ドコモからも「カードケータイ」

nichephoneがヒットしたこともあり、キャリアも動くかな~と思っていたら、意外にもドコモが早かったです。しかも京セラ製で、電子ペーパー!!と意欲的な端末です。厚さ5.3mm、重量47mmで4G LTE対応携帯電話としては世界最薄最軽量としています。価格は3万2000円程度とそこそこ高いです。この軽量さでバッテリーは380mAhとかなり小さめ連続待ち受け100時間、連続通話110分です。まあ十分といえば十分です。

この手の端末は通話専用!!という場合が多いのですが、電子ペーパーでモノクロという制限はあるものの、タッチ操作にも対応しています。そして簡易的なブラウザも搭載しているのでWEBも見ることが出来ます。メールはSMSだけですが、ブラウザが使えると言うことはブラウザメールは見ることができるようです。キャリアメールが読めるといいのですが。

この大きさで防滴性能を確保。まあお守り程度の効果とは思いますがちょっと安心感があります。

ドコモケータイに分類され、LTE対応携帯電話向けのカケホーダイプランやシンプルプランなどで利用できるようです。なのでガラケーの置き換えということになりそうです。

屋外で見やすい電子ペーパーなので、現場などでも良いかもしれません。

 

スマホの子機「ワンナンバーフォン」

スマートフォンの子機にする技術と言えば、bluetoothを使ったハンドセットやイヤホンが有名です。旧ウィルコムのように、PHSにハンドセット機能を持たせた物もありました。ただバッテリーが持たなかったり、親機と離すと使えなかったり利便性に難があり意外と普及しませんでした。

さて、今回ドコモから出るワンナンバーフォンは、そんな技術的な枠を飛び越えた魅力的な端末です。ワンナンバーサービス(月額500円)の費用は必要ですが、親機と同じ電話番号で離れていても使う事ができます。

まあそんな虫の良いサービスが普及してしまったら契約減になるわけで、電話とSMS程度と通話専用携帯レベルですが、これで十分という人も多いのではないでしょうか?格安携帯に対しての優位性をキャリアが工夫次第で発揮できると言うことを示せているのではないでしょうか?

端末としては連続通話時間は130分、待ち受けは155時間。重量が55gと軽量で7mmとうす型なので持ち運びに便利というよりどこかいってしまうような気がします。VoLTEによる高音質通話、SMS送受信、電話帳機能、アラーム、電卓。気をつけなければならないのは親機はAndroid8.0以上のスマートフォンのみ。今のところiPhoneは対象ではないようです。

技術的にはeSIMなので他社からも出る可能性はありますね。個人的にはスマートフォンを見ながら電話かけることが多いのでこの機種はベストです。欲をいえば、gmailかキャリアメールを受信できるようにして欲しかったかも??

HUAWEI Watch GT

最近、スマートウォッチが停滞しているように思えましたが、HUAWEIがロンドンでのイベントで新しいスマートウォッチを発表しました。

なんと独自OSです!!従来の物に比べて薄型に見えます。それなのにバッテリー寿命が一般的な使い方で2週間持つ!!という凄いスペックになります。

一日一回の充電・・・はやはり面倒です。pebbleを使うと数日に一回しか充電がいらないありがたみを感じます。そういう意味ではHUAWEI Watch GTは非常に期待できそうです。

もっともフル機能を使うと22時間しかもたないというのが気になります。出てからでないとわかりませんね・・・。

auガラホSIM、11月から他のスマートフォンで動かなくなる模様

auから直接電話ありました。

むかつくのは、その内容ではなく内部の情報の連携のなさ。

携帯に電話があり、会社にも電話があったので、折り返し連絡。

そしたら出た担当がたいしたことがないので、大丈夫ですよ、とのこと。

翌日、この件で電話がかかってきました。電話番号の管理も出来ているはずなのに(しかも法人窓口です!!)、このアホな対応。auって昔からこの辺駄目駄目だよね。普通の企業だったら管理できていることがまったくできないのよね。docomoとかだったら個人相手でもきちんとしているのに(人によって差があるのはどこも同じ)。

まあauガラホSIMに関しては、恐らくそうなるだろうな~と思っていたので仕方がない部分はありますが、「当方が間違って・・・」といい方は、半年以上この状態を放置していたわけで、管理能力も問われるんでしょうね。しかもネットでも情報流れて(=流して)いたわけですし。まあ電話をかけてきてきちんと説明する姿勢は好感もてますが、すべてのユーザーに行き渡るのか?不安ですね。

というわけで、11月からau解約するか、ほかの方法考えます。便利だったのにな~Zenfone5zの二枚差し(au+ocnモバイルone)・・・。

 

楽天モバイルもau対応

格安SIMでお馴染みの楽天モバイルが、急遽au回線を投入してきました。

既に格安SIMではトップシェアになりつつある楽天モバイルですが、更に市場を拡大しようということでしょうか?UQモバイルなど格安SIMでも高速なau系だから期待してしまいますが、楽天ですからねえ。まあau系のiphoneから乗換という意味ではかなり意味があるかもしれません。もっともau系は意外と細かな制約があり、気をつけて買わねばなりません。はい。余っているau系iPhoneもありますし、いよいよ私もiPhoneデビューしようかな・・・なんてね。

楽天市場を多用する人は、通話SIMを使うとポイントが・・・とはよく知られたことです。楽天市場ヘビーユーザーは非常に嬉しい特典です。しかし通話SIM系っていろいろ面倒なことも多く、私も契約していません(意外でしょ?)。データ通信は手軽ですが遅いですしね(Let’s noteのSIMはコレです)。OCNモバイルONEと違って、イマイチ私には合わないんですよね・・・。

コミpo!の作業進行を考える

コミpo!って、描く脳や手の負担がない代わり、頭の中で処理できる量を超えるとあっという間に進行が止まってしまう、と感じています。

4コマ漫画とかは瞬間で書くことができるのですが、今回初めて挑んでいる漫画は、そこそこ文量が多いので、苦戦しますね。ストーリーを頭に浮かべてやるだけだと、抜けも多いし、うまく行きません。

なので、今回は頭でストーリーを浮かべた物を、ライトノベル風に書き換えて、そこで改めて章立てをしてから返す、という方法を今回はとりました。そもそも私はマンガなんか書いたことがないので、章立てだけでなく、コマ割りだけでも苦戦するのです。周りにマンガを書くのも読むのも達人たちが揃っているので、変な物は書くことができませんからね。一回ラノベ風に書いてしまえば、文量をコントロールしたり、章などの名前なども整理できるし、細かい設定や閑話休題などを差し入れて体裁を整えられますね。

整ってくると、コミpo!って威力があり、1ページあたり、10~15分程度で描けるのでストレスなく、ページができてくるので快適です。絵を描ける人うらやましいですが、いつも大変そう!!と思っています。まあぶっちゃけ手抜きなんで、人が描くのとはまったく違いますが、執筆者が直接表現できる、というは大きいです。

ちなみにST1に恋しては、第一クール(1つの物件が終わる)のが2万5千字程度。第三クールまで予定しているので、総量は10万文字くらいになります(第一クールは導入なので文章が少ない)。ちょっとした短編のラノベ・小説くらいの文量にはなりますかね?ちょっと1クール当たりの文章量が多いのがネックですが、登場人物のエピソードや、技術的な内容を含んでいるので仕方がないかな、と思います。

なまずくの耐震事件簿は、初回は私がネームを書いて新宇野先生が作画する、という形で、内容も打合せながら若干修正をしていくのでまったく手法が異なります。また初回は手書きをスキャンしてPhotoshopで制作!だったのですが、第二回は下書きは手書きですが、クリップスタジオで制作しています。なんとiPadで制作しているんですねえ。時代は変わりましたよ。第三回になると私はストーリーだけでネームを描かず新宇野先生にすべてお任せしています。今度はほとんどクリップスタジオを使っての制作になります。回毎にやり方を変えているのでまだまだ制作手法は試行錯誤中ですね。画を見れば違いがはっきりわかるはずです(笑)。それにしてもコミpo!もクリップスタジオも凄すぎます。まだまだ使いこなしているとはいえないかもしれませんが、しっかりマスターしていこうと思います。

屋外でも安心!なMousePro-P116

屋外でのパソコン利用はしたいけど、壊れたりしたら・・・という不安が常に付きもの。頑丈な物は欲しいけど、価格が安くないと安心できない・・・という方向けに、MousePro-P116を紹介しておきます。

11.6型のキーボードを回転しタブレットとしても使える2in1タブレットです。OSはWindows10。防塵・落下衝撃耐性が高いです。キーボードがついているということで防水ではないものの、キーボード部分はIPX2準拠の防滴試験に合格しているので水をこぼしたくらいは安心です。

スタイラスペンを標準で搭載し、現場での図面書き込みなんかも安心です。格好悪いですがペンホルダーもついていて安心です。バッテリーも10時間と比較的稼働し、かつ1.39kgとキーボード付きで頑丈ながら、比較的軽量さも維持しています。

なによりもnano SIMスロット(ドコモ)を搭載しても7万円程度で購入できます(8月の価格改定)。オフィス搭載でも10万円を切ってくるわけで屋外で使うパソコンと考えると非常に安価です。

もちろん性能はかなり低め。Celeron N3450でメインメモリ4GB、eMMCも64GB。ディスプレイもフルHDではなく1366×768の11.6型。もっとも屋外で使うのでヘビーな用途は考えなくてもよい方も多いです。単機能、現場監理用としては十分だと感じます。

それを考えるとiPhoneとかスマホは高いですねえ。みんなスマホがあれば、と思っているかもしれませんが、パソコンのほうができることは多いです。価格的にも魅力的なので、格安の携帯と組み合わせる、というのもありかと思います。

実用性が高まったNEC VersaPro タイプVU

最近国内メーカーのパソコンは元気がありませんねえ。まあグローバルになっているので国内、国外と区別をつけるのもどうかと思いますが。

さて、NECの法人向けの2 in 1タイプのVersaPro タイプVUはいつの間にか進化してバランスが良いものになっていますね。NECはモデムや携帯、スマホ、モバイルルーターなども作っていたわけですから、もっと統合的なモデルがどんどん出てもいいのに、と思っていました。この機種は一定のレベルで正解に近い構成なのではないでしょうか?

前作のVTは、正直CPUが遅いうえ、eMMCだったり、メモリやeMMCの容量が少なかったり・・・と価格バランスは良かったのに、ちょっと残念なモデルでした。NECの軽量ノートパソコンやタブレットの中では非常に安価な部類に入るシリーズなので仕方がなかったのかもしれません。しかし世代交代しCPUもGemini Lake世代のN4100とうことで4コア4スレッドと処理能力も向上しメモリもLPDDR4となり性能向上しているようです。ストレージは相変わらずeMMCですが、全体性能は明らかにアップ。そしてバッテリーも13時間を超え駆動時間を実現。500g超とタブレット本体としてもそこそこの重量でこれはなかなかかと思います。

それでいて、SIMフリーのNano SIMカードスロットを搭載できます。なんとauもソフトバンクもドコモも対応するようです。NECはこうでなくっちゃ!指紋センサーを搭載していますし、オプションで顔認証にも対応。キーボードを外した状態で生体認証を多数利用できるのはいいですね。

何よりもタブレット部に内蔵できるデジタイザーペンは秀逸。筆圧感知ができるだけでなく本体内で充電出来るのだ。収納時は常に充電出来るので安心なだけでなく手軽です。何よりも本体内に格納できるのは、iPadやSurfaceでもできないことなので非常にアドバンテージがあると思います。

キーボードの取り付けもマグネットで簡単。角度調節もできるタイプです。またキーボードは本体のバッテリーで駆動するので充電不要な点も良いです。

またオプションでタブレット穂がカバーが純正で発売されます。防塵防滴(IP54)を備えています。ハンドベルトもついていて屋外、現場で威力を発揮しそうですね。

性能を求めれば、重量が増えるし、値段も高くなる・・・という意味で非常に良いバランスで、いろいろなものを詰め込んだVU。最小構成だと7万円程度で購入できますが、顔認証やNanoSIMを搭載しても12万円程度と魅力的です(NEC特選街)。

屋外でWIndowsを利用し、それほどマシンパワーが必要ない!という方にお勧めです。

達人診断がパワーアップしている

耐震診断ソフトの「達人診断」がVer1.2.0までアップしています。急ピッチに開発が進んでいるようで、今回のバージョンで、斜め壁の入力機能が追加されたそうです。次のバージョンでは精密診断のCAD操作をテスト公開するそうです。

体験版は無料で、かなり使える(印刷は使えないが診断・補強・保存はできる)状態ですし、十分試してから購入を検討できるのがいいですね。通常版は購入時32400円、1年更新で10800円とこちらも良心的。

まだまだ操作感がこなれない感じはありますが、某所で開発されているタブレット向けの耐震診断ソフトとともに期待できますね。

ポメラはどれが良いか?もう一度考える

今年は、小説などを書く機会が多いので、ポメラを多用しています。私が持っているのは初代機とDM100です。初代機はもう引退させているのでDM100が100%ですね。DM100はモバイルギアを彷彿とさせるデザインが好きです。単三電池2本で動き、打ちやすいキーボードが売りです。またbluetoothを搭載していて、スマホのキーボードにもなるし、スマホやパソコンに文章を送ることもできます。意外と完成品じゃあないでしょうか??

さて後継機は2機種。DM200は、DM100の漢字変換が悪すぎるので出たんだと思います。ATOKがやっとATOKらしく変換してくれるので、これはこれで便利かと。ただ、パソコン版に比べれば機能が制限されるし、そのATOKを搭載するために行った改良が果たして良かったのか?がこの機種を評価する最大のポイントではないでしょうか??

まず重量が重くなり、乾電池が使えなくなった。充電はモバイルバッテリーでもできるので、それはそれでいいのですが、DM100ほど長年使い続けられるか?は疑問です。DM100って本当に軽いからちょっと落としたくらいではあまり傷がつかないのですが、DM200って手で持ったとき重いな~と感じるのでDM100ほど気軽に持ち運べないような気がします。そして価格も思いっきり上がっていますからね・・・。DM200。賢い変換のATOKは魅力的ですが、そこまで・・・と思います。実際、他のパワーユーザーを見ていても変換の悪さを補うだけの技量があります。正直最近の日本語変換は頭を悪くしますね。予測変換などは特に。普通に文章を書くだけならDM100レベルで十分かと思います。日曜日に自作の漫画を小説化する作業を行ったのですが、5時間で2万字くらい入力しましたが、特に不満はないし、一太郎に転送して文章校正しても、それほど誤字脱字や用法違いはなかったです。まあ技術書を書く場合は大変かもしれないです。そういった場合は迷わずノートパソコンで作業しますね、私の場合・・・。

 

DM30は悩むまでもなかったです。DM100とDM10を比べたとき、圧倒的に信頼感のあるキーボードはやはり折りたたみではできないのだと。もちろんDM10に比べたらいいんだけど。DM30の不満は価格が割高なのに日本語変換がDM100相当だということ。また重量も意外と重くなっていてずっしりきました。

そんなわけで、DM200はもしDM100が駄目になったら考えるけど、DM30はパスかな?