木造構造計算ソフトの三次元可視化について

ストラデザインの最新バージョンでは、これまで有償だった3次元可視化ツールを標準装備としました。この機能は非常に優秀で(個人的にストラで一番利用していた機能ですね)グラフィカルに部材の弱点がわかりました。

木造構造計算の主要なソフトのうち、kizukuri以外は何らかの形で3次元を実現しています。やはり3次元で確認できるのは大きいので標準搭載は正しい方向だと思います。母屋下がりなど屋根の形も再現し、そのまま天空率や斜線検討ソフトに転送できたりしたら便利だと思います。

これからの課題は、梁の勝ち負け、金物やアンカーボルト、筋かいの干渉、配筋までグラフィカルに確認できるようになることです。そしてきちんと図面化できることです。ここまではさすがに実現している会社はありませんが出来たら頭1つ抜け出るので、ぜひ挑戦していってほしいところです。

ストラデザインもペントハウスに対応し、kizukuriやMOKUZO.Designerなどに追いつきました。都市部ではペントハウス採用は多いので、安全に設計するためにも機能搭載は必須だと思います。グレー本だけに縛られずにユーザーが欲しい必要な機能を搭載していこうという姿勢が大切だと思います。