HOUSE-DOCの憂鬱 CAD下図

HOUSE-DOCという木造耐震診断ソフトを使っているのだが、ずっと使っているからこそ、このソフトの良さもわかるのですが、逆に悪い部分も目についてきます。前回、ほとんど基本機能をアップせずに建防協評価更新+使えない新機能でバージョンアップしましたが、実際使い勝手をアップするちょっとした改良などが少なかったのが残念です。私の周りでももう次のバージョンはないな、と思っている人も多くて残念です。ユーザー、特にヘビーユーザーは不思議なくらいメーカーの対応などを観察しています。そして物を言わずに去って行きます。木造耐震診断ソフトというものが、S56以前の旧耐震を主な対象にしている、という特殊性があるわけですし、次回あたりのマニュアル改定では新耐震が対象になると思われる向きもあるので、あまり手をかけていられないのかもしれませんが、他社の動きを見ていると市場の動きを見ながら、次の手を打ってきています。独自の機能もいいですが、より多くの人に使って頂ける努力をしていただければ、と思います。

さて、そんな今日の憂鬱は、HOUSE-ST1でもお馴染みのCAD下図からスパンピッチと軸名の設定。非常に斬新かつ便利な機能なのですが、ヘルプの解説も足りていないし、作りっぱなしなのか?利便性のアップもされていません。CAD図面を作っていると不用意なラインも作ったりしますし、読み込みプログラムのせいなのか?不要な通り芯が後ろにずら~っとできてしまうこともあります。それらを簡単に一括削除する機能など搭載してもらえないと安心して使えません。例えばX5以降を全部消すとか、チェックボックスで任意の通り芯を消せるとか?使っていない通り芯を消すとか、そういった機能が欲しいです。またCADの読み込み画面などに、ヘルプに描いてあるようなレイヤ設定の注意書きを書くとか、もっと使いやすくするための配慮がされないと、この機能を誤解したまま使う人も多いです。HOUSE-DOCやST1に入力する前に設計者がやることは、10人10色。そのため、レイヤに何が含まれてくるか?HOUSEシリーズに読み込むためだけに作っているわけではないのです。なので、簡易な方法を示すとか、もう少し作り込むだけでなく、情報発信をしてほしいものです。

まあ、どんなソフトでもそうなんですけどね。構造系の初心者向けソフトって、各社すごい神経を使って作っていますよね。それが上級者には非常にウザくなってしまうこともあります。操作が遅くなってしまうこともあります。HOUSE-DOCって速度の軽快さと説明書を読まなくても操作できることがウリです。しかし、ユーザーのところで教えたり講習会でしゃべったりすると、意外な機能が知られていなかったりするんですよね。上級者でも・・・。DRAにあったようなワンポイントを表示するとか、いろいろ工夫の仕方はあります。せっかく良いソフトなんだから、いろんなユーザーの声を聞いて発展していってほしいものです。

意外とよさげな重量904gのB5モバイルノート「LAVIE Note Mobile」

NECから1kgを切るB5ファイルサイズのモバイルノートが発売となりました。NECとしては非常に良いパッケージになっています。大学生向けと謳っていますが、ビジネスから家庭まで手軽に使える小さなノートパソコンです。

海外の小型ノートパソコンが5万円を切る展開のなか、強気な価格設定ですがNECというブランド、若干高スペック、鬼のようにもつバッテリーと、見るべきところがあります。

画面サイズは11.6型でフルHDを実現しています。バッテリーは12時間超と十分。それでいて約900gに納めています。海外勢がうす型軽量モデルを続々と出している今、それほどビックリするスペックではないのですが、大画面にこだわらず「そこそこ」をついてうまいパッケージだと思います。

上位機種にNM550/GAは、価格も139800円程度と高いが、メモリ4GBはともかく256GBのSSDは強力です。このクラスだと128GB以下がまだまだ多いですから。当然OFFICE込みです。

中位は。Core m3-7Y30でSSDが128GBです。普通中位をお勧めしたいのですが124800円と上位との価格差を考えると上か下に行きたくなります。

下位は非常に魅力的。「NM150/GA」と期待できないネーミングですが、中位よりPentium4410Yで無線LANスペックを落としただけなのに価格は104800円前後と非常に求めやすくなっています。CPU的にはこれで十分でしょう。普通は。

ありがたいことに、SDカードスロットもついているのでデジカメを多用する人にはいいですね。USB3.0が2個というのがネックと言えばネック。

デザインもスッキリしており、アクアブルーも素敵です。価格がもう少し下がればかなり人気機種になるのではないでしょうか??

個人的にお勧めのgramのニューゴールド(数量限定色)登場

大きさは大きいが軽量化した一番手は、昨秋からLGのgramでしょう。私も触ってみましたが驚異的でした。初めて触ったときのLavie Zと同じ感覚でした。

何せ15.6型という通常のノートパソコンと同等の液晶を搭載しながら1kgを切るわけですから。

性能もCore i5-6200Uと十分。メモリも8GB、256GB SSDと十分でした。最低限のインターフェイスも備えています。

難をいえば、バッテリーの駆動時間が7時間。まあ持ち運んでコンセントのあるところで作業するような大きなパソコンなので何も問題ないと思います。

価格も安くキーボードも良かったので私も導入を迷いましたが、結局現場で立ちながら使う事を考えて、選外になりました。

ニューゴールドも良さそうな色です。CADなどを外出先で使う人などにお勧めです。

資産運用と老後の備え

アメリカではトランプさんが大統領になって騒がれています。どこでもなかなか予測がつきにくいことが発生しています。今まで通り・・・ということはないでしょう。恐れることはないですが、いろいろ保険を打っておきたいです。

さて、私のように小さな小さな会社の経営者は、みな将来を心配し(もちろん誰でもですが)、その備えを考えるものです。日々の生活だけで!!!という人もいると思いますが、働けなくなった老後などの資金計画は考えておかなければならないことの1つです。父が亡くなって自分も四十路。もう若くありません。もちろん今までもいろいろな手を打ってきましたが、普通に考えても不十分です。まあ父と比べればですが(汗)。

恐らく現預金が少ないときはそれを考える必要はなく、いかに増やしていくかが課題になります。しかしすぐに下ろせるものだと、下ろしてすぐに使ってしまいますよね。人間って意志が弱いものです(私だけ?)そこで定期預金などに頼ります。しかし・・・歳をとると年月が過ぎるのがすぐで、すぐに下ろせる期限になってしまうんですよね・・・。私には向いていませんでした。積みに行くのも面倒で・・・・。

そこで積立預金です。これなら毎月出来ます!!今でもこれは一番ですね。株などと違って安全性も高いです。まあ増えませんけど。

そして次。たぶん保険屋さん年金保険や株や投資信託にいくんでしょうね。純金やFX・・・まあ様々出てきます。しかしトランプさんのような時期に始めるとどっちに転ぶかわからず最初から怖い目に遭いそうです。まあ経済を勉強するので少額・・・という人はいいと思いますが。額を突っ込むには怖い時期です。まあこの中だと保険屋さんの保険と年金のセットの物かな??安全性で考えれば。税控除もあるし。

昔だったら適格企業年金(廃止)とかもあったし厚生年金基金なども・・・でも雇用が流動化していますしこれらも正直過去の制度です。意外と老後の・・・というものは少ないです。自己責任の世界では厳しい状況です。

というわけで個人型確定拠出年金に辿り着きます。これは個人で運用する年金になります。原則60歳まで下ろせませんが老後資金と考えて取っておくには最適です。通称iDeCoといいます。個人で運用なので転職も安心です。主婦でも自営業者でも入れます。税制が思いっきり優遇されている(全額所得控除)です!!運用益も非課税です。受け取るときも「公的年金等控除」「退職所得控除」の対象です。まあよくぞここまで税金対策してくれたものだ、と思います。株や投資信託ならこうはいきませんからね。それだけでもメリットはあり、運用益がでなかったとしても長い目でみたらかなりのお得となります。

掛金は毎月5000円以上で、上限は公務員が月1万2000円、自営業者は6万8千円、専業主婦は2万3000円といった感じで変わってきます。やっぱり自営業者に手厚くなっています。設計事務所向けかもしれません(法人は2万3千円っぽい)。国民年金や厚生年金によって変わってくるみたいですが、国民年金、厚生年金で足りない部分を補うもの・・・という位置づけなのでそうなるのでしょう。若い頃でも5千円くらいだったら・・・と出来る人もいると思います。金額は年1回変更できますので、良く見極めて変更する必要があります。掛金拠出の休止・再開はいつでもできるので、急に失業!というときも安心です。

ちなみにごつく年間口座料とか取られるので、損するのでは?と思うかもしれませんが、所得税を払っていれば税負担の軽減がその金額を上回るので損することは希です(運用で損するのは別の問題)。

といっても運用なので、損するのでは・・・と思うのですが、実は運用対象は選べます。比較的リスクの少ない定期預金・普通預金なども選べます。他は投資信託です。運用商品は1本でも複数でも可能ですし途中で変更も可能です。なのである程度のリスクを取っても増やそうとするのか?安全重視でいくのか・・・何よりも長い年月日で平準化していくのでそこまでシビアに考えずに長い目で見ていけば良いのでは?と感じますね。特別な知識無しに、積立型投資信託で長く運用しようと証券会社の扉を叩くよりも手軽ですし節税になります(証券会社ほど商品は選べないようです)

受取(老齢給付金)は、年金、一時金、年金と一時金の併用の3種類です。障害給付金や死亡一時金といったものもあります。

60歳まで下ろせない、というのがメリットでもあり、デメリットでもあります。一般的に老後は不安な方が多いはずですので、少しずつでも貯めておく、という努力は必要です。そのなかでは一番手軽で節税にもなる個人型確定拠出年金は大きな選択肢になると思いますね。

ちなみに楽天証券でもやっているそうです。

 

SNAP・FAP-3・MED-3もネット認証に完全移行へ

最近SNAPをみると、SMAPと間違えてしまいますが構造計算ソフトです。SNAP、FAP-3、MED-3も仲良く?ネット認証に完全移行しました。それにあわせバグフィックス及び新機能が追加されています。これでUSBプロテクトが使えなくなりますが、構造システムのネット認証はソフトウェアが多くなく、一人で使うのであれば非常に使い勝手がいいので戻りたい人はいないでしょう。私は・・・面倒な部分があるものの、おおむねネット認証に好意的です。あとは災害時とかにならないとわからないですね。

意外とSNAPは追加事項が多いようです。使ってないからわからないけど。

カルキング365

いくら良いソフトでも、売り方や価格設定など間違えれば継続も難しいです。カルキングは非常に良いソフトながら、近年はパッケージなどで迷走していましたが、最終的に非常に良い方向で落ち着いたと思います。

カルキングは、数式表現だけでなく、その数式を計算してくれる非常に優れたツールです。なまあず本舗でも構造計算で非常によく使われています。価格はその手のソフトの中では安価なものの、一般的には高いと思われても仕方がない価格設定でした。そのためジャストシステムから限定版をだしたり・・・いろいろしていました。その結果非常にわかりにくくなっていました。

近年は、ダウンロード版の直接販売に落ち着きました。WEBの集客力を集めれば利益率も高いしアップデートなどの管理もしやすいです。また年間使用料のように、1年ごとの更新なので、購入時の負担が少なく、万が一使いこなせなくても!というリスクを低減できます。そもそもこの手のソフトは指名買いがほとんどでしょう。また長年使い続ける人も多いので、非常に相性の良い販売方法にたどり着いたと思います。

そして、製品構成も優れています。中学生や高校生向けのカルキング・ライトが出たのは非常に画期的です。確かにこの年齢で使う必要はないかもしれませんが、検算などで使ったり、レポートなどで使えば効率的ですね。しかも1年間1980円とソース○クスト価格はインパクトがあります。この年代は長く使い続ける人はいないかもしれませんが、毎年需要がありますし、将来、上位バージョンを買うかもしれない潜在顧客を作り出せるという点でも優れています。

サブスクリプション制をひいた、カルキング365がメイン製品となります。こちらはスタンダードとプロフェッショナルの2種類があり、価格が違います。スタンダード版は1台6250円/年、プロフェッショナル版は1台9500円です。結構金額差があるので悩むところです。嬉しいのが2台価格があること。若干ですが安くなります。通常価格で複数台使えるソフトが増えているのでケチだな~と感じる人もいるかもしれませんが、その分安価に抑えてくれているので個人的には良いと思います。法人用ライセンスやアカデミックライセンスパックも用意されております。サポートは年会費制になっており年10回までのテクニカルサポートを提供しています。まあ一度使い始めればあまりサポートはいらないような気がしますが、あるとないのでは大違いです。

海外勢も良いソフトを提供していますが、日本のソフトメーカーという点でも安心感がある株式会社シンプレックス。今後もお世話になると思います。数式作成・計算ソフトをお探しの方は是非ご利用くださいませ。

株式会社シンプレックスのホームページ(カルキングの購入・情報等)

 

3D設計をDRA-CADからSketchUPに変えると・・・

3D設計といってもいろいろあります。昔はきれいにパースを仕上げることを主眼とする場合が多かったような気がします。レンダリングに鬼のように時間をかけましたね。ただ現代では、設計から施工・管理まで一貫して考えるようなBIMなども普及してきています。

しかしもっと単純に検討したりモデリングしたりしたい場合もあります。昔、スチレンボードでやっていた作業をコンピュータ化したい人も多いと思います。そんなときは建築的な機能はほとんどなくてもいいわけで絵を描くような感じで作れた方がいいのです。

その点DRA-CADは建築的ですし(建築CADですからね)、モデリングも慣れればできるのですが、パースを作るためのツール感が強く、手軽に・・・というのは意外と制限があります。特に寸法を入れたり形状を検討したりするのは、DRA-CADでもできますが制約があったり面倒だったりします。

その点SketchUpは手軽です。昔みたいに無料だったら更に手軽なのですが(注:仕事で使えるのは有料版)。

もちろんSketchUPも2次元CADに比べれば習熟は意外と難しいのも事実です。無料時代に挑戦して挫折した人も多いはず。

その頃と比べると機能アップしていますしスピードも速くなっている(感じがする)ので、とりあえず現在の無料版で試してみるというのもいいかもしれませんね。

私はSketchUP 8を使っています。これは無料だからいいというわけではなく、使っているプラグインなどの関係です。変換などが弱いバージョンなので、必要に応じて有料版を購入する予定です。本当はとっくに購入しているはずだったのですが、他に資金を使ってしまって(汗)。

ユニオンシステム ご紹介キャンペーン

3月1日から8月31日と非常に長い申し込み期間を持つキャンペーンです。

ユニオンシステムの構造計算ソフトウェアの購入を検討されているお客様を紹介し制約すると紹介記念品がもらえるそうです。

景品が豪華で、以前も営業さんが自慢していましたが・・・。100万円以上、って結構難しいようにみえますが、一貫だったらそれくらいいきますからね。iPad mini4やPowerShot G9Xなんて品選びもセンスを感じます。

ちなみにライバル?の構造システムは3月31日までで同様のキャンペーン(名前まで同じ)を行っています(まあ一般的な名前ですし)。こちらの景品はカタログギフトかギフト券です。金額的にみれば、こちらも豪華。でも販売店なのでね・・・。いっそユニオンさんに紹介してしまおうか??なんて考えちゃったりして。まあ私は構造系設計事務所なので、どちらも繁栄してほしいというのが本音なんですが(汗)

CLTのパブコメ・告示化(あくまで感想)

なんでそんなに急ぐのか??わかりませんが、急ピッチに進んでいますね。誰が得するんでしょうか??

以下はパブコメ等から読んだ個人的な感想です。まだ告示は正式には出ていません。くれぐれも内容を鵜呑みにしないように・・・引用もお控えください

CLT(直交集成板)を利用した木造建築物の設計・施工ができるように、国交省は着々と準備を進めています。CLTとは、Cross Laminated Timberの略称で、ひき板を並べた層を板の方向が層毎に直交するように接着した大判のパネルです(日本CLT協会HPより。以下も参照にして書いています)。1995年頃からオーストリアを中心に発展してきた比較的新しい木質構造です。メリットは、寸法安定性の高さ厚みがあることから高い断熱・遮音・耐火性を持つことです。近年木質材料を使っていこうという日本においても魅力的な構法だと感じたに違いありません。通常の木造に比べて燃えにくいというのはポイントが高いかもしれません。日本でも2013年12月にJASが制定されています。

CLTパネルは国産材でも作ることができます。無垢材の良い材料が少なくなってきた反面、CLTに用いるような材(合板用として活用されるB材なども使える)は豊富なようです。輸入集成材に頼るよりは・・・というのもあるのかもしれません(すみません、あまり国産化に関しては知りません)。

CLTパネルと集成材の違いは、集成材は張り合わせる板の繊維方向が平行方向で張り合わせますが、CLTは直交しています。

CLTの建築での使い方は、壁式RC造のような感じですね。壁式RC造に比べた優位点は、軽量で短期間で工事ができること。断熱性でも多孔質な木のおかげでかなり良いです。強度も軽量な割に高いのです。耐火性も通常の木造よりもあるので、壁式RC造のシェアを奪っていくかもしれませんね。

3月8日までパブコメやっているので、覗いてみるといいでしょう。意見がある方も。内容的にはあまり問題がなさそうなので、恐らく4月頃には告示を公布・施行するでしょうね。

パブコメの告示案では、材料強度などが定められています。また構造計算の方法も60m以下の建物が対象で・・・という他の構造形式に近い区分です。CLTの場合、区分イ(31m超60m以下)は、ルート3(保耐or限耐・大臣認定)。区分ウ(31m以下)はルート2もしくはルート3、大臣認定。ここが一番多いと思うのですが、通常は適判で、ルート2に関しては、前回の改正であったように確認検査機関(主事)次第で、適判の対象外になるのも同じです。区分エ(3階以下、軒高9m以下、最高高さ13m以下)は、ルート1等。住宅などはここになるんでしょうね。日経アーキテクチュアの記事を見る限り、4号建物の場合、構造計算が必要なようです(ごめんなさい。私はパブコメでそこまで読み取れませんでした)。

パブコメを読んでの感想は、土台は必要なのか~とか、ラミナの方向も関係あるのかとか、耐風梁の補強どうするんだろ~とか色々。

個人的には壁式なのに、鉛直力のみ負担する柱を使ってもいいのは助かります。まあ耐火で・・・ってことでしょうか??

垂れ壁や腰壁パネルの両側には無開口壁を設けなければならないと明記されていますが、どれくらいのサイズなのかな~とか、あいまいにして欲しくないところです。

→90㎝ですね・・・意外と長いです。普通に低層で設計するならやはり共同住宅が適しているようです。

地下室にはやはり使えません、と思ったら外周以外は使える・・・面白い用途が思い付きそうです。

構造計算については、限界耐力や保有はちょっと読めませんが、ルート1とルート2は意外と簡単にできそうだな~と感じます。もっとも施工に関する知識がないと設計自体できそうにありませんが。壁量も15kN/m程度なら、形状の自由度はともかく設計しやすいと思うし、接合部を止める金物がきちんとしていれば、細かい設計は不要で、良い感じで設計できそうです。CLTやってから在来木造やっていると気が狂いそうになりますねえ。

耐火に関しては、準耐火では必要な燃えしろが、接着剤によっても異なるのが興味部会です。45分で3.5㎝(フェノール樹脂接着剤で耐力壁)、60分で4.5㎝とCLTならそれほど難しくなさそうです。共同住宅などで形状も含めて、在来やツーバイフォーから乗り換える業者も増えるのでは??と感じます。

まあしばらくはCLTパネルの入手性や、施工業者など問題は多いと思いますので、我々には無縁かな~と感じています。

以上はパブコメ等から読んだ個人的な感想です。まだ告示は正式には出ていません。くれぐれも内容を鵜呑みにしないように・・・引用もお控えください。

某ショップの商品を扱うらしい変なサイトを発見(重要)

最近、HOUSE-DOCを始めとする、なまあずショップ楽天市場店でしか販売していない、なまあずショップオリジナルの商品を販売しているサイトを見かけます。外国人グループなのか?なまあずショップ購入特典!なんて表現までそのままコピーしています。当然ながら、なまあずショップがオリジナルの特典を他社に販売したりしません。すべて彼らが勝手にやっていることです。怒りを覚えます。しかも大量にコピーサイトがあります。「なまあずショップ HOUSE-DOC」と検索すると本家よりも先に出てくるサイトすらあります。

彼らのサイトは詐欺サイトとネット上で騒がれているものもあります。安価ですが絶対に騙されないでください!!なまあず本舗は一切係わっていません。