構造計算ソフトKIZUKURIエンジンを搭載した建築CAD「ALTA Revolution」

コンピュータシステム研究所は7月29日に、建築CAD「ALTA」シリーズの最新版「ALTA Revolution」の販売を開始しました。

あまり有名ではありませんが、木造系の建築CADで、アーキトレンドなどと競合する製品です。今回のバージョンの目玉は、木造構造計算ソフト「KIZUKURI」の機能を搭載し梁サイズなどを正確に算出できるという点です。KIZUKURI自体を搭載しているわけではなく、構造計算書の出力には、データ連係でKIZUKURIに転送して出力する仕様のようだ。その他伏図作成機能を大幅に強化し、生産性をアップしたようです。また宮川工機と共同開発した自動伏図エンジンを搭載しているので、プレカット工場独自の設定を基にした構造伏図の作成が簡単に行えるのもポイントが高いです。

またプランニングでは手書き図面を「AI」で3Dデータに自動変換できるなど、先取的な機能搭載も目立ちます。

構造パックを含まない「ALTA Revolutionプレゼン・見積パック」は5年間の保守を含んで180万円から、構造を含んだ「ALTA Revolutionプレゼン・構造パック」が330万円からと、通常の設計事務所が購入するのは難しそうな価格帯ですが、効率的な設計を行いたい設計者にとって魅力的な製品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.