PDF図面・計算書の自動比較・差分比較

この仕事を長くやっていると、計算書の照合や比較、図面の新旧の比較などチェックしなければならないことが多いです。幸いDRA-CADは新旧図面の比較が非常に楽で制度が高いのでCAD図面は心配ないのですが(それでももう少し使い勝手に気を遣って開発して欲しかった・・・)、PDFの計算書はね・・・面倒です。

Acrobatの上位版にはついていますが(年会費制のアレ)、他のPDF変換・編集ソフトにはついていません。DocuWorksにも有料プラグインで良い物(KDplug_in Differ for DocuWorks)があるので、こちらをお勧めしますが、PDFは有料も含めても一長一短。とりあえず個人的に良さそうだな、と思う物を紹介します。

・DiffPDF

フリーで使える(有料版もあり)、PDF比較ソフト。英語版ですが、操作は簡単です。精度はそれほど高い!と感じないけど、手軽で良いです。

・XOR for Windows

Microsoft Storeで入手できるので、購入しやすいです。サブスクリプション制で1ヶ月は無料で使え、その後は月2000円で使えます。よく考えるとAcrobat DC Proのほうが安いので、価値があるかないかは別として、機能差を考えても・・・考えないで購入すればいいのです!!!

まだ機能的には高くないですし、操作性も直感的でないので、??と思えますが、精度が高く、実務で安心して使えそうな感じです。ページ物で、次の指摘事項などにEditorのように飛べれば計算書チェックにも十分使えます。日本の方が作っているので日本語版ですので理解しやすいです。今後楽しみなソフトです。

・Adobe Acrobat Pro DC

アドビの純正で月1580円で使えます。年契約が必要ですが。見た目もなかなか良いし操作性も良いので、PDF変換も含めAdobeが必要!!という人には高いようですが、最善手でしょう。精度的にはXORのほうが高そうなのですがね。できれば複数のソフトを使って精度を高めたいところです。悲しいことに私が持っているAdobeの買い切り版(CS5.5)に入っているAcrobat DCには付いていなかったりします(涙)。もちろん現在のCreative Cloudには付いているので、illustratorなどを使っている人はチェックして見てね。

DocuWorksではKDplugがあり、高いとは言え、明らかに良さそうなので、これを購入するのが良さそうですが、PDFで貰うことも多いんだよね・・・・・。