Let’s note RZ5のSSDを換装

現在の私の外出用ノートパソコンはLet’s note RZ5。非常に軽量で、小さく、打ち間違いが少ないキーボードを持っていて・・・壊れにくくSIMも入る最強のモバイルノートである。

当時の店頭販売機種では、比較的安価でSIMが入るものはSSDが128GBのみ。これは不足するだろうと思ったのですが、どうせ換装するし、と思って購入しましたが、忙しくてなかなかできずできなかったのですが、ようやく交換しました。

128GBで足りるだろう?と思うかもしれませんが、BIMや構造系ツールを入れると厳しいです。256GBあれば十分なのはわかっていましたが、今回はあと2年使うことを考えWesternDigitalのSSDのうち、500GBと比較的余裕があり安価なWD Blue PC SSD のWDS500G1B0Bにしました。RZ5は高速なSSDを搭載できないので、M.2で選ぶときに注意が必要です。事前の情報ではこのSSDの換装情報がなかったので不安でしたが、規格は問題ないし価格もまあまあなので購入しました。

まずUSBメモリの32GBにリカバリー用のデータを作ってから、バッテリーを抜き、プラスドライバーで分解し、SSDを取り外します。わからない方はネットでググってみてください。簡単です。特に注意もなく取り付けて、バッテリーをつけてUSBメモリをつけて起動。すると指示に従うと簡単にリカバリーできます。時間はそこそこかかりますが、拍子抜けで完全復元が可能です。しかしWindows10のアップデートが膨大なので非常に時間がかかりましたね。

その後ソフトウェアを入れて使えるようになるまで約3時間。別につきっきりでなくてもいいし、ブラウザやメールなどは簡単に復元できたので、作業環境を整えるのは非常に楽。SSDの空きも思いっきりあるので、今後も安心です。

PENTAX KP

最近、趣味の天文に復帰しましたが、さすがにカメラがE-300では勝負にならないので、建物撮影用と兼ねて天文向けのカメラを物色していたら、びっくりしたのがコレ。

PENTAX KP

ペンタックスのデジタル一眼です。最近のペンタはコスパは高いが、癖のある機種ばかり・・・と思っていましたが、これも思いっきり癖のある機種です。

外観から、ダイヤルだらけの機械的すぎる攻めたデザイン。これはいいです。これでそこそこ頑丈で防水防塵で低温にも強いわけだから凄い。

しかし一番のインパクトはISO感度が100から819200!!!までという恐ろしく幅が広いことです。8万ではなく80万です。まあAPS-Cですし、この感度は通常使いできないのは理解できますが、いざというとき使えることと、ある程度の高感度特性はあるだろう、ことは想像できます。実際かなり高感度に強いので天文でも使えるかもしれません。

そしてアストロトレーサーなる、星撮影専用のオプションがあったり、ライブビューが16倍まで対応していたり、天文向けの撮影モードがあったり・・・。天文ではCANONと思っている私から見ても面白そうな機種です。

まあ天文抜きにしても手ぶれ補正は強力だし、見た目が面白いので、この機種もありかな~なんて。

auは3機種発表!!Galaxy Note8 SCV37ついに発表!!

auは3機種スマートフォンを発表。新型iPhoneが発表されたばかりですが、それに見劣りしない3機種を出してきました。まあ注目されるかどうか?は疑問ですが。

シャープのAQUOS senseは5型の格安機。他の二機種との価格差は歴然!!それでもフルHDのIGZOディスプレイ、指紋センサー、防水防塵、おサイフケータイと押さえ方がシャープとは思えない??です。重量も150g以下に抑え、十分価格競争力以外にも要注目の機種です。

ソニーのXperia XZ1 SOV36は、高級機。カメラが強化され、先読み撮影や960fpsのスーパースローモーション撮影など魅力的。個人的には960fpsだけでも購入したいと思えます。5.2インチ、156gと大きさを抑えて、スペックも高め。防水防塵、ワンセグフルセグ、おサイフケータイ、指紋認証など一通り押さえています。

この優秀な二機種が霞むほど、Galaxy Note8 SCV37はインパクトがあります。もう日本ではNoteは拝めないと思っていました(まあアノ件がありましたからね)。ペンが使えるGalaxy Noteの新顔です。日本では根強いファンがいながら、ここ数年新機種が・・・という状態が続いていましたが、ついにauで登場!!Sペンは言うまでも無く便利ですし、ペンも防水防塵を実現。ディスプレイは6.3型の縦長の有機EL。細めのデザインはいいですね。もちやすいし。カメラもデュアルで、光学手ぶれ補正は両方に搭載されています。セキュリティも虹彩、顔、指紋と3つサポート。おサイフケータイ、ワンセグフルセグもサポートしています。

さすがにこれだけ充実したので重さは190gと恐竜級。まあメモを持ち歩かなくていいなら、これは納得です。恐らく紙の手帳は本当に不要です。

問題があるといえば、Xperiaを凌ぐ高額機だということ。毎月割りで2475円ですからね。Xperiaが1890円なのに。それを考えるとAQUOS senseの675円は脅威ですねえ・・・。とはいえ、唯一無二のGalaxy Note8ですから価格は関係ないのかもしれません。

ダヴィンチ・カラー フルカラー3Dプリンター登場

9月上旬に発表されたフルカラー3Dプリンター「ダヴィンチColor」は一般の人でも入手できるかもしれない???価格帯の実用的なフルカラー3Dプリンターです。意外と話題が少ないのですが、要注目のプリンターです。CMYKカラーインクをPLAフィラメントに付着することで最大1600万色の精密なカラーリングを再現するとしています。もっとも解像度が低いので寝ぼけた感じになると予想されますが、グラデーションなどはきれいに表現できそうです。建築でぜひ利用してみたいですね。

もちろん価格は高く、定価698000円!!10月24日までなら、55万円(税抜き)で購入できるとはいえ、なかなか購入に踏み切れないと思います。カラーインクジェットプリンターが出たときもそうですが、この手のものの値下がりは非常に早いことは歴史が物語っていますから。次々に他社も同様の製品を発表してきますからね。個人的には20万円を切る製品が出てきたら買かな?と思います。

とはいえ、初物マニアにはたまらない製品です。予約販売も始まっているので、ぜひぜひご購入して使い勝手をブログなどで紹介してほしいものです。

最近のSHF33の使い道

SHF31が出たときは、すごいガラホ!!と思ったのですが、目の付け所がシャープなあの会社は、ほとんど性能アップも果たせず、2世代作り続けました。よってSHF33のネタってネットでも少ないのよね・・・。私もSHF31から乗り換えたものの、SHF31の頃、なぜこの機種が必要だったか?ということを顧みれば、SHF33は今必要な機種ではないのです。

なぜなら、スマートフォンのバッテリーが改善されたことが大きいです。まだまだSHF33は有利ですが、それはSHF33を通話くらいにしか使わないからです。価格も高いSHF33を買う理由は少ないです。またプランも高いです。

あと、SIMフリースマホの普及や、各種サービスの拡充です。OCNモバイルONEなどでも10分通話無料の固定サービスが発表となり、キャリアのサービスとの差は更に少なくなりました。また格安SIMのほうが優れたサービスも投入してきているのです。またガラケータイプのSIMフリースマホや、単機能に絞ったYahoo!モバイルのSimplyなど低価格機も登場しています。イマサラ高額でスペックの劣るSHF33は魅力が薄いのです。

でも買ってしまった私。1年経ちますがまあ音声の良いSHF31として使っています。防水なのである程度乱暴に使えますし、通話音声は良好でもちやすいです。ただ、普通のプランだと高すぎるので、メールやネット関連は全て切って電話とSMSだけ使っています。もちろん話し放題です。ポイントは10秒程度でスマート留守電に転送すること。有料ですが、文字で留守電内容をメール等で知らせてくれるので便利です。もちろん誤変換いっぱいですが、十分内容は伝わります。メールは、スマホやパソコンに転送しているので特に問題はありません。auのカケホは、OCNや楽天のものと異なり転送電話でも無料になります。スマート留守電の固定費はありますが、利便性を考えれば非常に有効です。050plusの留守電から乗り換えました。

この使い道に辿り着いた背景に、ASUSのZenFone3(大きい方)の導入が大きかったです。この恐ろしく多機能な中級機はバッテリーも保ちますし、重量もほどほど、電話をかけなければ、言うこと無しです(あと防水は欲しい)。SHF33は、SUICAやEdyなどのおサイフケータイ機能や、ワンセグが使えるのでうまく補完しています。

今後を考えると軽量で低価格なガラケーが欲しいですが、auには期待できないしな。ということでしばらくはこのままで行こうと思います。

DRA-CAD16発売へ(2017年11月7日)

建築ピボットより、国産の建築設計・製図CAD「DRA-CAD」の最新版DRA-CAD16シリーズの新発売キャンペーンのお知らせが届きましたのでお知らせいたします。

DRA-CAD16は11月7日、DRA-CAD16LEは11月21日出荷予定のようです。キャンペーン開始は11月1日で、翌年3月31日迄お得に買うことができます。某ショップも準備に入ったようです。

DRA-CAD15シリーズのDRA-CADアソシエイトへの入会期限が10月13日(申込書到着分)となっています。16にアップする予定がある方はアソシエイトに入った方がいいと思いますので、ぜひお忘れ無く!!

さて、機能的には順当にアップというところ。257以上のAutoCADレイヤを自動調整して読み込む機能や、自動的に縮尺を考慮して寸法線を編集できる機能、図面を独立したウインドウにして画面配置可能になり、マルチディスプレイでの快適な作業性、などいろいろです。

相変わらず3次元のほうは真新しいことは少なく、ちょっと寂しいです。3次元モデリングで指定した範囲だけ表示して作業できたり、モデリングデータから立面図や断面図が作成できたり・・・などです。i-ARMが実用的になるにはまだ時間がかなりそうなので、存在意義はあるのですが、今後は?と思うとそろそろ限界??と感じてしまいます。

ちなみに木造に関しては直下率の計算や、多雪区域でのN値計算に対応します。

年会費制になったこともあり、DRA-CADも毎年きちんとバージョンアップしていますが、今年は小幅なアップに留まりました。特にLEは完成度が高く、毎年バージョンアップをする必要を感じるのは、DWG関連のみ、という方も多いと思います。しばらくはWindows10の時代が続くのですからアソシエイトにするか?気に入ったバージョンのときにバージョンアップするか?悩みどころです。私は何でも最新が好きなのでアソシエイトにしましたが、販売店的に(・・・)微妙な感覚です・・・。

サーモグラフィー搭載??サーマルカメラ搭載のタフネスSIMフリースマホCAT S60 10月発売へ

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、SIMロックフリースマートフォン「S60」を発売する。実売価格は9万円前後とお高め。

高めなのは理由がある。世界初の熱を視覚化できるサーマルイメージングカメラを搭載し、専用アプリで画面表示・撮影ができるのだ!!今まで大型のサーモグラフィーを持ち歩いていた人もこれで荷物を軽減できます!!

そもそもこのスマホは現場向きで、高さ1.8mからコンクリートへの落下試験をクリアしていたり、防水、防塵機能も魅力的です。そうなるとアウトドア、現場向けのスマホと言えます。

肝心のスマホの性能は、ディスプレイ4.7インチ、プロセッサーはMSM8952-3、メモリは3GB、ストレージは32GB,バッテリーは3800mAhと、実用十分です。重量も223gに押さえています。画面が4.7というのは小さいように感じますが、頑丈さを維持して小型化しているということを考慮すれば、評価できるでしょう。

久々に個人的に欲しいスマホです。これでPHAB2 Proのように、Tangoを搭載すれば無敵だな。Tangoがあれば、現場で距離など測れますからね・・・。

楽天モバイルのスーパーホーダイとOCNモバイルONEのトップ3かけ放題

格安SIMといわれる分野も、成熟が進むとやはり強いところと弱いところが出てきて、淘汰が始まっています。いうまでもなく採算が合わなければ事業として続けることはできませんからね。一時期定額通信で名を馳せたぷららモバイルLETも5月にサービス終了を発表し11月末でサービス終了します。これからは継続性も考えて契約したいものです。

さて、シェアの高い楽天モバイルとOCNモバイルONEが仲良く?強力な新サービスを発表しました。

まず楽天モバイルのスーパーホーダイ。なんかどこかのキャリアみたいな名前で嫌いですが、国内通話5分かけ放題の通話定額が含まれ2980円。楽天会員であれば1年目は1980円から。お得なのは通話だけでなく通信も高速データ通信量を使い切ったら最大1Mbpsと比較的速い制限スピードで接続できるのだ。混雑時間として12時~13時、18時~19時は300kbpsという制限はつくものの、使える時間のほうが長く、節約して下位プランにしていて、急にたくさんつかって月末使い物にならなくなる、といった心配が軽減します。ヘビーユーザー向けに6GB、14GBのプランも登場していますし、楽天のサービスと組み合わせると更に安価になるといった楽天グループならではの割引も期待できます。

OCNモバイルONEのほうは、「トップ3かけ放題」。オプション料金は付き850円。面白いのは、その月に電話をかけた上位3電話番号を自動で判別し、その分を定額にするもの。電話番号の登録も必要なく自動で設定されるので安心です。日頃長電話する人が3名以内ならかなりお得です。またその他の電話も・・・ということで、10分間通話定額をプラスした「かけ放題ダブル」も1300円と格安。4位以下は1回10分まで定額なので、会社で複数回線もつ場合などにも十分使えそうだ。

どちらも音声を巻き込んでいるので、データだけ、という人には魅力薄のサービスです。おそらくauやDOCOMO、ソフトバンクからの主要携帯電話からの乗換を狙ってのことでしょう。3大キャリアのメールアドレスやサポート、使えるサービスはまだまだ魅力的ですが、必要が無い人も増えているのが現状です。その層を取り込んで更に契約者を増やしたい!!ということでしょう。

私は、楽天モバイルもOCNモバイルONEもユーザーなので、どうしようか?かなり嬉しい悲鳴ですが、どうする???と悩んでしまいますねえ・・・。

 

顔認証カメラCM-1

メインのパソコンの入れ替えに伴い、顔認証システムを導入しました。マウスのCM01です。指紋認証も試していましたが、やはりノンタッチのほうが・・・ということです。

ウィンドウズを起動すると、カメラ全面が赤く光り認証していることがわかります。うまく認証するとノンタッチでそのままデスクトップ画面が表示され、普通にパソコンを操作できます。

これは、非常に快適です。もちろんパスワードなどかけていなければ、当たり前の操作感なのですがね。セキュリティを重視する仕事をしているとやはりパスワード程度はかけておくものですし、席を離れるときはログオフするものです。セキュリティを確保しつつ手軽さを確保できる顔認証は今後もっと普及してもいいシステムだと思います。

ちなみにマスクをしたら、認証できませんでした。顔の角度もある程度正面を要求されます。まあ仕事する前なので、正面向くのは当たり前なので大丈夫ですが。

最近はパソコンが新しくなっても真新しさがなくてつまんないな~という人にお勧めです。

スマホがなくても困らないのでは?

スマホって便利です。何でもだいたいできますし。それが不幸なのですが。

というのも、何でもできるから、ニュース見たり、SNS見たり、ゲームしたり・・・・で時間泥棒されます。

メール返信だってパソコンのほうが便利ですし、電話ならガラケーのほうが楽です。

スマホをよく忘れる私ですが、意外と困りません。Let’s note(LTE付)があるので、問題ないです。

そう思うとノートパソコンに通信機能がついているということはずいぶんなアドバンテージです。

Wimax内蔵機を使っていたこともありますが、非常に便利です。現在のLTEは速度こそ当時のWimaxに劣るような気がしますが、使えるエリアは広大です。バッテリーが唯一の懸念ですが、それなりのバッテリーがもつノートパソコンで、ACアダプタを持っていればほぼ解決です。パソコンの性能も頭打ちとはいえ、使用に十分。構造計算だって問題ないです。

このような環境の変化に気がつかなかった要因は、USBプロテクトがなくなりつつあることが大きいと思います。私の仕事だとプロテクトが5個以上なんてこともあり、壊れたり紛失したりの恐怖より持ち歩けませんでした。そしてネット認証はネットにつなげないとき・・・という恐れもありました。その点LTE機なら、ネット認証の恐怖もありません。データ通信量もわずかですし。

またDropboxやonedriveなどの普及もあります。これならパソコン内にデータを入れておかなくても大丈夫です。私のLet’s noteにもほとんどデータは入っていません。

下手にタブレットやスマホを便利に使うよりよっぽど快適な時代になっていますが、ノートパソコンの売上げはあまり芳しくないようです。どちらかというと見ることがメインのスマホとかのほうがいいようですね。創造的な仕事はパソコンではできない、と言われた時代がありましたが、今は更に創造性がないものが・・・ということで。

電車内で構造チェックが簡単に終わり、ブログを書いている・・・今の私には一番良い環境なのかもしれませんね。