KIZUKURIとHOUSE-ST1との基礎の計算の差異。どっちが有利?

ちひろ
ちひろ
構造計算ソフト毎に結果が異なるのはなぜ??
ソフト毎の計算方法の差異などもあるので、結果が変わってくることがあるんじゃ。まあ同じ計算ソフトでも構造設計者が違えばモデル化などでも差異がでるので結果が変わってくることは普通にあるが・・・。
なまずく先生
なまずく先生
ちひろ
ちひろ
じゃあ、KizukuriとHOUSE-ST1ではどっちが有利なの???

同じグレー本準拠とは言え、計算方法は結構違うので、結果が変わってくることがあります。同じ物件を同じ設計者が同じモデル化でやってみても違います。構造設計者が違えば、その差異もバラバラでしょう。

しかし興味がありますよね??特に基礎に関しては一貫でできるHOUSE-ST1とKIZUKURIでは大きな差が出来るはずです。簡易な木2モデルで実験をして見ると、やはりKIZUKURIのほうが有利にでるようです。

というのは、私がKIZUKURIで計算するとき、接地圧を出すための面積は基礎底盤の実面積なのに対し、HOUSE-ST1は床面積(芯寸法)だからです。狭小だと大きな差になります。まあ普段から芯寸法で割っている人は差がないのですが。

狭小でスラブの短辺が3m以上の場合、スラブの配筋がHOUSE-ST1と私の手計算では大きく変わってきます。別にHOUSE-ST1が間違っているわけではないのですし、地中梁に比べて計算方法が違うわけでもないのですが、意外と大きいところです。

逆に端部の引き抜きが伴う部分の地中梁はHOUSE-ST1のほうが通常は有利に出ます。まあKizukuriの部分計算(青本に載っていた方法ですよね??)より実状の応力(単純梁だけど)で検討しているので当たり前といえば当たり前なのですが。逆に短めのの内部梁などは大きく出やすいです。

とはいえ、根拠だって全部部材の計算をしてくれているHOUSE-ST1のほうが、安心して計算を出せることには変わりがありません。審査機関に変な質問を食らうケースも少ないです(あくまで基礎だけ。上階は・・・)。整形の場合は計算速度も速いですし、根拠資料を作る必要もなので、確認申請の計算書を早く作れます。基礎だけみると明らかに楽ですね。ただ複雑な基礎は無理なので、その場合の手間はKIZUKURIと同様です。

HOUSE-ST1は、アンカーボルトの計算を省略条件で抜けられるのがいいですね。まああまり求められることもないですが。

※上記は、しろなまずが試した1つのモデルでの結果と感想です。そもそも木造の基礎の計算は構造技術者間で大きな違いがある部分の1つです(いろいろな方法があるということです)。必ずそうなるとは限りません。まあ細かく書くといろいろアレなので・・・。