構造計算書のCADデータ化

HOUSE-ST1では、計算書出力データをCADデータに出来て便利です。他のソフトでも出来ないかな~と思ったら、条件付でできることが分かったので書きます。

KIZUKURIの場合、計算書出力はテキストと線データは残っています。なので、KIZUKURIからPDFソフトで出力(私はAntena HOUSEのPDF出力ソフトで試しています)したものを、DRA-CADで読み込めば計算書をCADデータ化できます。DRA-CADなので、文字まで編集できます。斜め壁のモデル化の修正などで使えば便利ですね。

ちなみに多くのソフトでこの仕様はありますが、縮尺は反映できないので、狭義の意味でのCAD化ではない。あくまで活用は限定される。構造モデラー+NBUS7でもできた。文字変更も線編集もできる。うまく使えば略伏図を書くときにも使えそうだが縮尺が面倒なので、構造モデラー+NBUS7にはCAD変換機能を標準でつけて、縮尺なども合わせて欲しい所です。

 

KIZUKURIの通り芯をDRA-CAD人気の機能「文字アップダウン」で簡単に変更できる。

KIZUKURIの斜め方向のモデル化を略伏図ベースで変更できる。意外と便利かも??

そもそもHOUSE-ST1では当然のようにCAD変換できる。構造モデラー+NBUS7も縮尺が狂わないCAD変換機能を早めに搭載してほしい。