HOUSE-省エネ Ver4 12月発売へ

戸建て住宅の省エネルギー計算ソフト「HOUSE-省エネ」がバージョンアップします。あまり使っている人見ないけど、このソフトで申請だしている人いるのかな??通常この手のソフトは木造住宅に限られているのですが、SAVE-住宅という共同住宅向けのの省エネソフトを出していることもあり、RC造やS造も計算できるのは大きな強みですね。

さて、今回のバージョンアップの目玉は、HOUSE-DOCや3D Archi Designerからのデータインポート。マイホームデザイナーは平面は転送できたので、その対応ソフトが増えたということでしょうか?HOUSE-省エネは間取り入力自体はスムーズに入力できるわけで、部屋名のプロパティや部屋の高さもないHOUSE-DOCから転送する意味があるのかどうか?は疑問ですがね。

他には住宅版BELS、ZEH性能表示が搭載され、省エネ等級判定アシスト機能も搭載されます。必要な施策や該当箇所が表示されるので、より敷居が下がります。また計算前のデータチェック機能がようやく搭載されるそうです。リアルタイム・・・は名前負けしていましたが今度は如何に?

うれしいのは立面図の出力です。どのような形になるのかは別としてVer4にして必須図面だった立面図が搭載されるのはある意味感動的です。他にも機能アップされているようで、今後の有効活用が期待されます。

一ユーザーの私の意見ですが、設定がきちんとしていれば、省エネ設計に慣れていない人間が、どれくらいで低炭素やZEHに到達できるかを素早く判断できるわけで、非常に有用なソフトなのです。他社は計算書を出すことを目的としているので素早く判断したくてもすべて入力しなければならず、非常に面倒でした。その反面HOUSE-省エネは、計算書を細かく作成するときにこのソフトだけではうまく行かないという欠点も持っていました。少なくともCADで根拠図を作らなければならずそこが面倒でした。個人的には判断はWEBアプリかなにかがあれば、本当は事足りて、計算書をスムーズに作れる機能が欲しいです。今回のVer4でその希望が叶えられているか?期待して発売を待ちましょう。

建築とITのフォーラム2018

行ってきました。テーマは「建築業界の新しい潮流 ~サステナブル、免制震、AI、BIM、FM~」と非常に欲張った?内容です。まあ何やってるんだろう??と興味をそそるにはいいかもしれません。講演は3つ聞いてきました。

一つ目は「人工知能はどのようにして名人を超えたのか?そして我々の未来はどうなるのか?」を将棋AIソフトで有名なPonanzaの開発者でもある山本一成氏が講演しました。プレゼンシートは明らかにパワーポイントではない。恐らくPreziでしょう。動きがあるプレゼンは新鮮ですが、正直使い慣れているとは思えませんが、プレゼン慣れしているようで楽しく聞けました。人間は人間が好き!という部分はなるほど!と思いましたね。将棋AIソフトの話題が減ってきた理由もよくわかりました。建築でもAIを利用した自動設計の開発などが囁かれていますが、果たしてどのようになるのか?今日の講演を聴く限り、建築業界にもその波がくるのはそう遠くないな、と感じました。

二つ目は「BIM導入による構造業務の変革について」を大和ハウス工業の宮内尊彰氏。最近、BIMがどうなっているのか?あまり知らなかったので興味深く聞きました。正直現在の状況はそれほど進んでいるわけでもなく、驚くべき事はありませんでした。ようやく実用になりかけたかな?程度で、まだまだこの先に大きなブレークスルーがあるような気がします。それでも大手ならではのしっかりした取組を聞けて有益でした。

三つ目は「BUS-6」と「Revit」の新しいデータ連携。構造システムの秋の新製品の目玉ですね。BUS-6 +Revit Opの紹介です。まあ小さい設計事務所には無縁の・・・とは思いますが、これが普及していくと構造設計者の立ち位置や業務内容も変わってくるので無視できない動きですね。中間ファイルを使った今までの「変換」に比べ、ファイルが1つで誤変換も発生しないはずの手法のため、より精度が高く効率良い運用が目指せます。中間ファイル方式のIFCやST-Bridgeがイマイチという評価の今、それらを完成に導くより良い、と判断したのでしょうか??

全体的に講演は盛況だったと思います。構造設計の人間だけでなく部材メーカーの方々も多数見かけました。BIM主体だったので、普通の構造屋さんみたいな人は少なく感じました。

講演会場の外には、パソコンが並べられ、各社のソフトのデモなどが行われていました。知った顔もチラホラ。デモの仕方はもう少し工夫しないと・・・と感じます。まあ派手さがない業務用のソフトですから仕方ないのですが・・・。

 

HOUSE-省エネ Ver3.0.0.3

10月1日にアップデートされています。

例のWEBプログラムAPIの変更による・・・対応のようです。勝手にどんどん変わっていきますからねえ>省エネ系。SAVEも更新。さてモデル建物法も更新されましたし、これからどんどん変わっていくんだろうな・・・

と思って更新履歴を見ているとHOUSE-省エネの前回のアップデートは昨年の8月!!一年以上もアップデートされていないのね。個人住宅系の省エネ計算ソフトとしてみた場合、まだまだ改良が必要なのに、これではね。なかなかユーザーが増えない理由も頷けます。

SAVE-建築 Ver4.1新発売

建築ピボットの省エネ計算ソフト(非住宅)のSAVE-建築がバージョンアップします。既存ユーザーは会員制になっているはずですのでバージョンアップ料はかかりません。

特に改正などないのに??と思うかもしれませんが、0.1のマイナーバージョンアップです。計算内容より、モデル建築物法計算を建築研究所の計算プログラムAPIで取得し、表示、出力できるようになったそうです。

あーそうですか、と思うかもしれませんが既存ユーザーなら魅力に思うかもしれませんね。購入を考えている方から見ると、新発売キャンペーンが魅力に感じると思います。キャンペーンは6月1日~8月31日までだそうです。ちなみにPAL計算Ver2以前よりバージョンアップにもキャンペーン適用できます。そしてSAVE-住宅の新規購入にも適用されます(ということは、しばらくアップしないつもりなのか??>SAVE-住宅)。

省エネ計算はネット上で探すと非常に手頃な金額でやってくれる業者が多いので内製化に踏み切れない事務所も多いかと思います。ただし計画段階でやっておかないと・・・というシーンも多いですし、短納期の建物設計も多いですから、検討用に一本入れておく、というのも手かもしれません。

i-ARM Ver1.0.2.6

建築ピボットの国産BIM「i-ARM」のアップデートです。約一ヶ月半ぶりのアップデートで内容はてんこ盛りです。派手な新機能はありませんが、堅実に使いやすさがアップしているようです。個人的には移動コマンドに矢印キー移動機能を追加したところがキモかな??

SAVE-建築 Ver.4新発売キャンペーン

建築系の省エネ計算ソフト「SAVE-建築」も、建築物省エネ法施行に伴いVer4が発売となります。住宅系と異なり適判制度などが始まるので、準備している人も多いかと思います。

2017年3月上旬より発売予定で、3月8日~6月30日がキャンペーン期間となります。キャンペーン期間は通常より安価に購入することができます。

ちなみに省エネルギー計算プログラム利用者の会会員(SAVE-住宅ユーザーとか)、DRA-CADアソシエイト会員は、更に安価に購入できます。特にDRA-CADアソシエイト会員では、この制度を知らない人が多いようなので、お知らせしておきます。某ショップでも販売予定ですのでお楽しみに!!

 

i-ARMにST-Bridgeインポート機能を実装

建築ピボットのBIMであるi-ARMがVer1.0.1.3になりました。

追加機能は少ないのですが、より魅力的になっています。

まずはST-Bridgeファイルのインポート機能です。これで構造計算ソフトとの連動ができるようになります。なぜこのタイミング・・・とも思えますが構造計算ソフト全般的にST-Bridgeの存在感が低下していますので期待しています。

他にGMLインポートで地形データの読み込みに対応したり、窓やサッシの入力がよりやりやすくなりました。

なまあずショップでは未だ一本も売れていませんが、そろそろ購入する方が増えてくる予感がします。