建築知識12月号が???「建築基準法キャラクター図鑑」

建築知識2017年12月号

ネットで話題になっている建築知識2017年12月号です。定期購読なので毎月みていますし、マンガ企画は近年多いのでまたまた~と思いながらページを開いてみると・・・・。

はい。見る人によって評価が変わると思いますが、高いお金を払って定期購読している方々は、眉をひそめる企画だと思います(あくまで私見です)。まあ昨年もマンガ・・・でしたからね。建築知識=マンガというのは別に今に始まったことではありませんし。

要約すると、建築の基本的な知識を学ぶために、擬人化したマンガのキャラクターを使って説明するという、比較的「ありきたり」な企画。書店を徘徊すると結構散見します。ただそれらに比べると非常に「完成度が低い」(絵のクオリティではない)のが問題です。マンガキャラクターとその説明内容が頭の中でつながらない。その周囲に書いてある説明を見てようやく「ああ!」とわかる程度。中には理解に苦しむ部分もあります。また絵を描いている人がバラバラで表現もバラバラ。キャラクター数が多いので仕方がないかもしれませんが、ちょっと読みにくいです。正直。

たぶん、年末の慌ただしい時期に、ちょっとでも頭を休めて楽しめる企画を!!ということだと思います。その意味では十分物議は醸し出しましたし、話題性もありますし、頭の体操にもなりました。そしてそこそこ売れているようですので、目的は達せられたのではないでしょうか?

建築界での専門書に該当する月刊誌としては、ちょっと寂しい内容です。若い人やこれから建築を目指す人がどう感じるか?が不安です。また肝心の学習効果があるか?は疑問です。まあいろいろ試す時期になっているのは確かで、本を本当に読まない人たちが増えているのも事実ですので、このような試みはあっていいと思います。あまり過剰に反応せずにこれからも建築知識を見守りましょう。

西武のドラフト

はい。ドラフト終わりました。西武が清宮に行かないのはわかっていたのですが、西武向きの選手だと思っていたので行かないと決定したときはやっぱり残念。ドラフトはお祭りの要素もあるので、一位外すぐらいなら(結果論ですが)行って欲しかったな、と思います。

まあ、ドラフト優先が即戦力の投手なので、田嶋に行ったのは間違いではないし、正攻法です。ただ・・・重複で外れただけです。これだけは仕方ない。特に引く前に既に一枚も当たりくじが入っていなかった工藤監督の無念を考えれば(以下省略)。

毎年、独自路線のドラフトをしている感じを受ける西武ですが、地味ながらプロで開花する選手を毎年指名できているので信頼しています。今年も面白い路線です。

一位の齋藤(明大)はまさか、という感じでしたが府中に合宿所がある明大なので応援したいです。秋リーグでは安定した投球をしていますし、大学1年からコンスタントに結果を残していますが4年になって変わった感じ。なんとなくプロでは先発型ではありませんが、とにかく投手の駒数が不足しがちな西武にとって経験豊かでスタミナがあるタイプですので取れて良かったな、と思います。息長く活躍して欲しいです。

二位はびっくり。西川愛也(花咲徳栄)。今年の甲子園優勝チームから。とにかく打ちまくるイメージがありますが、大けがで送球に難があったはず・・・。そんなことプロ球団なら知っているわけで「治る」と信じての上位指名でしょう。もちろん過去には古傷で思うように結果を出せずに去って行った選手もいますが、大阪生まれとはいえ埼玉に母校を持つ選手なので、数年後の活躍を見据えじっくりがんばって欲しいです。

全体的に小柄な選手を揃えたな、と思います。平良(八重山商工)や与座(岐阜経済大学)など面白い投手を指名できたし、綱島(糸魚川白嶺)も西武好みの強肩俊足の将来性のある内野手。またこの中から、今年大活躍の源田のような選手が出てきてほしいですし、中塚のように将来を見据えじっくり・・・(うまくいくかはわかりませんが)取り組んで欲しいです。

※私は西武ファン歴は浅いので過去は余り知りません。早く球場に行って応援したいのですが、今年は行けず・・・来年こそ!!

「住宅建築コーディネーター」が住宅建築トラブルの調停人資格に認定

はい。このようなニュースリリースがでました。

いろいろ興味のあるキーワードが出てきますね。あまり聞いたことがない資格名ですが、この資格をもち、仲裁機構の指定する調停人研修を受けることで、ADR調停人になれる、ということらしいのですが、意外と難しい内容です。住宅建築コーディネーターが一気に地位を上げるかもしれない重要な内容のようです。残念ながら私にはまだ良くわかりませんので、詳しくは読んでみてください(いい加減・・・)。

WOOD-ST 木造集成材等建築物の構造計算ソフト2017年9月発売予定

建築技術の7月号の特集は、熊本地震以降の木造軸組構法住宅。今日初めて目を通したのですが、そこに、WOOD-STなる木造集成材等建築物の構造計算ソフトの新発売情報が。しかも構造システムから・・・。

その広告によると、仕様規定ルート(4号建物)からルート1,2まで幅広く利用できるそうです。しかも在来軸組工法のほかに、ラーメン架構を全体または一部に持つ、壁とブレースが混在する建物や、スキップフロアのある建物も形状通りにモデル化し、構造計算を行えるそうです。またメーカー製金物のデータベースを用意しているようですので、おそらくテックワンP3プラスのような金物も比較的簡単に使えるのではないかと思います。

一枚しか写真がありませんが、 HOUSE-ST1に画面が酷似しています。そしてHOUSE-ST1の適用範囲外の建物はWOOD-STに転送できるようです。ということで上位互換のようです。

価格などは出ていません。もちろん販売価格も載っていません。販売店にも何も情報が来ていません(少なくとも某ショップの店長は知らないそうです)。HOUSE-ST1 Ver7になって学校など中大規模に対応したので、果たしてすみわけはどうするのか?かなり疑問です。それならHOUSE-ST1を正式にルート2に対応するのか?と思ったのですが。某ショップでは

そして書き方からして任意形状ではなさそうです。また上位バージョンなのに対応できるのが3階まで。現在、木造耐火4階が少しずつメジャーになりつつあり、構造屋さんが対策に苦慮している時期というのに、なぜ????という感じです。少なくとも学校建築よりは需要はありそうなのに(汗)。

しかし、このクラスの建物でラーメン架構を利用できたり、スキップフロアの需要は大きいはず。狙いどころがニッチに見えますが東京などの狭小地での構造設計に適した機能を実装できれば面白い存在になるかもしれません。

発売はもうすぐのようです。詳しい情報が出てきましたら、このブログでも紹介していきたいと思います。

日本の都市の寿命と木造住宅

日本の都市といえば、昔は平城京や平安京といった都。もちろん今は残っていないけど。古い木造で残っていると言えば法隆寺等。街として残っているわけではない。それでも奈良井宿などある程度古くい建物が比較的残っているゾーンはある。東大寺大仏殿のように最早木造ではない補強が施されているものもあるものの、木造オンリーでも残っている住宅などは意外とある。それでも寿命はある。痛んだ部材を交換していけば、意外にもつものです。そして壊すとき、新たに建てる建物に流用しやすかったりします。木造のメリットですね。もちろん燃やしたり、他の材料として転用することもできます。

しかし近年我々がやっていることはどうだろうか?木造の耐震化といって、再利用できない部材を多く使い、合板などを釘やビスで密に打ち込み、壊しにくい。燃えないための工夫は短期的には火事に強く街の防災に役に立つが、長期的にはどうか?そして高気密高断熱。痛んだ部材を発見しにくくなっています。これで木造の暖かみとか長期優良住宅なんて語り出すから笑ってしまう。

ある程度の耐震化は都市に有益に働いていたが、熊本地震のあと「複数回の大きな揺れに対応」といった過剰設計を目指す向きは将来的に見てどうか?と耐震や構造をやっている人間でも疑問に思ってしまう。もちろん人口拡大期なら問題がなさそうに感じられるが、今後急激に人口が減ってきて、必要住居が少なくなってくる局面、果たして欧米のように数百年も持つ建物が必要か?これも疑問です。

最近、木造住宅の解体で大きな問題が出てきています。やたら柱状改良など行っているので、その解体の手間・お金が非常にかかること、元に戻すことが難しいこと。そして、頑丈なべた基礎は解体に非常に大きな手間がかかるだけでなく、近隣に振動被害を与えてしまうことも出てきています。

日本の住宅が短寿命なのを日本人の国民性として片付けるのはたやすい。しかしそうなったのは理由がありそうです。例えば火事。都市では地震より火事が怖かった。火事を消すには火消し等が延焼を防ぐために建物を壊したとか。ある程度解体しやすさも必要だったのでは?そして湿気の多い風土。伝染病などを防ぐためには都市の固定化は、それなりに脅威だったのでは?とか。もちろん戦国期のような戦争も含め、土着しにくい時期もあったと思います。

もちろん地方と都市では考え方も違います。ただ日本にとって木造住宅というのが諸条件を照らし合わせると、一番合理的だったから多く建ってきたということは言えそうです。ビルや最近の住宅がそれに適合するのか?かなり疑問ですね。

最近の省エネ一点張り、高耐震性建物への取り組みは不安に感じますね。性急すぎて。そのマイナス面はあまり語られず、経済性を中心とした、省エネ、耐震という要素のみで取り組みがされているような気がします。そんな流れに疑問を覚え、考えて行かなければならないのは個人の建築士の方々なのだと思います。

私が史学科出身の珍しい建築士だから考え方がオカシイのかもしれませんが、都市にも建物にも寿命があるのは自明の理。そのなかで自分なりの最適解を見付けていきたいと思っています。

3Dプリンターで住宅??

ロシアの極寒地(氷点下35度!!!)で、大型の3Dプリンタで小型の家を24時間で作成!!という記事が話題を集めています。

3Dプリンターを使ってわずか24時間で家を一軒まるごと極寒のロシアで建造することに成功(Gigazine)

今までも同種の記事はあり、未来では3Dプリンタが建設に役に立つかも??と思った人も多いはず。しかし今回は

「極寒の地で」「現地でそのままプリントアウトで建設」という意味で画期的かもしれない。

材料もコンクリートなので、氷点下では作業できないのでテントを使って温度調整したそうです。

確かに建物は小さいですが、3Dプリンターも小型でトラックで運搬可能でプリンタの組み立ても1時間ほど。

形状も3Dプリンターならではの曲線を使った形状。う~ん。可能性を感じる!!

人不足で運輸業界のお話しが入ってきますが、建設業も同様です。人から仕事を奪うようでは駄目ですが、人不足の分野で活用できるのならアリなのかもしれません。介護も同様かと。

果たして10年後はどんな時代になっているだろうか?その頃は私も50代か・・・。

 

花粉症の憂鬱

私も花粉症になって10年あまり。最初の頃は1月から症状が出ていました。そして症状も軽めでした。近年はさすがに症状が進行してきて業務に影響が出る年も。いろいろ対策はしているのですが、出たり入ったりが多く、車も運転するので決定打はなかなか・・・。

二年前より花粉症用の眼鏡を使っていますが、これは効果的です。付けないときと付けてるときで目のかゆみが明らかに違います。もっとも完全に遮断するわけではないです。鼻マスクも効果的です。仕事柄、あまりマスクは使いたくないので(現場は別)。でもこれだけでは防げないのよね。特に後半は。マスク併用だと高すぎて・・・困ります。

そうなると薬。基本はアレグラを使って軽減。厳しいときはザジテンなどの点鼻薬を併用です。ザジテンはラリホー的効果があるので仕事中は無理です。正直後半はあまり効きません。

毎年試行錯誤しているのですが、決定打はありません。人によって効果は違うので人の話も当てになりません。

ただし・・・発症する時期が遅くなれば、それだけ影響期間が短くなるのでは?と思い、今年は早期から食べ物などを気をつけて、アレグラを飲み始めるタイミングも早めにしてみました。鼻の周りに塗るアレも併用し、お酒などで薬が飲めない場合は、じゃばらのタブレットを飲んでいます。

 

で、2月23日。花粉自体は2月上旬から感じていたのですが、鼻水ズルズルのような症状は未だでていません。あの状態になると手の打ちようがなくなるみたいなので助かります。今年の先行投資がもう少し続いてくれることを願っています。

 

 

資産運用と老後の備え

アメリカではトランプさんが大統領になって騒がれています。どこでもなかなか予測がつきにくいことが発生しています。今まで通り・・・ということはないでしょう。恐れることはないですが、いろいろ保険を打っておきたいです。

さて、私のように小さな小さな会社の経営者は、みな将来を心配し(もちろん誰でもですが)、その備えを考えるものです。日々の生活だけで!!!という人もいると思いますが、働けなくなった老後などの資金計画は考えておかなければならないことの1つです。父が亡くなって自分も四十路。もう若くありません。もちろん今までもいろいろな手を打ってきましたが、普通に考えても不十分です。まあ父と比べればですが(汗)。

恐らく現預金が少ないときはそれを考える必要はなく、いかに増やしていくかが課題になります。しかしすぐに下ろせるものだと、下ろしてすぐに使ってしまいますよね。人間って意志が弱いものです(私だけ?)そこで定期預金などに頼ります。しかし・・・歳をとると年月が過ぎるのがすぐで、すぐに下ろせる期限になってしまうんですよね・・・。私には向いていませんでした。積みに行くのも面倒で・・・・。

そこで積立預金です。これなら毎月出来ます!!今でもこれは一番ですね。株などと違って安全性も高いです。まあ増えませんけど。

そして次。たぶん保険屋さん年金保険や株や投資信託にいくんでしょうね。純金やFX・・・まあ様々出てきます。しかしトランプさんのような時期に始めるとどっちに転ぶかわからず最初から怖い目に遭いそうです。まあ経済を勉強するので少額・・・という人はいいと思いますが。額を突っ込むには怖い時期です。まあこの中だと保険屋さんの保険と年金のセットの物かな??安全性で考えれば。税控除もあるし。

昔だったら適格企業年金(廃止)とかもあったし厚生年金基金なども・・・でも雇用が流動化していますしこれらも正直過去の制度です。意外と老後の・・・というものは少ないです。自己責任の世界では厳しい状況です。

というわけで個人型確定拠出年金に辿り着きます。これは個人で運用する年金になります。原則60歳まで下ろせませんが老後資金と考えて取っておくには最適です。通称iDeCoといいます。個人で運用なので転職も安心です。主婦でも自営業者でも入れます。税制が思いっきり優遇されている(全額所得控除)です!!運用益も非課税です。受け取るときも「公的年金等控除」「退職所得控除」の対象です。まあよくぞここまで税金対策してくれたものだ、と思います。株や投資信託ならこうはいきませんからね。それだけでもメリットはあり、運用益がでなかったとしても長い目でみたらかなりのお得となります。

掛金は毎月5000円以上で、上限は公務員が月1万2000円、自営業者は6万8千円、専業主婦は2万3000円といった感じで変わってきます。やっぱり自営業者に手厚くなっています。設計事務所向けかもしれません(法人は2万3千円っぽい)。国民年金や厚生年金によって変わってくるみたいですが、国民年金、厚生年金で足りない部分を補うもの・・・という位置づけなのでそうなるのでしょう。若い頃でも5千円くらいだったら・・・と出来る人もいると思います。金額は年1回変更できますので、良く見極めて変更する必要があります。掛金拠出の休止・再開はいつでもできるので、急に失業!というときも安心です。

ちなみにごつく年間口座料とか取られるので、損するのでは?と思うかもしれませんが、所得税を払っていれば税負担の軽減がその金額を上回るので損することは希です(運用で損するのは別の問題)。

といっても運用なので、損するのでは・・・と思うのですが、実は運用対象は選べます。比較的リスクの少ない定期預金・普通預金なども選べます。他は投資信託です。運用商品は1本でも複数でも可能ですし途中で変更も可能です。なのである程度のリスクを取っても増やそうとするのか?安全重視でいくのか・・・何よりも長い年月日で平準化していくのでそこまでシビアに考えずに長い目で見ていけば良いのでは?と感じますね。特別な知識無しに、積立型投資信託で長く運用しようと証券会社の扉を叩くよりも手軽ですし節税になります(証券会社ほど商品は選べないようです)

受取(老齢給付金)は、年金、一時金、年金と一時金の併用の3種類です。障害給付金や死亡一時金といったものもあります。

60歳まで下ろせない、というのがメリットでもあり、デメリットでもあります。一般的に老後は不安な方が多いはずですので、少しずつでも貯めておく、という努力は必要です。そのなかでは一番手軽で節税にもなる個人型確定拠出年金は大きな選択肢になると思いますね。

ちなみに楽天証券でもやっているそうです。

 

今年もよろしく

2017年いよいよ始まりました!皆様初詣は行きましたか?私は昨年31日まで働いたので、1,2とゆっくり過ごしました。1日は実家に帰り(徒歩0分・・・)、2日は姉の柏の家を訪問、義弟の来訪など以外は家でゆっくり。久しぶりにテレビを長時間見たり、ゴロゴロしたり。いい休養になりました。今年はスロースターターの私にしては、過酷なほどのスケジュールを1月に抱えていますので、スタートダッシュに躓かないように今日から気合いを入れて頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします。

さて、正月と言えば箱根駅伝。今年は面白いですね。4,5区の変更の影響なのか?16位くらいまで一斉スタートがないので非常に激戦です。上位もそんなに差がないのでドラマがあるかもしれません。

私が期待していた東海大学は不発でした。実力があっても1年生はわからないものです。むしろ意地を見せたい上級生が控える復路で意地でもシードをとって来年に備えてほしいものです。幸い?実力のある山梨学院大学も不発すぎたので、一緒に登っていってほしいものです。

母校は密かに(?)期待していたのですが、どうも思い通りにいかなかったようです。なのにこの順位(2位)とタイム差。勝負はわからないものです。結果的にまとめてきた往路の運の良さを復路に繋いで、万全な青山のほころびを目指してほしいものです。調子が上がらなくても粘っていけば勝機が出るメンバーです。ぜひ9区勝負を見据え、離されても焦らずいってほしいものです。

首位であり、復路にも万全なオーダーを組めた青山学院大学ですが、意外とタイム差が少ないので、精神的な影響が心配です。何もなければ圧勝でしょうけど。2位以下のチームが諦めなければ面白い勝負になります。ぜひ果敢に青山学院大学に挑んでほしいものです。

それにしても青学のランナーの持ちタイムと陣容・・・すごいですね。駒大や東洋の時代がそんなに昔じゃなかったことを考えると・・・。一方、すごい1年生が一気に入学した東海大も、来年以降、青学の一強時代を崩すかもしれません。順天堂大、中央学院大学、法政大学も楽しみです。今年のレースだけ見れば、青山以外の実力差は意外と少ないのかもしれません。そう感じさせます。今年のシード権争いは本当に大激戦です。このような厳しいレースを体験することで、成長していってほしいものです。東京オリンピックはもうすぐです。

今年一年を振り返る2016

今年は厄年。年初に川崎大師に厄払いしました。まあ何かあると集中的に降ってくる私の人生なので、今年もそれなりの覚悟はしていました。予想以上!!にアクティブな一年を無事切り抜けられたことに感謝しています。まあよくぞここまでいろんなことがあったもんだ。自分でも感心してしまいます。ほんと。

まずは、お世話になった皆様に心から御礼申し上げます。今年はいろいろな方に助けて貰えて乗り切った一年でした。そしていろいろな方に出会えた一年でした。SNSやブログで感謝をやたら書く方に違和感を覚えていましたが、今年はその気持ちがなんとなくわかった気がします。もちろん私はあまり書きたくはありません。行動で示していけたらと思います。

子供の頃から見守ってくれた祖父が9月に他界、そしてこの業界にいざなってくれた父も11月に他界。その他別れの多い年でもありました。寂しくはなりますが、家族、昨年増えた家族のありがたみを感じた年でした。葬儀のときにあまり多くない親族が集まってくれたことは、どれだけ心強かったか。あまり親族を顧みずに生きてきただけに、今後は恩返ししていきたいと思っています。

仕事では長年事務所を支えてくれた二名の卒業もあり、事務所の陣容も寂しくなりました(絶賛求人中♪)。超低年齢化は更に進み来るところまで来たか、という感じです。その分ずば抜けて年長(年寄りとは言いたくない)な私が引っ張っていかなければ、と思います。

長年健康面では不安を抱えていましたが、今年は特に大病もなく過ごせたことはありがたかったです。戦い方を覚えたというか、運が良かったというか。ただ新車が大破する交通事故(本人無傷)など、思い返せば色々ありました。とりあえず無事でなによりです。

今年は取捨選択を求められた年でした。その選択はかなりうまくいったわけですが、来年以降確実にダメージを被る危険な賭けでもありました。厄年の判断は・・・なんてことがないよう、来年心してかかろうと思います。幸い、人が経験できないような面白いことを年初から味わえるわけで(一般的に考えて未知の世界です♪)厳しいですが、楽しみながらやっていきたいと思います。

一昨日無事に四十九日が終わり納骨してきました。まさか前後で仕事しているとは思いも寄らなかったですが(汗)。そして今日、個人的に仕事納めです。どうやら年越し仕事はなくなりました。今日明日だけはゆっくり休んで2017年に挑もうと思います。

今年一年、しろなまず 及び なまあず日記styleをご愛顧頂きありがとうございました。来年は役に立つテクニカルな記事を多く掲載していこうと思いますので、引き続きご愛顧の程よろしくお願いします。

では、皆様良いお年を!