タワーマンションの防災力

なんか、災害のたびにタワーマンションを叩いている方々がいますが、少なくとも何も防災していない建物より、研究を重ね最新の技術を投入してきたタワーマンションのほうが安全確率は高いです。ただ、どんな対策にも絶対はないです。そして数が多いほど被災するものが増えるのは当たり前の事。木造住宅が地震に弱いというイメージも、数が他に比べて非常に多いから被害数が多いわけで、すべての木造が弱いわけではないのと一緒です。火事に対しても同様で、想定外な事象ががあれば、鉄筋コンクリート造であれ被害が大きくなるのは、京都アニメーションの事例を見ればわかると思います。タワーマンションも今となっては非常に住んでいる人が多い珍しくない存在になってきたので、被災するものが出てきてもおかしくはないです。(参考:急増タワマン、都市防災の死角に

今回の台風19号に関して、多摩川沿いの武蔵小杉駅周へのタワーマンションが話題になっています。タワマンラッシュでたくさん建っていますが、台風19号で冠水が多かった地域です。一部情報が出てきているマンションでは、大雨で地下3Fにある電気システムが冠水により影響がでて停電→断水→エレベーター使用不能と生活に必要なインフラが使えなくなっています。停電に関しては非常用の発電設備を設けているところも多いのですが、さすがに水が入っては・・・恐らく地震を想定した設備なのでしょうけど、大雨に関しての防備が若干薄かったのかもしれません。

しかし建物自体は今回も無事であり(冠水を除く)ました。完全に安全なものはないのですし、タワーマンション特有の弱点もあるわけで、対策は木造住宅とは異なることが必要になると思われます。また風には壊れる心配は少ないでしょうけど、揺れるのもタワーマンションなど高層建物の弱点でもあります。

住むところの選択は、1人1人が持ち合わせており選択肢は、数多くあります。そのなかで選ぶときに、どのようなリスクがあるか?を考えておきましょう。タワマンは安全なほうな選択肢の1つではありますが絶対ではありません。風の揺れが嫌なら高層階は避けた方がいいし、いざというときの階段の上り下りが嫌なら選択肢から外すことも考えなければなりません。ただどうしても悪い方だけをネットに書かれがちなので、そこは割り引いて考えなければなりません。それは一戸建ての住宅だろうが、アパートだろうが同じです。

 

台風19号の教訓の私的備忘録1

台風19号は、大型で猛烈な台風で、先日被害がでた15号とは比べものにならないほど大きい。そして通常西日本や東海に上陸してから関東に影響を与える台風が多い中、ほぼ伊豆、関東を直撃上陸してくる珍しい大型台風でした。先日15号で被害がでたこともあり、かなり厳重な警戒と準備をして望みました。その結果、一部河川で決壊による水害が発生したり、死者もでましたが、当初の予想ほどの被害になりませんでした。予想は最悪の事態を想定・・・なので予想通りになっては困るのですが・・・。今回個人的に「予想のような被害がでない」という予測の元、台風情報をつぶさに観察、また周囲を見る機会に恵まれました。あくまで個人的な視点で備忘録として府中を中心に記載したいと思います。

台風19号翌朝の多摩川

<多摩川決壊の恐怖と市民行動>

結果的に台風上陸後は数時間で通過し、その後風は残ったものの、多摩川上流を含め雨はおさまったため、多摩川で大きな決壊・氾濫はありませんでした。それでも12日の雨量は凄く、台風上陸前までに多摩川が氾濫する危険性がありました。

twitter民を中心に情報発信が個人から出る中、デマ情報や基礎的知識が薄い方からの多摩川氾濫の情報や写真がかなり早期から出回りました。堤防から水が溢れるように見える動画などが拡散されました。その一部の動画は意図的に情報をコントロールしたいがための動画だったりアクセスを増やしたいから、のようなものもありました。twitterの情報はリアルタイムな反面、そのような個人の意志や知識不足からの情報もあるので、すべてを信じてはいけません。多摩川は奇跡的な粘りを見せ、大規模な氾濫を防ぐことが出来ました。これは関係各所の努力もありますが、あくまで自然の気まぐれ。もし上陸後の台風の位置関係が・・・とか条件がちょっとでも変わっていたら大規模災害になっていたかもしれません。が、かなり煽ったtwitterの発言も多かったです。twitterは参考までに・・・にしておかないと痛い目にあうかもしれません。また発信者もだれでも見ることができるメディアなわけで、ある程度責任をもって発言する必要を感じます。デマ拡散はもってのほかです。

府中ではそのような個人発信の情報がある程度出てから避難勧告が出ました。出てから府中市の動きは非常に迅速でした。惜しむらくは、避難開始をもう少し早くだせていたら、暗くなってからの避難をもう少し防げたのでは?ですが、結果的に氾濫する可能性は少なかったことから、妥当な判断だと思います。エリアメールは五月蠅いとの意見も多かったですが、年配者が使うガラケーなどでも情報が言ったため広く行政からの情報が周知できたと思います。避難所などでは一斉になって本当に五月蠅かったと思いますが・・・。

避難所への避難は大雨ですから車で移動した方も多かったです。そのため近隣道路が車で埋め尽くされる・・・こともありました。緊急時だから仕方がないのかもしれませんが、車両の通行の邪魔になることもありました。府中でこのように大規模に避難所を設営したのは初めてのことだと思います。今後の課題だと思います。また避難所へのペットの連れ込みでもめたり、いざ行ったら避難所が満員だったということもありました。正直個人的に、そんなに避難が進んでいたとは思っていなかったのでびっくりです。とにかく明星のような私立、刑務所の体育館など使えるところはすべて使う姿勢、協力体制ができていたことは今後の災害でも心強いです。今回は府中市的には被害が軽微だったので、良い訓練と情報収集になったものと思います。

避難所が満員になるところが多かったと言うことは、それだけ今回の大雨に恐怖を感じた方が多く、また多摩川の決壊の可能性を住民が感じたからだと思います。それでも無関心の方が多くいたのも事実。災害が少ない府中で、なかなか災害対策は難しそうです。

また、個人宅での停電でパニックになって外に飛び出して車にひかれそうになった人もいました。また雨戸を閉めていないで在宅している人もいました。前回の台風15号で自転車が倒れていたアパート、今回も何も手を打たず自転車が倒れて散乱していました。停電の可能性から、家電量販店からモバイルバッテリーが消え、スーパーやホームセンター、コンビニから、調理しなくても食べられるパンが、消えました。カップラーメンや水も一気になくなりました。ホームセンターではレジ待ち30分なんてところもありました。情報が多いからこその、統一したかの行動も多いですね。そういえば、米印に養生テープやガムテープをガラスに貼っている家、かなり多かったですが、効果が薄いだろうな、という貼り方も多かったです。ネットやテレビで拡散されたのだと思います。車の冠水が怖くて、コイン駐車が可能な商業施設(閉鎖中)に車を入れようと行列も出来ていました。今後の課題は残ります。

 

清里で夏休み 2日目

避暑地といえどもエアコンは必要になってきたようです。そういえば北海道でもそうなってきたと聞きました。若干寝苦しかったです。まあ寝られないレベルではありませんでしたが。台風で猛暑になったわけで仕方がないのかもしれません。私からすれば十分涼しかったですが。

さてゆっくり休んだので、朝飯を食べたらすぐに清里テラスへ。八ヶ岳府中山荘から本当にすぐです。まっすぐ行って右に曲がれば・・・です。もっとも歩ける距離ではなく車で・・・という話ですが。

9時前ですが、すでに頂上に行くリフトは稼働中。受付に並ぶまでも無くチケットを買って、すぐにリフトへ。高所恐怖症の私にはちょっと辛いです。

清里テラスはスキー場を利用した山上のテラスです。最近いろいろなところで似たようなものがありますね。昨年は本当に大混雑だったらしいです。

雲が多く絶景!!ってほどではありませんでしたが、時折雲がとれて、非常に気持ちが良い景色を満喫できました。写真は、よく目にするソファーのようなものより高い所です。あのインスタ映えする場所よりも景色が良くお勧めです。

早めに山を下りたら、びっくり!!大行列でした(汗)。我々が来た8時台はがら空きだったのに。観光地は怖いですね。常に早めの行動が吉でした。

清里テラスのチケット購入待ちの行列。建物の中もかなり長い行列が。前売り券は買っておいたほうが吉です。

陶芸やサンドブラストなど体験できます。チケット購入の列の隣でやるのですが(汗)

早く降りたので、体験工房でサンドブラストの体験。先生が丁寧で楽しく教えてくれて良かったです。こんなふうになれたらいいな・・・。

まだ午前中でしたが、美し森へ。ここは清里テラスよりも山荘よりで更に近いのですが、やはり景色の良い展望台です。

美し森。清里テラスよりも標高がかなり低いですが、森が樹海のようで迫力があります。登山が必要ですが、それほど登らないので登山装備出なくても安心です。

ちょっと歩き疲れましたね。運動不足まるだし・・・。山頂でソフトクリームを食べました。次はまきば公園です。

まきば公園は、牧場をテーマパーク化したような公園です。牛はいませんが、ヤギや馬など触れます!!そして広いです!!!正直歩くのがつらくなってぐったりです・・・。今日は暑いです。

まきば牧場

買い物がてらに、萌木の村へ。萌木の村は、買い物やお茶など気軽にできるので、観光に飽きた方に最適です。あのメリーゴーランドもここです。最低限のお土産なども買いました。

さすがに疲れたので、昨日と同じ灯明の湯へ。相変わらず空いていて気持ちよかったです。その後夕食を早めに食べて宿へ。比較的にゆっくり過ごせてリフレッシュできました。清里はいいな。また来たいです。

 

 

清里で夏休み 宿編

初日宿にチェックイン。泊まったのは八ヶ岳府中山荘。市の施設です。非常に安価で泊まれる(市民なら一泊800円)し、シーズン価格などはないし、繁忙期が一般と若干異なるということで、うまく予約が取れるならかなりお得に過ごすことができます。予約すれば夕食や朝食も食べる事ができます。バーベキューもできます。花火もちょっとしたものなら出来そうです。

良いことづくしのように見えますが、基本林間学校用の施設。チェックインやチェックアウトの時間はかなり限定されますし、部屋は自分で掃除してからチェックアウト(しかもチェックが入る)、浴場を使える時間も短かったり門限が10時だったり(鍵閉まります)、冷房が無かったり(通常は夜涼しいので大丈夫ですが)、部屋内は基本何もない(お茶も座椅子もありません)、アメニティも何もない、と自由に過ごしたい人にはいささか難しい施設でもあります。お土産もおかしも買えません。自販機でジュースやビールは買えますが、正直ラインナップは貧弱です。しかしそれを納得の上泊まるなら、広めな部屋、話題の清里テラスに(車なら)すぐ行ける立地で意外に便利です。泊まっている人は、やはり通常のホテル等なら高額になりやすい大家族(子ども連れ)ですね。あと中高齢の夫婦らしき方々もチラホラ。

今回もお盆休み付近なのに空き部屋がありました。秋や林間学校シーズンはなかなか予約がとれないようです・・・。

あと府中の資料を読めるのも魅力。もう少し時間があったら統計データなど読みあさりたかったですね。何もないからこそ、落ち着いて休めました。機会があったら利用してみてくださいね。

 

清里で夏休み 初日

夏休みをずらし、社員全員の休みが終わった後、前半戦のご褒美に夏休み!!を頂きました!!!!!!!ありがとうございます♪

しかも・・・三連休です。しかも突然ではなく予定をきちんと立てて!!新婚旅行ですら一泊二日でしたからね(遠い目)。というわけで清里に行ってきました。

金曜日、社員が通常通り仕事をするであろう朝に府中を出発。ちょっと罪悪感あり。中央道を愛車TANTOで飛ばす。平日とはいえお盆休みの方もいらっしゃるので混雑の予想は難しい。できるだけ早く出たかったのですが前日までの疲れで若干遅めに。ただ昼飯を清里で食べられればいいので、そんなに早くでる必要はありませんねえ・・・。

談合坂SAを予定通り通過。車はやはり少ない。双葉SAで若干休んで軽く朝食をとり、ほぼ予定通り須玉ICを下りて一路清里へ。実は双葉SAでは清里テラスの割引前売りチケットを買う予定でしたが台風の影響で発売しておらず・・・天気には逆らえません。あとで書く予定ですが清里テラスでチケットを買わないほうが良いです。できれば事前に入手しておきましょう・・・。

さて中央道を下りて最初の目的地は、道の駅南きよさと。ここは私にとって佐久方面に行くときに必ず立ち寄る休憩所。買い物も散歩も楽しめる大型の道の駅で、なんとケーブルカーまであります!!今回初めてケーブルカーに乗りました。傾斜40~45度のケーブルカーは高所恐怖症の私には怖すぎますが、景色は非常に良いです。特に何かあるわけではありませんが空気は美味しいし、ゆっくりできるのでお勧めです。ケーブルカーは解説してくれる運転員の方がいて安心で楽しいですよ。

道の駅南清里のケーブルカー

次は昼飯。予定通りちょっと早めに到着したので、甲州ほうとう小作の清里高原店も空いていました。ただ若干の差でしかなかったらしくすぐに満員。シンプルかつボリューム満点のほうとうを楽しみました。かぼちゃボリュームありすぎで大満足です。

かぼちゃほうとう

そのまま清里駅周りをドライブ。噂通り廃墟のように閉店した店舗が並ぶ。学生時代は憧れの地だったのですが。いまでも観光名所いっぱいで動きやすい観光地だと思っていたのですがやはり噂は本当でした。

そのまま北上し、こちらも私お気に入りの温泉「灯明の湯」へ。あまりオープンしていることがない温泉です。ナトリウム・マグネシウム炭酸水素塩・塩化物温泉で、淡い緑色です。温泉の価値は源泉の泉質だけでなくそれを活かす工夫だと思うのですが、ここは、内湯は熱交換式で加熱、外湯は低温ですがそのまま源泉を使っています。冬は知りませんが(・・・)夏はさっぱりして適度に冷たい温泉です。30度ほどでしょうか??疲れが取れて良いですね。あと知名度が低い?のか、それほど客が多くないのもポイントです。清里からそれなりに離れていますが是非立ち寄りたい温泉です。嫁も満足してくれました。

灯明の湯で将棋を指す。2つ駒がないので碁石で代用。

あとは野辺山の鉄道最高地点によってから、宿泊地の近く、清里高原チーズケーキファクトリーへ。ここはコーヒーゼロ円が有名ですね。鳥が窓際に来るのでそれを目当てにくる客も多いとか。コーヒーもセルフでケーキもレジで精算して・・・という一風変わったシステムです。内装もお洒落でゆっくり出来ます。

鉄道最高地点神社

清里高原チーズケーキファクトリー

というわけで今日はここまで!!宿へ・・・それは衝撃なので後日・・・

 

結局買ってしまった空調服KAB-10は、控えめに言って最高!

今日は一日中幼稚園の耐震診断の現地調査。別に体調が悪いわけではないのだが、そろそろ夏バテしそうなので、奮発して買ってしまいました。 あのYAMAZENのKAZEfitシリーズのベストタイプKAB-10。

 

さすがに今シーズンの商品で工夫されています。主にホームセンターで扱われている商品で、普通に通販より店頭のほうが安かったりすることもある商品なので、安価な店頭商品を見つけたら迷わず買いです。私もかなりお得に買えました。

ベストタイプなので手元でメモなどすることが多い耐震診断でも問題ありままたせん。生地はポリエステル100%で薄めです。接触が多い仕事だと気をつけないといけませんが、縫製、作りとも必要十分です。軽量で助かります。

バッテリーは2600mHhと十分です。しかしこのバッテリーはかなり優秀です。バッテリー自体に操作ができるスイッチと液晶を備え、充電中でもどれくらい充電できているかが一目でわかりますし、使っているときもどれくらいバッテリーが残っているかわかります。また、四段階で風量がコントロールできるのですが、4のターボはかなり強力で3時間30分使える計算です。1の弱は12時間半使える計算です。本日33度程度の室内での作業でしたが、1で十分でした。朝9時から15時まで使いましたが、まだ半分残っていたのでほぼ計算通りかな?と思います。かなりもちますね!!難をいえば、バッテリーをベストの中に格納できて安心なのですが、使っているときは風量切り替えは、前面のジッパーを外さないとコントロールできませんし、バッテリーの残も見ることができません。これは来期の商品での課題ということで。実際にはバッテリーが持つのであまり気になりません。

着心地なのですが、やはりある程度大きめのものを選んでおくと良いです。私はLを買いましたが、体から空気層が出来る程度でちょうどでした。ただ嫁に着させたらもっと余裕があって効果がありそうに見えました。ただ膨らみすぎてしまうので、やはり適正な大きさはあると思います。今回のように耐震診断である程度動く・・・というときはそんなに余裕がないほうが動きやすいかもしれません。

肝心の効果ですが、控えめにいって抜群です。普通額に汗ダラダラのシーンで、ダラダラ汗が出ません。もちろん出ているのですが、クビから涼しげな風が抜けて冷やされるので汗が流れません。背中が冷やされると言うより、首の後ろが冷やされる感じです。腰が冷やされる・・・という他の商品レビューを見たことがありますが、これは大丈夫そうですね。逆にエアコンがちょっと効いた部屋に入ると首が寒すぎることがあります。

体力の減り方が抑えられるのが実感できるほどでした。特に頭脳労働も必要な耐震診断時は、頭がもうろうとしてくるのですが、冴えたままでした。これはビックリです。おかげで普通より早く診断が出来ました。重量はバッテリーを含めると125gほどですが、汗が肌着に残りにくいので重さはほとんど感じません。

あとポリエステルということで、ベストがびしょびしょになる予想でしたが、私の場合は、空気がベスト内で対流するので、肌と接触が最低限になっているので、ほとんど濡れませんでした。なので毎日洗わなくて良いこともありそうです。

日が当たらない室内の作業ではサラサラの汗がすぐ蒸発するようなシャツ一枚で、屋外では日を避けられる長袖タイプのシャツで、などいろいろ工夫して見るといいでしょう。私はTシャツにベストをそのまま着ましたが、効果抜群でした。腕に汗が・・・と思ったのですが、意外に出ませんでした。体温上昇が抑えられているからでしょう。

欠点としては、背中から空気が抜けるので、背もたれに寄りかかる用途、例えば運転などでは効果が少ないだろうな、ということ。また背中にファンがあるので、寄りかかるのが難しいこと。体が大きく見えてしまうこと、音がそこそこ気になること。音はマックスにするとうるさいです。やはりこの製品は弱で長時間使い続けることが良い使い方なのではないか、と思います。

いざというときにソーラー充電器と中型のバッテリー

震災などが発生すると品薄になる太陽光関連。家庭用は助成金が減った途端導入が減っていますが、ポータブルタイプは暑すぎるのか?関係ないけど下火です。それでも価格がこなれてきており、購入するチャンスの時期であるのは間違いないです。在庫ありますから。昔に比べて温度耐性も良くなっていますし、中型のものはアダプターなど含め汎用性が優れています。私がもっているのはこちら・・・

 

この商品、記事を書いている日時点で800超というレビューが書かれている通り、楽天でもベストセラーになっているポータブルタイプの太陽光パネルとバッテリーのセットです。カバンに入れるとか関係なければ、太陽光パネルはコンパクトにたためるし、バッテリーは小型です。そしてほどよい性能と価格バランスが購入検討者の心をそそるのです。

太陽光パネルは、60Wでノートパソコンも直接充電できるレベル。軽量で折りたたみができる商品ながら折りたたみ部分などは頑丈で安心感があります。また防水なので若干の雨が降り始めても安心です。ノートパソコンのプラグなども豊富についています。まあこのセットなので普通はセットのバッテリーに充電するので余計なものは不要かもしれませんが。

バッテリーは本当に小型軽量ながら超多機能です。11.1V 13500mAhとまあまあの容量があります。太陽光パネルで非常用と考えれば十分です。もちろんもっと大きなバッテリーが持てるのならそれに越したことはありませんが。家庭用コンセント、車のシガーソケット、太陽光パネルから充電ができます。うれしいのが、USBが4口もあり、家庭用コンセントもあること。この容量だとそんなにたくさんは供給できませんが、非常時には安心感がある仕様です。

これで扇風機もそこそこ(風量にもよるが5時間程度か?)回せます。携帯も数回はラクラク充電出来ます。なにより災害時に一時的にしのげそうなポテンシャルがあります。一家に一台いかがでしょうか??

こんな感じで庭先で充電しています。バッテリーの小ささに注目。パネルも折りたたむとコンパクトで良いですよ!!

 

 

 

空調服が欲しい!

暑いのは基本的に大丈夫なのだが、そもそもインドア派です。今年は外の仕事が多すぎるので心配。特に明日から・・・(大汗)。

そこで注目しているのが空調服。炎天下や密室での作業が多くなるので、少しでも涼しくし、体力の消耗を抑えたいところです。

現場の方にお勧め頂きました。

これがデザイン的にも性能的にもこなれてて良さそう。初期コストが高いのがネック。

空調服というのは、ファンにより外部から服内に風(空気)を導入し、汗を気化させて、気化熱により涼しさを体感できる作業着です。つまり汗がなければ・・・ということで暑いところで有効です。ただの扇風機よりも効率が良く、消費電力も少ないので長時間運用できます。つまりバッテリー運用できます。

今年流行のベストタイプ。腕まで涼しいわけではないが、手先に空気が出てこないので作業を行うのに邪魔じゃない。

昔に比べて低電力で電池等の重さも軽くなってきたそうです。しかしながらここ数年で出てきたものなので、性能差も含めいろいろ心配です。値段も意外と高いですし。

とりあえず明日は一日作業ですし、来週は各戸訪問という苦行がありますから、早めに決着を付けたいです。

渋野日向子と駄菓子と「タラタラしてんじゃねーよ」狂騒曲

全英女子オープン優勝した渋野日向子選手すごかったですね。プロになって、二十歳でツアー初優勝、全英女子オープン優勝・・・・と一気に階段を駆け上っていきました。また強気のプレー、駄菓子をほおばる姿、プレー中の笑顔、プレー合間にファンと交流など、魅力的な選手でもあります。

オークション画面。たくさんのプレミア価格になったタラタラしてんじゃね~よが販売されていた。

今回は、画面上、インタビュー上でも話題に上がった「タラタラしてんじゃね~よ」という駄菓子が主人公。やはりこれだけ話題の人が食べていること、それほどメジャーではなかった駄菓子ということで、製造メーカー(よっちゃん食品工業)や駄菓子屋などにも問い合わせが殺到しました。メーカーもHP等で異例のコメントを発表しました。駄菓子屋なまあずにも、問い合わせが多くありました。過去に販売していたことはありますが、現在は定番から外れているそうで在庫はないそうです。

さてそこまでは良いのですが、いつものように困ったことも発生しています。転売やー的な人々も殺到。店が商売にならないほど。とにかくあるだけ買っていく。あるだけくれ、とかすぐに仕入れろと恫喝まがいの方もいます。駄菓子なので無くたって絶対困らないものなのにね。

それを裏付けるように、ヤフオクなどでは「タラタラしてんじゃねーよ」がずらりと並ぶ。悲しいことに入札・落札している人もいるんですよね~。こういう人から買わなければいいのに。普通に1個食べてみようかな~と思っている人から、楽しみを奪わないで欲しいです。

昨日ドンキホーテで、定点で見ていても、あっさり売り切れて空っぽになった棚。普段はそんなに売れていないのにね~。そして、結構な人がその棚をのぞき込んでいました。同じくよっちゃん食品工業の主力商品であり、渋野選手が好きと言っている、よっちゃんいか系はまだ在庫がありましたが減ってはいました。

またネットショップでも、プレミアつけて販売しているところもありました。とあるショップを定点観測してみましたが、やっぱり棚をのぞき込む方が多くいました。一部の買い込みがなければ、買えたかもしれない・・・と思うとちょっと寂しいです。

改正建築基準法施行令は、公布6月19日施行6月25日へ

昨年6月に公布された建築基準法の一部を改正する法律の施行に関し、政令及び関係政令の整備等に関する政令を6月14日に閣議決定。公布日・施行日も決定になりました。詳しくは国土交通省のプレスリリースにて。

主に既存法令の見直し、合理化がメインで、建築物の用途転用の円滑化に資する制度の創設が目玉と言えば目玉。我々にとっては木造3階建てがらみの用途変更が頭の痛い問題になりそうです。