Croscopeのバージョンアップしてほしい

株式会社FMシステムのCroscopeは、価格3万円のCAD・画像ビューアです。DRA-CAD作っている会社の関連だけあって、DRA-CADやAutoCAD、JWWのファイルのビューア・変換としてだけでなく、距離や面積の測定まで出来たり、画像の汚れや傾き修正、マルチTIFFのページ差し替えなどCADとは異なった便利な機能満載でした。しかし細かなアップデートはあったものの、バージョン1のままで止まっています。3次元表示は実現せず、AutoCADは2007図面形式まで保存、JWWは6.21まで保存に留まっています(開くほうもDWGは2017まで、JWWは8.10bまで)。

iPadに移植したらすごい需要があるだろうな、と思っていましたが、タブレット版もでず。ポテンシャルから考えたらすごくもったいないな、という状態です。

とはいえ、ファイル形式は上記で十分だったりしますし、AutoCADとJWWの変換ができるソフトも少ないのは事実。この商品を知らない方も多いので、知ったら欲しくなる方もいるかもしれません。もっともメーカーも薄利の商品にあまり力を入れたくないのかもしれませんが。ホームページからも多くの情報が載っていない状態です。

購入はこちら