異常震域と地震予知

子供の頃から、地震とか予知できればいいのに、と思っていました。台風だってだいたいの予測はできる(はずれることもある)、ゲリラ豪雨だって、確実ではないですが予報できます。地震もそのようになるだろう、と思っていました。

しかし予測できるであろうと思われていた東海地震は、あの通りですし、地震の周期説も怪しい感じになってきているなか、宏観現象で予想しようとする動きはネットをみてもまだまだ根強い。

それらが嘘だとか思うつもりはありません。私もいろいろな方の研究を覗いてみました。明らかに論拠がおかしいものだけでなく、様々な仮説をたて研究を重ねてるものもあります。そのうち確立されるかもしれません。期待もしているのですが、私の中で地震というものが、単独の自然現象に見えなくなってきました。

というのも、そもそも直下型地震と海溝型地震では地面が揺れるということは共通でも、メカニズムは違います。これらを一緒の手法で評価していいものなのでしょうか?しかも今朝の地震のように異常震域などとなると、その直上で何か地震予知が確立されていたとしても、地震が発生したのははるか遠くだった、などなる可能性があります。たぶん発生しうる地震によって予知方法は変えていくべきであり、研究も別個に進める必要もあるのかもしれません。

もっとも予知が必要なものといえば、大津波が発生するような近海を震源とする地震、都市を直撃する直下型地震がメインなのかもしれないので、他はそれほど考える必要がないのかもしれません。一時期は、無駄な研究しているなと思いましたが、最近のテレビでの報道内容をみると、少しずつですが、地震の真実に近づいてきていて、もしかしたら今考えられてないような手法で、予測が可能になるかもしれない、と感じるようになりました。

まあ、まだ先の話です。今は、発生することを前提に、備えをすることに重きを置いて、予知などのホームページをみて一喜一憂する時期ではないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.