多機能CADビューア Croscope2

以前、Croscopeという多機能CADビューアを紹介しましたが、それがこのたびバージョンアップし、Croscop2として発売されました。Croscopeは構造システムの関連の会社の株式会社FMシステムが販売しております。

今更、有料のCADビューア?と思うかもしれません。しかし低価格なのでどのパソコンにも購入して入れておける手軽さと、いざというときの切り札的な使い方もできますので、侮れません。

新バージョンになって嬉しいのが、対応CADのバージョンの新しさ。DWG/DXF(2018-2022形式)、JWW(7.00形式)、DRA-CAD(2017/2018形式)と変換可能で過不足ありません。この手のソフトこそサブスクで使うときだけ手軽に購入♪CAD形式の対応を毎年行う、のほうが良いと思うのですが。あとはどれだけサポートしてくれるかです。

印刷機能、編集機能も向上しました。PDFビューア、画像ビューアとしても使えますし、PDF変換も可能です。定価は高機能なぶん若干高く3万円ですが、旧バージョンからのバージョンアップ費は1万円、DRA-CADアソシエイツユーザーなら1万5千円で購入できます。DRA-CADユーザーがどれだけこの商品に魅力を感じるかは大いに疑問は感じますが・・・。

旧バージョンユーザーとしては、最新のファイル形式対応版に安価にアップできることが魅力です。JWWユーザーはDWGなどAutoCADから安心してデータをやりとりできるようにできるので魅力的です。DRA-CADユーザーは、すでにPDFも読み込め、CAD変換も優秀なので、果たして導入の価値があるのかは疑問です。まあ、どちらにせよ、このような商品はすでに市場から多くは淘汰されており、久々の新製品ということもあり、一定の需要はあると思います。

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.