i-ARMの斜線検討機能

i-ARMは国産ということだけでなく、建築ピボットの過去のソフトウェア資産を惜しみなく投入している為、法チェックや解析機能がたくさん搭載されています。

計画段階では設計ボリュームを出すのが手軽なのがウリです。敷地、道路や斜線条件を入れれば簡単にボリューム計算してくれます。熟練の建築士ならわけなく出せると思うのですが、チェックも兼ねて実行するのはいいと思います。本来なら高層マンションなどで使う機能だと思うのですが、普通に住宅設計でも便利です。

出力された図はDRAやJWWの図面として出力できるので、CADに戻って検討できます。天空率も同様です。今回年末時間がないなか、1物件解析してみたのですが、非常に楽でした。角地だったので天空率も・・・と思ったのですが、残念ながらあまり効果がないこともわかりました。普通は天空率を計算して・・・という無駄な検討が必要なのですが、ワンタッチである程度わかるので無駄をしなくて済みますね。アクソメなどはCAD出力できます。DRAだけでなく3DのDWGで出力出来るので、他ソフトでも大丈夫です。FormZ Freeで試してみましたが、きちんと読み込めました。

FormZ Freeにて。もちろんDRA-CAD(通常版)でも読み込めるはずです。

例によって、モデルに落書きできるので(寸法とか文字とか)、いろいろ便利です。

個人住宅系の意匠設計者に売るには、もう少しUI含め検討の余地があると思います。雨樋なども含めた手軽なモデル化手法が確立できれば、本当に楽になりそうです。手軽で設定しやすいのは非常に良いですね。

メーカーももう少し、何ができるよ、とかサンプルを多く出してアピールすべきです。はっきり言ってカタログでは何もわかりませんし、試用版でも初めは何するか?わかりませんからね。チュートリアルもモデル入力と解析と表作成ですから、こういった法検討などは説明がないですから・・・。そろそろ丁寧にアピールしていくことが重要だと思います。

i-ARM Ver2で耐震リフォーム図面

3Dで気軽に間取り、パースを描くのは3Dマイホームデザイナーのようなソフト、モデリングで簡単に作るのはSketchUpのような3Dソフトがあります。しかし実務で小さい建物の指示図面などを作れる気軽な3D建築ソフトって皆無でした。意外にもDRA-CADの通常版は3Dはできますが、どちらかというと建築パース作成を重視しており、建築的手法で作成するのはいいのですが、意外と使いにくかったです。

では同社のi-ARMはどうか?本来はBIMとして開発を始めたが紆余曲折して法検討ソフトになってきました。そのためユーザーからは何のソフトなんだ、とわかりにくくなっています。事実あまり売れていないです。

では、当初のような本格BIMでなく、次に目指したシンプルBIMとしてのモデリング機能は??と思い、最新のVer2を試用しました。

建築系のBIMから起因しているので、階の区別、高さの設定なども出来るので、建築的には使いやすいです。部屋を入れて・・・の手法もわかりやすいです。耐震リフォームに使えるのは、柱や梁や土台を入れる必要がありますが、非常に短時間で入力出来ます。特筆すべきは3Dで文字を簡単に入力できること。方向が変わってもメモや寸法は見やすく回転するので、便利です。もっとも固定できる機能も欲しいです。

簡単に構造用合板の施工を書いてみました。面上に文字を入れられるので、仕様や金物を簡単に入れられます。また寸法も3Dで入れられるので便利です。これは平面図とはリンクしていないので、指示書として分けられるのがいいですね。

ちなみに回転して裏から見ても、こんな感じで読めるのです!!角度を変えてもある程度追従してくれるのは便利ですね!!

こういった機能を使うと、簡単に施工スケッチが描けますし、納まり検討も簡単にできます。HOUSE-DOCHOUSE-ST1から簡単に部材を転送できるといいのですが。

立面などでも、このように記載ができますので、2Dよりよっぽど楽ですね。作図品質よりもスピーディーに指示書を作れるのがいいですね。

軽快な操作感はVer1に比べ若干落ちました。入力はいいのですが、プロパティがらみが落ちていますね。それでも他社に比べれば明らかに軽快。なんとなくですが、SketchUPの建築版と考えて、気軽にこのような3Dメモが描けるソフトとして、この部分だけを独立して安価にリリースするのも手かもしれません。

基本部分を分離して、検討機能をそれぞれオプションとして追加できると面白いかもしれません。これなら省エネ、構造を加えたりも楽ですからね。恐らく構造設計でも構造スケッチに使えますが、その方々は現在付いている法規や検討ツールはまったく不要となります。またそれらも古くからのツールの転用に近い形で実装されているので、あまり使い勝手が良くないのも事実です(他社に比べるものがないので、あまり気になりませんが)。

構造システム・建築ピボットはたくさんのソフトウェアのラインナップを持っている割に、あまり連携ができていないのも事実。そのためのハブツールになるんじゃないかな?と思ってi-ARMを期待していましたが、その方向は見えているものの、うまくいっているとは言いがたいです。

モデリングを中心に試用を続けていこうと思います。

なぜか12月末にDRA-CADが売れる謎?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DRA-CAD17 LE (新規・キャンペーン適用)2018年11月中旬発売予定!!
価格:83106円(税込、送料無料) (2018/12/26時点)

楽天で購入

 

 

ショップをやっていると、いつどんな商品が売れそうか?ということがある程度予測できます。例えばクリスマス商品は11月が売れ~とか。建築関連ソフトはそんなことないでしょう?と思うかもしれませんが、

・新発売
・キャンペーン終了間近
・雑誌やネットで取り上げられたとき

です。この3つのときにまったく売れないソフトは、完全に終わっている・・・と判断されます。

それ以外でわからない波があるのが、8月初旬と12月下旬。両者に共通するのが長期休暇が取れる(取っているかは謎)前ということ。恐らく休み中に練習して・・・ということだと思います。

ただ、それだったら売れるソフトが予測できそうなものですが、実は毎回バラバラです。特に法則性はないような気がします。昨年と今年のみDRA-CAD、それもLEの波でした。今季に限ればDRA-CADフルバージョンのほうが好調で、LEは正直「う~ん」という感じでした。これも謎でしたが(爆)。そして年末のこのLEの波(笑)。本当にわかりません。

近年のDRA-CADは余計な機能以外の部分の充実がめざましく、旧来のDRA-CADユーザーだけでなく、新規の方でも使いやすく仕上がっています。なので昔のユーザーと操作の仕方が全く違って、同じCADをいじっているように見えないのですが(汗)。それだけ操作に幅があり、気に入った使い方ができるのです。でも集中して売れるような商品ではない・・・と思うのですがねえ。なまあずショップでは今年、長年売れに売れ続けたHOUSE-ST1に変わり、DRA-CADが売れ筋に変わっている状態のお話しですが・・・。

某ショップでは、Ver12から非常に売れ行きが良くなり、Ver14で一時落ち込んだ以外はコンスタントに売れており、特にDRA-CAD16とLEは本当に売れまくりました。17は発売されたばかりですが、16に比べれば劣るが、例年並みには売れています。正直16ってそこまで売れた理由は謎なのですが(もちろん良いバージョンです)、17って追加機能の訴求力が高いんだから、16並に売れるのかもしれません。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DRA-CAD17(新規)2018年11月新発売キャンペーン
価格:166212円(税込、送料無料) (2018/12/26時点)

楽天で購入

 

 

DRA-CAD Ver17.0.1.3

DRA-CADの新バージョンの17も順調に出荷されているようですが、皆様もうご利用頂けましたか?さっそくアップデートされていますが、リニューアルされたレイヤパレットがらみが多いですね。使って見るとちょっと中途半端な仕様でしたからね。まだ改良の余地は残されていますので、丁寧に対応して欲しいところです。

DRA-CADの購入はなまあずショップ楽天市場店にて。

JWWからの乗換に適したCADのARESは強力!!!

ARES??と思うかもしれませんがJDRAFと聞けばわかる人が多いのではないでしょうか?JDRAFは評判の高いDWG互換CADでしたが今年の12月31日でサポート終了になります。その後継がARESです。

AutoCAD互換CADの中では、日本対応に力を入れています。特にJWW関連は強力で、JWWとの操作の互換性向上には消極的なDRA-CADを大きく凌ぎます。

(クリックで画面拡大)

AutoCADとはファイル互換だけでなく操作も似ています。そうなるとJWWなどのCADからは非常に乗り換えにくいと言えます。しかしARESは、JWWのファイルの読み書きができるうえ、JWWの操作性を極力採り入れたモードが存在します(上の画面キャプチャーがそれです)。JWWの左右に別れたアイコンはかなり似ている(もちろん移動できる)し、何よりもレイヤ、レイヤグループの使い勝手がほぼ同じとなるので、DRA-CADよりも直感的に操作が可能です。JWWの操作を極力変えずに、DWGなどの編集もできるCADとして考えると一番優れているのではないでしょうか?またクラウド版とモバイル版(iOS、Android)まで備えていて、1ライセンスで使える!というのもポイントが高いです。そして本家AutoCAD LTと違って、カスタマイズ機能が豊富にあるのも強みです。

試供版を使って見た限り、DRA-CADよりもはるかに、JWWっぽく使えます。逆にAutoCAD特有の部分も残しているので、そこは戸惑うかもしれません。ファイルメニューでJWWを直接読み込めないとか(あくまで追加ツールで対応しているためと思われます)、完全なシームレスにはなっていないのも残念です。

価格的にもDRA-CAD LEより安いので、JWWからの乗換の有力な選択肢といえます。日本の建築設計に長年対応し続けたDRA-CADは壁量計算や部品類など、まだまだアドバンテージがあるのですが、そのようなものが必要ないなら、ARESが良いと思います。逆にDRA-CADは機能詰め込みすぎなので、もっとシンプルなものが欲しいと考える人も多いかと思います。

 

 

DRA-CAD17の新レイヤパレット

大幅に?拡張されたDRA-CADのレイヤ機能。たぶん見せ方の問題だと思うのですが、私があまりうまく使いこなせなかったため、放置していたので以前の使い勝手はよくわかりません(いい加減)。ただ、大分楽になったのは事実で、DRA-CADである程度の作業はこなしてしまおうと思うようになりました。今までは修正、チェック、変換用でしたので。

いままでのレイヤパレットはやたら記号が多い上、直感的でなく内容がわかりにくかったです。

新しいレイヤパレットは図面のサムネイルが表示されわかりやすくなりました。印刷・表示のところももう少し整理してくれたら嬉しかったが、これで十分です。

設定画面も使いやすくなりましたね。空きレイヤを詰めるとか、レイヤ番号を振り直すとかワンタッチでできますね。

またサムネイルをドラッグするとレイヤが移動します。まあ知らずに動かしてしまっても戻るコマンドで戻れます。

絞り込みもワンタッチです。編集時は使用されているレイヤのみ表示で良さそうです。

できれば前バージョンくらいで加わったレイヤグループ設定もここに織り込んで欲しかったです。グループ毎に表示などをレイヤパレット上でできるとJWWユーザーでレイヤグループを駆使している人は感謝するでしょう!!あと一歩です。

というわけで、ずいぶんイメージが変わりましたね。昔からのユーザーにとっては気にならなくても最近のユーザーにとっては使い勝手がイマイチでしたが、これでレイヤ駆使もしやすくなり非常にとっつきやすくなりましたね。

DRA-CAD17LE到着

はい。本日到着しました。

私が注目した機能を試してみました。

まずは図面管理。これは図面の変遷などを名前を付けて保存などでやっていると前後関係がわからなくなってしまうとかを防ぐ機能です。なんと親と子のようなつながりまで表示してくれます。同じフォルダにDRA-CADの別なファイルがあっても無視してくれるので便利ですね。また変わった部分も表示してくれます!!もっともこの図が小さいので見にくいです。まあ図面比較などの機能があるので、そちらに切り替えれば良いだけなんですけど、マージまでできるんですから、この画面のまま拡大縮小など詳細をチェックできる機能を搭載して欲しかったです。まあ図面比較などをここから起動できるようにすればいいだけなんですけど(汗)。JWWなどのファイルには不適応なのは残念ですが相当使える機能です。DRAは何気に図面の比較、修正など機能が充実していていいですね。

レイヤ機能も大幅に変更になりましたね。

もう少しこの画面工夫ができると思うのですが(属性とかアイコンとか縦にすればこんなに横に広がらない・・・とか)、レイヤが少ないうちはかなり使いやすいですね。地味にレイヤの移動もやりやすいです。レイヤ内のデータをドロップアンドドロップで移動できるのはいいのですが、なぜかレイヤ名などは連動しない(汗)なので注意が必要です。何か方法があるのでしょうか?

DRA-CADで構造図を編集する場合、データマージなどを使うと、木造でkizukuriなどで金物名や梁せいを更新した場合、一括で流し込むとか地味に不整合がなくなるなど、便利に使えます。HOUSE-ST1なんかでも似たことができます。新旧の図面を比較できるのは非常に秀逸で1人で作図とチェックするためには非常に有効です。JWWユーザーもDWGなどとの図面変換の他、図面チェックのために持っておいてもいいかな?と思えるCADです。

i-ARM Ver2.0.0.3

昨日公開されています。機能の充実に重きを置いています。SKPのエクスポート機能が実装されたほか、複数追加されています。

昨日、構造計算ソフトを購入検討している方に、構造の記号などもう少し丁寧に表記して欲しい、と要望がありました。これ以上どうやって??と思うのですが、確かに毎日でも構造をやっていない限り、この記号なんだっけ??ということはよくあります。そういった所はCADでもBIMでもありますね。ヘルプ起動もいいですけど、そのレベルのことはユーザーインターフェイスで何とかしたいところですね。というわけで、新開発の鉄骨階段のプログラムは各記号の説明を入れてみました。まあ自分のためでもあるのですが・・・。

WOOD-ST Ver1.5ファーストインプレッション

本日、WOOD-STのVer1.5が公開となりました。

既存のユーザーは無償バージョンアップとなります。メジャーバージョンアップではないとはいえ、以下の項目がパワーアップされており、かなり強力なソフトになりました。もっともVer1が未完成だったといえばそれまでなのですが。

主な新機能としては、

・基礎の入力・計算が出来るようになったこと(独立基礎、布基礎、べた基礎)
・従来のスキップフロアを応用して最大で6階まで入力・計算ができるようになったこと。
・面材の入力が階をまたいでできるようになったり、壁倍率での指定が可能に
・柱の主軸が回転できるようになったこと
・FAP-3にデータ転送できるようになった。
・BUS-6やWALL-1、HOUSE-WLにデータ転送できるようになり混構造の計算しやすくなった。

などです。

Ver1.5に最適化したサンプル(狭小木造3階建て・基礎入力済)がついていますので、まずはそちらを見るといいでしょう。

 

基礎梁関連のダイアログはこんな感じ・・・

ちょっとわかりにくいです。HOUSE-ST1の手軽さはない感じです。まあどちらも正直わかりにくいです(・・・)。

柱を回転出来るようになりました!!

FAP-3に転送できるようになった。鉛直と水平の二種類ファイルを作ってくれる。さてどうやって使おうか・・・

WOOD-STの計算書の図はクリップボードに簡単に転送できるので、Excelで追加計算書を作るときとか便利。CSVも転送できるので、使えるシーンを考え中!

注意したいのは、屋根の入力が変わったのか?以前のファイルで計算を流すとそのまま計算できるない場合があります。Ver1初期から使っている人は要注意ですね。私のデータも屋根を指定し直して計算できました。

そんなわけで大幅にパワーアップしています。部材数が多い面材の入力が非常に楽になっています。特にスキップフロアがある場合はその恩恵を受けることができます。ただ、グラフィカルなインターフェイスの中に、場違いとも思えるとっつきにくいダイアログが残っているのも事実。今回追加された基礎もその中の1つです。それでも基礎まで一貫でできるようになったこと、序盤の積み残しを丁寧に回答し、登場から1年程度でかなりの完成度になっています。このソフトを使ってグレー本ベースでは実現できないものが出来るので、グレー本ベースのソフトに限界を感じたら、是非とも挑戦して欲しいソフトです。

 

 

 

FAP-3 Ver5.0.1.9 とWOOD-ST Ver1.5製品情報

FAP-3が珍しくアップデート。もうすぐ出ると思われるWOOD-STとの連携がらみかと思ったら、軽微なバグフィックスのようです。WOOD-STはVer1.5より、FAP-3へデータを書き出せます。これでちょっと変形した・・・のような解析が簡単になります。今まではSNAPだけでしたからね・・・さすがにSNAP買えないし・・・。

WOOD-STのホームページを見るとVer1.5の内容に書き換えられていますね!なまあずショップ楽天市場店も普通にVer1.5として製品情報載っているので、本当にもうすぐかと。

WOOD-STの情報として衝撃的だったのは、壁倍率で面材壁を入力できるようになったこと。まあ仕方がないですよね・・・ただ変換するだけだったら元の数値を入れた方が(以下略)。

スキップフロアを三層できることを応用して6階建ての木造まで計算できるようです。4階はともかく6階やることは私はないと思うけど。

HOUSE-ST1にあった機能も続々と搭載されてきていますね。WALL-1やHOUSE-WLやBUS-6に荷重を転送し混構造の計算が可能となったり、NG部分などを伏図上に表示できるようになったり、より使い勝手がST1に近づいたような気がします。

こうなってくるとBIM連携や、図面を書きやすくする機能など実務面での効率化も見えてきます。Ver2はまだまだ先だと思いますが、先を見越してより魅力的なソフトを目指してほしいと思います。