Mola Structural kit3の吊り橋の組み立ては注意が必要!!

構造力学モデルのMolaは、今年Mola Structural kit3が発売になりました。

私も購入したのですが、1,2とは大きく違うことをお知らせ致します。

組み立て動画をさくっと作るつもりが2時間もかかってしまいました(動画はチェーンの加工時間を除いた1時間となります)

はい。何が違うかというと、部品数と、加工が必要な点です。ボリューム的にMola1の数倍という感じです。Mola1は簡単に説明書なしで組み立てが可能ですし、直感的に構造がわかるのですが、Mola3は説明書を詳しく読まないとミスります。最新の注意も必要です。何しろ謎の爪切り!が入っています。

何に時間がかかるか?といえば、ボールチェーンが入っているのですが、すべて吊り橋に合わせて切断が必要なのです。そのための爪切りだったのか!!・・・です。ボールチェーンには目印がなく、ボールの数で切断位置を示しています。10とかはいいのですが、60とか110は苦労しますし、ミスが怖いです。厳密に守る必要はないような気がしますが、同じ長さのものは揃える必要があります。

また、そのボールチェーンに他の部品を取り付けるのが難しいです。細かいので老眼には辛いです。またコツを掴むまでは非常に難航します。動画にすると長すぎるのでそこは大幅に割愛しています。それでも約1時間の動画になりました。私の独り言もずっと入っていますので、苦労している動画を見たい方は、是非ご覧ください。

完成品はこちら!!美しいです。が、思った以上に大きいです。飾る場所を選びますね・・・。吊り橋の各部材にかかる力を感じられる素晴らしい模型です。入手できる方は是非入手してチャレンジしてみてくださいね。