お名前.comデスクトップクラウドをスマートフォンで

某営業さんと話に出てきたので、ちょっと紹介。

以前も使っていたのですが、お名前.comのデスクトップクラウドは、クラウド上にほぼWindows10を稼働できる安価で素晴らしいサービスです。クラウド上なので、作業中そのままに、別の所からログインし作業を続けられるとか、信じられない作業環境が実現します。またリモートデスクトップで接続できるので、元の環境は何でも構いません。MacBookユーザーでJWWを使いたい!などということも簡単ですし、データもクラウド上なので、どこにファイルを置いた!みたいなこともなくなります。画面は小さいですが、スマートフォンでもWindowsのソフトを触ることができます。構造計算をスマートフォンで!とか可能かもしれません。私が以前使っていた環境でもかなりのソフトが使えていたので、今は?と思い実験して見ました。

まずHOUSE-ST1。リモートでは非対応のソフトです。インストールはできました。しかしネット認証がNGです。ちなみに試供版に切り替えて使って見るとファイルの読み込みなどサクサク動きました。ZenFone5Zは高速なので、小さい画面ながら高解像度でサクサク動いたのは感動です。メーカーさん!!是非ネット認証対応させて!!

認証ができないのがつくづく残念。普通のリモートデスクトップではサクサク動きます。参考までに。

このサービスの最大の特徴はパソコンを付けっぱなしにしなくても良いこと、震災時などでも遠方に保存されている(はず)なので、ネット環境さえ整えばすぐに作業ができること。光回線に接続しているときは安心して作業ができるのはいいですね。まあ速度はそこそこで高速環境に慣れている人には遅いと感じますし、重量級のソフトは快適には使えないのも事実です。

JWWなんかはサクサク動きますね。スマートフォンタブレットだと操作が難しいのでお勧めしません。どちらかというとビューアー的な使い方が吉かな?スマートフォンの場合は。

もう少し環境が整えば、まだまだ面白い環境です。すっかりソフト・アプリはスマートフォン化して久しいですがパソコンでしかできないことも多いはず。そのようなときに使えれば嬉しいサービスです。

HOUSE-省エネ Ver4のその他の新機能

まあ、なんでメジャーアップなのか?を考えるとHOUSE-DOCの読み込み機能ではなく、ホームページで紹介されているもう一つの目玉「省エネ基準の表示機能」が先に来るはずなのですが・・・。

まず省エネ等級判定アシスト機能。必要な施策と該当箇所を表示する・・・ということなのですが、見事それしかしていません。まあそれで計算者としては十分なのですが(汗)。

断熱等性能等級と一次エネルギー等級を指定すると、それに見合う性能がでているか、チェックします。ちなみにHOUSE-DOCでインポートしたばかりのデータでもチェックしてくれます。これはリアルタイム計算でも同じです。

まあ使えるかな?と。

期待していなかったプリチェックはもっと使えました。ツークリックでチェックしてくれますから。でもワンクリックで実際できるよな、と感じます。動作が速くて良いので是非ワンクリックでチェックできるようにして欲しいです。またF5とかファンクションキーに対応して欲しいです。HOUSEシリーズはグラフィカルでマウス操作がウリだと思うのですが、ちょっとのことはキーボードでも出来るようにして欲しいです。

はい。新旧の出力のリボンメニューです。ちがう箇所が一目瞭然ですね。

まずクイック(外皮)に待望の立面図が加わり、クイック(一次エネ)にBELS ZEHと冷暖房費が加わりました。立面図は待望ですが、試用版では試しようがありません。ただ立面入力機能が他社のものと違ってないので、整形の通常ツールのものを表示しているんだろうなと思います。そのような建物ほとんどないので、小手先ではなくきちんと立体で入力・確認できるツールが欲しい所です。

新しい計算機能としては、H30年のWEBプログラム改訂対応で、空気集熱式太陽利用設備の入力フォームが追加され、これから変わっていくだろう形式にも対応してくれそうです。

このソフトのキモは断熱材などを設定し、形を入れ、設備を設定すれば、だいたいの省エネ基準適合の目安が非常にスピーディーにわかることにあります。しかしながらそれはVer1でもそうだったわけで、Ver1~Ver4までほとんど変わりません。Ver3で入力できない形状を数値入力できるようになり、計算書を作れる形状が飛躍的にアップした後だから、期待はしていたのですが、そこはほとんど手つかずですね。

これからどんどん省エネ住宅を企画、設計していく人には向くと思います。ただZEHなどの計算書をバシバシ出そう、という人にはまだ安心して薦められるかは疑問です。今回は試用版だったので計算ができないので、結論は出せませんが、Ver3の動作からすると厳しいだろうな、と思ってしまいます。まずは本体だけで計算書から根拠図まですべて出せるようになってほしいものです。

 

 

HOUSE-省エネ Ver4のHOUSE-DOCインポート機能

実は試す前に、ある程度の予想を作っておいたのですが、やはりそんな感じでした。

このような画面で読み込みます。住所などが読み込めると楽なのですが、どうもそのようにはなっておらず都道府県のみのようです。まあHOUSE-DOCに〒番号がないですし。ただし〒番号を入力すれば地域区分なども入力されるようです。

あと木造かとかHOUSE-DOCからなのにありえない情報を聞いてきますが、設定で必要なんでしょうね。あと部材データから部屋形状に変換する方法を指定できます。

はい。意地悪なデータで読み込んでみました。これは部屋の中に文字列が二個あるものの例です。HOUSE-DOCは部屋に属性を持たせていません。部屋名をどうやって読み込んでいるのかな?と思ったら文字列から適当に引用しているようです。ラスボード真壁の上に「和室1」を入れてあったのですが、案の定、ラスボード真壁だけ読み込まれます。直すの面倒ですが仕方がありません。このようにならないようにHOUSE-DOCのデータを作れば良いのですが、意外と文字を書き込んでいる人多いんですよね。調査箇所とか、仕上げとか、劣化とか。試したところ矢印線があれば、読み込まれないようなので、そういったフラグがあるのかもしれません。また文字列が長いものを部屋名に呼び込んでいるような気がします(無責任)。あと部屋名がないと「部屋」と入力されます。なんだかな~。普通同一メーカー(厳密に言えばちがうんでしょうけど)、このようなことがないように両方のソフトですりあわせするものですが、どうもされていないようですね。マニュアルも何を読み込めるか?操作のところに書いてありませんし。試行錯誤しなければならないのでしょうか??

まあ、開口部は読み込まれますし、部屋も読み込まれます。屋根も読み込まれるのであとは1つずつ仕様を打てば良いので手軽といえば手軽です。ただ仕様も読み込むときに指定できるようにしておけば、もっと楽なのにな、と感じます。開口部にしろ、断熱材にしろ、通常は使う物比較的限られていますから。あと柱は読み込まないほうがいいのかな?と思います。サッシ位置もHOUSE-DOC通りに入ります。芯寸法なのですべて手入力で修正しなければならないですが、編集したものと、読み込んだばかりのものと、区別できるように色などでわかるようにしていただけると、わかりやすいです。

まあ、HOUSE-DOCからHOUSE-省エネにデータを持ち込もうとする人は少ないとは思いますが、エコポイントなどのときにどれくらい性能が上がるか?とか、断熱リフォームのビフォーアフターなどがわかるように示す資料作成と考えれば、かなり有効かと思います。断熱材なしの古い木造の外壁や、古いアルミサッシなど参考データが入っていると面白いですね。小難しく考えるより、一般の人がなにを求めているか?考えた方が面白くなると思います。まあ対応するならHOUSE-ST1、HOUSE-WLなど新築のソフトとの連動が先だと思っていましたが・・・・。

 

 

 

 

HOUSE-省エネ Ver4試用?

はい。試用版が出ました。試してみたい方は建築ピボットのホームページより。

さて、試用版を何で使ったの?と正規ユーザーなのに??と思うかもしれませんが、ずばりメーカーのせいです(だったら試すなって・・・)。私はHOUSE-省エネとSAVE-住宅両方持っているのですが、機能の実装がどちらが早いか?という重要な問題があり完全にSAVEが上位互換というわけではないのです。それでもHOUSE-4号とHOUSE-ST1のような意味不明な関係とは異なり、時間だけの問題なのですが。

基本個人住宅の省エネがメインなので、HOUSE-省エネだけ持っていれば済むのですが、年に1回くらい共同住宅の設計もあって・・・まあそんなわけでまだ悩んでいるので、とりあえず試用版で試してみました。

HOUSE-省エネの今回の目玉は・・・HOUSE-DOCのデータインポート機能です。これは耐震補強、耐震リフォームなどと連動して省エネを推し進めるのに便利かもしれない機能です。またメガソフトの3D Archi Designerとも連携できるようになりました。まあ天井高さ情報がないとか、斜め天井とか、そういった面倒な形状を持ってこられないわけで、あくまで間取り入力の省力化を目指した仕様になっているようです。

もう一つの目玉は計算機能・計算書出力の向上です。残念ながら前バージョンはVer3となっているのに、まだ省エネ計算用の全帳票が出力できない、という悲しい仕様が残っていました。果たしてVer4では如何に?ちなみに住宅版BELS、ZEH性能表示や、プリチェック、立面図出力機能が加わったようです。また省エネ等級判定アシストという、建築ピボットだと若干不安になるような機能も搭載しています。

さて、3回に分けて書きます。次回はHOUSE-DOCのインポートです。

 

GPD Pocket2一太郎発売記念特別セット

GPD Pocket2一太郎発売記念特別セット

あのウルトラモバイルPCのGPD Pocketの後継のGPD Pocket2の一太郎発売記念特別セットが販売されています。限定数にすぐ届くかと思うので、購入希望の方はお早めに!!

このマシンは、旧機種にくらべてかなりパワーアップしています。メモリが8GBだとか、CPUがAtomからCore m3にパワーアップしたとか。スペック以上にキーボードが良くなったとか改良点も多く、完成度は明らかにアップしています。服によってはポケットにも収まるので、サブパソコンが欲しい!という方には最適かと。

で特別記念セットは、本体が赤いと思いきや、それはハズレ!

5大特典がついてきます。JUSTロゴ入りのポーチとか(欲しいか?)、スキンシートとかキーボードシールとか、専用ピンセットとか、液晶保護フィルム・・・欲しい人はいるでしょうね。赤くなくて残念!!という人はスキンシートで我慢!ということでしょうね(もちろん赤い!)。

JUSTの会員ならそこそこ価格も安く買えますが、元値が意外と高いので・・・。でも最近はスマートフォンも高いので、それに比べたら格安と感じる人もいるかもしれません。

個人的には買いません(Windowsが遅いのは理解しているが、iPadやAndroidの快適さを考えると小型端末にWindowsは不要です)が、かなり良い感じに感じます。

 

auガラホSIM、11月から他のスマートフォンで動かなくなる模様  その2

auからは、法人は電話で、法人・個人問わずメールでも連絡が行っているようです。こちらにはしつこく4回くらいかかってきました。まあ周知徹底ということでしょうか?勝手に突然・・・と言われたくないというのはあるんでしょうけど、インフラですからね。昨日まで使えて急に・・・になったら確かに大変です。個人的にはもう少し猶予期間が長くてもいいのかな、とか自動で課金が増える制度にするとか(これはこれで批判が出そう)も考えてくれて良かったのでは?とも思います。

まあいろんな人がいるんで、対応は難しいとは思うのですが、携帯電話は既に固定電話よりも大切なインフラになっているわけで、そのことを自覚してわかりやすい値段設定やルールを敷いて欲しいところです。どこかの政治家みたいに値段下げろ、というわけでなく、わかりやすくして欲しいものです。わけのわからない割引システムで複雑すぎるわけで・・・。

auもガラホは秋冬にINFOBAR xvのみ。LINEや+メッセージに対応しているものの、デザインは誰でも持てるものではありません。ガラホプランを維持したいユーザーを放置するのではなく、継続して欲しい。昨年の冬は2機種出ていたはず。AQUOS KとGRATINA。まあ売れていないから後継機を投入しないんでしょうね。ドコモが先進的なガラケーと保守的なものを出してきたのとは正反対の対応で興味深いです。

DocuWorks9

社内のパソコンの調子は悪くないのに、DocuWorks8の調子が悪い。恐らくWindows10との相性があまり良くないのか?アップデートのせいなのか??わかりません・・・。なので、思い切ってDocuWorks9に変えてみることに。

8のアンインストールは必要ですが、9は2ヶ月ほど無料で使えるのでまずは試してみてからをお勧めします。

まず動作がキビキビ。これは使い込んだ8とは比較にならないかもしれませんが、良い感じです見た目が洗練された?のか?同じソフトとは思えないほどアイコンが違います。ここまでするなら、もうリボンメニューにすれば??と思います。

正直機能的にはあまり変わっていないのでアップしていない人も多いと思いますが、安定性が高いです。またPDFの変換が安定しています!!しかも早いです。あと一部のソフトとのドラックアンドドロップの問題も今のところ回避できています。

今の環境で落ち着いているならお勧めしませんが、旧バージョンになったDocuWorksの挙動が変だな?と思う方は思いきってバージョンアップして見ると良いと思います。

ドコモからも「カードケータイ」

nichephoneがヒットしたこともあり、キャリアも動くかな~と思っていたら、意外にもドコモが早かったです。しかも京セラ製で、電子ペーパー!!と意欲的な端末です。厚さ5.3mm、重量47mmで4G LTE対応携帯電話としては世界最薄最軽量としています。価格は3万2000円程度とそこそこ高いです。この軽量さでバッテリーは380mAhとかなり小さめ連続待ち受け100時間、連続通話110分です。まあ十分といえば十分です。

この手の端末は通話専用!!という場合が多いのですが、電子ペーパーでモノクロという制限はあるものの、タッチ操作にも対応しています。そして簡易的なブラウザも搭載しているのでWEBも見ることが出来ます。メールはSMSだけですが、ブラウザが使えると言うことはブラウザメールは見ることができるようです。キャリアメールが読めるといいのですが。

この大きさで防滴性能を確保。まあお守り程度の効果とは思いますがちょっと安心感があります。

ドコモケータイに分類され、LTE対応携帯電話向けのカケホーダイプランやシンプルプランなどで利用できるようです。なのでガラケーの置き換えということになりそうです。

屋外で見やすい電子ペーパーなので、現場などでも良いかもしれません。

 

スマホの子機「ワンナンバーフォン」

スマートフォンの子機にする技術と言えば、bluetoothを使ったハンドセットやイヤホンが有名です。旧ウィルコムのように、PHSにハンドセット機能を持たせた物もありました。ただバッテリーが持たなかったり、親機と離すと使えなかったり利便性に難があり意外と普及しませんでした。

さて、今回ドコモから出るワンナンバーフォンは、そんな技術的な枠を飛び越えた魅力的な端末です。ワンナンバーサービス(月額500円)の費用は必要ですが、親機と同じ電話番号で離れていても使う事ができます。

まあそんな虫の良いサービスが普及してしまったら契約減になるわけで、電話とSMS程度と通話専用携帯レベルですが、これで十分という人も多いのではないでしょうか?格安携帯に対しての優位性をキャリアが工夫次第で発揮できると言うことを示せているのではないでしょうか?

端末としては連続通話時間は130分、待ち受けは155時間。重量が55gと軽量で7mmとうす型なので持ち運びに便利というよりどこかいってしまうような気がします。VoLTEによる高音質通話、SMS送受信、電話帳機能、アラーム、電卓。気をつけなければならないのは親機はAndroid8.0以上のスマートフォンのみ。今のところiPhoneは対象ではないようです。

技術的にはeSIMなので他社からも出る可能性はありますね。個人的にはスマートフォンを見ながら電話かけることが多いのでこの機種はベストです。欲をいえば、gmailかキャリアメールを受信できるようにして欲しかったかも??

HUAWEI Watch GT

最近、スマートウォッチが停滞しているように思えましたが、HUAWEIがロンドンでのイベントで新しいスマートウォッチを発表しました。

なんと独自OSです!!従来の物に比べて薄型に見えます。それなのにバッテリー寿命が一般的な使い方で2週間持つ!!という凄いスペックになります。

一日一回の充電・・・はやはり面倒です。pebbleを使うと数日に一回しか充電がいらないありがたみを感じます。そういう意味ではHUAWEI Watch GTは非常に期待できそうです。

もっともフル機能を使うと22時間しかもたないというのが気になります。出てからでないとわかりませんね・・・。