PDF element 8 ProのPDF比較機能は良いぞ!!

PDFのソフトは複数インストールして、用途や気分毎に変えています。先日バージョンアップしたソースネクストの、いきなりPDFもそうだし、Foxitなどもそうです。

さて、今回新たに購入したのはPDF element 8 Proです。無料版も優秀ですが、やっぱり製品版が欲しくて買いました。しかしこのメーカーのソフトは買い方が??で比較的安価なのにイメージが悪いのが玉に瑕です。メーカーサイトで買う場合、年更新のサブスクリプション版と買い切り版があるのですが、標準だとサブスクリプション版が表示され、しかもそちらのほうがお得のような表示です。しかし実際1000円~2000円くらいしか違わず、今後長年お世話になるか?まだ不明な場合、普通に買い切り版でいいと思います。また他社サイトでもお買い得に買えます。楽天なら、amisoftさんで買えば、ちょっと時間はかかる(それでも数十分)が、ダウンロードで購入できます。しかも楽天ポイントがつきます。そんなわけで、買い方を十分考える必要があるソフトです。また購入したら購入したで、ライセンス登録が面倒だったり(サイトに登録する必要があるし、わかりにくい)使い始めるハードルは高いです。

その代わり使い始めるとサクサク使えます。解説なしである程度使えるのは助かります。しかも高機能ながら軽快です。

そして何よりも・・・PDFの比較機能があるのです。これは高価格帯のソフトしか搭載していません。新旧の図面の変更点を知りたい、計算書で数値が違う部分を知りたい場合有効です。

まず、比較するファイルを開きます。ドラックアンドドロップでも良いですし、複数ページでも大丈夫です。ちなみに数百枚の計算書PDFでもチェックしてくれます。

こんな感じで新旧二つの図面の違う部分を色付きで示してくれます。また左側のウインドウでどこで何が、というのが分かるのは素敵です。

北の方向を変えたり、トイレの位置や窓の位置が変わったこともきちんと関知してくれています。また給湯機の位置変更も示してくれました。意外と精度が高いです。

この機能のほか、PDFの書き込み機能などがついて1万円を切るわけですからお買い得だとしかいえません。PDFがらみの使い勝手も良好です。導入がやや面倒ですが、それを切り抜ければかなりよいです。ちなみに比較機能自体は、無料版でも体験できますので、まずは無料版を使ってから、でもよいでしょう。

私が計算書チェックに使ったときの速度でいうと、ADOBEのAcrobat Proより早かったので、スピードもまずまずです。精度的には私の意地悪なチェックで、ADOBEのほうが誤検知が少なかったですが、たぶんPDFの状態などにも依存されると思います。とりあえずADOBEも誤検知ありましたし、どちらもチェックの補助と考えれば十分な精度があると思います。図面チェックや計算書チェックにお勧めです。

公式サイト

ちなみに手間はかかりますが、PDFをDRA-CADで読み込み、DRA-CAD形式に変換すれば、図面のPDF比較ができます。その場合の表示はこんな感じになります。

変更点が少ないなら、重ね合わせてくれるDRA-CADも便利ですね。一目で分かりますし。

うまく併用するとよいと思います。