・・。

こんな感じの複雑な形状も入力できますし、斜め方向の壁もこんな感じで入力できます。

とはいえ、ようやくリリースです。登場してからそれほど年月が流れていないのに先行他社に追いつき、部分的には追い越しているのは立派です。価格も安価・・・でしたが、さすがにもたないようで、値上げしてきました。2月末までは現状の価格なので是非このタイミングを逃さず購入して欲しいところです。年会費が上がったのが痛いです・・・。

さて、操作性などもだいぶ上がってきています。チェックリスト的なナビゲーションウインドウが便利です。ただ「ウインドウ」にする必要があったかは疑問です。ツールバーで良かったような気がします。あと、必要耐力の割増はわかりにくいと評判?で、小屋裏の右がその高さはわかるのですが、建物の短辺の長さ・・・確かに割増関連なのですが部位がまったく違うのでこの並びはちょっと・・・と思います。また注記事項はHOUSE-DOCより屋根葺き材部分のコメントが書きやすくて良いのですが、全体的にこなれていない感じです。建物概要の画面を独立するなら一覧で設定が見えないとわかりにくいとおもうのですが・・・。

などと不満を覚えるところが大分少なくなってきました。Aiの重量と高さ設定も使いやすいし(構造計算ソフトのような設定ができることが理想ですが)いろいろ良いところも多いです。あとは、CAD入力がね。あと一歩です。グリッド操作は使いにくいですし。拡大縮小がホイールなどで直感的にできると良いかな?

メニューの作りは見やすくて良いです。HOUSE-DOC以外の高機能な耐震診断ソフトはやたら見にくいですから・・・。ちょっとレトロな感じもしますが、操作者が迷わないのが良いです。F1でヘルプは出てきませんが、左下に操作方法などが出てくれるので親切ですね。

というわけで、2020年のお勧めの木造耐震診断ソフトはコレです!!決定です。建防協評価がついて価格が比較的安価で性能も十分ですから。特に斜め方向の通り心を作れるのが便利です。具体的な欠点が3階建てができないこと、と言っていた人いますが、現在の木造耐震診断ソフト単体で3階建てをまともに診断できるものはないですからねえ。これはこれで良いのかもしれません。年会費制(しかも値上げ)にすることによって収入も安定するでしょうから、今後の機能アップも期待できますね。

達人診断 Ver.2.1.0

木造住宅の耐震診断ソフトの達人診断が、Ver2.1.0になりました。

機能充実に邁進してきた同ソフトですが、いよいよ細かい部分まで煮詰めてきているようです。使い勝手などの改良がメインです。また一般財団法人日本建築防災協会(建防協)のプログラム認定の申請中だそうです。こちらのほうでも既存ソフトに追いつきそうですね。帳票もシンプルで見やすいのですが、一般の方向けと考えるとまだまだ改善の余地はありそうです。

Ai分布を使った荷重設定もシンプルながら使いやすく、1、2階で荷重が違う建物、ある程度荷重を精算したい場合など、威力を発揮しますね。この機能はどの耐震診断ソフトにも標準で搭載して欲しいところです。ただし今のままだと、同じ階で、違う仕様になっている外壁など反映させるのが難しいので、そのあがりを対応して頂けると更に良くなると思います。

重量と高さの設定

新耐震木造住宅検証法

ついに日本の木造耐震も変わる節目になったのかもしれません。

従来、木造耐震診断といえば、旧耐震(昭和56年以前)を対象としており、新耐震は安全という基本スタンスは変えずにきました。もちろん2000年以降の震災によって新耐震でも倒れる家もありました。旧耐震が危険といっても既に相当古いので建替も進んできています。今後の課題は新耐震以後、ということは誰の目から見ても明らかでした。

そこで今回の新耐震木造住宅検証法は、新耐震基準導入後の昭和56年6月から平成12年5月までに建てられた木造住宅を対象として、耐震診断よりも効率的に耐震性能を検証する方法(新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法。略称「新耐震木造住宅検証法」)を作成した、そうです。

ステップ1は所有者等による検証です。リーフレットの「木造住宅の耐震性能チェック」(暫定版がホームページに掲載されています)を参照に行います。ステップ2は専門家による効率的な検証もしくは専門家による耐震診断となっています。効率的な検証は所有者等による建物調査を活用し現場調査がありません。耐震診断は一般診断法や精密診断法に準拠したものを行います。なので注目は専門家による効率的な検証が何か?ということになります。

専門家による効率的な検証は、一般診断法に準じた方法とされ、壁の耐力や接合部金物仕様、壁配置、劣化状況は「所有者等による建物調査」に基づいて審査するようになっています。それでいいのか??と思ってしまうのは私だけでしょうか??

個人的には金物の有無は必ず見たいところですが、平成12年までということで、義務化前で恐らく金物は・・・という目で診断したほうがいい時期のものなのでこういう感じなのかもしれません。それ以降の建物でも金物がきちんと施工されていない建物も多く見られるわけで、国としては段階的に・・・ということなのでしょうね。

現在建防協のホームページに情報が掲載されていますので、是非ご覧くださいませ。