SimplyとY!mobileのケータイプランSS+スーパーだれとでも定額

某事務所のPHSは便利に使っています。駄菓子屋さんの固定電話の代わりとか、現場からの連絡用とか。3台契約していたのですが、安価な期間が過ぎて割高になってきました。そこでY!mobileのずっとやっているキャンペーンで携帯電話に乗り換えることにしました。

Y!mobileの場合、ガラケーに当たるプランはケータイプランSSです。月額934円~と格安SIMに比べても安価です。その代わりパケットなど何もつきませんが。付けた場合はベーシックパックの300円とパケット定額(0~4500円)です。Y!mobileのパケット定額はすぐに上限に到達してしまうので、お得感はありません。合計で5000円以上・・・です。

ただし、このプランでは、パケット定額もベーシックパックも付ける必要はありません。通話だけなら934円~でOKです。まあ通話プランなので話し放題が欲しいですが、1000円で付けることができますので約2000円で話し放題端末が誕生します。もちろん端末代がこれにかかるのですが、表題のSimplyの場合、月額割引が端末代と同じなので、やはりこの金額話し放題のプランが成立します。

スーパーだれとでも定額は、他社も含めた全てのスマートフォンやケータイ、固定電話への国内通話が無料です。auと異なり転送電話の転送先への電話は料金がかかるのが玉に瑕ですがそれ以外の欠点はあまり感じません。

ちなみにY!mobileならではのメリットとしては、PHSからの乗換の場合、上記のスーパーだれとでも定額の1000円は割引になります(次の変更時まで)。基本的にガラケーは寿命が長いしバッテリー交換もできるのでかなり長期間1000円程度で話し放題が実現します!!これは安すぎますので、ルール変更などが心配ですが・・・。

またauのガラホプランのような縛りが少ないです。例えばSimplyで契約したSIMをZenfone5Zに差せば、普通に通話はできます(通信は縛りがありますが、このプランでは関係ありません)。試しにZenfone5Zに差したら通話できました。なのでしばらくZenfone5Zは、Y!mobile通話(約1000円)+OCNモバイルONE110MB一日(約1000円)と格安運用で行こうと思います。もっとも8月以降にauのプラン変更するので、この状態はあくまで試運用ということになります・・・。

さて残り2台は通話専用機です。PHSからの乗換は簡単。WEBで手続きすると数日後、端末を送ってきます。電話をセンターにかけて電話番号とパスワードを入力するだけで、あとは数十分から二時間程度で自動的に使えるようになり、PHSは使えないようになります。便利な時代になったものです。

肝心のSimplyの使い勝手ですが・・・正直通話専用端末で正解です。写真は撮れるけどパソコンにUSBで転送できないみたいだし、ネット環境もブラウザなど搭載していますが、貧弱です。やや大ぶりで画面は見やすいですが、あくまでガラケーとして、というレベルです。ただ通話専用端末と考えると、ボタンは大きくて押しやすい形状も相まって使いやすいですし、やや大ぶりな本体ももちやすく通話も快適です。購入後、パケットなど万が一使わないようにモバイル通信をオフに、ブラウザなども既製をかけました。通常のメールはパケットがかかるのでOFF。SMSは非常時用に使えるようになっています(1通3円)

業務的に結構話すので、このような端末・サービスには需要があると思います。単機能に絞れば各キャリアは意外と魅力的なプランが埋まっていますね。うまく活用していきたいものです。

最後にお世話になったPHSに感謝です。私はアステルの初代機から利用し、NTTパーソナルのP-in Comp@ct、最後はウィルコムからY!mobileまでPHSを愛用してきました。優良な通話音声、小型軽量でバッテリーがもつ、個性的な端末の数々・・・。楽しいモバイル人生の隣には常にPHSがありました。もうすぐ停波でサービス終了で寂しいですが、あれほど高嶺の花だった携帯電話は子どもでも持てる時代になり、スマートフォンの進化でできることが大幅に増えたこの時代、つながる地域が少ないPHSは消え去る運命なのかもしれません。私は忘れません。PHSよ!ありがとう!!

ワコムペン内蔵の富士通の軽量ノートパソコン

ここまでしっかりした仕様なのに騒がれないのは、ノートパソコンには既にニュース性がないからでしょうか?ノートパソコン黎明期に高校生だった私にとっては非常に寂しいです。

さて、富士通のLIFEBOOK UH95は、ワコムペン内蔵の2in1で世界最軽量の868gを実現!!といういささか微妙なうたい文句です。そもそもワコムペン内蔵しているノートパソコンがどれだけあるというのか??それでも13.3型でこの重量は十分立派です。Lavie Zとか使ったことがある人なら分かると思いますが、13.3型で1kgを切ると異次元の軽さと感じます。Let’s noteなどで10型近辺でもっと軽いものはあるのですが、13.3でこの重量を実現すると薄いだけでなくふわっという軽量感を味わえ、重量以上に軽く感じます。まあ重量で考えたら同じく富士通の13.3型の純粋なノートパソコンUH-Xは698gを達成しているので、そちらのほうが感動的に軽いのですが、ペン業務をしたい方にとっては、非常に画期的な商品であり、しかもCore i7搭載でメモリも通常で8GB以上とハイスペックなノートパソコンでバッテリー駆動も実用的なので、ノートパソコンとしての完成度も高いです。

喫茶店などでイラストを描いたり、マンガを書いたりする方に重宝がられると思います。セキュリティ的にもWindows Hello対応のWebカメラを搭載していますので顔認証が可能だと思います。

ノートパソコンで創造的な仕事をしたい方には非常に良い世の中になったな、と思います。お外にノートパソコンを持ち出してお仕事や趣味に没頭できる時代です。スマホで時間つぶしなんて本当にもったいないな~と思います。

ECS IP54防塵防沫でアクティブスタイラスペンも使える11.6型2in1発売

なかなか良さそうな業務用になる端末です。
ES20GMという名前で13日より販売開始だそうです。価格はなんと69800円。

この価格ですが、意外と充実している端末です。
CPUは、Pentium Silver N5000です。低クロックながら省電力でまあまあの性能でこの手の端末向けのこなれたものです。メモリ4GB、eMMCは64GBと低価格端末にありがちな性能ながら、恐らく単機能でのタブレットとしての利用がほとんどなのでこの性能で十分でしょう。

1920×1080のIPSパネルで10点マルチタッチ。この価格でアクティブスタイラスが付属しています。もちろんキーボードも。センサー類も指紋認証がきちんとついています。カメラもインアウトありますし、BluetoothやUSB Type-Cもきちんとついています。IP54の防塵防沫ということで、ちょっとした野外で使うにも安心感があります。防水じゃないですが、その分低価格ということで。耐落下性能も70cmと十分です。

11.6型と若干広めの画面がありがたいと感じます。そのぶん重量は約1kgとタブレットとしては重いです。まあ実用十分な端末ということで・・・。

Lavie Zの後釜に有力??HP ENVY x360 13シリーズ

私のノートパソコンの主力機は、代々軽量タイプなのですが、現在は家用がLavie Z、仕事用がLet’s note RXです。どちらも軽く、持ち運びに便利で、バッテリーが持ちます。ただLavie Zはかなり老朽化してきたので、そろそろ交換時期になります。主力のRXはまだまだ現役なのですが、老眼が進んだ私には辛くなってきました。やはり仕事で持ち運んでCADや計算を、というと13インチくらいないと・・・と思ってしまいます。昔はLibrettoなどでも大丈夫だったのに(涙)。

さて、その候補として、HPの新型であるENVY x360 13シリーズが有力です。CPUがRyzen3000シリーズでグラフィックも強力で建築CAD系でも安心なスペックです。楽天のHP Directplusでの価格も安価なRyzen3 3300Uを搭載したものは89500円(税込、送料込み6/29現在)と安価です。この価格でSSDが256GB、メモリが8GBと増設しなくても良いスペックなのが有り難いです。パワフルに使いたい方向けにRyzen 7 3700Uを搭載していても119500円!!!なので、正直こっちがかなり魅力的です。このモデルならメモリが16GB、SSDは512GBです(さすがに売り切れですが下位モデルはあります)。

価格面でもかなり良いのに、デザインは最高です(byしろなまず)。薄くて格好良いです。アルミ素材できれいで高級感があり、それぞれのパーツも洗練されています。たくさんの人が使いすぎて悲しくなるくらいダサいリンゴの薄いヤツに優越感を持てます。指紋認証も手前にあり扱いやすいです。画面も360度回転するので使い道もいろいろ選べます。もちろんタッチ操作できます。別売でアクティブペンもありますので、スケッチなどもできますね。画面はIPSでくっきり感があり、お客様に見せるにもきれいで良いと思います。それでいてA4ほぼぴったりの大きさも魅力で書類と一緒に持ち歩くのに目立たないのもポイントです。

アスキーの記事にもありますが、上位機種のスピードはCore i7と互角に渡り合え、グラフィックなら凌駕するようなので、動画や写真編集にも使えそうです。

問題は重量ですが、これでいて1.28kgです。1kgを切るのが当たり前のLavie Zとは異なりますが、価格や性能、デザインなどメリットも多いです。バッテリーもそれなりに保ちます。現在はコンセントを使える喫茶店なども多く、以前ほど長時間バッテリーで駆動しなくても良いので、これくらいなら十分かな、と思います。記事では6時間ほどですね。

Let’s noteにくらべて、アナログRGBがついていないとかSDスロットがちっちゃいとかありますが、今となってはそれほど重要なことではありません。そう考えると非常に魅力的に感じてしまいます。安価なRyzen 3モデルでも十分過ぎる性能があるのですが、移動先で動画編集も出来そうな(はい、何でも屋です)、Ryzen 7モデルはかなりそそられます。

ノートパソコンのネタは本当に少なくなりましたが、各社本当に魅力的なモデルを出しています。しかし売れているのは低価格な実用モデル・・・。なんだかもったいないです。こだわりをもってノートパソコンも選びたいものですね。

 

HOUSE-DOC Ver5

構造システムのホームページにひっそり新発売キャンペーンが公開されています。

木造住宅耐震診断プログラム評価を更新した新バージョンとなります。出荷は更新手続き完了後となるそうです。

いつも通り10%引きキャンペーンとなります。バージョンアップも同様です。バージョンアップ金額は2万円ほどですが、これなら年会費と変わらないもしくは高くなってしまう可能性もあるので、そろそろ年会費制に移行した方がいいのかな?と感じます。

製品概要を見ても新機能などが書いていないことから、評価更新のみのバージョンになるのでしょうか?そもそも機能がシンプルなうえ、N値計算は別売だし、本体価格は高めなので、機能面で充実しないと他が頑張っているので、今後は厳しいかな?と感じます。

楽天ペイの導入とその印象

はい。某ショップに導入しました。本格始動は7月1日を予定しております。楽天市場店をやっていることのメリットが何も感じられない申込みでした。逆に言えば、WEBショップとまったく違った職種で利用申請できるわけで、棲み分けも可能かもしれません。

よく話題になるPayPayとは同じ土俵ではありません。PayPayがバーコードタイプの電子決済システムのみであるのに対し、楽天ペイは、クレジットカード、交通系カード、楽天Edyなどを含んだシステムです。よって必要なものも要件も異なります。PayPayは気軽に始められるのがメリットですが、楽天ペイはそれなりに考えて導入しないと・・・と思います。

さて、申込みは簡単。WEBから申し込んで、必要書類(謄本等)をスキャニングして送るだけです。数日で審査が来ます。それぞれのサービス毎に別の審査が行われるらしく、私の場合3段階くらいで承認が下りたような気がします。

承認が下りたら、端末を楽天で購入します。普通の商品を購入する感じなので、手持ちの楽天ポイントも使えますし、もちろんポイントも付きます。キャンペーンでキャッシュバックが使える場合があります。この初期費用だけは必ずかかります。

PayPayと異なり、レジシステムと連動するものもあります。別に連動しなくても使えます。iPhoneなどを一台用意し、専用アプリをインストールし端末とベアリングすれば使えます。非常に手軽なセッティングでした。端末は、Suicaや楽天Edyなどと、クレジットカードを読み込める多機能型です。バーコードタイプはスマホやタブレットで読み込みます。この作業があるのでできれば小型のスマホのほうが操作性は良さそうですね。データ量は少ないので、スマホと端末を持ち出してイベントで・・・という使い方も可能です(要許可)。

あとは、使ってもらうだけ。電子マネーで払って貰ったら、相手にも自分にも通知がいくので安心感があります。また購入の翌日に少額でも振り込まれるのは驚きですし利便性が高いですね。全体的に操作性は簡単で導入は優しいと思います。

PayPayなどを導入する以前に、クレジットカードやSuicaなどを導入されたい場合、導入の有力候補となります。手数料は痛い!と思いますが、利便性などお客様への訴求力は高いと思います。あとは店でどのようにルール化していくか?は大切です。そのあたりを考えていくのも楽しいですが大切なので、手を抜かないようにしましょう。

 

Dropbox Plusのうれしい新機能と悲報

有料サービスならでは!!の特権ってうれしいですが、中にはそう思わせてほとんど進化しないものもあります。

Dropbox Plusは、新機能が加わりました!!

まず容量が2TBになりました。一気に2倍になりました。仕事的にもこれは十分な容量です。次に、どこからでもアクセス。すべてのデバイスで全文検索機能(近日公開予定)を利用してキーワードでファイルを検索出来るようになります。またフォルダの中身やアカウント全体を30日前まで巻き戻す機能が加わりました。従来のDropboxの機能が大幅に強化されました。

もっともこれだけ加わったのだから・・・ということで、月1000円から500円アップの月1500円と、こちらも大幅な値上げです。3年会員になったばかりなので、私の場合数年後に影響が出るでしょう(爆)。

なぜかソースネクストでは期間限定6月30日までは、旧価格よりもお得な価格で3年版を購入できます。期間だけでなく本数も限定っぽいので、使いたい方は急いで購入してみてください。

ショップのレジや消費税対応など

某ショップにも消費増税やクレジット化、~ペイへの対応など、時代の波が押し寄せてきています。

まだまだ!と思っていると時代に取り残されてしまいます。消費増税は良いタイミングなのかもしれません(内容はともかく、特に軽減税率)。

さて、某ショップの場合、消費税対応はレジが税率変更対応できるうえ、2種類の税率に対応させることが可能なので、もし駄菓子が軽減税率になっても対応は大丈夫そうです。

そのうえで、電子マネー・クレジットカード対応を考えています。一番手軽なのはPayPay。初期導入設備ゼロで、ほとんど手間がかからないのがいいですね。ただあのしつこい営業はなんとかしてほしい・・・。

ただ、某ショップのように現在、現金のみだと話は変わってきます。各ショップの現在の状況をリサーチしてみると、ある程度年齢がいっている人はクレジットカードをそのまま使う方も多いので、完全にPayPayだけで・・・というのは難しそうです。やはりクレジットカード対応は必須のようです。またSuicaなども使いたいユーザーは根強いです。

商工会議所からは、そういった声に応えて、無料で専用端末を貸し出し、様々なサービスに対応できるシステムの提案が来ています。PayPayも使えます。意外と良いな~と感じ、検討してみました。

また某ショップは楽天市場店を持っているので、楽天ペイも魅力的かな?と思って、楽天のシステムから申し込めるのか?と探してみたのですが、特に連携はないようです。まあ連携されては困る部分もあるので、それはそれで良いのですが。楽天系なので楽天Edyまで使えるのが良いですね。Edyの人気は根強いですからね。Suicaも使えますし。クレジットカードはもちろんです。あと、楽天ペイも使えますし(ぼそっ)。

楽天系の良いところは、楽天ユーザーならポイントを共通で使えることです。楽天ペイアプリなら、毎回ポイントでいくらずつ使うとか細かな設定もできますので、期間限定ポイントを無駄なく使い切ることが可能です。無駄にWEBショップでポイントを消費することが減ります。実際私も楽天ペイを使い始めてから、無駄なWEBショップでの買い物は減りました。

楽天ペイの欠点といえば、上の裏返しで、初期に専用端末が必要なこと。非常にちっちゃくて可愛い端末で、クレジットカードやEdyが使えるのですが、やっぱりコスト増です。また思ったよりショップ数が増えてないな~というのも不安の種です。

まあ、夏までに何らかのサービスを導入しようと思います。

メルカリのルール変更と対策

ネット上のサービスは変化が早いです。ルール変更も多いです。私は楽天で慣れていますが・・・

フリマアプリはメルカリを利用しています。非常に便利です。手数料が高いとかいろいろ言われていますが、やっぱり購入してくれるスピードは早いですしね。

さて、冬から使い始めていたのですが、最初は1万円以上の売上げは手数料なしで振り込んで貰えましたが、今は手数料はかかります。おまけにメルペイというサービスにお金の部分は以降しわかりにくくなりました。年配者はこういうの苦手でね・・・。

これで現金化はコストがかかってしまうことになったのですが、メルペイはPayPayなどと同じく、通常店舗でも使えます。使えるところ少ないのでは?と思うかもしれませんがiDが使える店なら使えるので大手コンビニ、飲食店では結構使えます(注iDを使うにはおサイフケータイ必須)。現金化して手数料取られるのも嫌だし、メルカリで無駄な買い物するのは嫌だ!!というときは、こちらで使えばいいです。

ローソン・ミニストップ・松屋などではバーコードを表示するだけで購入できるので、スマホユーザーなら手軽です。メルカリアプリから表示できるので、ある意味メルカリユーザーならPayPayなどよりも敷居が低いです。

せっかく現金化を抑止したのに、メルペイで使われたら元も子もないような気がしますが、メルペイが普及すればいいのかもしれませんね。4月から始まったばかりですが、期待です。

 

VH-80初陣。木造スケルトンリフォームの現調

買ったものはすぐに使わないと気が済まない性格です。本当は特建の調査に取っておきたかったのですが、ちょうど渋谷でスケルトンリフォームの構造計算(耐震診断ではない)という超レアな業務が回ってきたので、投入していました。

現場は仕上げ解体が終わり、外壁と柱梁土台屋根を残してほとんどスケルトン状態です。高い所平気なK氏と高所も現場も大嫌いな私の組み合わせ。

今回はハイテク兵器だけでやろうと思ったので普通のカバンだけ持参

・VH-80(レーザー距離計)
・初代THETA(360度カメラ)
・DPT-RP1(ソニー13.3型電子ペーパー)
・Zenfone5z(Asus製Androidスマホ)
・5.5mコンベックス

で、調査開始です。古い図面(正確ではない)をスキャンしてDPT-RP-1に入れ、想定柱位置図を移動時間に想定してDPT-RP1の方眼に落とし込んでおきました。

現地で想定柱位置を目視で確認しながら修正。すぐに柱位置が確定します。紙と違って風で飛びませんしiPadと違って軽量で大きな画面で書きやすいので作業がはかどります。次に階高。VH-80で梁・土台にレーザーを当てれば一発です。普通のレーザー距離計と異なり水平を確保しやすく、精度が高いだけで無く素早くできますね。主立った柱間をレーザーで確認し、図面の正確性を確保します。次にコンベックスを使って梁サイズを測ります。レーザーを使っても同様のことはできますが、2人いたのでそうしました。次にTHETAで撮影。これは戻ってからわからない場所など出てくると困るので必須ですね。各エリア毎に撮影しておけば、後で見直せますからね。人間って意外としっかり調査したつもりでも漏れがある物です。THETAは必須ですね。あとは普通の写真をZenfone5zで撮影。このスマホは超広角レンズと普通のレンズのダブルレンズ。現場調査では非常に威力を発揮します。意外とコントラストが厳しいシーンでも写ってくれるので私向きですね。最新のスマホカメラに比べて画質は若干落ちますしレビューなどではあまり高評価ではありませんが、思った以上に写ります。VH-80は母屋毎の高さを測定し、屋根の正確な勾配を出すにも役に立ちました。

これらを使って調査した内容を調査事項はDPT-RP1にまとめます。本来午後までかかる予定でしたが、あっさり午前中で片付きましたね。

秋に導入予定のiPin Proが導入できると更にリフォームなどの現場では作業がはかどると思います。人間の技量ももちろん大事なのですが、こういうツール類を使って作業を効率化することも大切です。大手では当たり前ですが、小さいところでもある程度は対抗できます。

早く帰れたので事務所であっという間に梁伏図を書いて構造計算。さすがに・・・まったく満たしませんね(苦笑)。さて、どう補強設計するか・・・。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SONY デジタルペーパー DPT-RP1
価格:86662円(税込、送料無料) (2019/5/27時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リコー RICOH THETA V
価格:46170円(税込、送料無料) (2019/5/27時点)

楽天で購入