KIZUKURI Ver8へのバージョンアップ価格

事業譲渡により引き継がれたので、しばらくはバージョンアップの価格体系がわかりにくいだろうな、と容易に想像がつくKIZUKURIのバージョンアップ。普通はメジャーバージョンアップの時にバージョンアップ料金が発生するのだが、KIZUKURIの場合小数点以下がメジャーだったりするので面倒です。なのでVer7系のバージョンアップ代金が2種類存在します。最新の7.7の場合は0.5UPということで7万5千円、6.7~7.1という普通の人なら意味不明の範囲のバージョンからのVer8へのアップは18万円となります。しかも価格改定がありました・・・。以前のバージョンアップ金額を知っている方なら、非常に高いと思うかもしれませんが、普通に考えたらそんなものです。ただバージョンアップが安価で使えた期間が長かったKIZUKURIなので、従来の年配のパワーユーザーは不満と不安を覚えているのは確かかと。

ちなみに高すぎると思ったのかもしれませんが、Ver6.7~Ver7.1からのバージョンアップは11月19日までは3万円お得にバージョンアップできます。意外とこの時期のKIZUKURI使っている人多いですからね。

私も一応今回が最後だと思ってバージョンアップ申し込みました。kizukuriの利用頻度が落ちていることもありますが、小規模木造に今までよりも注力するのはやめようかと思っています。kizukuriを含めて良いソフトも少ないですし、それはメーカーというよりグレー本に起因するわけで、46条2項ルートを含め、他の構造にシフトしたほうがいいかな?とも感じています。