20GB」タグアーカイブ

4キャリアとも2980円

日本人って横並び多いですね。緊急事態宣言もそうだし。表題は、もちろん携帯会社の新プランのこと。それを考えると、いろいろ問題はありますが最初に2980円を打ち出した楽天モバイルとドコモブランドで2980円を打ち出したドコモの勇気はすごいことかな、と思います。問題は採算が取れるかと実用性があるかなんですけど(汗)。

さて、最後に発表のauですが、さすがに先月叩かれたことに懲りてか、先行他社より魅力的なプランを発表せざるをえないわけで、そこそこ魅力的です。通話しない人を考慮してその分を値下げに回す配慮も忘れていません。いろいろなトッピングで各個人に向いたプランを作りやすいのも特徴です。まあ、マネされるんでしょうけど(涙)。

さてauの場合、念願のeSIM対応のようです。楽天モバイルのeSIM対応機の中では、auと親和性の高いモデルもありますので、楽天モバイルが本サービスで2980円払うの納得がいかない!というユーザーが流れる可能性もありますね。私もRakuten miniにau回線を突っ込もうか?模索中です。

まあ、そう考えるユーザーにとってネックになるのは、実は安く見えた2980円という価格が高いこと。私のように携帯電話で比較的長い仕事の打ち合わせをする人は5分かけ放題では足りず、auで1500円かかる(予想)本当のかけ放題が必要になります。そうなると4000円超えてしまいます。これだとさすがに高いです。まあ通常のスマホとして利用するなら安価なのですが、通話専用端末だと高いですね。現在会社で使っているワイモバイルの通話専用ガラケーはウィルコムからの引越ということもあって月1000円ちょっとで使い放題ですからね・・・・。まあ通話を重視するのは少なくなってきていますし、ワイモバのガラケーはインターネットを使った場合高いですからね。

通信量値下げが実質的に行われなかったことによって、端末価格が高騰してしまいました。しかしようやく通信量が実質的に下がったことによってバランスがとれてきたと思います。2台持ちを含め、そろそろプランの見直しを考えなければならないと思う今日この頃です。