投稿者「しろなまず」のアーカイブ

HOUSE-ST1 Ver8ファーストインプレッション

2020年10月新発売の木造構造計算ソフトHOUSE-ST1 Ver8のファーストインプレッションです。

今回は、大きな法改正も計算マニュアルの変更もない時期のバージョンアップということもあり、機能アップや、使い勝手のブラッシュアップがメインです。なのでバージョンアップをしないという選択もあるので、珍しくレビューを多く求められています。たぶん買うかどうか?判断しにくいということでしょう。

告示の変更により、構造用合板の倍率がCN釘を使った物が加わりましたが、前バージョンではなぜか?加えませんでした。このことの批判は多かったのですが、今回無事にデフォルトで使えるようになりました。

新機能がどのようなものがあるかは、別途ハンドブックにまとめましたので、興味のある方はこちらでPDFダウンロードしてみてください。

一通り使って見て感じたのは、無駄にアイコンの色などが変わったことは置いておいて、メニュー体系がブラッシュアップして飛躍的に使いやすくなったことです。バージョンアップのたびにメニューが加わり、非常に複雑になってきていましたが、ようやく整理されて使いやすくなりました。これは既存のバージョンになれた方は「あれ?」と思うかもしれませんが、最終的には作業しやすく感じると思います。新規の方はより使いやすいソフトだと感じると思います。

また長年計算時に、いちいち設定がでてくる独特の計算実行を改め、計算条件を別途にすることにより、直接チェックに入れるようになりました。元に戻す方法も用意されており元が良い方にも配慮されています。ちょっとの差ですが、スピーディーに計算できるようになりました。ルート2への切り替えやJIS A 3301の切り替え、出力記号や検定計算の数の設定なども、計算条件でできるようになったので快適です。ルート2に変えると帳票も自動で変わるのも便利です。

入力自体の改良は、梁交差部を越えて配置すると自動で分割され梁が配置される機能(kizukuriなどではお馴染み)など入力がある程度で小幅なブラッシュアップに留まります。ただ梁壁入力画面に、梁や壁のプロパティを表示・非表示などを切り替えられる機能(WOOD-STではお馴染み)がつきました。特に外壁・内壁を表示できるようになったので今までよりチェック・編集が簡単になりました。

一番の改良は構造計算結果の画面でしょう。今まででも構造計算ソフト界随一の部分でしたが、更に更に改良されました。ユーザーインターフェイスも一新され、更に使いやすくなりました。。描画属性の変更も行えるようになりましたし、ページを回転して確認できるようにもなりました。CAD変換なども詳細マウス操作モードにより、各項目からできるようになりました。またクリップボード転送も簡単になり、Excelに手軽に転送できるようになりました。こういう機能って項目により限定されたりするのですがその制約がありません。一般事項の建物概要なんかもクリップボードは項目毎に転送できます。CADもページ毎に転送できるようです。非常に便利に追加検討書や図面を作成することが出来ます。

クリップボードを介してExcelに転送。きちんと項目毎になっている。

CAD変換。枠や文字や表もCADデータに変換できる。

また出力できる帳票も増えました。ルート2がらみが強化されていますが、計算ルート判定や、プリチェックメッセージ一覧も同時に出力出来るようになりました。ルート判定、エラーやワーニングのチェックが楽になりましたね。今までみたいに他の画面を参照しなくてもチェックできるのは、思いのほか快適です。あと、柱頭柱脚の金物図が、他社のように各階柱頭柱脚でも出力出来るようになったのは便利です。これでCAD出力すれば、簡単に金物図が作成できます。ここまでやると、構造図を作成するコマンドを実装したほうが良いレベルまで来ています。まあ機能を駆使してオリジナル帳票を作る方が楽しいかもしれませんが。

目玉のCEDXM機能は非常にシンプルで設定がないので、機能としては楽なのですが、逆に制約もあります。またその割に変換出来る項目が多く、各階の地震力荷重なんかも転送できますので、Wallstatに自動で入力されたりもしてビックリします。転送出来る項目のON・OFFが欲しい所です。プレカットとは他のCAD同様大きくシステムが違うので、限定的な転送になりますので、実質Wallstatへの転送がメインだと思います。恐らく専用ではありませんが、ある程度想定した作りになっているので、Wallstatを使う場合も大きな武器になりそうです。また各要素をCEDXMに転送できたり要素を読み込めるわけで、例えばKIZUKURIにデータを転送したり、逆にkizukiriデーターを読み込んだり出来るのは面白いです。もちろん梁・サイズ・耐力壁などですが意外と楽しいです。もちろんアーキトレンドの梁伏図もCEDXM変換すれば使えます。複数のソフトを持っている場合、意外と活用の幅が広がるかと思います。

そんな感じで文字で説明するといろいろあるのですが、キャッチーではないのでわかりにくいのも事実なので、非常にわかりにくいです。また期待されたペントハウス対応や、斜め軸、構造図自動作図、同社HOUSEシリーズとのデータ互換など実現しなかったのも事実でやや物足りないのも事実です。しかし初めて触った人にも、既に旧バージョンを使いこなしている人にも意味のあるバージョンアップです。ここには書き切れない新機能もたくさんある(新機能ハンドブック参照)ので、特に旧バージョンをお持ちの方はバージョンアップしてみてください。後悔はしないと思います。

※なまあずショップ楽天市場店&なまあずソリューション共同企画

HOUSE-ST1 Ver8ハンドブック(新機能編)をダウンロードされた方で、なまあずショップ楽天市場店でHOUSE-ST1 Ver8を購入(バージョンアップも含む)された方には、ハンドブックのCDEXM編と構造図作成編をプレゼント!!新機能編の最終ページにあるキーワードを購入時の備考欄に記入ください。追ってパスワードを送付いたしますので、ハンドブックをダウンロードしたページからダウンロードください。両ハンドブックは10月下旬完成予定です。

 

GoTo イートを初利用

先週末は、久々に構造計算ソフト会社の方が来社するのでちょっとした会食を・・・ということで、店予約は私が。店選びは苦手なのですし、コロナの影響もあって近所の店をまだあまり知らないこともあって、ぐるなびを利用。GoTo イートに初挑戦しました。

店は会社から1分で行ける知っている店ですが、使ってみました。GoToイートを使えることを確認のうえ、メニューを選んで予約するだけ。手軽です。後日期間限定ポイントが人数分×1000円戻ってくるので、精算時その金額を引いて割り勘しました。

このような施策をあまり好きじゃないです。税金は払っているとはいえ、それほど多く払っていませんし。でもみんなで使って経済を!というわけですから、みんなで食べるときなんかは良いかもしれません。店的にもお一人様より、複数名のほうが接客も含め効率的ですし。

GoToトラベルも含め、いろいろ問題点も指摘されています。そもそも不公平だとか、変なテクニックが使えるとか。まあそれも含めての施策です。できるだけ公平に効率良く、不利にならない施策をこれからも講じていってほしいものです。

雨の日の売上げ

私は飲食店ではないのですが、過去フリーターでパソコンショップやコンビニで働いていたことがあります。そのとき感じたのは雨が降ると客が減ってヒマになる、ということです。

まあフリーターのように責任が薄い場合は問題ないですが、経営者や責任者は大問題だと思います。設計事務所のように、現場は別として、雨があまり関係ない職種に長年いたせいで、あまり雨を気にしないようになっていました。

しかし駄菓子屋はシビアです。雨が降るだけで客が激減します。雨が続いた後の晴れの日は激混みします。客の平準化は物販の課題です。特に飲食はランチ時間や夕方は混雑するけどそれ以外は・・・とかパターンが決まっています。空いている時間に準備をするとかだけでなく、空いている時間に客を呼び込むことが必要です。

まあ駄菓子屋はそこまでシビアにする必要がないと思っている方も多いと思いますが、ただでさえ単価が低く、利益率が低く、万引きに弱いですから、これから先どんどん潰れていくと思います。新規参入も少ないかと。そうなると、雨の日の販売は非常に重要になってきます。

駄菓子屋なまあずでは、10円ガチャガチャを導入しました。なまあずショップ閉店によりガチャガチャが余っていることもあるのですが。雨の日のみ運用するガチャガチャを作り、一回10円にするのです。そうするとそれを目当てに買い物に来る人もでてくる・・・ということです。

他にも企画を考えて行こうと思いますし、全国の駄菓子屋さんの参考になる作戦があれば、紹介していきたいと思います。

FreeStructure for iOS/iPadOS

株式会社ストラクチャーの応力解析ソフトFreeStructureのiOS、iPadOS向けのアプリ(モバイル版)がリリースされています。現時点では無料です。FreeStructureは3次元も解析できるのですが、モバイル版は「平面骨組」のみです。でもこんな素敵なソフトをフリーで公開してくださるメーカー様に感謝です。

タッチ操作でどこまでできるか興味があるのですが、現時点で手元にiPad/iPhoneがまったくないので試せません(涙)。

あと、データはフリーストラクチャー7.1(デスクトップ版)に転送できます。素敵です。HOUSE-DOCなども現場調査アプリで入力して、計算はデスクトップに転送できたら人気がでるだろうな・・・と思いますが、メーカー全体のHOUSE-DOCに対する開発のやる気のなさを見ると期待薄かと。

意外と構造計算をタブレットで入力してデスクトップで計算というのは良いかもしれません。以前kizukuriのデータをAndroidで作ろうとした猛者(柱梁までは出来たかと)が居ましたが、意外と新市場を開拓できるかもしれません。

DRA-CAD19発表

DRA-CADは毎年メジャーバージョンアップを続けている数少ない国産独自建築CADです。国産、独自、建築というところが貴重です。現在低価格帯のCADはほぼ全滅、中価格帯はAutoCAD互換が多いですからね。

さて、毎年新機能にウキウキ・・・というのは、事前の先行バージョンplusのせいで薄くなっていますが、それでも全てでないので楽しみですね。

個人的に使って見たいなと思うのが「複数の図面を効率良く一括処理」という1番目の項目の2つの新機能。図面を順番を決めて印刷できます。意外と並び順通りじゃないときがあるのでこれは良いかと。また異なるデータ形式へ大量の図面をまとめて変換できる・・・なんか出来たような気がするのですが、何か違うのでしょうか?

需要が高かった高解像度ディスプレイへの対応も価値が高いです。4K8Kも使えるようになったので細かい作業がやりやすくなります。また利用者が増えてきたユニコード文字も表示できるようになったようです。

3次元バージョンは、立体の切断線や断面線を作成できたり、立体の重心にスナップが出来るようになりました。重心のスナップ・・・構造屋さんくらいしか使わない機能だと思うのですが(汗)。相変わらず3次元はプラス項目が少なく、アソシエイトで毎年バージョンアップする魅力が薄いような気がします。

全般的におとなしい内容ですが、時代に合わせて変化してきている内容に追従していることが毎年バージョンアップの意義でもあるので、問題ないでしょう。モバイルアプリ「DRA Viewer」がもう少し良くなれば使う理由にもなるのですが、そちらがぱっとしないのが問題なんでしょう。DRA ViewerはDRA-CADネイティブではないので、使いにくいです。これならPDFに変換して送った方が便利、との声も聞かれます。DRA-CADユーザーはAndroidユーザーも多いことからAndroid版がないことも広がらない理由にもなっています。まあ、まずはiOS版をきちんと完成度を高めて、Android版も欲しいという声が出てくるようにすべきだと思います。

 

桃太郎電鉄~昭和 平成 令和も定番!~は11月19日発売

はい。予約しました。ゲーム機持っているの??と突っ込まれそうですが(汗)。

鉄道会社の社長になって全国の物件を手に入れながら総資産日本一を目指すゲームの最新版。新駅もどんどん追加され「高輪ゲートウェイ駅」も登場するそうです。

久々の新作で楽しみにしている方も多いと思います。私は知らなかったのですが、予約による早期購入特典があり、ファミコン版の「スーパー桃太郎電鉄」だそうです。忠実にファミコン版を移植したそうです。私の世代には非常に懐かしい画面です。シンプルなので今遊ぶとどんな感じなんでしょうねぇ。

地理や歴史を楽しみながら覚えられるのは非常に良いです。これで覚えた地名などもあるのではないでしょうか??今年の冬休みはこれで決まり!!でしょう。

ARCHICAD24楽しそう♪

ARCHICAD24がリリースされました。体験版ライセンスは30日間試せますので是非試してみてください!!

ちなみにARCHICAD24は84万円!!Revitと直接比較はできませんし、高いような安いような・・・。シングルライセンスはUSBキーというのが正直ちょっとな~と思っていたら、ソフトウェア系もあるようです。

そして年間保守料の該当するVIPserviceは年間12万円です。某ソフトや構造系を使っている人から考えると安いような気もします。iARMとほとんど同じと考えると激安ですが、こちらは初期投資が必要です。

ちなみに限定版に該当するArchicad24 soroは345000円で、VIPServiceは月6000円で年72000円となります。簡単にいうとDRA-CAD年会費2本分です(DRA-CADアソシエイト)

機能的な差が少ないので、個人ユーザーや小さい設計事務所にとってARCHICAD24 soloは強い味方になりそうです。

地震の予兆?神奈川で「ガスのような臭い」

オカルト系?の方々が一斉に騒ぎ立てていますが、通常の民放テレビでも、地震の予兆ということを言っているので、整理が必要です。

神奈川県の各地で、ガスのような臭いがすると通報が多発しているそうです。1箇所ならガス漏れの可能性が高いですが、これだけいろいろなところで・・・ということでは別な可能性が出てきます。

その中の可能性の1つとして、地震などの地殻活動の活発化があげられます。余り知られていませんが、南関東の地下一帯には広大なガス田が広がっています。特に千葉は有名ですね。東京や神奈川にも存在しています。それが原因の事故も起こっています。地殻活動が活発化することで、ガスが吹き出るということで、関東大震災当時にもガスが吹き出たという記録があるので、地震と結びつけて考える方も多いようです。

6月4日に三浦半島で異臭騒ぎが発生したときも、巨大地震の予兆として騒がれたことがあります(FRIDAY記事)。そして、連続して位置を変えながら異臭騒ぎが発生しているのも事実です。これが大地震の発生の予兆であるかもしれない、というのは可能性レベルでは十分にありえます。

ただ、ガスが地上に・・・というだけで大地震というのは早計で、あくまで可能性の1つに過ぎません。夕焼けは晴れといったお天気ことわざと同レベルです。先ほど紹介したフライデーの記事では、学者の言葉が載っていますが7月中旬にも大きな地震が来るかも・・・と語っていますが、もう9月です。それくら地震は気まぐれで予想が難しいのです。そもそもガスかどうか、まだ特定できていないのです。小泉環境相も地元と協力・・・といっているのでそこそこ大きな問題になってきているようですので、今後原因の解明を急いで欲しいところです。

とはいえ、現象は継続しています。注意して備えておいた方が賢明です。あとネットの情報にあまり踊らされないように・・・

IJCAD mobileをChromebookで

Chromebookは、軽量安価キビキビ動作で人気が出てきていますが、業務用ソフトは・・・という欠点がありました。そこを何とかするよりリモートデスクトップ等で補った方が、というのが私の持論ですが、やっぱりそのまま動いた方がいい、というものもあります。

JWWやDWGは建築をやっていると特に見ることが多いので、ビューアがないかな?と思っていました。良く考えるまでも無く、Andoridのアプリが使えるわけで、そのなかから、この機種で使えるアプリをチョイスすれば良いだけのことです。

一番気に入ったのはIJCAD Mobile。AutoCAD互換CADの老舗ですが、モバイル版は無料で公開しています。DWGとDXFだけだったのですが、いつの間にかJWWも対応してくれています。無料好きな日本の設計者には最適かと。寸法測定や面積測定も出来るので重宝します。JWWは編集するとDWGになりますので注意が必要です。スマホ版でも操作が工夫されていますが、やっぱりマウス操作のChromebookのほうが使いやすいですね。タッチ操作もできるChromebook 14aでは、これが最適!!と感じています。

JWW Version 8.20公開

本日、フリーソフトの建築2D-CADのJWWがVersion8.20公開されました。

公開されると、感謝の意を作者ホームページの掲示板に書き込むことが恒例?となっていますが、今回も数名の方が書き込んでいますね。このようなフリーソフトの文化が廃れてきているのも時代の流れなのでやむを得ませんが、素敵な文化だと思っています。昔はすごく嫌だったイメージがあったのですが(汗)。

最近はサブ機でアップして様子を見るようにしています。今のところ8.10bが相性がいいので、これが仕事用になっています。8.12の外部エディタ、外部バッチファイルの起動設定は、もっと昔に欲しかったです。8.2の印刷時の用紙方向・用紙サイズも今さら感がありますが、非常に嬉しい改良です。

公式掲示板では若干の画像がらみのトラブルが報告されています。正直技術的には枯れたCADであり、今後作者様だけでは抜本的な改良は難しいかと感じます。できるだけ長く使いたいのでがんばって欲しいところですが、他のフリーソフト同様、そろそろ・・・という感じがします。しかしそろそろと感じてから、こんなに頑張って頂いているので感謝です。