Pixel 6a

googleは、ハードに関しても先駆的なものを開発していっていますが、なんだか迷走感が漂ってきました。それだけアップルが優秀だったということでしょうか?

昨秋発売された、Pixel6(Proも)は、画期的なデザインと機能で注目されました。それまでのPixelシリーズとデザインも性能も(重さも)異次元でした。しかしバグが多く評判は今ひとつです。また重すぎました。

そして毎年でるその廉価版のaシリーズ。発表がありました。Pixel6a。7月28日発売で21日から予約開始の予定だそうです。価格は53900円。まあ安価になりました。先日のSALEでのPixel6を買った人からみると、どう思うか気になります。

予想を裏切り、Pixel6とそれほど差異がありません。デザインはそっくり。Tensorチップもそのまま。つまりスマホの基本性能は変わらないです。6.1インチで178gと小型軽量化されたので、Pixel6の重量感が嫌だった人は歓迎するでしょう。もちろん5Gもサポート。

重量・大きさ意外の違いは、メインカメラのスペックが下がり、メモリが8GB→6GBとなり、バッテリー容量が変更になったくらいでしょうか?WiFi6も対応していますし、悪名高い指紋認証も継続しています。

ここまでくると何処でコストカットしているか?が怖くなるくらいです。概ね世間の声にあった廉価版になっているので、Pixel4aからの乗換を検討したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.