木造壁柱工法「ピタットベースFrontier」岡部株式会社

なんかBXカネシンのベースセッターに似た壁柱が発売されました。ピタットベースFrontierです。間違えないか?心配の商品ですが、そもそもの出発点が違うので、お好みでどうぞ。

ピタットベースは、ベースセッターのように初めから壁柱で開発されたわけではなく、木造用の柱脚金物のピタットベースを流用して壁柱にしているのです。そのため二個使いです。そして幅を自由に変えられるのが、専用品であるベースセッターとの大きな違いです。具体的には210mmから450mmまで幅が変えられます。

ハウスプラスの評価を得ていますし、構造用集成材はE65以上で様々な樹種が対象になるなど後発の利を活かした仕様になっています。そもそもピタットベースはアンカーボルトの施工誤差を多少補え設置しやすいことをウリにしている柱脚金物なので施工性も期待できます。

なお壁倍率は10倍相当(450mm幅の場合)ですが、金物の間隔で耐力が変わるのでベースセッターほど明確ではありません。ちなみに高さが3mで最小幅210mm(E105)の場合4.3倍相当になるので、ピタットベースの価格次第ではこちらのほうが使い道が多いかもしれません。

すでに設計ツール(Excel)も公開されています。標準図も出ています。ホームページには施工事例もでています。面白い商品なので、是非皆様使ってみてください!