「将棋」カテゴリーアーカイブ

里見香奈女流四冠が、棋士編入試験受験決定

ブログ名を変更したら、一番始めに書きたい記事がこちらでした。

現在、将棋のプロとしての将棋指しには、2種類の制度があり、一般に知られている羽生善治氏や藤井聡太氏は「棋士」です。棋士は日本将棋連盟に所属し、棋戦に参加するもので、プロ棋士などとも呼ばれています。もう一つは、女性限定の「女流棋士」です。こちらは「棋士」とは明確に分けられており女性限定というだけでなく、なるためのハードルも低いです。もちろん将棋で稼いでいるためプロでもあるのですが、プロ棋士とはあまり呼ばれないようです。棋士には女性もなることができますが、厳しい関門を突破して棋士になった女性は今のところいません。

近年、女性も「棋士」になるべく挑戦する方々がいました。男性でも狭き門なのに、目指す人数が極端に少ない女性がなるのは非常に難しく、何人も手前で挫折し諦めざるをえませんでした。それは女流棋士トップレベルでも同様でした。

長年女流棋士のトップクラスに君臨する里見香奈女流四冠も同様でした。女流棋士として若くしてトップになった彼女は、女流棋士が棋士になるためのルートを開拓した先駆者でした。奨励会編入試験を受験し入会。女性史上初の3段まで昇段するも、棋士になれる4段には慣れずに退会しました。

その里見香奈女流四冠が、アマチュアにも開かれているプロ棋戦での規定をクリアしたのが今年5月。同時に女流棋士として初めてタイトル棋戦本戦出場を果たしました。その後、プロ編入試験受験するのか?話題になりました。

もちろん受験するかどうかは本人が決めることです。年齢や周辺環境を考えてもチャレンジするか、どうか?迷われたと思います。しかし本日、受験することに決めたそうです。ニュースに大きく流れていましたね。

これで、若手棋士5名と5番勝負して3勝すれば晴れて棋士になります。もちろん女性初です。そんなことより本人は、過去に奨励会に編入してまで棋士に挑戦していたわけですから、夢が叶うかもしれません。逆に若手棋士5名は複雑な心境でしょう。プロ算入して間もないし、通常棋戦のほうが大切だと思うし、まだ慣れていないかもしれません。そんな状況下にいきなりこのような注目を浴びる対局をしなければなりません。大変だと思います。

そんなわけで、ファンから見たら楽しみが増えましたね。応援します。

第1期ヒューリック杯白玲戦 女流順位戦 順位決定トーナメント公開されました

女流棋士にも順位戦ができました。その予選にあたる順位決定リーグ戦が終わり、いよいよ順位決定されるトーナメントが始まります。それにより初代白玲を決める7番勝負に出られる2名が決定しますし、参加している女流棋士の順位が決まります。棋士では当たり前の順位戦ですが、改めて見ると参加者全員の序列が決まってしまう恐ろしい棋戦が将棋にはあるんですね・・・怖いです。

さて、初代白玲は、1~8位決定トーナメントに出ている8名に決まりました。ここには当然タイトルホルダー(過去も含む)が並ぶと思いきや、結構予想外にもなりました。注目すべきはyoutuber系の女流棋士がいないこと。強い方はもちろんですが、今回に限れば新型コロナで真面目に将棋を取り組めた方が上位に来たということでしょうか?将棋番組に余り出ていない方が揃った感じがします。やはり人気の方や仕事が忙しい方も難しい棋戦だったのだと思います。従来の棋戦と異なり、一年間で将棋を指す回数が飛躍的に上がったので、子育て世代なども厳しかったのかもしれません。新型コロナでイベントが激減したのでyoutubeに注力した方がいました。その方々が真面目にやっていないわけではないと思うのですが、やはり始めてそれほど時間が経っていないこともあり、両立は難しかったと思います。最年少は石本女流。全体的に若手に厳しい結果が出た予選を素晴らしい結果で切り抜けましたね。将棋を本格的に始めたのが遅く仕事をしながら女流棋士になった加藤圭女流の躍進も素晴らしいです。個人的には誰が初代になってもおかしくない、素晴らしい8名が揃ったと思っています。

次の9~16位は、ここにいてもおかしくない実力派が揃いました。成長著しい山根女流、安定した実力を誇る上田女流や甲斐女流などのなかに、youtubeで活躍している過去のタイトル保持者の香川女流、youtubeに引っ張りだこの鈴木女流なども含まれています。将棋は実力です。そして普及の仕事をすることも重要なお仕事です。youtubeも立派な普及だと思います。一番実力が拮抗しているトーナメントだと思います。誰が上位に食い込むのでしょうか??

17~24位は、ここにいるのは次世代を担う若手実力者が揃ったのでしょうか?普段それほど実力では目立たないがしっかり実力を付けたということでしょうか?意外なメンバーが揃っています。若く元気なメンバーが揃っていて数年後に白玲を取れる女流棋士になることを願っております。

25~32位は、過去の実力者が勢揃い。低迷期を知る方々で、この白玲戦が出来たことに本当の意味で喜んでいることと思います。ベテラン勢の中に次世代を担う若手が入って面白いトーナメントになっています。

33~40位、このあたりになると実力的には各棋戦で上位にこないメンバーで構成されています。そんななか、ここ数年で女流棋士になったメンバーもいます。本来はここにいてはいけないと思っているはずです。予選が厳しい組にいた方もいますので、ここから少しずつ順位を上げていってほしいものです。

41~48位は将棋イベント、abemaなどでお馴染みのメンバーが多い華のあるメンバーが多く集まりました。女流棋士は普及に関わることも多く人気メンバーは忙しいと思います。それでも勝負の世界ですから、順位が低いのは納得いっていないと思います。次年度以降を考えるとできるだけ上位に位置したいものです。

49~56位は、比較的ベテランが揃いましたが、若手で将来期待の女流棋士も含まれており、下位ながら注目の対決が含まれています。順位戦が出来て女流棋士で居続けることが難しくなる可能性があるので、ベテラン勢も1つでも上を目指しておかないと、と思っているはずなので若手には楽なトーナメントではないことは確実です。

57~64位は、残念ながら最下位のトーナメントです。ベテラン、子育て組に交じって、10代の女流棋士も混じっています。若手にはぜひ奮起してほしいものです。もちろんここでの最下位は本当に最下位になってしまいますので、まずはそこを避ける為にも初戦頑張ってほしいものです。

女流棋士のオシがいないので、ここでの戦いを見て決めようと思っています。

将棋の王将戦に見る高齢化と意識

将棋の王将戦の挑戦者決定リーグが本日開幕しました。開幕カードは最年少でタイトルを奪取したの藤井聡太二冠と、レジェンド棋士の羽生善治9段ということで注目していた方も多いかと思います。

将棋と言えば名人戦が有名で王将戦とは??と思う方もいるかもしれませんが、特に挑戦者決定リーグは過酷であることが有名で「将棋界で最も過酷」と言われています。というのは予選を勝ち抜いた7人による総当たりリーグ戦で、内訳はシード権4名と予選通過者3名となっています。つまり下から勝ち抜いてリーグに出場するのはたった3名しかいません。プロ同士の棋戦でここまで狭き門だとかなり厳しいと思います。またせっかくリーグ入りしても4名しか残留できません(うち1名がタイトルを取った場合は3名+タイトル陥落者)。維持するのも入るのも相当狭き門なのです。

そして今日の開幕局は、羽生9段の積極的な差し回しが功を奏して藤井二冠を撃破!意外にも羽生9段は藤井二冠に勝ったことがなく、これが初勝利!

この勝負は素晴らしく、藤井二冠にも勝機はありました。しかしその論評やネットの意見を見ると悲しくなります。そしてこの過酷なリーグの顔ぶれを見て、やっぱりそうなのか、と思ってしまいます。

まず今回のリーグは、非常に豪華な顔ぶれで過去にタイトルを持っていた棋士及び現在タイトルを持っている棋士で構成されています。なので見応えは十分です。しかし・・・。若い藤井二冠に惑わされていますが、その次に若いのは永瀬王座(28才)です。永瀬王座は若手の強豪として知られていますが、もう28才なのです。羽生9段が王将を獲得したのは25才。そのときは実は他はコンプリートしており全7冠を独占しました。羽生9段は別格だから・・・というかもしれませんが、20代前半でタイトルを取っている棋士は意外と多いので、高齢化していると言われても仕方がありません。他は30代前半に3名いるものの、40代も2名います。過酷なリーグなのに、若手が少なく、藤井二冠以外は元気がないように見えます。ちなみに前回は40代3名でした

将棋界の序列は強さ、すなわちタイトルを持っているかどうか?で決まります。いくら過去に実績があっても明確な基準があります。これは将棋連盟のHPでも明確で、タイトルを失うと下位になります。そして序列は上座下座でも明確に出ていて、たとえ70才の無冠のレジェンド棋士であっても、タイトルを持っている高校生棋士の下座になってしまうのです。

今回、実績では羽生9段のほうが、の論調が多かったです。今の日本はすべてそれです。羽生9段の実績は、日本人なら誰でも知ってるくらい偉大です。それに異論は唱えません。しかし勝負の世界、しかも現役同士の戦いに、実績など関係ありません。少なくとも勝負しているプロはみんなそうです。ガチンコに真剣勝負しているからみんなを引きつけるのです。今日もNHKニュースで「藤井二冠敗れる」という速報にかみついた方が多かったですが、少なくとも今日の勝負は羽生9段が勝ったが、現在の序列では藤井二冠のほうが上で、注目度も上なので、このような報道の仕方も無くはないのです。レジェンドの羽生9段の勝利を素直に喜びたいのですが、反応が保守的でなんだか今の日本を象徴している出来事なんだな~と感じて暗い気持ちになります。

まあ、そんな中だからこそ、高校生棋士、藤井二冠への期待がものすごく大きいのかもしれませんね。また50才にもなる羽生9段の活躍で元気をもらう中高年者も多いことと思います。私も見終わった後、仕事がはかどりました。そんなものです。

ちょっと考え方が変わるだけで、見え方も変わるというもの。実績だけでは勝てないことは羽生9段が一番わかっていて、「やり方を変えた」とおっしゃっていました。普通にやったって強いのに、まだまだ勉強して強くなろうとしているんだから頭がさがります。また子どもの年齢より下の藤井二冠の将棋を勉強している・・・本当にすごいです。年齢やいろいろな事に理由をつけて努力しないのはもったいないです。

若さや年齢やできない理由を一回忘れて取り組みたいものです。できないことを何かのせいにしていませんか?今の日本や自分に一番足りないもの・・・それを今回の対局で再認識しました。頑張らねば。

将棋中継

将棋を本格的に見るようになってから2年。まだまだ知らないことは多いけど、テレビで中継を見るのは好きです。そこで問題になるのが、どの対戦がいつ行われるか?それがどのメディアで放送されるか?です。対局は連盟ホームページの対局予定をみればだいたい把握できます。その中で放送されるか?なども備考欄にでています。

基本的には毎週日曜日のNHK杯。その前に将棋フォーカスもやっているので連続で見ている方もいらっしゃるはず。比較的短時間で勝負が終わる上、長年やってきていることもあり無駄のない解説で技術的にも楽しめます。毎週同じ時間なので録画にも向いていますし一年間通して楽しめるのがいいですね。

他はいろいろむずかしいです。ネット中継はニコニコ生放送というイメージが強かったですが、今はAbemaTVが強いですね。ニコニコの雰囲気も良かったのですが、追い出されたり、使い勝手が・・・なんてこともありましたがね。AbemaTVは良くも悪くもテレビです。解説の棋士、聞き手の女流棋士を複数交代で出すのでいいですね。解説がないものもあります。個人的に解説がないと飽きてしまうのでできるだけ解説は入れて欲しいところです。Abemaやニコニコのおかげで将棋を気軽にいろんなところで見られるようになりました。

しかし昨年になって知ったのですが(遅いだろ)、Abemaやニコニコでは見られない棋戦があります。まず銀河戦。これは囲碁将棋チャンネル主催なので、どう転んだって囲碁将棋チャンネルが放送します。CS放送なので契約すればいいのですが、有料です。私が加入しているJCOMだと単独契約ができず、コレも悩みの種です(そもそもJCOMわかりにくい。テレビ局なのに・・・)。

次に王将戦。囲碁将棋チャンネルの将棋プレミアムのようです。将棋プレミアムなら銀河戦も見られるので、JCOM等CSで見るより、こちらのほうが手軽そうです。ただ、生中継が見られるゴールド会員は月額2000円です。これを高いとみるか安いとみるかは、その方の価値観です。

将棋の棋譜を生中継してくれる将棋連盟の将棋アプリも必須です。深夜にドキドキしながら画面更新していくのは勉強にもなりますし刺激的です。私も昨晩は羽生九段対久保九段を見ていました。価格も月550円で私には必須でしょう。しかし上記の将棋プレミアムを入れてしまうと2500円を超えてしまいます。趣味でスマホ上のサービスとみてしまうとちょっと二の足を踏んでしまいます・・・将棋ウォーズなどで課金している人も同じ悩みがあると思います。

まあお金を出しても見たい!!という対局が多いのも事実で、正直その価値はあると思います。放送に関しては流動的みたいなので、その年の対局や放送予定などを見ながら検討してみたいと思います。

NHK杯 久保利明九段 対 藤井聡太七段

皮肉なことにタイトル失冠時の将棋から、久保九段のファンになりつつありました。浦和レッズのファンになったときと似た構図なのかと。今日は注目の藤井聡太七段との対局。この2人の対局は非常に見応えがあります。熱戦というか・・・。

さて、今日も期待を裏切らず、藤井七段先手番で始まりましたが、あっさり先日手で指し直し。両者も対戦が多くなるにつれて対策もできつつあるうえ、相性も含めた棋力が拮抗しているのか?指し直しでも大熱戦でした。

序盤は久保九段がうまく指しているように見えましたが、途中からどちらが優位なのかわからなくなり、終盤にかけて久保玉が危ないように見えました。初心者の私から見て、今日は藤井七段の勝利だと思ってしまいましたが、さすが久保九段は粘るだけでなく、勝機を見逃さなかったですね。最終盤の藤井七段のがっくりした姿は痛々しいです。まだ悔しさをバネにで良いと思うのですが、プロなのですから、指している最中はあまり表情にださないほうが良いのかな?と感じます。まあそれを含めても次世代スターであることには変わりなく強いです。

私は人と指す時間がほとんど取れず、級位も停滞気味です。なんとか指す時間を取って将棋道場などに行きたいですがしばらく無理そう。ネット将棋やぴよ将棋などで棋力ができるだけ落ちないようにしていますが、詰将棋はかなり停滞。ちょっと疲れ気味なのでしょうか??調子がいいときは連勝しまくるのに、連敗しだすと止まらない。基本的な何かが足りていないようです。今のところ棒銀と四間飛車がメインです。初段になるまでは、この二つをもっとうまく指せるように努力を続けるようと思います。