ROG Phone 3 ZS661KS発表

ASUSはスマホを急激に縮小しており、今後はハイエンドしか出ないのでは?と言われています。ハイエンドといっても一般的なハイエンドとゲーマー向けは分けています。ゲーマー向けはROG Phoneシリーズ。このたびめでたく新製品が出ました。

まあ値段はともかく、普通の人が必要ないスペックですので買う人は限られていると思います。が、意外と魅力です。

まず、5Gに対応。なんいほとんどメリットとして謳っていない。底じゃないんだと思いますが、5Gが気になる人ならポイントでしょう。もちろんWi-Fi6にも対応。CPUもSnapdragonの865 Plus、メモリも最大16GBということで、ネットワークや速度でこれに満足できない人は少ないでしょう。

画面は、6.59型有機ELで解像度は1080×2340。リフレッシュレートは144Hzに対応。かなりきれいな画面で一般利用でも役に立ちそうです。冷却機能にも力が入っております。これだけの機能なので、重量は240g!!!タブレット並みですね。

バッテリーも6000mAh。前回、高性能すぎて高容量バッテリーでも満足できない人がいたらしいので、上がると思っていたのですが、さすがにこれ以上の重量増は・・・ということでしょう。

カメラはソニーセンサーのIMX686で、標準と超広角とマクロの三眼です。もちろんDSDVっぽいですし、他にもUSB Type-Cが2個だったり、非常に個性的な部分もあります。

さて、ROG Phone 3がでたので、今度は通常版のハイエンドのZenFone7が待ち遠しいです。カメラは同様の構成になるのか?個人的にはズームか、望遠カメラを搭載して欲しいところ。低価格でそこそこの性能でコスパが高い機種が世の中には溢れています。ASUSならではの、ハイエンドで意外と安い(低価格という意味ではない)な機種を期待しております。