いきなりPDF COMPLETE Ver.7はDocuWorksの代わりになるのか?

いきなりPDFは、ソースネクストから販売されているPDFソフトで、低価格ながら高機能なので使っている人も多いかと思います。ただ編集までできるPDF出力ソフトがフリーで公開されていることや、初期のバージョンがあまり使い勝手が良くなかったことから毛嫌いしている人もいます。現在は、着実にバージョンアップを繰り返してかなり良いソフトになっています。反面、一番安いBASICバージョンも2900円となり、一番グレードが上のCOMPLETEに至っては9900円と結構高くなっています。たまにキャンペーンなどやっているので安価に買えるときに買うしかないでしょう。

BASICは、PDFの作成や編集ができます。これも十分機能が良いです。STANDARDはBASICに変換機能がついているだけです。PDFをExcelに、とか使う方は便利だと思いますが、他にお勧めできる機能がないので勧めにくいです。COMPLETEは他のソフトにはない機能が満載されていますし非常に魅力的ですが高価なので、その機能がわかった人のみ・・・という感じがします。

さて、私もDocuWorksを使って計算書や図面を管理しているのですが、やっぱりネイティブでPDFが使えた方が楽なので、乗換を含め考えています。DocuWorksは昔のAcrobatに比べれば機能的に高いし、軽快でPDFも作成できたことから人気がありました。特に構造では。私もさんざん販売したし。しかし今となっては高いし、今後も不安です。いざというときに迷わないように複数使ったほうが、と思っています。

新バージョンの目玉は、抽出したPDFの画像ファイル化です。これは便利ですね。編集機能も地味にアップし、ようやく他の編集ソフトに追いついてきたかな、と思えます。

機能がとっちらかっていますが、ページ振り(位置がもう少し柔軟に指示できないと・・・)や、ページのサムネイルからの自由な入れ替え(これは待っていた!!)など必要な機能があります。またDocuWorksより便利な機能やPDFならではの機能もあります。動作も軽快でDocuWorksに比べ速度でストレスになることはほとんどありません。

まあ問題は、このとっちらかったインターフェイス。他のソフトのように「いきなり」編集に入れた方が絶対いいのですが・・・わけのわからないランチャーでぶち壊しです。まあこれは初めからそうなので仕方がないのかもしれませんが・・・。

個人的には、PDFページをサムネイルで入れ替えが軽快にできる時点でDocuWorksと置き換えが出来そうです。ただ直感的な操作でないことが不満ですが・・・。DocuWorksからの乗換であれば、COMPLETEをお勧めします・・・。

 

chromeでPDFを読むときのフォントがおかしくなる問題

私の環境下で、chormeでPDFを読むと印鑑のような書体で表示されるのでchrome環境ではPDFを使わなかった。主力がFirefoxなので放置していた問題なのですが、やっぱり不便な場合があるので、プラグインや拡張機能を探してみました。

なにしろchromeにそれらしき設定がないわけで・・・。adobeのプラグインを探してもないので。知らない間にいっぱいありましたが(汗)adobeのはどうも違うっぽい。一番シンプルな名前のPDF Readerを入れてみたら、あら不思議。それだけで直りました。おそらくandroidでもお世話になっているXodo PDFなんかでも良さそうですが・・・

ソニーの電子ペーパーが値下げ中!!

私も愛用しているDPT-RP1がソニーの法人WEBショップでなんと68000+税に!!楽天で買うと税込8万後半なのでかなりお得感があります。昨秋に買いましたが高くても、十分元をとった感じがしている満足度の高い製品です。10.3型の一回り小さいほうも49819円+税と値頃感がありますね。

建築設計の仕事をしている人には最適です。PDFの書類をたくさん入れておけますし書き込みも転送も簡単でバッテリーも持ちます。おまけにうす型軽量!!自信をもってお勧めできます。

DPT-RP1/DPT-CP1

Croscopeの次期バージョンに望むこと

さて、久々の連投です(爆)。

Croscopeを私がなぜ使わなくなったかというと、TIFFという汎用形式で運用するのは、今となっては古いし足かせになっている、ということです。

WindowsでもiOSでもAndroidでも、PDFに追記やメモを書き込むことは既に当たり前になってきています。フリーソフトもありますし、価格の安い良いソフトも増えました。これにより、同様のソフトで評価が高かったDocuWorksの注目度が下がってしまったことに異論はないと思います。共通ファイル形式で一番汎用性があるのはPDFになったことも異論がないと思います。

にも関わらずCroscopeはTIFFなのです。TIFFは汎用性が高いし、ファシリティマネジメントを推進するFMシステムからすれば外せない要件だと思うのですが、実際はPDF管理し始めている会社も多いのです。特に小さいところは。どうしても、まいく郎などから派生したことから足かせになっているのでは?と思います。まあそれならTIFFのシステムはそのままに、PDFの追記に対応すれば良いだけのことです。

現状のCroscopeでは、PDFはそのまま見られるのですが、書き込めません。TIFFに変換して・・・という1作業が増えてしまいます。そうすると使う意味がなくなります。CADからならTIFF変換でも・・・良いのですが、最終的にPDFにすることが多いわけで・・・やはり1作業増えファイルが増えます。現状の編集機能にそれほど不足感はないので(クセのある操作感は嫌ですが)PDF編集さえつけば、かなり良くなるのにな・・・と思います。

あとはクラウド対応とスマホ対応でかなり訴求力が高くなります。スマホのビューアにはPDF追記機能やCADファイルをPDFに変換する機能がつけば有料でも買う人は居るでしょう。DWGやDRA-CADファイル、JWWなどCADビューア、変換には定評があるので、そこをDRA-CADレベルに伸ばしながらうまく次のバージョンへつなげて欲しいところです。