一級建築士学科試験合格発表

オリンピック開催もあり、例年より若干早く学科試験が行われましたが、昨日合格発表がありました。31696名の受験者で4832名の合格者。合格率は15.2%でした。

今回は難易度が高かったようです。特に学科Ⅰは難しかったです。学科Ⅰの合格基準点は10点。総得点ではクリア出来てもここで足切りを食らった方もいたようです。合格基準点は87点。例年基準としている90点より3点も低かったです。88点くらいになると製図試験のやる気が起きなくなるのですが(汗)、頑張った人は報われたかもしれません。

ちなみに合格率15.2%というのは、ここ5年で最低です。受験者数はここ5年で最高ですからバランスをとったということでしょうか?昨年が合格率、合格者とも多すぎましたからね。昨年より少なくなったとは言え、平成29,30年と同等くらいの合格者数なので、令和元年、2年はサービスしすぎたということなのかもしれません。

設計製図の試験は10月10日。期間は短いですが集中して学習して合格をつかみ取って欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.