SketchUP」タグアーカイブ

HOUSE-ST1とSketchUPの連携

HOUSE-ST1には3Dモデルの保存ができます。DRAだけでなくDWGやDXFもできます。また右下パース画面に映ったものが出力される仕様なので、各階毎とか、屋根や壁無しで、とかお好みで出力出来ます。この機能を使ってDRA-CADでパースも書けるのですが、実用的な構造パースを描くのはSketchUPのほうが上です(と思っている人が多い)。というわけで試してみました。

20150605142606

DRA-CADでDWGで3Dを出力したものを、SketchUP 2015で読み込んだもの。こうやって見るとHOUSE-ST1の3D機能ってザルですね・・・。まあ出力するより見て確認するものですからね。SketchUPだと断面を自在に切断して見ることが出来るので楽ですね。

ただ、見にくいので、通常は壁と屋根と床はないほうが構造パースは見やすいので、HOUSE-ST1で、WとSとRを解除して転送したほうがいいでしょう。

20150605143015

SketchUPの良いところは、立体に手軽に寸法や文字を入れられること。DRAはできるようになったけど制約が多すぎて×です。

20150605144541

上は寸法を入れて、部材を記入したところ。角度を変えても追従しますし引出線も手軽です。素敵すぎます。

ちょっとした構造パースはHOUSE-ST1で作って、転送してから仕上げ!という素敵な方法が実現します。しかもDRA-CADよりも手軽です。もちろんDRA-CADでも出来ますが寸法や文字に制約があります。意外とリフォームの図面など作るときに良いかもしれませんね。