群発地震多発

新型コロナ一色だった世間の興味も、慣れるに従って他のことに目が行くようになります。新型コロナ後、耐震診断の依頼が急増しています(あくまで某社のお話し)。それと無縁じゃないと思われるのが、最近の多発する地震です。

定番となった、茨城県付近や宮城・福島以外にも、5月19日未明の岐阜県高山市付近の群発地震(30回以上)、4月23日頃に発生した長野県中部の地震多発(20回以上)、

気象庁では、定番の茨城等は、「普段おきている場所でそれほど珍しくない(5月20日関田気象庁長官)」らしいのですが、これだけいろいろな場所でおきていると気になりますね。地震数自体は、いまのところ例年に比べて極端に多いわけではないので、新型コロナでニュースなどに注目する人が多いのと、地震が多い地域が複数あり、目立ちやすいなど他の理由でそう感じるのかもしれません。ただ首都圏に近いので怖く感じる人が多いのも無理はありませんが・・・。

過去、群発地震から大地震になる確率はそれほど高くはありません。しかし前震に相当する地震の後に大きな本震がくることはあります。が、そんなこと関係なく、日本は地震国なので、

・地震の備えはいつもしておく。
・SNSなどで地震予知の噂がでても気にしない

ことが大切だと思います。