日別アーカイブ: 2020/11/04

JWW Ver8.22a

11月1日にVer8.22aが公開されています。10月31日に公開された8.22のバグフィックス版です。

今夏に8.12を出してから矢継ぎ早に更新していますね。ありがたいです。まあトラブルもあるので仕方がない部分もありますが。とりあえず私もアップしてみます。

 

かんたん平面骨組

株式会社ストラクチャーは、このところスマホやタブレットの活用の研究を進めているようですが、さまざまなアプリを公開してきています。

さて、その中でもおや??と思えるソフトが「かんたん平面骨組」です。あれ??かんたん応力計算あったのでは??と思ったのですが、それとは別なものです。見た目そのまんまですが(汗)。

さらに名前がそんなだから不思議に思うかもしれませんが、実際はどちらも2Dの平面骨組のフリーの応力計算ソフトです。そんなものをまたフリーで公開してくれている・・・と思ったら今度のはiOS向けのフリーストラクチャーとほぼ同じ仕様で作られているそうです。それにしても有り難いです。PC版なので保存や印刷も飛躍的に楽ですから。iOS版フリーストラクチャーで作ったデータを、このソフトで印刷・・・といったこともできるので便利ですねえ。さらにPC版フリーストラクチャーでもデータを読み込むことができるそうです。

応力図も簡単に描けます(サンプルとしてどうかと(大汗))

CADライクで入力ではありませんが、操作もしやすいしチェックもしやすいです。応力解析ソフトを買う前に練習!という点では最適ではないでしょうか??

かんたん平面骨組

 

DRA-CAD19とSNAP Ver8の新発売キャンペーン

ついに始まりました。DRA-CAD19の発売まであとわずかです。

CADとして最新環境に追いついていなかった感がありましたが、DRA-CAD19で高解像度ディスプレイにようやく対応。4Kや8Kなどの高解像度ディスプレイに正式対応しました。かなり綺麗さが違いますから、高解像度ディスプレイを使っている人は絶対バージョンアップです!!あと個人的にはユニコード文字を利用しやすくしてくれたことにより、他環境からの文字化けなどが減ってくれればな~と希望的に思っていますがどうでしょうか??一般の方からすると大量の図面の整理や、変換がしやすくなったのが一番のメリットかと。私も届くの待っています>メーカー

さて、同時にSNAPの新発売キャンペーンも始まりました。こちらは手放しでは喜べない現状があるのでとりあえず説明。

SNAPがバージョンアップされて機能アップするのは喜ばしいのですが、従来断面計算を行うのにMED-3を用いていた流れが変わったので注意が必要です。

従来のSNAPは断面算定にMED-3というソフトを使っていたのですが、別ソフトで操作も違うので戸惑うこともありました。そこでSNAPにアドインで組み込めるSNAP-MDというソフトを新規で開発しました。これがあれば、SNAP上で断面算定ができる夢の環境が整います・・・・。

しかし!です。従来のMED-3とは連携できなくなったのです(なんでこうなった??)。まあケチらずSNAP-MD買えばいいじゃないか?と思うかもしれませんが、なんとSNAP-MDは同時発売ではなく、年明けしばらくしてから(2月予定のようです)の発売なのです。つまりせっかくSNAP Ver8買ったのに、しばらく断面計算できない、という恐ろしい状況になってしまっているのです(大汗)。

まあ、せめてMED-3への転送を残しておけば良かったのかもしれませんが・・・そういうことではないですよね??せっかく、構造システムの長年の懸案をクリアでき、大々的にアピールできるチャンスだったのに。それとそれほどユーザーは多くないかもしれませんが(・・・)、FAP-3とMED-3の連携はどうなるんでしょうか??両ソフトを持っている人(=私)は、かなり気になります。FAP-MDというものが開発されているんでしょうか??そうなるとFAP-3もVer6になるのでしょうか???気になりますね~。

ちなみにそのFAP-3のキャンペーンですが、なぜか12月末まで延長されています(??)この辺になにか理由があるんでしょうかねえ・・・