エーステンプレート」タグアーカイブ

形がエーステンプレートではないBXエースプレート

7月にBXカネシンから発売された「BXエースプレート」は、エーステンプレートⅢ-ZMからの代替品としてリリースされました。格好悪いです。エーステンプレートって見るからにエーステンってわかったのですが・・・。なんか地味です。といっても他のプレートとは形が違うので見分けは付くと思うのですが。またエースプレートに名前を変えているので、現場では混乱すると思います。

さて、一番の特徴は今までCPQ-45ビス×6本だったところが5本になったことでしょう。これは現場サイドでは非常に嬉しいことでしょう。ホームページに書いてあるとおり100枚施工すれば100本ビスを削減できるわけですから、施工時間にも影響してきます。

105mmの梁せいでも上下につかって干渉しないのもポイントです。柱側もおさまりやすい長さになっています。薄いので合板とも干渉しにくいですし、施工性は問題なさそうです。

もっともビスが一本減ったので、より施工は厳格に行う必要があります。また耐力は若干落ちています(当たり前か)。短期基準接合引張耐力で計算しているた方は注意が必要です。といっても6.5kNなので心配ないかと。価格はビスが一本減るのに一緒なのは納得がいかない!というヒトもいるかもしれませんね。大量に使う物なので効率化は嬉しいですが価格も大事ですね・・・。

エーステンプレートⅢーZM製品切り替え????

木造建築をやっていると、エーステンプレートにお世話にならない方は少ないと思います。Z金物の分厚く釘で打ち込まなければならない面倒なものを利用するより、うす型でビスで留められるエーステンプレートは非常に便利で普及しました。そのBXカネシンなのですが、エーステンプレートⅢーZMを6月末で販売終了をアナウンスしました。

後継はBXエースプレートです。価格は同じなのですが、性能は下がってしまいます(汗)。ビス数が一本少なくて施工時間を短縮をメリットと言っていますが、性能が下がるのは悲しいです。施工時間が短いのは現場にとっては嬉しいですがね。サイズもちょっと小さいので、完全にコスト対策とみられてしまうでしょうね。完全な性能置き換えではないので、設計折り込みの場合は気をつけた方が良いでしょう。