HOUSE-ST1アップデート

はい。8月21日に木造構造計算ソフトHOUSE-ST1の久々のアップデートです。更新も結構時間がかかりますね。内容てんこもりです!!

ほぼ軽微のバグフィックスですが、便利な仕様変更もありました。なぜ今までこうしなかったのか?謎ですが。

HOUSE-ST1 Ver7は2017年1月に発売されました。途中10月に新グレー本2017に対応したVer7.5というマイナーバージョンアップを重ねました。

Ver3.5:2007年 構造計算概要書(耐震偽装事件対応バージョン)
Ver4 :2009年 グレー本改訂対応バージョン
Ver5 :2012年 リボンメニュー、斜め壁、見つけ面積機能、計算書省略など大幅機能アップ
Ver6 :2014年 軸数90→150へ。ソフトウェアプロテクト導入
Ver7 :2017年 中大規模木造対応(トラス等)
Ver7.5:2017年 グレー本改訂対応バージョン

と、マイナーバージョンアップを除くと2~3年程度でバージョンアップしているので、そろそろバージョンアップされるのではないか?と予想できます。グレー本改訂の話はないですが、非木造版グレー本ともいうべき本のリリースが噂されています。そのタイミングだと遅すぎるような気がするので、Ver7のようにとりあえず新機能で拡張しておいて、オプションか、マイナーバージョンアップでの対応になるのでしょうか??各社の次期バージョンの発表時期が重なるかもしれませんね。

ちなみに販売店としてメーカーから話は来ていません。あくまで個人的予想です。