「CLT2016」CLTパネル工法一貫計算プログラムセミナー

8月3日に東京デンコーの新しい構造計算プログラム「CLT2016」のセミナーが開催されます。詳しくはメーカーに問い合わせください(公式HPにも情報あり)。 あわせてキャンペーンが7月31日まで実施しているようです。 本体 … 続きを読む

CL2016 CLTの構造計算ソフト登場

近年はすっかり木造に強い構造計算ソフトメーカーのイメージが定着した東京デンコーより、CLTのルート1に対応したCLT2016が新発売になります。価格は本体30万円(税抜)。他にオプションの基礎のプログラムがあります。また … 続きを読む

CLT+在来の混構造

CLTの解説書を読んでいて残念なのが、CLT+在来の混構造の記述がないこと。できるといいのですが。 1階WRC+2階木造は普及しています。これとの置き換えができれば、1階も居住性の優れた建物を作りやすくなると考えたからで … 続きを読む

カテゴリー: CLT

Xマーク(クロスマーク)表示金物はCLTパネル工法用金物規格

(公財)日本住宅・木材技術センターでは、平成28年8月22日付で「CLTパネル工法金物規格」を制定しました。 筆記体のXに近いXマーク(クロスマーク)らしいです。在来がZマーク、ツーバイフォーがCマーク、なんで素直に英語 … 続きを読む

CLTの壁量計算をkizukuri2x4で

厳密に言えば壁量計算ではないのですが、いちいち計算していると面倒なので検算方法を考えてみました。 壁量計算に該当する許容層せん断耐力の計算を下記自作表で行います(クリックで大きくなります)。 簡単なエクセルです。数値はマ … 続きを読む

kizukuri 2×4で、CLTのルート1に挑戦

CLT告示講習会のルート1の事例は、簡潔でわかりやすいのですが、初っぱなから高さが間違えているので混乱しました。まあわかりやすい部分なのでいいのですが(汗)。 これくらいだと手で拾っていってもいいのですが、検算のため今回 … 続きを読む

ここが知りたい(かもしれない)CLT

4月にCLTの実験棟の見学会に行ってきたので情報をまとめているのですが、その備忘録としてこのページを作りました。 いつもの通り、ここの情報を見て鵜呑みにしないように。間違いがあったら指摘してくれると助かります。 &nbs … 続きを読む

CLT2階建て実験棟・ツーバイフォー6階建て実験棟完成見学会

CLTの告示が3月31日と4月1日に出て、いよいよ設計しやすくなった・・・と喜んでいる人をあまり見かけないCLTですが、見学会の申し込み状況などから、それなりに盛り上がっているようです。 本日、見学会に行ってきました!! … 続きを読む