i-ARM Ver2で耐震リフォーム図面

3Dで気軽に間取り、パースを描くのは3Dマイホームデザイナーのようなソフト、モデリングで簡単に作るのはSketchUpのような3Dソフトがあります。しかし実務で小さい建物の指示図面などを作れる気軽な3D建築ソフトって皆無でした。意外にもDRA-CADの通常版は3Dはできますが、どちらかというと建築パース作成を重視しており、建築的手法で作成するのはいいのですが、意外と使いにくかったです。

では同社のi-ARMはどうか?本来はBIMとして開発を始めたが紆余曲折して法検討ソフトになってきました。そのためユーザーからは何のソフトなんだ、とわかりにくくなっています。事実あまり売れていないです。

では、当初のような本格BIMでなく、次に目指したシンプルBIMとしてのモデリング機能は??と思い、最新のVer2を試用しました。

建築系のBIMから起因しているので、階の区別、高さの設定なども出来るので、建築的には使いやすいです。部屋を入れて・・・の手法もわかりやすいです。耐震リフォームに使えるのは、柱や梁や土台を入れる必要がありますが、非常に短時間で入力出来ます。特筆すべきは3Dで文字を簡単に入力できること。方向が変わってもメモや寸法は見やすく回転するので、便利です。もっとも固定できる機能も欲しいです。

簡単に構造用合板の施工を書いてみました。面上に文字を入れられるので、仕様や金物を簡単に入れられます。また寸法も3Dで入れられるので便利です。これは平面図とはリンクしていないので、指示書として分けられるのがいいですね。

ちなみに回転して裏から見ても、こんな感じで読めるのです!!角度を変えてもある程度追従してくれるのは便利ですね!!

こういった機能を使うと、簡単に施工スケッチが描けますし、納まり検討も簡単にできます。HOUSE-DOCHOUSE-ST1から簡単に部材を転送できるといいのですが。

立面などでも、このように記載ができますので、2Dよりよっぽど楽ですね。作図品質よりもスピーディーに指示書を作れるのがいいですね。

軽快な操作感はVer1に比べ若干落ちました。入力はいいのですが、プロパティがらみが落ちていますね。それでも他社に比べれば明らかに軽快。なんとなくですが、SketchUPの建築版と考えて、気軽にこのような3Dメモが描けるソフトとして、この部分だけを独立して安価にリリースするのも手かもしれません。

基本部分を分離して、検討機能をそれぞれオプションとして追加できると面白いかもしれません。これなら省エネ、構造を加えたりも楽ですからね。恐らく構造設計でも構造スケッチに使えますが、その方々は現在付いている法規や検討ツールはまったく不要となります。またそれらも古くからのツールの転用に近い形で実装されているので、あまり使い勝手が良くないのも事実です(他社に比べるものがないので、あまり気になりませんが)。

構造システム・建築ピボットはたくさんのソフトウェアのラインナップを持っている割に、あまり連携ができていないのも事実。そのためのハブツールになるんじゃないかな?と思ってi-ARMを期待していましたが、その方向は見えているものの、うまくいっているとは言いがたいです。

モデリングを中心に試用を続けていこうと思います。

HOUSE-ST1 Ver7.5.1.0

年末のアップデートお疲れ様です。HOUSE-ST1が12/25にアップデートされました。

主に軽微な不具合の修正ですが、WOOD-STへの転送に改良が加えられ、マニュアルなども更新されたようです。あまりHOUSE-ST1から転送する人はいないでしょうけど、両方持っている人(=私?)には重要なことかもしれません。私は一から入力してしまう方が好きですが・・・。

WOOD-ST Ver1.5.0.1公開

構造システムの木造構造計算ソフトWOOD-STのVer1.5になってからの最初の更新です。やっぱりというくらい修正内容が多いですね・・・。

土台直下の基礎梁の件は、どうなんだろうな?と思っていたのですが、意外な手で対応してきましたね。狭小などでは意外と多いから今後トラブルがなければ、と思います。修正内容を見ていると、大きな部分は概ね問題なく、熟成段階に入っているんだな、と安心しました。

WOOD-STは巨大な建物や複雑な建物を対象、というより比較的単純な造形ながら、スキップフロアや吹き抜けが多く、従来の新グレー本では対応できないような建物が向くと思います。具体的にいえば、倉庫や車庫、狭小住宅でしょうね。部材数が多くなると計算書も膨れ上がりますし、それをまとめるスキルも必要になってくるかと。

全国から高力ボルトがなくて施工できない例が増えてきている・・・

この話題、夏頃がピークだったのか?と思っていました。私の事務所では、元々鉄骨造が多かったわけですが、今年は木造のほうが多かったので、それほど重要視していませんでした。

しかし9月頃にも解消の見込みがない、との情報がでてきたのと、本来不足するはずの大型案件はスムーズに進行していることから、何を信じたら良いか?と自分でも判断できない状況が続きました。ボルトの在庫がある問屋さんなど知らないか?みたいな問い合わせもありました。

10月に入ると状況は一変。完了する予定の物件がボルトだけのために完成せずに完了検査を受けられない物件を複数報告受けることになります。とはいっても、計画変更が発生する事案ですし、そんな簡単に変えられないしどうするか?を検討し始めました。

11月に入ると、それらの物件の進捗がなく、大騒ぎになってきています。いうまでもなく引き渡しは出来ませんし。月末には業界からの通達のようなものがでて、国内全般で不足が続くことが明らかになりました。木造やRC造でできるものは、構造変更して望んでいます。しかしアパートなどの外部階段はなかなか置きかえが難しく対応に苦慮しています。運が悪いことに、この時期から鉄骨造の案件が急増したため、仕方なく断ったり、ボルトが不足していて・・・を伝えるようにしています。確かに設計のせいではないのですが、建物が完成しないことにはこちらも商売にもなりませんし、結果的にご迷惑をおかけすることになります。

現在、行っているのは、耐火木造にならない鉄骨向けの建物は、木造に置き換えて提案しています。RC造内の屋内の鉄骨階段はRC造で提案しています。当然早く解決してもらえれば、いいのですが、各方面からの話では解消にはまだまだ時間がかかるようです。

そんなわけで鉄骨造案件には、しばらく十分に注意した方がいいでしょう。

HOUSE-WL Ver2.0.0.29

HOUSE-WLのアップデートです。若干大きめな変更がありました。使い勝手に影響する部分です。

HOUSE-WLは壁式RC造のソフトとしては使いやすいのですが、他のHOUSEシリーズのような「手軽さ」はありません。あくまで構造計算ソフトの正常進化の中での使いやすさです。そろそろ他のHOUSEシリーズのように画期的な手軽さを実現する方向に行って欲しいな、と思います。

MOKUZO.Designerの機能紹介

株式会社構造ソフトの期待の構造計算ソフトMOKUZO.Designer。まだ全容はわからないままですが、構造ソフトHPの今月のイチオシ11月号で、一部の便利な機能が紹介されています。

3Dを前面に出してきていることから、どちらかというとHOUSE-ST1に似ているのかな~という印象でしたが、梁の断面リストが登録出来気軽に配置出来る点、柱と耐力壁を一緒に配置出来る点など、効率的に入力できるようになっています。HOUSE-ST1はなぜ部材リストで入力しないのか?逆に疑問です。WOOD-STもリストで入力できるのに・・・。

出荷が非常に楽しみですね!12月下旬からお申込み順に、順次ご案内というホームページの微妙な表現が気になりますが・・・・。

 

 

 

DRA-CAD17LE到着

はい。本日到着しました。

私が注目した機能を試してみました。

まずは図面管理。これは図面の変遷などを名前を付けて保存などでやっていると前後関係がわからなくなってしまうとかを防ぐ機能です。なんと親と子のようなつながりまで表示してくれます。同じフォルダにDRA-CADの別なファイルがあっても無視してくれるので便利ですね。また変わった部分も表示してくれます!!もっともこの図が小さいので見にくいです。まあ図面比較などの機能があるので、そちらに切り替えれば良いだけなんですけど、マージまでできるんですから、この画面のまま拡大縮小など詳細をチェックできる機能を搭載して欲しかったです。まあ図面比較などをここから起動できるようにすればいいだけなんですけど(汗)。JWWなどのファイルには不適応なのは残念ですが相当使える機能です。DRAは何気に図面の比較、修正など機能が充実していていいですね。

レイヤ機能も大幅に変更になりましたね。

もう少しこの画面工夫ができると思うのですが(属性とかアイコンとか縦にすればこんなに横に広がらない・・・とか)、レイヤが少ないうちはかなり使いやすいですね。地味にレイヤの移動もやりやすいです。レイヤ内のデータをドロップアンドドロップで移動できるのはいいのですが、なぜかレイヤ名などは連動しない(汗)なので注意が必要です。何か方法があるのでしょうか?

DRA-CADで構造図を編集する場合、データマージなどを使うと、木造でkizukuriなどで金物名や梁せいを更新した場合、一括で流し込むとか地味に不整合がなくなるなど、便利に使えます。HOUSE-ST1なんかでも似たことができます。新旧の図面を比較できるのは非常に秀逸で1人で作図とチェックするためには非常に有効です。JWWユーザーもDWGなどとの図面変換の他、図面チェックのために持っておいてもいいかな?と思えるCADです。

MOKUZO.Designer 木造構造計算の新顔が株式会社構造ソフトより登場

春先にも予告がありましたが、正式発表になりましたね。MOKUZO.Designerは、木造構造計算ソフトで、4階建て以上の建築物の計算できる新製品です。また四号建物のN値計算、バランスの検討、仕様規定の検討に対応。もちろん混構造の木造部分にも対応しています。

基本的に新グレー本(2017年)準拠で、通り数は180通り。ルート2迄対応。傾斜フレームにも対応しています。

伏図、軸組図から入力出来、リアルタイムで3D表示できます。「かんたん入力」機能という、部材断面を定義せずにプログラムが準備した断面ですぐに入力が開始できるそうです。また一貫構造計算ソフトと同様にテキストエディタによる一括入力が可能で、RC・S造の一貫計算からの移行組は、非常に重宝しそうです。

面白いのは軸組図に金物の形状が表示されること。これはST1でも導入して欲しいと思っている機能ですが、公開画面を見る限り、山形プレートやCP-Lを描画しています。新型の金物など登録できるとよりリアリティが増すと思います。もっとも仕様では岡部の筋違い金物、カネシンの金物など登録してあるそうなので、どう描画されるのか?興味があります。

また四号建築の条件を自動で判断し、そのまま四号で計算したり、許容応力度計算に進んだりできるので、他のソフトと異なりわかりやすい計算フローだと思います。どうしても他社だと4号はオマケ的になっているので。普段4号を使いたまに構造計算という人には非常によい仕様だと思います。準拠する基規準、参考文献にに住木センターの「最初に学ぶ木造住宅の構造計画壁量計算・四分割法・N値計算・演習」が入っていることから期待できます。

初心者向けにわかりやすく作ってある印象はありますが、初めて構造計算ソフトを触る方は、敷居が高いと思います。そんな場合に構造ソフトは初期導入支援サービスを用意しています。

後発の利を活かして、わかりやすいユーザーインターフェイス、丁寧な作りでファンを増やしそうです。もちろん基礎の計算もできます。

価格は定価が324000円。このクラスにはHOUSE-ST1の牙城であり、そのまんまぶつけてきた感があります。キャンペーンで2月末まで259200円、他社ユーザーは216000円と思い切った価格で攻勢をかけるようです。最近、目立った機能アップがないものの、相変わらずシェアの高いKIZUKURIからの乗換も視野に入れているようです。出荷は12月下旬から。

サポートに関しては必須のようです。有料の年間サポート会員に入会しなければなりません。ただし12月末までに買えば一年間のサポート会員費は無料!!!となりますので、この機会をお見逃し無く!!年間サポート料金は28000円+税となります。

ホームページに仕様等載っていますが、公開されているデータだけみると、他社に追いつくのはまだ先のようです。また計算フローの図が垂木・母屋の計算が二重に出てきたり、まだまだ情報整理がこなれていないようです。ただ春先に正式発表では?と思われていただけに、開発の遅れと言うより基本部分をしっかり作り込んでいる感じがします。他社がユーザーの声を反映せず会社本位の開発が目に余る時代になってきましたので逆転のチャンスは十分にあります。なにせ告示1100号の変更で耐力壁の仕様が加わったにも拘わらず、未だ追加しない、今さら追加するソフトが多い状態ですからね。価格帯から初めての木造構造計算ソフト、という感じもしますが、HOUSE-ST1やSTRDESIGN、その他ソフトからの乗換にも良いと思います。

HOUSE-ST1 Ver7.5.0.9

木造構造計算ソフトHOUSE-ST1がアップデートされました。

軽微なバグフィックスです。

最近、手軽に使える木造四号建物の計算ソフトないかな~と相談を受けることが増えています。確かに市販のものは手軽さがないですし、実用性が低いのも確か。高機能なものは高いですし。おそらく木造の意匠設計者と構造計算ソフト会社の接点が少ないからかと。同じ事は木造住宅の省エネ計算ソフトにも言えています。今までその層はJWWなどフリーソフトでまかなえてきていましたし、いろいろ創意工夫してきましたが、その層が低年齢化してきて、どうしていいのか?わからないのでしょうね。昔のNifty-Serveなどの文化ってそういう意味では非常に貴重でした。フリーソフトの作者が高齢化したうえ、主戦場がスマホに移ってしまって久しいので、今後も改善されるとは思えません。設計事務所開設の敷居がどんどん上がってしまうのではないか?と危惧しています。

 

CLTの構造計算ソフト、ルート3も登場

昨日、他の構造計算ソフト会社の営業さんから、こんなソフト出たんだよ~と情報が。

【建築業界初!】CLTに特化した構造計算ソフトを開発!

CLTの構造計算ソフトといえば、東京デンコーがルート1のものを出したのが記憶に新しい。ルート1じゃね・・・という落胆した設計者は多かったはず。もっとも最初に出してきたことに感謝ですが・・・。

しかし、今回ライフデザイン・カバヤ株式会社が開発した物は、グラフィカルなユーザーインターフェイス、ルート3まで計算できるという画期的な物だ。更に(財)日本建築センターの工法評定も取得したそうです。ルート1に比べて、設計が柔軟で、壁量を減らせるメリットがあり、CLTの普及が望めそうですね。

日本CLT技術研究所のホームページにあるものとほぼ同じに見えることから(まあ、カバヤが運営しているから当たり前ですが)、相当準備をして開発されたものと思えます。ルート3の解析は、今までMidasなどを使って非常に大変なものだったので、どうやって短期間で開発したのか?興味があります。また一般販売をするのかどうか?も気になりますね。