CEDXMの憂鬱

プレカット情報との連携は、某ハウスビルダーさんと挑戦したことがあるのですが、なかなか効率的にならず、諦めた経緯があります。これは設計者側だけの問題ではなくプレカット業者毎に微妙に設備やソフトのカスタマイズ情報が異なることもあります。まあそう簡単にうまくいくなら、ST-BridgeやIFCだってもっと早く普及するはず・・・・でしょう?

CEDXM評議会のホームページにも「各社対応連携表」なるものがあります。これは各社の交換できる情報の一覧です。まあ交換できる=実用になるは別の問題なのですが・・・。

CDEXMはタダのXMLデータですから、読み込んだデータをテキストエディタで自動整形・変換すれば更に多くのことができそう・・・と思ったのですが、読み込んでみると意外と制約が大きいです。また、テキストの整形も各社微妙に異なり、kizukuriのCDEXMは編集しにくいです・・・。

もう少し勉強するといろいろできると思うのですが、能力と時間不足を言い訳に進んでいません(泣き)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.