ジェットフォイル通常運行へ あと ウサギ観音

佐渡島と本土を結ぶ高速船ジェットフォイルの事故で一隻長期離脱しているのですが、ようやく今日より通常運行に戻るようです。早朝の新潟発がなくなったのは残念(まあ仕方なく運用していたわけですが)ようやく本来の姿に戻ったのは良いことです。島外の人間が言うことではないのかもしれませんが、もう少し始発を早く、終発を遅くしたほうがいいのでは?と思います。

さて、観光に良い季節になりました。それは佐渡も同様です。今年は10連休もあり、佐渡島のようなところをゆっくり回るには適しています。まあすでに旅館はいっぱいなのかもしれませんが(汗)。帰省ついでに・・・もありだと思います。

さて、その佐渡で話題の観光名所といえば・・・金山!!といいたいところですが、今話題といえば

「ウサギ観音」(ウサギ観音のある長谷寺のHPはこちら)

でしょう。

昨年、長谷寺(ちょうこくじ、と読む)の住職が、高さ6mにもなる大きなウサギ観音を建立しました。長谷寺の草取りウサギにちなんだ、と言われていますが、低迷する佐渡観光の1つの目玉として建立したそうで、その個性的な外観がネット等で話題になりました。もっとも私の親族でこのことを知っている人はほとんどいなく、佐渡では思ったほど話題にならなかったのかもしれません。正直もったいないです。ただ、長谷寺を訪れる人は増えたそうで、一定の効果はあったと思います。ただこれで終わると今までの佐渡と変わらない。やはりここから発展させていかないと!ということで、3月にはご朱印のお授けが始まりました。また同時期に、ウサギ観音Tシャツも発売されました。これから徐々に地域を挙げて盛り上げていこう♪ということでしょうね。楽しみです。私も遠くから応援していこうと思っております。

安価なサーモグラフィー

最近、建物の調査でサーモグラフィーを使う人が多くなりましたね。私が使い始めた頃は100万円を超えた機種ばかりでしたが、近年業務用は数十万円あれば購入できますし、割り切って使う廉価版は10万円を切ってきています。特にFLIRは商品化がうまく、低価格のセンサーをうまく使い実用的なものを出していますね。

さて、それでもやっぱり高い・・・ので探してみました。一体型で安いのはこれですね。

性能的には、60×60の極小センサーながら、温度範囲は-20~300℃と実用的。フォーカスモードは固定で0.5mから焦点が合いますので下手なオートフォーカスより使いやすいかもしれません。保存はSDカードでbmp,バッテリーは乾電池と古式ながら、汎用性は高いです。可視画像も撮影出来ます。まあ本格的な使用に耐えうる商品には見えませんが、雨漏りを探すとか、断熱の傾向をチェックするとか、そんな用途にはいいかもしれません。それにしても4万円を切る実売価格には驚かされます。

Androidに取り付けるなら、こんなのもあります。

こちらも5万円を切っています。スマホ対応なのですぐにメールを送れたり汎用性が高いですね。若干仕様が古いのでAndroidのバージョンやUSB端子は気を付けなければなりません。

 

iPhone向けのlightning端子に指せるタイプもあります。FLIR ONE PROが有名ですね。第3世代になり、コネクタの高さが調整可能になり軽量になりました。古いタイプは安いですが、こちらのほうが良さそうです。正直性能はそこそこですが、iPhoneで簡単に利用できるのはいいですね。

他にもいろいろあります。もちろん商用に使うのであれば、このクラスはパスです。しかし商用のものはサイズも値も張ります。取り扱いも注意が必要です。まずは個のクラスから挑戦してみるのもいいかもしれません。私も小型タイプに切り替えたら稼働率が一気に上がりました。小さいといつでも使えるのが良いですね。そんな割り切った方にお勧めです。

CNCフライスが欲しい?

日本では、あまり面白い機械類が発売されていません。それでも海外はいろいろ出ているし、一部は輸入されています。秋葉原のようなところに行かなくてもネットで情報が調べられる反面、実際に手に取って・・・ということが難しい時代になりました。

今注目しているのは、CNCフライス。パソコンに繋いで、自動で彫刻する機械。サイズや性能、部品の耐久性などで様々な価格帯のものが発売されています。中には1万円程度のものもあります。その多くは自分で組み立てるタイプで、日本でも一部のマニアが活用しています。

 

このタイプは、比較的大きなものを彫刻できる上、500mwのレーザーも付属しているので、レーザー刻印も可能です。木の表面をレーザーで黒く焼き付けるアレです。2つの機能を搭載してお買い得だと思いませんか?まあ作るのは大変そうですが。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レーザー彫刻機 レーザーカッター cncルーター DIY ミニレーザー彫刻機 AC100-240V 1500mW 自作DIY
価格:12690円(税込、送料無料) (2019/4/15時点)

楽天で購入

 

 

レーザーだけでいいなら、完成品が1万円ちょっとです。非常に小さいサイズしかできませんが、この価格は魅力です。こちらはレーザーのみです。

個人的にはゴム印を製作できるレーザー彫刻機が欲しい所です。業務用となると非常に高いのでこの手のもので試してみたいが如何に?

 

クリ10プレート K10PL(栗山百造)

これはいい!!と思うのですが、思ったより使いどころが難しいし判断に困る金物の1つがクリ10プレートです。

クリ10プレート

この金物はハウスプラスで、継手型と中柱型両方で品質性能試験を受けており、柱頭柱脚の10kNの金物として、また横架材の仕口の金物として使えるのです。

何と言っても全長が180mmと短く板厚も0.6mmと薄いので、通常の金物が使えない場所でも使いやすいです。10kNを土台で・・・というときも取り付けられますし・・・といってもそのような柱脚向け金物は、DP-2マスタープレート(カネシン)なんてものもありますし、横架材継手型では、1㎝だけ大きいだけで、耐力が13.1kNでるフィックステンプレートなんかもありますので、なんだかな~と思ってしまいます。

ただ予備用在庫で持つには、柱頭柱脚用と継手用両方を持つ必要がないので、そういう意味では、価値がある金物です。

BXバネ付羽子板ボルト(BXカネシン)

BXカネシン株式会社から、木痩せに追従しナットの緩みを防止する羽子板金物BXバネ付羽子板ボルトが発売されました。何でもBXをつけないで!と思うのですが、会社の方針だから仕方がないのでしょうねえ。

BXバネ付羽子板ボルト

BXバネ付羽子板ボルト

さて、このタイプの羽子板は従来からありました。羽子板ボルトは仕組み上、ボルトが緩んだり、木が痩せることで結果的にボルトが緩む宿命的欠点がありました。そこでバネを使って・・・という仕組みが開発されていました。ちょっと価格は高いです。数年前には三栄建築設計とカネシンで同タイプをオリジナルということで共同開発して使用していますね。そういえばカワダ式というのもありましたね。今後はこのような金物が主流になるかもしれません。

メーカー希望小売価格は390円。皆様標準採用しますか??

印章彫刻機 BIZ50新発売

業務用の印章(印鑑)彫刻機といえばBIZ60。小さな印鑑屋やチェーン店などでも広く置かれていたベストセラーですね。3月5日のメーカープレスリリースにて、生産終了が告知されていました。2009年発売なので約10年間も現役機種だったのですね。とにかくコンパクトで、設定が楽で、印章を彫るまでのステップが短い・・・良い機種でした。私も今も愛用していますが、しっかりした作りで印鑑屋さんをやりたい方は是非もっていて欲しい機種でした(封書屋なまあずでも現役作動中です)。

さて、終売と同時にBIZ50の発売されました。番号が小さくなって、価格も若干安くなったような気がします(実売価格を調べていないのでわかりません)。

低価格化したのに、彫刻アルゴリズムは第3世代に進化、彫刻精度や速度を従来機より向上させたそうです。20%も速度アップしたとのこと。従来が速いので速度差はあまり気にならないかもしれません。見た目もほとんど変わらないので、実質価格を下げたマイナーチェンジだと思います。

ソフトウェアもWindows10に正式対応しています。認め印から30mm角まで刻めますので汎用性も高いです。

ちなみにBIZ60で凝ったデザインをしようとすると結構大変でした。ソフトウェア的に進化しているのでしょうか??気になります。

ぷちはん(BIZ60の三文判製作例)

メーカーホームページ(株式会社ウィズアス)

広告はウザいか?

はい。そうです。特にスマートフォンの場合は。

個人的にはPCで、変な広告でなければ、それほど嫌ではありません。
広告から知ることもあるので。特に最近の検索結果などから連動のものは賢いです。
こちらの好みの広告が分かっていますから。

ただまとめサイトなどで、子どもが見てはいけないし、大人でも喜ばない(喜ぶ人がいるから出ているんだろうけど)広告がでて、特に電車でスマホを見ているときなど、恥ずかしい思いをすることがあります。
そーいうの困るよね~と思っても、検索して見たのは私だから文句もいえない。まあ仕方がないと思って諦めています。

仕事用のパソコンでは、極力広告がでないブラウザと、ほとんどの広告を許容するブラウザを使い分けています。このなまあず日記styleを見てもその差がはっきりしますね。完全に広告を排除するのは難しいことがわかりましたが、減らすことは可能です。なまあず日記styleは仕事中に見ている人が多いので、極力変なものが出ないように気をつけます。ちなみに私の広告欄(楽天)は、構造計算の書籍ばかり出てきます。これはこれで便利ですね・・・。

ピタットベース 岡部の高耐力柱脚金物

久々に岡部の営業さんが来たけど、うちは鉄骨全部止まっているんですよね。例の高力ボルトの件があって・・・。それは鉄骨柱脚の雄ベースパックの岡部も同じなんだろうけど・・・まだ改善の兆しは見えないみたいですね。特に小規模建物。

というわけで、ピタットベースのチラシを置いていかれたので紹介しておきます。木造の60kNの高耐力柱脚です。金物工法のように柱の中に収まるタイプです。ホールダウンだと断熱材の納まりが悪いので特に角のホールダウンの置き換えに最適です。引き抜きもこれくらいあれば、ある程度使えると思います。また施工誤差を吸収(水平±15mm程度)出来るのもいいですね。

小型で安価なプロッタ SC-T3150(エプソン)

住宅を設計している方は、A3サイズで納まると思いますが、まだまだA2とか必要だな~と思う設計者も多いと思います。でも大きさが大きすぎるし、使わないと故障しがちになります。私もCANON機を短命に終わらせてしまったこともあり、現在はA3複合機で済ませています。

ただどうしても欲しい!という方はHPの安価なものをお勧めしていましたが、今はエプソンのSC-T3150をお勧めしています。エプソンはこの季節長々と(!)セールしています。このモデルも安価です。スタンドレスのSC-T3150Nは138000円ですから。超安価!というわけではありませんが、そのスペックをみれば、買い!なのがわかります。

まずサイズ。クラス最小だそうです。0.49㎡といわれてもピンとこないですが、写真を見る限り確かに小さいです。スタンドなしで図面入れの上に楽に置けそうです(SC-T3150N)。インクは小型で時代に逆行していますがインクジェットでそれほど稼働率が高くないなら安価ですしそんなに問題になりません。

インクは4色顔料で耐水性が高いのでCADやポスター向けです。モノクロはソコソコ速くA1約34秒。大量に印刷しないのであれば十分ですし、実際使っている人に聞いてもCADモノクロは問題ない速度のようです。カラーはインク容量の問題で、常用するにはそもそもつらいので、モノクロ常用、カラーたまに、という用途が正解かもしれません。

HPは安いけど使い勝手が・・・という人も多いかと。実は常用プリンタがHPなら特に問題ないのですけど(汗)。ただ大型タッチパネル対応とか、WiFi対応とか日本人向けのドライバソフトとか、AirPrintでiPadから印刷できるとか、こまかな気遣いとか・・・エプソンらしいといえばエプソンらしいし、余計なものがついているといえばそれまで。

あくまである程度安く、省スペースが必要な方にお勧めです。A1まで印刷できるし。ただ、常用でヘビーに使うなら、上位機をお勧めします。価格的なメリットはそもそもそれほどないですし、カラー出力のランニングコストは悪いですし。でもこの大きさは武器ですし、たまに使うマシンに大きな面積を専有して欲しくない設計者は多いはず!!ということで紹介でした。

MOKUZO.Designerの機能紹介

株式会社構造ソフトの期待の構造計算ソフトMOKUZO.Designer。まだ全容はわからないままですが、構造ソフトHPの今月のイチオシ11月号で、一部の便利な機能が紹介されています。

3Dを前面に出してきていることから、どちらかというとHOUSE-ST1に似ているのかな~という印象でしたが、梁の断面リストが登録出来気軽に配置出来る点、柱と耐力壁を一緒に配置出来る点など、効率的に入力できるようになっています。HOUSE-ST1はなぜ部材リストで入力しないのか?逆に疑問です。WOOD-STもリストで入力できるのに・・・。

出荷が非常に楽しみですね!12月下旬からお申込み順に、順次ご案内というホームページの微妙な表現が気になりますが・・・・。