WOOD-STを実戦で使ってみて

スキップフロアの木造3階建てが来たので、WOOD-STで解析してみました。画像はその前段階で使ったモデルです。

WOOD-STは各層の間にスキップフロアを入力できるだけでなく解析できるのが画期的です。別に任意形状系で、くくねこやればイイのでしょうけど、上級者でも時間がかかりますし、審査する側も大変です。WOOD-STは形状に規制を持たせることによってうまい落としどころ(とメーカーが考えている)をついているソフトです。

見ての通り、半地下です。右側はユニットバスなんかです。入口付近も若干高基礎です。基礎の解析が出来ないので木造部分だけの解析になります。

モデルを入力するとき、HOUSE-ST1では気がつかなかったのですが、スキップだと2層ずつ同じモデルを入れるので、2Dのインターフェイスだと入力間違いが起こりがちです。WOOD-STでは立体をみながら入力出来るので特に柱の漏れやズレをすぐに発見できるので入力のストレスが少なく短時間で入力できます。チェックも簡単です。

↑ミスの例。3階の柱が下層のみしか入っていない。このようなミスをグラフィカルに見られるのは本当に楽でいいですね。

今回のような狭小住宅の場合、吹き抜け部の設計や、スキップ境の設計が重要になりますが、計算値だけだとわかりにくいが応力図が出るのである程度把握できます。ただ講習会でも出ていましたが、3Dでグラフィカルにわかるようにしたほうが、このソフトにはいいですね。SNAPの機能のようですが搭載してほしいものです。

立体的に見られるからこそ、建物の弱点になりやすそうな箇所を発見できます。これも大きいですね。HOUSE-ST1ではあまり感じなかったメリットです。それにしてもスキップはやっぱり力の流れを読むのが難しい(汗)。

今回確認申請をWOOD-STで出すかどうかはまだ未定です。自社施工物件でお客様の許可があれば、突っ走れるのですが、ただでさえ計画が遅れている物件なので・・・。意匠段階から構造計画に関わっている物件なので、正直確認を下ろすだけならそんなに難しくない形状となっていますし。もっともWOOD-STって都内の狭小向けだな、と思ったけど、この物件も母屋下がりあるし、屋根形状の自由度が低いWOOD-STでは対応が難しいかも、と思うこともあります。なかなか使いどころに悩むソフトかもしれません。

 

「図面のプロ」ソースネクストより2月20日発売の新型CAD!!

はい。地味にCADも売ってくれるソースネクストより、新しいCAD「図面のプロ」が2月20日に発売となります。今さら新型CAD・・・と思う方は鋭い!!これは、「間取りっどPRO2」から機能削減してソースネクスト向けに作られたCADです。ということで完成度は期待できます。もちろんWindows10対応なのでしばらくは使い続けられそうです。

元となる間取りっどPro2は、ライラックシステムの二次元CADで、マイホームデザイナーがパースを描くのに特化しているのに対し、2次元ながら業務で使う機能を搭載した仕事向きのソフトです。間取りっどPro2は約3万円のソフトですが、図面のプロは、1万円程度と安価で、

そのため、インポートもエクスポートもDXFのみならず、JWW、JWCにも対応しています。画像ファイルにも柔軟に対応しています。レイヤだけでなくグループ化も備えているので便利そうです。なんと座標ファイルも取り込みできます。

今なら・・・対象者には非常に安いキャンペーン価格で提供しているみたいです(・・・)。Rebatesのポイントバックも魅力ですしeSHOP割引券も使えちゃったりしますので、興味のある方はお早めに!!

 

JDrafがいつの間にかARESになっている?

さきほどのブログであれ??と思った方もいたかもしれないので補足。JDrafはAutoCAD互換で有名で、JWWファイルを扱えるという意味でローカライズされている意味でもお勧めしやすいソフトでしたが、現在はARESという名前になっています。

ちなみに販売元の会社名も変わっています。株式会社グレバートジャパンとなりましたね。これはドイツの会社と名前を揃えたのでしょうか??

完全にJDrafの後継CADで特徴もな同じです。JWWとのファイル互換性だけでなくJToolsで建築用の便利なツールや両ボタンドラッグ、画層コントロール(まさにJWW・・・)までついてレイヤコントロールまでやりやすくなっています(この機能DRA-CADに搭載して欲しい・・・)。今一番JWWから乗り換えしやすいDWG互換CADでしょう(二番はDRA-CADか??)。年間保守契約も10000円と安価であり、スタンドアロン版は、そのバージョンであれば無期限のライセンス使用権もついています(初年度の保守は含まれています)。

大手での採用例が多いのも頷けます。価格的にはDWG互換CADとしては若干高めですがAutoCADに比べればはるかに安価。数が必要となる場合はなおさらです。元となる会社もしっかりしていそうですし、しばらくは安心して使えそうです。

CorelCADが気になる

Corelといえば、PCソフトウェアの雄の一つ。日本ではあまりメーカー名ではお馴染みではありませんが、ソフトウェアでいえば、PaintShop Proや、VideoStudioやWinDVD、Painterなどお馴染みのソフトが多いので、ああ、と思う人もいるかもしれません。Adobeなどと同様に買収を繰り返しており、わかりにくくなっています。特に最近では影が薄くなっています。

そのなかで、建築系に使えそうなCADがCorelCADです。最早他社との互換性抜きにCADを語ることはできませんが、CorelCADはまったくもってマイナーそうです。ホームページでもCorelDRAWのページにありますし。それでも最新はCorelCAD 2018と毎年バージョンアップをしている感じもしますし、日本語にも対応しているので興味があります。10万円以内で2D作図だけでなく3Dも作図できますし、WinとMacに対応、ファイル形式もDWGはもちろん、STLやCDRにも対応しています。AutoCAD R2018のDWGにも完全な互換性(メーカーHPによる)があるということから、ファイルのやりとりにも困らないでしょう。またiOSやAndroid向けのCorelCADモバイルなども使えるので意外と役に立つかもしれません。何よりもCorelDRAWのファイルの入出力も対応しているのでプレゼンにも役に立ちそうです。CorelDRAWは便利ですからね。

あと、正確なことはわかりませんが、ドイツのGrabert系っぽいので、JDRAFやDraftsightなどと似ている可能性があります。事実Draftsightと操作系が似ているというレポートを書いている人がいます。

どちらかというとAutoCAD互換CADという雰囲気を備えながらCorelDRAWに対応というのは価値があります。通常販売でも魅力的な価格ですが、ソースネクストなどで安価に購入できるシーンもあります。2017なら割引券があれば3万円弱で購入できることもあります。5万円以内で3Dまで対応したDWG対応CADは珍しいので興味のある方は是非購入してレビューしてくださいね。

「Jw_cadからDRA-CADへ」~乗り換える7つの理由~

構造システムグループのダウンロードページに上げられています。直接対象をJWWに絞った意欲的な資料です。私も読んでみましたが、直感的ではないですがよくわかりました。昔はCADはそれぞれが特徴があってその差などがわかりやすかったのですが、今は淘汰が進み、残ったCADは成熟してきて、なかなかその差の議論にはなりません。どちらも良いCADです。個人的には併用していきたいと思っています。

i-ARM Ver1.0.2.6

建築ピボットの国産BIM「i-ARM」のアップデートです。約一ヶ月半ぶりのアップデートで内容はてんこ盛りです。派手な新機能はありませんが、堅実に使いやすさがアップしているようです。個人的には移動コマンドに矢印キー移動機能を追加したところがキモかな??

BIM連携ページの公開((株)アークデータ研究所)

ASCALでお馴染みのアークデータ研究所のホームページにBIM連携のページが公開されています。BIM親和性が高いはずのASCALですが、意外にもこういったページは初めてみました。各社どんどんBIM親和性を高めて行ってほしいものですね。人間の能力が追いつくか?疑問ですが・・・。

「避難検証法 Ver3」新発売キャンペーン

建築ピボットから、平成12年建設省告示第1441号第1442号の「避難安全検証法」に準拠した避難の検証計算(ルートB)を行うソフトウェア「避難検証法Ver3」が発売となります。2月下旬出荷予定で、2月15日~6月30日までキャンペーンを実施するそうです(某ショップは対象外)。

今回のバージョンでは、i-ARM(BIM)のデータ読み込みに対応したり、3次元によるデータの確認、避難の様子をシミュレーションする機能、計算の最初にデータの不備をチェックする機能などを追加したそうです。

DRA-CAD16 Ver16.0.1.4

先月発売されたDRA-CAD16。評判は概ね良いようです。DRA-CADも確実に使っている人の世代交代が進んでいるようです。それにともない旧来の使い方を引きずるよりもWindows時代の使い方で行く人の方が多くなっています。もっともCADにはリボンメニューはあまり馴染まないので、リボンでの操作は最低限に・・・というのも頷けます。

さて、16.0.1.3と連続でアップされていますが、私がこのブログでも指摘していた、フローティング・ウィンドウの、ドラッグでの切り離しが可能となっています。まあ私の指摘で気がついたわけでもないのですが、これで飛躍的に使いやすくなりました。もちろん元にも戻せるようです。やっぱりウインドウ操作は直感的で無ければね。

BIM時代だからこそ、CADを・・・と思うのですが、純粋に毎年きちんとアップデートもしくはバージョンアップしているCADは本当に少なくなりました。DRA-CADはその中でも健闘しているのですが、どうしても昔のCADのイメージが払拭し切れていません。操作性、画面、機能とも、完全に生まれ変わっていると思うのですが。DRA-CADの名前に愛着があるのはソフト会社も既存ユーザーも一緒ですが、そろそろ新機軸を打ち出さないと・・・と感じます。せめて年会費ユーザーには、新バージョンのパッケージは送らず、ディスクレスにすべきですし、plusなんてしないで、年間通してアップデートで対応、のほうがわかりやすくて良いです。まあそうでないユーザーもいるので難しいところですが。

あと、DRA-CAD LEがいつのまにか恐竜級の機能搭載ソフトになっています。ユーザーの要望を採り入れてきたから、と思いたいのですが、実際必要な人はどれくらいかと。他のメーカーみたいに他ソフトとのファイル互換性や機能を思い切って削った廉価版なども欲しい所です。DRA-CADを複数台持ちたい人には意外と需要があるのではないでしょうか?またアソシエイトで運用台数を自在に設定できて金額精算お簡単にできるといいのですが。その点ではサイボウズ.comみたいになると楽ですね。

なんて考えていますが、実際みんなどうやってCADとか運用しているのか?結構気になりますね。忘年会や新年会で聞いていきたいと思います。

さあ、週が明ければ忘年会4連チャン!!頑張るぞ!!!

ARCHITREND ZERO Ver4.1

はい。マイナーアップです。福井コンピュータの場合、毎年きちんとバージョンアップしているわけなので、西暦でいいような気がしますが、アップしているんだぞ!!ということをアピールするためなのでしょうか?アーキトレンドはバージョンになっています(GLOOBEは西暦)。

さて、その概要は、

・3Dカタログ.comのサッシ・ドアに「メーカー試験値」U値・η値を登録

・エネルギー消費性能プログラム(住宅版)Ver2.3.1の更新に対応

と、まったく本体とは関係ないところです。まあ省エネ計算する人が多いから価値のあるアップなのかもしれませんが、しない人にはほとんど関係ないのでわざわざ本体のマイナーアップにするのかな??と思ってしまいます。

いろんな意味でアーキトレンドに期待できなくなってきたのは残念ですが、時代の流れですか。3Dカタログがオプションなのはともかく、外皮性能連携が月1000円もかかるのは、最早小さな設計事務所や工務店にはついていけないですね。金額云々より、わかりにくいです。すっかり恐竜化してしまった巨大な商品構成を見て、既存ユーザーでも訳がわからなくなります。難しいですね。