ブロック塀の誤解 高さの測定方法と鉄筋の有無

本日は、擁壁の調査で千葉に行ってきました。

擁壁というよりコンクリートブロックを使った土止め・・・のようで、このまま建物を建てることは不可能と結論づけました。

一緒にいた建築士が、ブロックの高さを1.2mにすれば良い、と思っていたらしく、6段(ブロック一個の高さは20㎝)にすれば良いと思っていたようだ。

言うまでも無く、1.2m以内なら控え壁がいらない、その条文を覚えていたからでしょう。安全じゃないものはどっちにしろダメなんですが・・・ということより、その1.2mはどこから測るか?です。建築士なら当然地盤面から・・・とわかるはずなのですが、塀の高さは、低いほうのGLからですし、また塀のしたにコンクリート基礎があり、それがGLより高ければ、その部分の高さも加えなければなりません。なので道路に面する6段のブロック塀は1.2m以内になっていないこともあります。

まあ、そこまで意地悪じゃなくても、今回のように擁壁上のブロック塀は、当然擁壁の下からです。大阪の小学生が亡くなったブロック塀も高いところに立っていましたね。段数ではなく、高さなのです。

あと、鉄筋の有無でブロック塀の強度が決まると思い込んでいる一般の方も多く、鉄筋の有無を調査してほしい、という依頼がチラホラ来ます。鉄筋が入っているかどうかだけでブロック塀の強度は決まりません。基礎が適正であるか?控え壁が適切に入っているか?など他にも重要なことが多いです。何より高さが重要です。低いに越したことはありません。3段くらいだとほとんど脅威はありませんから。

ブロック塀は、そもそも危険で低いもの以外では使うべきではありません。既存も新設もそうです。耐久性もないですしお使用をお勧めしません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鉄筋探査機コンクリート探知機 MT-6 ZIRCON メタルスキャナーMT6
価格:43296円(税込、送料別) (2020/5/19時点)

楽天で購入

 

一応、ブロック塀用の鉄筋調査器はこれを持っています。使用方法が簡便で測定ミスが少ないので。鉄筋の有無はそれほどブロック塀の安全性に関係ないと思っていますが、やはり測定して欲しい方がいるので念のため。ブロックにモルタルを詰めますが、完全に防水にはならないことが多く、鉄筋コンクリート内の鉄筋に比べ錆びて朽ちるまでは早いようです。ほとんどが錆びて強度がなくなっていますね。

なまあず日記styleのネットラジオ版「Catfishなおうち」は、現在第五回まで配信しています。網入りではない防火窓の紹介、Windows10パソコンのクリップボードの便利な使い方など語っています。第六話も現在収録中です。お楽しみに。

「Catfishなおうち」第五回配信(2020年5月14日配信)