エレコムマウスでJWWの「戻る」「進む」を割当て

最近のマウスは高性能で壊れにくくCADでもマウスにこだわる人は減ってきています。確かに高性能のマウスを買わなくても実務的には問題ないです。

そして低価格なマウスにも5ボタンなど付いていることが普通になり、ブラウザでは進む・戻るが割り当てられていて便利です。

しかしながらJWWでは、この割当が使えません。Ctrl+Z(戻る)Ctrl+Y(進む)ですから、仕方がありません。しかしマウスメーカーのドライバーではこれが割り当てられます。一例に量販店でもかなり販売されているエレコムのマウスを一例に説明してみます。

まずエレコムマウスアシスタント5をインストールし、起動します。私の5ボタンマウスはこんな感じに割り当てられています。ボタン4,5はブラウザの戻る・進むに割り当てられています。

エレコムでは、プロファイルを切り替えることによって、ソフト毎にマウスボタンのカスタマイズを変えることができます。プロファイル編集を押して

プロファイル編集の画面を開いたら「追加」を押し、JWWという名前のプロファイルを作ります。次に割り当てるプロガラムを設定するため、下の割り当てるプログラムの「追加」を押して、jw_cadを指定し、OKを返します。

元の画面に戻ったら、上のように、ボタン4,5にCtrl+ZとCtrl+Yを割り当てます。これで、キーボードを触らずに、JWWで戻る、進むができるようになるので編集効率が上がりますよ!!

右手マウス、左手トラックボールという選択肢

個人的な話で申し訳ないが、私は昔スポーツで右手の耐久力があまりない。なので絵を描いたり、文字を書いたりは本当に苦手です。大学時代はほとんど文字を書かなかったくらいですから・・・。日常生活では苦戦しない(気にしないだけ)のだが仕事中つらくなることが多いので、昔から左手主体でキーボードを打ち、左マウスも使えるようにしていました。

しかし机がせまいと左マウスだと操作しにくいので、現在は右はマウスで左はトラックボード、中央にキーボード、手前にテンキーという変則的な配置となっています。これはマイクロソフト Sculpt Ergonomic Desktopのテンキー分離をうまく考えた方法です。ノートパソコンに慣れ、左手だけで入力することも多い私にとって、テンキーは数字を連続で入力するときや、動画編集のときくらいしか使わないので、この配置となります。マウスは、この丸っこいマウスも疲れにくいので良い感じです。クッション性のあるパームレストも相性が良く、手首が疲れないキーボードもブロガーとしては助かります。トラックボールとテンキーが手前にあって邪魔じゃない?と思うかもしれませんが、この位置だと両腕と両肘を机に付けてもぶつからないメリットがあります。

 

CADなどで右手が疲れてくると、左のトラックボールM-XT4DRBKです。実は、このトラックボールはCADなどには向かないのですが、WEBブラウジングやExcelなどでは絶大な威力を発揮します。ということで、CADで利用するときは、大きく画面で移動するときは左手のボールで動かし、最後の細かな修正やクリックを右で、のように分離して作業を行います。これで右肩や右腕、右手の負担がかなり軽減します。実は有線マウスもつながっていて、左手だけで操作するときはそのマウスを利用します(面倒くさいときはトラックボールでCADやってます。DRA-CADのときだけですが・・・)。そのように負担をできるだけ分散して体に影響がでないように配置しています。

自分の作業環境が良くないな~と思ったら、いろいろ試してみるといいと思います。機材の置き方だけでも大分作業効率は変わりますよ。私の環境は変態的なのであまりお勧めしませんが・・・参考までに!!