エレコムマウスでJWWの「戻る」「進む」を割当て

最近のマウスは高性能で壊れにくくCADでもマウスにこだわる人は減ってきています。確かに高性能のマウスを買わなくても実務的には問題ないです。

そして低価格なマウスにも5ボタンなど付いていることが普通になり、ブラウザでは進む・戻るが割り当てられていて便利です。

しかしながらJWWでは、この割当が使えません。Ctrl+Z(戻る)Ctrl+Y(進む)ですから、仕方がありません。しかしマウスメーカーのドライバーではこれが割り当てられます。一例に量販店でもかなり販売されているエレコムのマウスを一例に説明してみます。

まずエレコムマウスアシスタント5をインストールし、起動します。私の5ボタンマウスはこんな感じに割り当てられています。ボタン4,5はブラウザの戻る・進むに割り当てられています。

エレコムでは、プロファイルを切り替えることによって、ソフト毎にマウスボタンのカスタマイズを変えることができます。プロファイル編集を押して

プロファイル編集の画面を開いたら「追加」を押し、JWWという名前のプロファイルを作ります。次に割り当てるプロガラムを設定するため、下の割り当てるプログラムの「追加」を押して、jw_cadを指定し、OKを返します。

元の画面に戻ったら、上のように、ボタン4,5にCtrl+ZとCtrl+Yを割り当てます。これで、キーボードを触らずに、JWWで戻る、進むができるようになるので編集効率が上がりますよ!!

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。