木造構造計算を学ぶ本・・・HOUSE-ST1買っただけではダメです

木造構造計算ソフトは、近年非常に操作性が良くなり、機能も多彩になっているので、参入する敷居が低くなりました。私の頃には、kizukuriも全断面を出してくれる機能なんて無かったですし、計算内容も簡易で計算書枚数も少なかったです。

といっても学ばないとダメなのは、何時の時代も一緒。操作もそうですが、構造計算、木構造の仕組みは知らないと無理です。そこで必要と思われる書籍を紹介します。

・木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)
はい。必須です。木造住宅の構造計算ソフトは一部を除いてこの本が基準となっています。値段も難易度は高いですが計算例もありますので、絶対買っておきましょう。通称グレー本。私の場合新旧を分けるため新グレー本2017と呼んでいます。購入はこちら

・演習で学ぶ 入門 木造の許容応力度計算ワークブック(2018年版)
上記グレー本に準拠したワークブックです。自分で解いてみて学べます。グレー本に準拠しているので、他の書籍に比べて原則がわかりやすく覚えられます。購入はこちら。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

改訂版 実務から見た木造構造設計 [ 上野 嘉久 ]
価格:6600円(税込、送料無料) (2020/6/1時点)

楽天で購入

 

・実務から見た木造構造設計
どちらかというと旧来の実務からの計算を学ぶための書籍。実務向け。この本で木造を学んだ中高年齢の方も多いはず。若干内容が古いのですが、未だ役に立つという声が多い名著。RC造やS造版もあるので、共通で学びたい方にお勧め。

・ヤマベの木構造
更に実務向けで根拠も載っているので非常に重用する。豊富なデータが魅力。実験などを重視した山辺先生ならではの書籍です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤマダの木構造 (建築知識の本) [ 山田憲明 ]
価格:3080円(税込、送料無料) (2020/6/1時点)

楽天で購入

 

・ヤマダの木構造
ヤマベ、ヤマダと似ているがまったく違う技術者による本。ヤマベより薄くより実務向けになっている。実務家としても名高い山田先生ならではの、実例と「使える資料」が魅力。

まずは、上記5冊のうち、上2冊とと、下3冊から気に入った物1冊の計3冊構成をまずはお勧めします。

 

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。