スマートウォッチ」タグアーカイブ

フランク三浦のスマートウォッチがイカす!!!!

樂天市場ならポイントもついてお得に買い物できます。

あのフランク三浦がスマートウォッチを出していることを今日知りました。元所員のG君にもフランク三浦の青森限定をプレゼントしたのだが、自分では買いませんでした(おい!)。なぜかというと、フランク三浦は完全非防水だからです。私は時計やスマホを濡らす癖があるので、特に時計には防水を求めています。

しかし!!このフランク三浦のスマートウォッチは、フランク三浦初!!の防水です。デザイン的には若干保守的ながら、安心の日本メーカー。機能が絞られているのでバッテリーは3日くらい持つとか。iOSでもAndroidでも大丈夫なのもポイントです。

価格はフランク三浦では高価な7480円。機能も安価の健康系スマートウォッチ程度のものは含まれているのでフランク三浦が好きな方にはお勧めしちゃいます。

私は・・・やっぱりこのデザインより通常版のほうが・・・いいかな????

 

このデザイン良いと思いませんか??高級感ゼロですが(汗)

フランク三浦といえばこれ!!!少しでもフランクミューラーに見えたら節穴です。

Fitbit Charge4

あの小型な腕時計型フィットネストラッカー(腕時計)を流行らせたといっても過言ではないFitbit Chargeが4になっています。私が買った3が出てからそれほど経っていないのに(汗)。他社からも同様なものがたくさん出てきて存在感が薄れています。しかしFitbitのビッグデータはまだまだ優位にあるはず。存在感を示すためにはやはり優秀な商品の供給を続けなければ、ということでしょう。

アマゾンでFitbit Charge 4の予約が始まり、4月14日発売のようです。デザインは見た目変わりません。目玉はGPS搭載でしょうか?他社もGPS付が標準になりつつあるので自然な流れでしょう。大きさ、バッテリー駆動時間などが大きく変わらなければ嬉しい機能アップです・・・とおもったらGPSをONにしたらバッテリー駆動時間が五時間!!と短くなります。従来の使い方をしたい人はOFFにして、運動するときだけONにする・・・という使い方になると思います。ともあれ、これによりスマホを持っていかなくても距離やペースなどを正確にトレッキングできます。

私がこの機種でいいな~と思っているのは、スマホの通知が比較的しっかりしていること。メールも本文の一部が読めるし。小さいながらもスマートウォッチ的にも使えるのがいいです。

大きいのが、ヒットした全世代のバンドの互換性が維持されていること。かなりサードパーティーから素敵なバンドが発売されていますもので。

価格が高くなってしまい、似たデザインの他社の商品との差がまた開いてしまいました。しかし使っているほうからすると信頼性が高く使い勝手も良好なので、これからもお勧めしたいフィットネストラッカーといえます。

Fitbit charge3は、健康とビジネスを両立できるスマートウォッチ兼フィットネストラッカー

本当は、Fitbit Versa2を買おうと思っていたのですが、店頭で考え方を変えました。Fitbit charge3を購入しました。

スマートウォッチとみたら細型軽量ですが、フィットネストラッカーとみたら微妙な大きさながら、腕時計をすぐに取りたい私のような人間でもつけていてもそれほど気にならないし、でっぱりがないのでひっかからず使いやすいからです。apple watchやVersaは小型とはいえ、やっぱり引っかかりますからね・・・。

定評のあるフィットネストラッカーは便利。買ってスマホにアプリをインストールしてちょっと設定すればすぐ使えます。アプリも過不足ないです。画面が小さいことがデメリットのように言われますが、そもそもスマホでデータを見ればいいだけのこと。普段細かいデータまでチェックしませんよね??フィットネストラッカーとしては、正直小さいことはメリットはあってもデメリットは考えられません。睡眠と歩数を主に管理しています。アラートなども細かく設定できて、仕事に集中していると歩けと言わんばかりに歩数を知らせてきます。派手さはありませんが動機としては十分です。

バッテリーがもつし、すぐに充電できるのがキモです。先週の木曜日に買ってモバイルバッテリーで充電してから昨日までまったく電池の不安はありません。寝るときに付けっぱなしなので、会社で充電しようということで会社に充電器を置いています。すぐ充電できるので助かります。スマホでもノートパソコンでも充電を気にしなくて良いのは精神衛生上良いです。昨日充電して1日で10%ほど減りました。私の使い方なら本当に一週間で一回程度で充電は良さそうです。

ちなみにスマートウォッチとしても必要十分です。電話が鳴ればバイブで知らせてくれますし、メールやLINEも頭のほうだけは読めます。画面が小さいけど、だれからのメールかなど分かるので十分です。私は携帯はサイレントにしているのでバイブは有り難いです。

欠点は、常時画面が出ないことと、腕を上げても表示されないことがあることくらいです。でもこれは正直ストレスですね。Fitbit Versa2を買おうと思ったのはバッテリーの保ちが良いうえに、常時表示機能があるからです。しかしそもそも常に見るようだったら意味がないものですし、バッテリーがそのぶん持つというなら文句はありません。見るのはメールや着信くらいですしね。

フィットネストラッカーとして多機能なので、まだ使いこなしていないのですが、今後どんどん活用していこうと思います。

ASUSのVivoWatch

ASUSといえばマザーボード・・・というイメージは完全に払拭され、パソコンのみならずスマートフォン・・・そしてスマートウォッチと続々と新商品を出してきます。

VivoWatchは約2万円で買うことができる比較的安価なスマートウォッチです。特筆すべきは「1週間」使えるバッテリーでしょう。本当にもつか?は疑問ですが、50gという重量でそのことを公言するわけですからそこそこ自信があるのでしょう。ZenWatchに比べてコストダウンしているようなデザインですが、防塵防滴で機能もアップしていることから、売れそうな予感です。

主に健康関連が充実し、歩数計や消費カロリー、脈拍など中年や女性には嬉しい機能だと思います。UVセンサーも内蔵していて紫外線量も確認できます。

スマートウォッチとしては、iPhoneやAndroidスマートフォンで、着信やメールの受信、SNSの受信でお知らせするにとどまっています。おかげでバッテリーが長持ちするのだと思います。画面も128×128なので、この端末をスマートフォンと同様に使おうというのは間違えです。サードパーティー製のアプリもインストールできない?かもという情報も入ってきていますので、汎用性は低いのかもしれません。

4月末に海外で発表されましたが日本でも発売が決まりました(6/24)。スマートフォンとはいえ、時計なのでバッテリーがもつために何かを犠牲に、というのは正しい選択だと思います。あとはバランス・・・なのかもしれません。日本のメーカーも頑張って追従してほしいところです。