今年の自分の花粉症計画2019

さて、そろそろ考えなければならない花粉症対策。

昨年は前半はほぼ完璧に抑えられましたが、その反動なのか?3月下旬から4月が非常にむごい状態になりました。油断大敵です。

今年は、前半は薬は少なめでいきたいのですが、既に鼻炎気味なので中旬よりアレルビを投入することに決めました。昨年効果があったマヌカハニーは少なめに、甜茶とジャバラ系を組み合わせて前半は乗り切ることにしました。

 

というのも、後半マヌカハニーがまったくといっていいほど効果がなくなりました。やはり同じ物では限度があるのだと思います。そこである程度効果が実証されているものをローテーションしながら挑んでいきたいと思います。

鼻マスクは昨年相性が良かったノーズマスクピットに。フィルターの厚みがあり、洗って再利用出来ます。洗って・・・はポイントになりにくいのですが、効果があることを優先しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノーズマスクピット スーパー(9コ入)
価格:1419円(税込、送料別) (2019/1/15時点)

楽天で購入

 

 

とりあえず3月上旬まで症状を抑えていきたいです。今年も飛散が多いようなので、こころしてかかります。

助成金などお得な制度を使う前に考えて欲しいこと

うまい話には裏がある。裏がないものなんてないはず。少なくとも私はそう思っていきています。もちろん自分にとってメリットだけ、という話もありますが、良く考えずに飛びつくと・・・。

今回某社長の1億円企画。私はあまり知らない方&企業(注:アパレルに詳しく無いだけです)なのですが、個人的には非常にすごいことをやったな、と思います。お金があってもなかなかできるものではありません。これに飛びついた人も別に問題ありません。あとの祭りという言葉もあります。祭りには参加したほうが楽しいに決まっています。

しかしTwitterには、リツイートであっても友達に知られてしまうというデメリットがあるのも事実。今回の祭りを恥ずかしいと思う人はそれほどいないと思いますが、リツイートを知られて嫌だな、と思う人もいるはずです。誰に知られたか?がわからないところが辛いですね。今回、偽物が多数出たことはニュース等で知っていると思いますが、私の知り合いでそこそこ立場がある人が、その偽物をリツイートしていました。それが流れてくるんですね。テレビにも出ている方ですから、これに騙されてそのフォロワーまで騙される危険性もありました。また、ああ騙されたんだ~と思われてしまうかもしれません。

最近のネットは個人情報を隠そうと思っても隠しきれるものではないです。意外なところから・・・怖いですね。私もたまにあるので自戒を込めて。

さて、今回のテーマは助成金。助成金がどうしても欲しい!!!みたいな方、多いと思いませんか?建築設計をやっていると助成金がらみの仕事って意外と多いので気になります。もちろん助成金を悪というわけではありません。助成金につられて本来の目的を見失わなければいいな、と思うだけです。

例えば、耐震助成。耐震診断や補強工事に助成金が出る行政は多いです。しかし意外と手続きが面倒で、手続きをやっている設計事務所に支払う金額も馬鹿になりません。これは「きちんとした診断・補強はある程度高い。だからある程度の補助金を出すんだよ」ということを理解していないと、利権だ、設計事務所がぼったくっている、助成金の意味がない、などと騒ぎ出すことになります。

エコポイントなども、得した気分で必要のない工事をやってしまうことが多いように感じます。リフォーム屋さんなど施工業者は当然営業ツールとしてそれらを使います。なのでエコポイントの使える工事だけ勧めるなんて善人はいません。エコポイントなどに釣られて高い買い物をしてしまうこともあります。

今年は消費増税後に新築・リフォームにポイント制度が始まります。消費税8%で駆け込みでやってしまうのが得か?ポイント制度が始まってからやるのが得か?考える前に、その工事が本当に必要か?考える必要がありますね。それらを相談できるところがあまりないのが気になります。できれば、設計事務所が行いたいところですが、それだけの余裕があるところは少ないですしね。建築士会や建築士事務所協会などで窓口を作ったらいかがでしょうか??国もそういうところに助成すべきだと思うのですが。なかなか利権などからんで難しいと思いますが・・・。

そんなわけで自己責任の世界ですから、まずは自分でじっくり考えましょう。その前にきちんとした情報を集めましょう。テレビなどの情報を鵜呑みにするのではなく、最後は自分で考えましょう。他人が得であっても自分には損・・・ということもありますよ・・・。

箱根駅伝(往路)しろなまず的感想

あっという間でしたね。今年は親族が午前中に集まり、ほとんどすべて見ることが出来ました。天候も良く、コンディションが良かったんでしょうね。予想外に好記録が続出しました。特に山(5区)は凄かったので、山登りのコツをどの学校も熟知して対策を講じたのとコンディションが良いのが重なったのでしょう。

気になった学校別にざっくりまとめると・・・

東洋大の往路優勝は大方の予想通り。一区西山君の区間賞も負けたら「もう少し離せたやろ」と言われそう。でも一年生から2年連続の区間賞!素直に喜びましょう。大きなリード持って復路に行けるが、意外と綱渡り状態だったような。1人1人が少しずつ良い仕事をしましたがリードは4区相沢君のおかげ。明日は追いかけられるので昨年みたいにならないように総合優勝目指してがんばって欲しいところです。

2位東海大は、長距離にうまく適合しようと頑張ってきた成果が今季になって出てきたご褒美のよう。前半なかなか順位を上げられなくても粘って崩れないでいた結果、4区、5区で2位に。しかも東洋との差を詰め、一番士気が上がった大学になったでしょう。

3位は國學院。1区以外はずっと一桁順位をキープ。5区浦野君の脅威的な区間新が目立つが、そこまでうまく繋いだおかげ。ごぼう抜きした他大でも低迷順位があることからもわかりますね。この流れで復路は安心して、シード確定、上位キープを目指せます。タイム差を考えると甘い展開は予想できませんが。予選会から勝ち上がって何処まで行けるか?楽しみです。

4位駒澤大。良い選手をそれなりに揃えても順位に恵まれない近年。予選会から勝ち上がってこの順位は手応えがあったのではないでしょうか?手堅く流れをつかみ復活して欲しいところです。今回のタスキリレーミスなど古豪復活にはほど遠いミスがありましたので、結果を出すしかないでしょう。

5位法政大。1区佐藤君の快走が続かないのが法政らしい。それでもなんとか踏みとどまり、頼りになる5区青木君に繋いだのは立派。やっぱり後ろが安心だとチームに粘りが出ます。その青木君は周りの快走で区間新ながら、区間3位。言ってくれればもっと早く走ったのに・・・と思ったかもしれないが、二桁順位からのジャンプアップで、私は往路MVPを差し上げたい。2区板東君も目立ちました(身長も)。ダークホース的な存在から脱却する為に、明日は3位以内を目指してがんばって欲しいです。

青学はそろそろ駄目な回もあるかな、と周囲に思われながらも頑張りました。5連覇がかかっていますしね。プレッシャーもあると思います。小さなほころびを王者らしくカバーしていきましたが、山で力尽きましたね。といっても竹石君の下りになったら速いんだぞ、と示せましたし、あまり調子が良さそうじゃない森田君をエントリーさせ快走させたのは青学らしいなと感じました。明日はすべてを投入してこのタイム差を追いついてやる、という気迫で臨んで欲しいと思います。

順天堂は一区がすべて。誰がエントリーしても嫌な予感はしたんですが(汗)。大エースを抱えるチームの一区って遅れること多いような気がしませんか?今回も日大とか・・・。その分ごぼう抜きという箱根名物は見られるのですが。塩尻君は見事でした。2区日本人ランナーの記録を更新したとか。必死さがあまり見えないスタイルですが、今回唯一のオリンピアンの意地を見せました。5区山田君も予想以上に走ってくれて順位を押し上げました。明日はすぐ前があのランナーなはずなので、ついていこうとせずに、すぐ後ろと一緒に・・・の気分でいってほしいものです。大崩れ要注意です。もう挽回してくれるランナーはいない(と思う)ですが、上位陣の大学も安泰の顔ぶれではないので、我慢のレースで上位進出へ!!

早稲田は大方の予想通り。シードだったことを忘れそれ以上でもそれ以下でもないので気落ちせずに明日に挑んで欲しい。この順位でしかも後続はすぐに一斉スタート。意外に位置がいいので、後のことは考えず堂々とシードを狙いに行って欲しい。タイム差からいっても、誰も責めないし、誰も笑わないから。一区で手応えを掴んだろう中谷君、4区で粘った千明君など一年生が育てば来年以降楽しみなチームになります。まずは今年1つでも上の順位でゴールしてほしいものです。

全体的に各大学のレベルが青学一強から、均一化された戦国時代に突入したと思うほど、好記録がでました。古豪は全体的に苦戦しましたが、各校時代に合わせたトレーニングや戦略を採り入れて切磋琢磨していて非常に期待できます。そんなわけで明日も楽しみ・・・ですがたぶん見られません。ココロの中で応援しております♪

 

箱根駅伝展望

謹賀新年

今年もよろしくお願いします。

さて、31日は仕事でしたが、1日はゆっくり過ごせました。昨年はインフルエンザで安静でしたからね。今年は将棋番組を見てすごしました。

そして2日。箱根駅伝です。東京オリンピックを控え、箱根OBの活躍が期待でき、箱根OBは大成しない、などというジンクスを振り払いそうです。まあジンクスはジンクスで、そもそも日本の陸上はそれほど強いわけではないので、そんな勝手な考えを信じず、今を頑張ってほしいものです。

今年の予想は5連覇、3冠を狙う青山学院が手堅いように見えますが、優勝した全日本などを見ていても、なんだかな~という空気が見て取れました。他大学も戦力が揃っているところはありますので、どんどん仕掛けて脅かしてほしいです。

母校は、昨年は箱根で例の幸運で、思いがけない結果となりましたが、昨年の出雲などの結果を見る限り、シード校としての顔ではなく、残念ながら順当だったと思います。戦力ダウンが予想通りになったわけで、悲観することはありません。今回、期待できない事前オーダーも、メンバー変更で闘う雰囲気になりました。中谷などが頑張って3区まで我慢すれば良い結果が望めると思います。

期待は、法政大と順天堂大。法政は往路やるき満々ですが、復路も悪くないので、地味ながら上が崩れれば楽しいメンバーです。順天堂はどうしても塩尻だけが注目されますが、他のメンバーも全日本で悪いところすべて出したので期待です(おい)。箱根経験者が多いのも強みです。

もちろん3強といわれる、東海大学と東洋大学も強いでしょう。なんか青学を意識しすぎているように見えるのが気になりますが。まあ気にしないと思うことが無理な青学の陣容ですからね(笑)。

私は子供の頃、箱根駅伝で好きになった大学を受験校として選び受験・入学したので大学イメージとしても大事ですね。そして今でもその2校を軸に応援しています。スポーツって不思議ですね。

すべての選手が力を尽くし、悔いの無いように頑張ってほしいものです。

今年を振り返る 10大ニュース しろなまず個人編

仕事納め。社会人になってから過去でも1,2を争うほど様々なことにチャレンジした年でした。また年始をインフルエンザでスロースタートし、3月4月に体調を崩しました。ついでに酒弱くなり、どうしたものか~と思いましたが、夏以降体調が回復し、12月には飲酒量が元に戻りました(汗)。そんな1年を簡単に振り返ります。

10位 ゴルフ どんどんスコアが悪くなる・・・

内容的にはパーやチップインがあったり、ドライバーが好調だったりと良い部分もあったのですが、如何せんフェアウェイでアイアンが駄目駄目だとこうなりますね・・・。来春リベンジです。

9位 体調不良から復活

1月のインフルエンザ、3月急に酒が飲めなくなる、4月の謎の体調不良など前半は散々でしたが、猛暑を期に復活。12月には酒もある程度飲めるように戻りました。12月は過去最高の忘年会出席を果たしました。まあ酒量は抑えていこうと思いますが。ジムにも通い出しました。来年は1年健康で過ごせますように。

8位 お世話になった方々の死

昔からお世話になっていた方の急死、病死の知らせが多かった年でした。ちょっと前に元気に酒を飲んでいたのに・・・という方もいて絶句しました。父の三回忌が終わり落ち着いてきたところでしたが・・・。お悔やみ申し上げます。

7位 過去最多の忘年会

もうカウントしていません。昨日が最終です。飲めなかった期間が長かったんで意外な結果です。本当に出会いも多い年でした。人と話すことが多い年で、振る舞い方もちょっと変わったかな。来年も良い出会いがありますように。

6位 いろんなグッズを作る

図書カード、トートバッグ、缶バッチ、名刺、広告、ノート、マンガ、キーホルダー、ストラップ、スタンプ、スタンプラリーのスタンプ、冊子、youtube動画、アニメーション、などいろいろなグッズを作りました。もうだいたい何でも作れる気がします(汗)。

5位 たくさんのイベントに参加・お手伝い

主に東京都建築士事務所協会・青年部会系が多いのですが、商工会議所や他団体のものも多かったです。久々にたくさんの経験を積めたような気がします。出会った方の数も段違いで、名刺の整理に苦労するほど。この経験・出会いを大切に来年に挑もうと思います。

4位 仕事の幅、広がる

独立者・転職者が相次ぎ、ただでさえ若いメンバーだった事務所も更に・・・。そして自分が仕事をする比率が高まる。そんななか、試行錯誤を繰り返しましたが、そもそも自分ができない仕事はできないわけで、できるものをどう受注するか?が課題となりました。インスペクション、木造新築・リフォームの構造監理、意匠設計など、構造設計でも新しい技術を身につけたり、ソフトウェアの開発、教材の開発なども。うまく適合しそうなものを来年続けていこうと思います。

3位 漫画・小説発行♪

今年は激しく忙しかったのですが、2月に小説発行、8月より「なまずくの耐震事件簿」連載(新宇野先生と共著)、11月より「ST1に恋して」を連載開始しました。漫画のネームもたくさん書いたし。例年継続できるか?わかりませんが、頑張って書いていこうと思います。

2位 後藤 構造一級合格

事務所OBの後藤が、構造設計一級建築士合格しました。若手の合格は嬉しいですね。青森で活躍していますが、今後も一層活躍してくれそうです。頑張ってください!!

1位 将棋はまる

本当にはまりましたね。春先から。abemaTVなどで将棋番組を見たり、将棋ウォーズデビューしたり。将棋会館デビューもしましたね。初段を目指してトレーニングしています。将棋の漫画もいろいろ読んだり・・・。来年は絶対に初段になります!!

今年は、ランキングには入っていないが衝撃的なこと、大事なこと、苦しいこと、楽しいこといっぱいありました。年末年始、皆様も一年を振り返ってみてください。そして来年の目標を立ててみませんか?

建築とITのフォーラム2018

行ってきました。テーマは「建築業界の新しい潮流 ~サステナブル、免制震、AI、BIM、FM~」と非常に欲張った?内容です。まあ何やってるんだろう??と興味をそそるにはいいかもしれません。講演は3つ聞いてきました。

一つ目は「人工知能はどのようにして名人を超えたのか?そして我々の未来はどうなるのか?」を将棋AIソフトで有名なPonanzaの開発者でもある山本一成氏が講演しました。プレゼンシートは明らかにパワーポイントではない。恐らくPreziでしょう。動きがあるプレゼンは新鮮ですが、正直使い慣れているとは思えませんが、プレゼン慣れしているようで楽しく聞けました。人間は人間が好き!という部分はなるほど!と思いましたね。将棋AIソフトの話題が減ってきた理由もよくわかりました。建築でもAIを利用した自動設計の開発などが囁かれていますが、果たしてどのようになるのか?今日の講演を聴く限り、建築業界にもその波がくるのはそう遠くないな、と感じました。

二つ目は「BIM導入による構造業務の変革について」を大和ハウス工業の宮内尊彰氏。最近、BIMがどうなっているのか?あまり知らなかったので興味深く聞きました。正直現在の状況はそれほど進んでいるわけでもなく、驚くべき事はありませんでした。ようやく実用になりかけたかな?程度で、まだまだこの先に大きなブレークスルーがあるような気がします。それでも大手ならではのしっかりした取組を聞けて有益でした。

三つ目は「BUS-6」と「Revit」の新しいデータ連携。構造システムの秋の新製品の目玉ですね。BUS-6 +Revit Opの紹介です。まあ小さい設計事務所には無縁の・・・とは思いますが、これが普及していくと構造設計者の立ち位置や業務内容も変わってくるので無視できない動きですね。中間ファイルを使った今までの「変換」に比べ、ファイルが1つで誤変換も発生しないはずの手法のため、より精度が高く効率良い運用が目指せます。中間ファイル方式のIFCやST-Bridgeがイマイチという評価の今、それらを完成に導くより良い、と判断したのでしょうか??

全体的に講演は盛況だったと思います。構造設計の人間だけでなく部材メーカーの方々も多数見かけました。BIM主体だったので、普通の構造屋さんみたいな人は少なく感じました。

講演会場の外には、パソコンが並べられ、各社のソフトのデモなどが行われていました。知った顔もチラホラ。デモの仕方はもう少し工夫しないと・・・と感じます。まあ派手さがない業務用のソフトですから仕方ないのですが・・・。

 

派遣社員に送別会は必要か!投稿でネット炎上を考える

元記事はこちら

派遣社員に送別会は必要か!投稿でネット炎上 アナタの会社ではどうしてる?

3月末。どこでも送別会や歓迎会の企画まっただ中。個人的に派遣社員であろうと、普通の写真であろうと、何らかの事情が無い限りやったほうがいい、と思います。ただ事情がある場合もあります。そんな場合は割り切りが必要です。とりあえず区分で・・・というのは無しかな~と思いますし、上記の記事が上がってくるだけでもちょっと悲しいです。

昔私はフリーのアルバイターで京都で働いていました。1年限定で雇って貰いました。非常に仲良くしていただき感謝でした。見知らぬ土地でのフリーター生活は満たされていたのですが、なんと当たり前のように送別会を開いてくれました。そして二次会も・・・その二次会中に飛行機がビルに突っ込んで・・・というニュースが流れました。そう9.11でした。なのでその日を絶対忘れません。

私がいたその店は残念ながらなくなりましたが、会社は残っていて(まあ大きなところですから)、今でもそこの通販で物を購入することが多いです。若い頃の良い印象が残っているからです。何より行き詰まっていた私を拾ってくれて送別会まで開いてくれた恩を感じています。正社員であれ派遣であれ、働いていたことに感謝を感じる・・・というレベルまでは必要ないと思いますが、良い印象で次にいっていただく努力は必要だと思います。お互いのためにも。きれい事かもしれませんが、私は京都で強くそのことを感じました。

出会いと別れのシーズン。私の会社も一名また去ります。新たに一緒に働いてくれる方を募集していますが、今のところ応募はゼロ。新たな出会いに期待して待つこととしましょう・・・。

今年の自分の花粉症対策(備忘録)

毎年記録を忘れるので今年はここに書いておきます。別に効果があったとか紹介する内容ではないので、念のため。

1月下旬にアレルビを購入。一日一回飲む。予防の意味と鼻炎が酷かったため。甜茶と点鼻薬を鼻炎用に利用。点鼻薬はすぐに効果があり鼻炎もアレルビのおかげか?おさまったためすぐに利用をやめる。じゃばらの飴を一日1~2個舐める。これは予防のため。

2月中旬より咳対策にマヌカハニーを導入。どうも鼻炎にも効果があるようなので、マヌカハニーの飴をなめるようになる。花粉症前段階で鼻炎や風邪の症状が治まり珍しく良い状態に

3月2日発症。鼻マスクかマスクの利用を開始。鼻がむずむずし出したあとに、マヌカハニー飴をなめると症状が治まりやすいことに気がつく。点鼻薬を再開(症状がでたとき、2日に1回程度)、アレルビも1日2回に変更。マヌカやじゃばらの影響か症状は軽い。

3月10日症状が顕著になる。ただ鼻をかむ回数は例年に比べて激減。少なくとも事務所で仕事中はほとんど気にならない程度。点鼻は朝のみ、マヌカハニー飴は事務所でむずむずしたら舐める(1日1回)。ジャバラはそれ以外の時間に1日2個ほど舐める。

3月13日昨日はマスク無しで過ごせたものの、今日は無理。鼻マスク+アレルビ+マヌカハニーで午前中は乗り切る。

今年は自分でできそうなことはすべてやってみましたが、それなりに効果がありました。例年だとヨーグルト(駄目だった)、鼻のどあめ(駄目だった)、じゃばらジュース(駄目だった)とか、いろいろやってもあまり効果がなかっただけに、久々に手応えはありました。ただお金がかかりましたね。アレルビはアレグラFXより若干安いとはいえ、毎日飲まなければならないです。マヌカハニーは高すぎます(・・・)。効果があったのは飴ですが、飴も良い物を使わないと効果がなかったです(その辺で買える物は効果が無かった)。点鼻薬だって馬鹿にならない(1季節1本)、その他良いと言われるもの(じゃばら飴や甜茶)もそこそこお金がかかります。そしてマスクは安価とはいえ、人に会うときに避けたいので鼻マスクにしていますが、鼻マスク高すぎます(涙)。私が使っているのは再利用出来るタイプでだいぶコストダウンしましたが、それでもね・・・。

今年のデータを来年に活かすべく、また新しい物も試していきたいと思います。

梅ジャム転売はやっぱり悲しい

梅ジャム

一応駄菓子屋もやっている(本業ではありません。念のため)私から見ても、今回の梅ジャム騒動は悲しい。

事の発端は、「梅の花本舗」の高林さんが、昨年末に「元祖梅ジャム」の製造を終了したことから始まる。長年お疲れ様でした!とねぎらいたいところでしたが、ネット上だけでなく、現実社会でもおぞましき事態が発生しているのをご存じでしょうか?

ネット上では、梅ジャムのヤフオクやメルカリなどで転売が横行しています。別に普通のときでも出品している人はいたので、出すこと自体は悪いとは思えませんが(食品なのでできれば避けて欲しいと願っています)、一般販売価格の10倍以上の価格で明らかに転売している人がいるのは気になります。まあ本当に在庫がいっぱいあったり、自分が食べないから、という人もいるんでしょうけどね。

そこはなんともいえないのですが、このニュースが流れたあと、駄菓子屋や駄菓子問屋にいっぱい梅ジャムの問い合わせがあったことです。なかにはニュースをみて思い出して一個だけ買って楽しむお客様もいますが、「なんでないの?」とか凄んできたり、「箱買いしたいので仕入れて」とか命令口調で常連でもないのに言ってきたり・・・明らかに転売目的の電話が大多数だったのが悲しいです。みんなネットで調べてありそうなところにかけまくっているんでしょうね。

知り合いの問屋に聞いても困っているといっていました。一生懸命作ってくれた方に報いるためにも、このように転売して儲けようとしている人に流したくはないですね(ちなみに私の関連する駄菓子屋はすべて売り切れています。念のため)。

そんなきれい事を・・・と言う人もいると思います。人それぞれ考え方が違うので強制するつもりもありません。ただ、そんなことに振り回されて生きたくないな、と思います。梅ジャムにはあまり思い入れがありませんが、誰か後継者が出てきてほしいな、と思います。某駄菓子屋も将来的には何らかの駄菓子製造ラインを持つことになりそうですが、今ではありません。そのうち体制が整ったら・・・と考えているようです。実現すればいいのですが・・・。

「京王ライナー」に決定。2月22日ダイヤ改正で有料運行開始!!

はい。私もよく使う京王線。新型車両は一般車両として既に運行していますが、ようやく有料運行を開始します。本日詳細が発表になりました。金額は通常料金+400円。名称は京王ライナーという「平凡」な名前に。

運行は平日・土休日とも夜間時間帯を中心に京王八王子行き5本、橋本行き5本の10本のようです。20時台からということで、混雑して遅い時間限定・・・ということのようです。最終は0時台とかなり攻めています。

攻めていると言えば停車駅。最初の停車駅は八王子方面はなんと府中!!調布を堂々と通過します。橋本方面も京王永山です。長距離乗客向けで乗降を考えた良いアイデアだと思います。

私もこの車両乗ってみましたが新しいこともあり快適です。ロングシートであっても1つ1つの席が確保されているので座りやすいです。これがクロスシートになるわけですからね。席も座りやすいし、コンセントや無料Wifi、空気清浄機も設置されています。

個人的な話ですが、府中を中心に動いている私は、使いたい!!と思ってしまいます。新宿の次の停車駅が府中というのは夢のようです。もちろん400円かかること、必ずしも座席を確保できるわけではないこと、など不安点もありますが、疲れたら利用したいな、と思います。