マウス」タグアーカイブ

mouse CT6ファーストインプレッション

 

メインパソコンの調子が最悪なので、まだ耐用年数に達していないけど買い換えることにしました。ブログでも紹介したばかりのマウスコンピューターのCT6です。発売して間もないパソコンを買うなんて何時以来だろうか??

パッケージに入っているのはこれだけ(今回はキーボードとマウスは購入しませんでした)。

AMD Ryzen 5 4500Uというノートパソコン用のプロセッサーを搭載。6コアあり、ノートパソコン用のCPUの中では安価で実用的なので人気です。それを超薄型超小型化してディスクトップに転用したパソコンなので、本当に小型です。ちょっと昔のUSB接続CD-ROMドライブって感じです(そこまでコンパクトではないが間違えるレベル)。スタンドは思ったよりしっかりしているものの、衝撃を与えるとすぐ倒れるので、ディスプレイの裏に付属金物を付けて運用がデフォルトだと思います。

本当に薄いのにUSB端子などは地味に充実。表側にSDカードスロットがあるのもポイントが高い!

脚はネジ1つで止まるので取り付けは簡単。衝撃がなければ安定しているが、机の上などでは簡単に動いてしまうほど軽い。

わかりにくいのですが、脚が邪魔してネジが上二本しか止まりません。本体が軽量なので特に問題はありませんが、振動など心配です。ディスプレイによっては取り付かない可能性があることを想定しておきましょう。

ただ買うときは注意が必要です。通常ディスプレイの後ろのVESAマウントに付けると思うのですが、私の17インチディスプレイPro Lite E1780SDでは、アダプターと脚が干渉してうまく取り付かないです。他機種でもそうですが、VESAがあるから必ず付くとは思わないほうがいいです。私の場合はちょっと浮かして取りつけました。あと、専用アダプターは本体の薄型を活かして、ディスプレイ裏面から十分な距離を取れる位置に本体を取りつけられるので、熱対策はしやすいです。

アダプタを付けたところ。各端子は干渉しないし、ディスプレイ側にはスペースがあって排熱もよく考えられています。マイクやヘッドホン端子も過不足ないです。ACアダプタは独自形式でUSB TYPE Cでないのは残念。

購入したのは、価格.comモデルの

mouseCT6-M16-KK

というモデル。通常より高速のSSDと大容量のメモリがセットになっています。前のブログで紹介したとおり、このパソコンはメモリをデュアルチャンネルにしないと本来のパワーを発揮できません。このセットはなぜかシングル16GBがデフォルトになっているのでデュアルに変更します(むしろそのほうが安い)。SSDは1GBタイプにしました。NVMeタイプなので通常より速くなっています。それ以外はデフォルトです。

CrystalDiskMarkでSSDの速度を見ると、1GiBでSEQ1M Q8T1でRead2419.53MB/S、Writeで1965.87MBを記録。爆速ではないですが、十分過ぎるほどの速度です。CT6ではサムソン製の高速SSDに変更カスタマイズもできるので速度を求める方はどうぞ。

リプレイス前の機種はHPのCore i5 7500、メモリ8GB、SSD500MB(SATA)なので、そこそこ高速機なのです。置き換えたあとの印象はCT6のほうが明らかにキビキビ動いてくれます。高速なSSDのおかげなのか?Ryzen5 4500Uのおかげなのか、わかりません。ただCPUのシングルスレッド速度はあんまり速くない感じです。なので高速機を触っている感じは残念ながらしません。ソフトウェアの起動でみると、いつもと同じ感じが・・・。まあノートパソコン用のCPUで省電力なら十分でしょう。

問題は、ファンの音かな?意外と五月蠅いです。気になるレベルです。もちろん負荷をかけなければ静かなのですが、これだけパワーのあるパソコンなのでレンダリングなどもガリガリやるはず(過去のパソコンからの大量ファイルコピーでも音がうるさかったです)。速度的に問題はないとは思うのですが、悲しいくらい五月蠅いです(涙)。静音性を求めていた方は注意が必要かもしれません。
ファイルをすべてコピーし、必要なアプリをセットアップしたあと、このブログを書いていますが、ブログを書いているくらいの作業でも若干音は感じます。ディスプレイの裏なので耳に近いこともあるのですが、これくらいなら慣れの問題かな、と感じます。

パソコンの後ろに付けると電源ボタンが押しにくいです。スイッチが左側にあるので、私は右側のディスプレイにつけました(デュアルディスプレイ運用)。それでも押しにくいです(汗)まあ一日2回なので気にしませんが。

ファイル転送ですが、やはりWifi6速いです。測定していませんが有線と変わらない印象です。これならあえて有線にする必要がないかな?と思います。配線が少なくなるのは本当に気持ちがいいです。Wifi運用する方は、WifiルーターをWifi6対応にすると快適さが増します。特にNASを使っている場合はそう感じます。正直有線と何も変わらない感じです。

本機は、ノートパソコンのスペックですが、コネクタなども似ています。TYPE CのUSBがついているのはもちろん、SDカードスロットがついているのは地味に便利です。Bluetoothもついています。薄型ながら端子類は充実しています。

こうなってくるとTYPE CのUSBがディスプレイ出力ないのが地味に残念です。最近出ているUSB接続タイプのモバイルディスプレイに接続できないのが残念です。まあアナログRGBとHDMIがあるので不足しません。普通に両端子にディスプレイを繋げば簡単にデュアルディスプレイが使えます。むしろ既存環境からのリプレイスではこのほうがいいと思います。

騒音のこともあるので、日常はあまり重い作業をしないで、必要なときだけ高速作業、というのに向くと思います。それでもVIDEOSTUDIOなどの作業はやっぱりファンが五月蠅いし、それほど早くはなりませんでした。SSDの速度アップもそれほど劇的ではないです。まあノートパソコンでこのスペック帯がわかっているのが、私にとって新鮮さがない理由なんでしょうけど。それを考えるとシングルチェンネル8GBはあまりお勧めできないのかな~と感じます。あくまで私のCAD+構造計算+動画作成+写真編集+オフィス業務な環境での第1印象ですが・・・。

セッティングもしやすいし、ノートパソコンより机を有効活用出来ますし、デュアル運用も見やすいのがポイントです。バッテリー搭載していないので地震とかのときは無力ですが。消費電力も少なく電気代の節約にもなりますので、ノートパソコンに不満な方にお勧めしたい1台です。

余談:ダンボールも小さいので、小さなダンボールの中に更に小さいダンボールで入っている(のこりのパッキン用ダンボールを取り除いたところ)ので小ささが際立ちます!!ちなみにキーボードとマウスは除いて購入しました(たくさんあるので・・・)

 

 

 

エレコムマウスでJWWの「戻る」「進む」を割当て

最近のマウスは高性能で壊れにくくCADでもマウスにこだわる人は減ってきています。確かに高性能のマウスを買わなくても実務的には問題ないです。

そして低価格なマウスにも5ボタンなど付いていることが普通になり、ブラウザでは進む・戻るが割り当てられていて便利です。

しかしながらJWWでは、この割当が使えません。Ctrl+Z(戻る)Ctrl+Y(進む)ですから、仕方がありません。しかしマウスメーカーのドライバーではこれが割り当てられます。一例に量販店でもかなり販売されているエレコムのマウスを一例に説明してみます。

まずエレコムマウスアシスタント5をインストールし、起動します。私の5ボタンマウスはこんな感じに割り当てられています。ボタン4,5はブラウザの戻る・進むに割り当てられています。

エレコムでは、プロファイルを切り替えることによって、ソフト毎にマウスボタンのカスタマイズを変えることができます。プロファイル編集を押して

プロファイル編集の画面を開いたら「追加」を押し、JWWという名前のプロファイルを作ります。次に割り当てるプロガラムを設定するため、下の割り当てるプログラムの「追加」を押して、jw_cadを指定し、OKを返します。

元の画面に戻ったら、上のように、ボタン4,5にCtrl+ZとCtrl+Yを割り当てます。これで、キーボードを触らずに、JWWで戻る、進むができるようになるので編集効率が上がりますよ!!

右手マウス、左手トラックボールという選択肢

個人的な話で申し訳ないが、私は昔スポーツで右手の耐久力があまりない。なので絵を描いたり、文字を書いたりは本当に苦手です。大学時代はほとんど文字を書かなかったくらいですから・・・。日常生活では苦戦しない(気にしないだけ)のだが仕事中つらくなることが多いので、昔から左手主体でキーボードを打ち、左マウスも使えるようにしていました。

しかし机がせまいと左マウスだと操作しにくいので、現在は右はマウスで左はトラックボード、中央にキーボード、手前にテンキーという変則的な配置となっています。これはマイクロソフト Sculpt Ergonomic Desktopのテンキー分離をうまく考えた方法です。ノートパソコンに慣れ、左手だけで入力することも多い私にとって、テンキーは数字を連続で入力するときや、動画編集のときくらいしか使わないので、この配置となります。マウスは、この丸っこいマウスも疲れにくいので良い感じです。クッション性のあるパームレストも相性が良く、手首が疲れないキーボードもブロガーとしては助かります。トラックボールとテンキーが手前にあって邪魔じゃない?と思うかもしれませんが、この位置だと両腕と両肘を机に付けてもぶつからないメリットがあります。

 

CADなどで右手が疲れてくると、左のトラックボールM-XT4DRBKです。実は、このトラックボールはCADなどには向かないのですが、WEBブラウジングやExcelなどでは絶大な威力を発揮します。ということで、CADで利用するときは、大きく画面で移動するときは左手のボールで動かし、最後の細かな修正やクリックを右で、のように分離して作業を行います。これで右肩や右腕、右手の負担がかなり軽減します。実は有線マウスもつながっていて、左手だけで操作するときはそのマウスを利用します(面倒くさいときはトラックボールでCADやってます。DRA-CADのときだけですが・・・)。そのように負担をできるだけ分散して体に影響がでないように配置しています。

自分の作業環境が良くないな~と思ったら、いろいろ試してみるといいと思います。機材の置き方だけでも大分作業効率は変わりますよ。私の環境は変態的なのであまりお勧めしませんが・・・参考までに!!